Fcastドラマ視聴率速報

最新視聴率感想 嵐にしやがれ/相棒/家売るオンナの逆襲/トレース/私のおじさん/3年A組/イノセンス/いだてん/グットワイフ/映画

【メゾン・ド・ポリス最新視聴率】2話好調 




記事テーマ:【高畑充希】過保護のカホコ
メゾン・ド・ポリス:見逃し配信
TBS系毎週金曜 22:00~22:54
高畑充希が初の刑事役に挑む! 元警察官の“おじさま”たちと事件を解決!!
【スタッフ】
原作:加藤実秋「メゾン・ド・ポリス」シリーズ(角川文庫)
脚本:黒岩勉
演出:佐藤祐市 城宝秀則
プロデューサー:橋本芙美 芳川茜
主題歌:アゲイン/WANIMA
【キャスト】
高畑充希  牧野ひより 警視庁柳町北署刑事課・巡査部長。奇妙な焼死事件の捜査にあたり、上司の指示で退職した元刑事たちが暮らすシェアハウス「メゾン・ド・ポリス」を訪ねる。
西島秀俊 夏目惣一郎 シェアハウス雑用係で、元警視庁捜査一課主任の警部補。潔癖で完璧主義者。
小日向文世 高平厚彦 シェアハウス管理人で、元中野東署警務課課長代理の警部。推理小説を愛読する推理オタク。
野口五郎 藤堂雅人 シェアハウス住人で元警視庁科学捜査研究所の第一法医科科長。自室には研究&鑑定機器を取りそろえている。
角野卓造 迫田保 シェアハウスの住人。元柳町北署刑事課の警部補。高校卒業後に警視庁に入庁。昔気質の堅物な性格。
近藤正臣 伊達有嗣 シェアハウスのオーナーで、元警察幹部。東京大学法学部卒業後、警視庁入庁。ひよりの捜査の手助けをする
【視聴率】
01 1/11【12.7】新米刑事の相棒はクセ者おじさん
脚本 黒岩勉 演出:佐藤祐市
02 1/18【12.4】藤堂元妻登場!?PTA二重密室の謎
脚本 黒岩勉 演出:



01
 刑事・ひより(高畑充希)が勤める柳町北署の所轄内で、人が焼かれる動画が投稿サイトにアップされ、翌朝、公園で焼死体が発見された。捜査本部は、5年前に起きた焼殺事件の容疑者・本間(小久保寿人)を崇拝する模倣犯の犯行とみて捜査を開始する。ひよりは、5年前の事件を担当していた元刑事・夏目(西島秀俊)に話を聞くため、彼が住むという歴史ある洋館を訪れる。その洋館は、夏目のほか、館のオーナーで元警視庁副総監・伊達(近藤正臣)をはじめ、高平(小日向文世)、藤堂(野口五郎)、迫田(角野卓造)ら元警察官の男性たちが暮らすシェアハウスだった。
感想
こんなのありえないと思える設定だけど、意外と興味をそそる展開ではあった気がした。一話の犯人に意外性はなかったが、まだまだ、生まれたてのひよこのような刑事・ひよりを中心に、シェアハウス「メゾン・ド・ポリス」メンバーが協力して、拘束されたひよりを、腕利き名で形が救いながら、事件を解決する展開は、スリルはあった。それに、真犯人とつながる一セント硬貨を元に、甘々な自分の行動を思い知らされながらも、本間と退治する場面は、意外と見どころもあったかな。けど、主人公がどうこういうよりも、ベテラン俳優たちのやり取り、夏目の活躍がみどころかな。今回の事件解決で、夏目も過去を吹っ切れると思うし、ひよりも成長のかけらが見える次回を楽しもうとは思った。おっさんたちの魅力は、満点だ。特に、久々、野口五郎さんが出演して、昔を彷彿とさせるきざな監視機関役はちょい楽しみ。デスダンス事件は見掛け倒しだっただったが、事件次第では、気楽に見れるしたお締めそうだ。
02
 自宅アパートで老婦人・祥恵(内田尋子)が死亡し、現場の状況から警察は自殺と断定。柳町北署の刑事・ひより(高畑充希)は、元刑事の迫田(角野卓造)、元科捜研の藤堂(野口五郎)と共に現場を再検証する。現場で採取した毛を取りに「メゾン・ド・ポリス」を訪れた鑑識係の杉岡(西田尚美)は、元夫・藤堂がいることにびっくり。さらに2人は捜査を巡って対立する。
感想
このドラマのテースト、『パナソニック ドラマシアター』『月曜ミステリーシアター』的な風味を感じさせるドラマなのかもと、2話を見てるときに思ってしまった。ミステリーはそれほど難解ではなく、犯人もわかりやすい人物で、明るい目の作りだ。今回は、藤堂と杉岡が元夫婦ということが、明らかになる藤堂が活躍する話だったが、その藤堂と気になることがあるととことん調べる性分のひよりによって、事件の謎が紐解かれていく。単なる自殺だと処理されようとした事案に、いくつかの不自然な点を感じたひよりは、「メゾン・ド・ポリス」の面々の力を借りて、謎を説いたりしていくが、ひよりは夏目と夫婦に化けたりと、なかなかの潜入捜査ぶりだった。しかし、ひよりは年の離れた夏目との夫婦扱いに不満そうだったが、夏目は西島さんだから、不自然じゃないかもね。容疑者が死亡したことによって、またも操作打ち切りかと思われたが、そこから、藤堂の助けで、うさぎの毛が重要な鍵になる展開は、わかりやすいけど嫌いじゃない。しかし、森元妙子が犯人って、あんまりストレートだけど、こういう展開になるのが『月曜ミステリーシアター』風味なんだよな。しかし、森元の旦那の画像がフリー素材って、高らかに自分の哀れを笑ってるように思えた。しかし、見れば見るほど、西島さん、近藤さんや角野さん、小日向さん、野口さんとベテランがいて、しっかり、主演を支えてるドラマだな。
03
 東京・柳町北署管内の都民住宅建設予定地で、猫が殺され青いペンキがかけられる事件が相次いで発生。区広報誌編集者・仁美(橋本マナミ)によると誌面で事件を扱ったところ「また猫を殺してやる」と匿名の投稿があったという。ひより(高畑充希)と仁美、そして夏目(西島秀俊)らメゾン・ド・ポリスの面々は現場へ。そこで、青いペンキがかけられた人間の遺体を見つける。
関連記事


更新日時:2019/01/21 19:08
コメント(0)
みなさんの感想





ハンドルネーム複数不可。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
アクセスサイトランキング
スマホ、タブレット QR
QR
プロフィール Profile

管理人

Author:管理人
性別 男性 20歳以上
ペット 猫
趣味 ドラマ 映画 


free counters
カテゴリ Category