Fcastドラマ視聴率速報

僕とシッポと神楽坂/今日から俺は/リーガルV/駐在刑事/ドロ刑/大恋愛/下町ロケット/スーツ/中学聖日記:映画·嵐·音楽番組視聴率まとめ·感想も

【僕とシッポと神楽坂視聴率2】5話UP 



僕とシッポと神楽坂
2018年10月スタート! 毎週金曜 よる11:15~
~動物を愛する全ての人へ~
東京・神楽坂を舞台に若き獣医師が動物や飼い主たちと繰り広げる心温まる物語…
【登場人物】
高円寺達也 相葉雅紀 高円寺先生なので、通称「コオ先生」。神楽坂で生まれ育つ。『坂の上動物病院』を開業する。
加瀬トキワ 広末涼子 『坂の上動物病院』で働く動物看護師。看護師としての腕は確かで、心優しく強い女性。
名倉雅彦 大倉孝二 達也の幼馴染でフリーライター。達也の優しさを一番わかっている人物でもある。
田代真一 村上淳 『ナルタウン動物病院』に勤務する優秀な獣医師。腕は抜群なのだが、変わり者。
神主 矢柴俊博 達也の家の近所、赤城出世稲荷神社の神主。神出鬼没
加瀬大地 矢村央希 トキワのひとり息子。
看板犬・ダイキチ アトム 『坂の上動物病院』に預けられ、そのまま置き去りにされてしまった
地域猫・オギ ミーちゃん神楽坂の地域猫。
高円寺貴子 かとうかず子 達也の母親。三味線の師匠で、女手一つで達也を育てた。
徳丸善次郎 イッセー尾形 神楽坂で動物病院を営んでいたが、突然達也に病院を任せ、姿を消してしまう。
【スタッフ】
原作 たらさわみち『僕とシッポと神楽坂』『しっぽ街のコオ先生』(officeYOU集英社クリエイティブ)
脚本 谷口純一郎、国井桂
監督 深川栄洋
ゼネラルプロデューサー 三輪祐見子(テレビ朝日)
プロデューサー 都築歩(テレビ朝日)、松野千鶴子(アズバーズ)、岡美鶴(アズバーズ)
制作協力 アズバーズ
君のうた(通常盤)
君のうた(通常盤)
posted with amazlet at 18.11.09

ジェイ・ストーム (2018-10-24)
売り上げランキング: 48

【視聴率】
01 10/12【6.6】若き獣医師がつむぐ心温まる感動の物語
◇脚本 谷口純一郎 ◇監督 深川栄洋
02 10/19【5.4】延命か断脚か?家族が選ぶ幸せのカタチ…病を治し、心を癒やす
◇脚本 谷口純一郎 ◇監督 深川栄洋
03 10/26【4.9】たった一人の家族の命…絶対守りたい!!
◇脚本 国井桂◇監督 深川栄洋【ゲスト】加賀まりこ
04 11/02【4.3】救いたい!!可能性がある限り
◇脚本 谷口純一郎◇監督 飛田一樹
05 11/09【5.0】
◇脚本 国井桂◇監督 松本喜代美
【ゲスト】池谷のぶえ



第4話
「ナルタウン動物病院」の田代(村上淳)が、体力的に耐えられないとして手術を断った心臓腫瘍を患う犬のぐりを、同病院で研修中の広樹(小瀧望)が、達也(相葉雅紀)の元に連れて来る。飼い主の早苗(滝沢涼子)が手術を強く望んでいるという。達也は、手術を決断し成功させるが、数時間後、容体が急変してぐりは死亡。翌日、ネット上の掲示板に「無理な手術をして犬が殺された」との書き込みがされ、中傷が拡散していく。
感想
私の家には、猫が2匹いるがその前に、16年も時間をともにした猫がいたけど、そいつが亡くなったときは、やっぱり泣いた。しかし、自然に、見送ったかも。しかし、今回の飼い主の早苗には、以前飼っていた犬に迷い、十分なことができずに、亡くなった思いが、ぐりをなんとしても助けたいという思いが、損得勘定抜きの達也の心を動かしたのか?確かに、何もしなければ、まだ数日生きることはできたのかも知れないが、彼の手術後の生命力は尽きていた。それを、ネットに書き込んだのは、誰だかわかったが、それを受け入れて、達也は、来なくなった飼い主たちを待った。ネットの弊害なのかも知れないが、彼の思いは、書き込んだ人間に伝わり、彼の思いを伝えた展開は、達也らしかった。本当に何が正しいとは言い切れないが、彼の思いも次第に、周りに伝わると信じたい話だった。
第5話
 徳丸(イッセー尾形)が上京し、達也(相葉雅紀)の元へ。そこに、芸者のすず芽(趣里)がセキセイインコを連れてきた。飼い主は一人暮らしの母・咲江(池谷のぶえ)で、入院したという。親子の不仲を知る達也は、見舞いに行くことを条件に預かる。一方、トキワ(広末涼子)は7年前に南米で行方不明になった獣医師の夫・佑(眞島秀和)の両親・正敏(大森博史)と美津子(一柳みる)に、定期的に大地(矢村央希)を会わせているが…。
感想
「大地を返して」って、トキワに佑の母美津子がいうのは、子供を何だと思ってるんだという思いが浮かんだが、大地が佑の連れ子であり、トキワとは血の繋がりがないというのを聞くと、その言葉は、トキワに向けて、間違った発言ではないのは、伝わった。けど、その言葉を言うのなら、佑が行方不明になり、トキワと大地の二人だけの生活になったときに、言わないと残酷だな。彼女の言葉の通り、二人は家族になっている。そしてもう一組の親子は、ありがちな母娘関係だった。うちの母親も若いときは、僕にとっての祖母を嫌ってたもんな~。母親は、祖母にとって、思う通りにならない娘だったというのもあるので、すず芽と咲江のような関係だったが、その思いも変わっていったので、僕にとってもわかり易い話だった。今回は達也の周りにいる二人の女性の話だったが、その親子を結びつけたのは、あのインコだったり、動物病院だったりして、なかなか、親子の絆を描いた話になっていた。今週は数字も上がってくれても、いいと思うけど、どうなるんだろうか?
第6話
 高校生の香子(喜多乃愛)がチワワを連れ、達也(相葉雅紀)を訪ねてきた。達也は最近、香子の愛犬をみとったが、その後、ボランティア活動をしている香子は、悪質なブリーダーの元から保護されたチワワを、飼い主が見つかるまで家で預かると話す。香子の母・頼子(ホーチャンミ)は実は、達也の異母姉。香子が達也の病院に出入りしていると知った頼子は、それを禁じ、チワワを家族にしたいという香子の頼みも却下する。
関連記事


2018/11/13 12:01 :カテゴリ【相葉雅紀】 相葉マナブ 僕とシッポと神楽坂 コメント(3)
良いドラマ
獣医師としてのコオ先生の活躍がたくさん見たいけど、動物たちが亡くなるとか飼い主が亡くなるだけでは物足りないと言ってる友達もいます。
人間模様も描いた方が良のではなんて言ってましたが今回は親子の絆が描かれていました。
インコの言葉ですず芽とお母さんの絆を取り戻し、トキワと大地は7年間一緒に暮らしてきたトキワの母の愛の強さでまた元の穏やかな生活に戻り、コオ先生も父親がいなくても母がいるだけでいいと言ってました。
各々の親子の関係が丁寧に描かれていたと思います。
視聴率はupして欲しいですが…深夜枠ではなくゴールデンで放送して欲しかったドラマです。
投稿者: [ 2018/11/10 11:23 ]
脚本
相葉君がコオ先生にしか見えないぐらいハマリ役。
良いドラマなので老若男女の皆さんに見て頂きたいけど放送時間帯が深夜なのが勿体ない。
二話三話四話と悲しいお話。
虹の橋のお話は良かったですが。
でも悲しい話ばかりだとちょっとキツいです。
視聴率下降の原因もそこにあるのかな?
五話からは動物たちを助けるコオ先生を見たいです。
飼い主&動物たちが幸せになるお話であって欲しい!
投稿者: [ 2018/11/07 16:05 ]
良いドラマ
飼い主、ペット、飼い主各々の立場になって丁寧に作られたドラマですが深夜枠には合っていないのかな?
家族で見えるドラマだと思うので放送時間帯だけが残念です。
視聴率が全てではないですが少しでも上がって欲しいですね。
投稿者: [ 2018/11/06 09:25 ]
みなさんの感想





ハンドルネーム複数不可。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
アクセスサイトランキング
スマホ、タブレット QR
QR
プロフィール Profile

管理人

Author:管理人
性別 男性 20歳以上
ペット 猫
趣味 ドラマ 映画 


free counters
カテゴリ Category