Fcastドラマ視聴率速報

インハンド/なつぞら/白衣の戦士/緊急取調室/ミストレス!/スパイラル/家政夫のミタゾノ/嵐にしやがれ/VS嵐 映画 視聴率感想情報

【大恋愛視聴率2】僕を忘れる君と 最終回札幌20%超 




主演別カテゴリ:【戸田恵梨香】大恋愛

大恋愛~僕を忘れる君と
TBS系毎週金曜 22:00~22:54
戸田恵梨香が若年性アルツハイマーの医師役に挑む! 大石静脚本で描く純愛ストーリー
【キャスト】
戸田恵梨香 北澤尚 「KITAレディースクリニック」の医師。美人だが本気の恋をしたことがない。
ムロツヨシ 間宮真司 元小説家。生まれてすぐに親に捨てられ、児童養護施設で育つ。26歳の時に新人賞を受賞する。
草刈民代 北澤薫 尚の母。「KITAレディースクリニック」の院長。夫を早くに亡くし、女手一つで尚を育てた。
松岡昌宏 井原侑市 精神科医。有名建築家の父とデザイナーの母を持ち、アルツハイマー病の最新研究に携わるエリート。
【スタッフ】
脚本:大石静
演出:金子文紀
プロデューサー:宮崎真佐子 佐藤敦司
主題歌:オールドファッション/back number
【早期購入特典あり】大恋愛〜僕を忘れる君と DVD-BOX(B6クリアファイル付)
TCエンタテインメント (2019-03-27)
売り上げランキング: 2,629

【視聴率】
01 10/12【10.4】関西【14.4】これは、神様がくれた最後の恋
脚本:大石静 演出:金子文紀 
北部九州【13.0】札幌【15.1】
02 10/19【10.6】どんな君でも一緒にいたい! 55分遅れ
脚本:大石静 演出:金子文紀
札幌【15.0】名古屋【12.2】
03 10/26【10.9】ひどい女でも好きなんだ! 貯金12万の俺にできる事
脚本:大石静 演出:岡本伸吾 
04 11/02【*9.6】運命の相手
脚本:大石静 演出:岡本伸吾
関西【14.5】札幌【16.8】静岡【15.1】
05 11/09【10.4】永遠の愛を誓う日…私、幸せです
脚本:大石静 演出:金子文紀
06 11/16【*7.6】札幌【13.9】新婚生活スタート!2人に忍び寄る影…
脚本:大石静 演出:棚澤孝義
07 11/23【9.0】あなたの子どもを生みたい! 夫婦の絆が深まる日
脚本:大石静 演出:岡本伸吾
08 11/30【8.5】悪魔の手から妻を救え! これが私たち夫婦の愛の形
脚本:大石静 泉澤陽子 演出:金子文紀
09 12/07【10.0】【君でなきゃダメなんだ…感動の最終章へ】
脚本:大石静 演出:岡本伸吾
10 12/14【13.2】最終回【これは神様がくれた最後の奇跡】
脚本:大石静 演出:金子文紀 
札幌最終回【23.5】



06
 受診した尚(戸田恵梨香)は、侑市(松岡昌宏)から症状が半年前より改善していることを知らされ、喜びをかみしめる。一方で、侑市は尚を食堂へランチに誘い、医学生のために病気について講演してほしいと依頼する。そこへ強引に同席してきた侑市の担当患者・公平(小池徹平)が、尚の名前や病気のことをあれこれと聞き、尚は戸惑うばかり。その頃、新しい小説に取り組む真司(ムロツヨシ)は編集者の水野(木南晴夏)からある申し出を受けるが…。
【感想】
普通の恋愛ドラマなら前回で終わってると思うけど、このドラマは、尚の若年性アルツハイマーが進行する中で、二人の愛はどう形を変えていくのかが、全くわからないし、とっておきのキャラクター侑市の担当患者・公平が現れた。彼も、若年性アルツハイマーを発症しながら、異様な雰囲気で、尚に近づいてくるという中々、今までミニたこともない展開に進もうとしている。彼の心理が全く読めないだけに、物語もどのように進んでいくのか?正直わからない。考えても、先を見ないとどうこう言えない局面と言った感じだったので、もう一度見てみたが、やっぱり何か示唆するものもないし、もう次回を見てみないとしか感想をかけないと思った。本当に謎だな~公平。
07
尚(戸田恵梨香)が倒れてしまった理由を侑市(松岡昌宏)に問いただす真司(ムロツヨシ)だが、理由は分からないまま。未知なる病気の前では、いくら医者でも無力だと薫(草刈民代)に諭される。一方、尚にキスをしていた公平(小池徹平)は、翌朝も尚の病室にやってきて、真司と対峙する。「尚さんがほしい、例え真司を殺しても」と言い放つ。彼の狙いは何なのか…。さらに、尚の症状にもある変化がやってきて…。
【感想】
今回は、公平は、前回よりも傍若無人な態度で、尚の前に現れるのは、誰からも顧みられない自らの運命を呪ってのことなのか?確かに、奥さんにも逃げられ、職場でも居場所がない中で、彼のように振る舞う意味は、絶望から来てるのかもしれないが、尚が学生の前で話そうとしたときに、妨害行為をしていたのも、彼ともなると、同情の余地もなくなるような。そんな彼に、真央の見えないところで、彼から必死に、守ろうとする真司は、賢明だが、しかし、尚が公平の危険性に気づいてないのは、かなり怖い。今の所、真司と侑市お間には、あまり信頼関係は見えないが、この二人しか、彼女を守れる男たちはいないので、協力はしてほしい。そんな中、ついに若年性アルツハイマーに、尚が変化していくけど、真司との関係は、更に複雑になりそうで、少々、これからの展開は怖い!しかし、誰もが幸せになるようなストーリーには思えないので、その苦しみの先に何があるのか?すこし、怖いが期待はしたい。
08
 公平(小池徹平)が尚(戸田恵梨香)を狙っていることに気付いた侑市(松岡昌宏)は、公平に転院を勧める一方で、そのしつこさが気になり、真司(ムロツヨシ)に連絡。電話がつながらなかったため、薫(草刈民代)にも注意を促す。その公平は、侑市の言葉を無視してひそかに尚に接近していた。そんな中、取材を受けていた真司は、自宅に忘れた携帯電話を水野(木南晴夏)に取りに行ってもらう。尚は真司が水野を頼っていることがショックで…。
09
 尚(戸田恵梨香)との恋を描いた小説の続編を新聞紙上に連載する真司(ムロツヨシ)は、水野(木南晴夏)と二人三脚で執筆に取り組んでいた。そんな真司を少し遠く感じる中、尚の妊娠が判明。「自分にしかできないこと」を得た尚は、真司と2人、喜びを持って受け入れる。一方、侑市(松岡昌宏)と薫(草刈民代)が会っていると知った千賀子(夏樹陽子)は激高。だが侑市は意に介さない。
【最終回】
 侑市(松岡昌宏)の作った軽度認知障害の薬が認可され、侑市は一躍時の人となる。この機会を生かせという父・誠一郎(橋爪淳)の進言で、侑市と薫(草刈民代)は千賀子(夏樹陽子)との関係の修復に成功。だが真司(ムロツヨシ)は、認可がもっと早ければ尚(戸田恵梨香)にも適用できたとの思いを拭えず、侑市の成功を手放しで喜べない。そんな折、真司は公平(小池徹平)の姿を見掛ける。
関連記事

更新日時:2018/12/17 11:09
コメント(2)
神様がくれた最後の奇跡
このタイトルに少し期待しました。
病気の進行がかなり遅くなり、家族で暮らす時間がもっともっとあるのかと、、。
奇跡はあの海辺で「尚はもとの尚となり」の時でした。
高村光太郎の智恵子抄のレモン哀歌を思いました。「智恵子はもとの智恵子となり、、」切ない思いです。

始めの頃の真司さんとの出会い方も不自然かと思っていましたが、人生って突然変わることもあり結局納得して観ていました。

戸田恵梨香さん演技良かった!
そして白くて細くて長い指、手の美しさに羨ましくなりました。
体も折れそうに細く、内臓入ってるすきあるのかな?(笑)
やつれていく姿にははまりすぎでした。
実際に多い痴ほう症、うつ病など早くいい新薬が生まれ普通の生活が出来き、家族にも安心して共に暮らせる事を願います。
いいドラマでした。
投稿者: [ 2018/12/17 16:58 ]
余韻が残るいいドラマだった
病気の話は苦手だから見るつもりがなかったのだけど、結局最終回まで、号泣しながら見てしまった。
ドラマの良し悪しは脚本しだいと思っていたけど、アルツハイマーという重い題材に、主演の戸田さん、ムロさんがとにかく良くて特に尚役の戸田さんが、だんだんと記憶がなくなり体力も弱っていく過程が、見てる方も切なくなるほどで、迫真の演技に圧倒されました。

大恋愛、期待以上の素敵なドラマだった。
アルツハイマー治る時代にならないものか、尚ちゃんと慎二そしてけいいち君の未来がまだまだ続くこと願っていたけど、たくさんの愛と幸せをもらった尚ちゃんは幸せだったし、ラッキーシンデレラだったと思う。

やっぱり人を愛する気持ちっていいね。
久しぶりに命が洗われるような、いいドラマを見た気がする。

このドラマは、戸田恵梨香さんの演技力に尽きると思う。
尚ちゃんが泣けばこちらも泣いたし、無邪気に笑う笑顔が忘れられない。

投稿者: [ 2018/12/16 01:00 ]
みなさんの感想





ハンドルネーム複数不可。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
アクセスサイトランキング
スマホ、タブレット QR
QR
プロフィール Profile

管理人

Author:管理人
性別 男性 20歳以上
ペット 猫
趣味 ドラマ 映画 


free counters
カテゴリ Category