Fcastドラマ視聴率速報

僕とシッポと神楽坂/リーガルV/まんぷく/ドロ刑/大恋愛/下町ロケット/スーツ/中学聖日記:映画·ジャニーズ·嵐·音楽番組の視聴率まとめ·感想も

【昭和元禄落語心中視聴率】2話感想 



昭和元禄落語心中
NHK総合 毎週金曜 22:00~22:45
岡田将生主演で、若者たちに落語ブームを起こしたミステリー漫画を実写ドラマ化!
【スタッフ】
原作:雲田はるこ「昭和元禄落語心中」(講談社)
脚本:羽原大介
演出:タナダユキ 清弘誠 小林達夫
落語監修:柳家喬太郎
制作統括:藤尾隆 小林大児 出水有三
主題歌:マボロシ/ゆず

【キャスト】
岡田将生 八代目 有楽亭八雲/菊比古 戦前から戦後、平成まで活躍した落語家。前座名「菊比古」で、そのまま真打ちに昇進。後に、落語の大名跡である「八雲」を襲名する。クールでじっくり聞かせる噺が得意。
竜星涼 与太郎 刑務所に服役中、八雲の落語に触れて弟子入りを決意。
成海璃子 小夏  八雲の養女。八雲のかつての親友であり、早世した天才落語家・有楽亭助六の娘。
大政絢 みよ吉 八雲が菊比古の名前だった時代に知り合った芸者。助六と共に若くして事故死する。
山崎育三郎 二代目 有楽亭助六/初太郎 八雲の親友で憧れの落語家でもあり、永遠のライバル。前座名は「初太郎」。
【視聴率/演出】
01 10/12【4.6】約束
タナダユキ
02 10/19【】助六



01
 1977(昭和52)年。服役を終えて刑務所を出た与太郎(竜星涼)は落語家・八雲(岡田将生)に弟子入りを願い出る。刑務所落語慰問会で演目「死神」を披露した八雲に魅了されたのだという。弟子を取らないことで有名な八雲だったが、与太郎はなぜか入門を許可される。一方、八雲の親友の天才落語家・助六(山崎育三郎)は、若くして亡くなった。当時幼かった助六の娘・小夏(成海璃子)は他に身寄りがなかったため、八雲に引き取られ育った。だがある日、与太郎は小夏が八雲を「親の敵」と憎んでいることを知る。
感想
このドラマは面白いね。話が進めばすすむjほど、昭和52年の与太郎と八雲の話と同時に、昭和20年の八雲と助六の二人がどんなドラマを綴っていたのか知りたくてしょうがなくなる。チラチラと現れる助六が、その気持を盛り上げるかのようだ。ある意味、助六の生まれ変わりとも言える与太郎を弟子にした八雲は、出会った瞬間から、与太郎に助六の姿を重ね合わせていたのかも知れないと思えるような展開だった。弟子になった与太郎に、八雲は教えるわけではないが、しっかりと彼を感じ、進むべき道にいざなっているのかもと思える。そんな彼も師匠八雲の前で、どうしようもない失態を犯してしまう中で、八雲が言い渡した3つの約束が興味深い。
「八雲と助六の落語を全部覚える事」
「助六との果たせなかった約束を果たすこと」
「自分よりよ先にタヒなないこと」
ここから、同物語は進むのか?あまり詮索せずに、次回の話を楽しみたい。
02
 後の八代目八雲(岡田将生)と二代目助六(山崎育三郎)は少年時代、1936年の同じ日に七代目八雲(平田満)に弟子入りし、正反対の気質ながら親しくなる。5年後、2人はそれぞれ菊比古、初太郎という名を与えられ、前座に。菊比古は初太郎から、踊りの家元を父に持つ菊比古ならではの所作が生きる演目を勧められ、ひそかに稽古を始める。ところが時代は戦争の真っ最中。世相を鑑み、いくつかの演目が「禁演落語」とされ…。
感想
期待していた八代目八雲と二代目助六の少年時代と青年時代が、戦中戦後を通していきいきと描かれているのが魅力的な話だった。少年期、七代目八雲の奥さんは、面倒なことになったといいながら、二人の少年の人生を7代目とともに、引き受けるけど、そのかいあって、戦中、彼らに助けられるんだな。しかし、戦争の波は、落語の世界会に暗い影を落としていくが、菊比古は異論あことを経験しながら、一時は腐ることもあったが、きっちり、希望を持ちながら生きていこうとしていた。そして終戦後、落語が自由にやれる時代に、食っていくためもあるが、落語をできる喜びを神島ながら、話を聞いてない客の前でも、落語を楽しんで、演じてる姿が眩しかった。そんな中で、初太郎と7代目が戻り、家がぱっと明るくなったときに、ダイナミックな時代に、生きる人の思いを感じた。落語ができるって、彼らにとっては何にも代えがたい喜びが弾けていたのは、寄席が再興された更に明確になってような。
それにしてもこの若い二人が、華やかに描かれているし、気持ちいいほど、落語ができる喜びを表現していたのがいい、二人それぞれ、個性にあった落語のスタイルもハマっているし、このドラマは面白いし、思っていた以上に魅力的だ。最後にはみよ吉も登場するが若い二人の間で、舞うのかも、気になるところだ。それにしても、7代目が平田満さんというのも言うことなしだな。
03
 二ツ目となった菊比古(岡田将生)は壁にぶつかっていた。生真面目で端正な芸は華がなく、客に受けないのだ。一方、助六(山崎育三郎)を名乗るようになった初太郎は柔軟な芸風で笑いを誘い、客席を沸かす。人気も実力も助六に及ばない菊比古はコンプレックスを抱き、思い悩む。そんな菊比古にほれ込み、恋人として支えたのがみよ吉(大政絢)だった。やがて、菊比古は自分の芸を光らせるヒントをつかみ、飛躍のきっかけを得る。
関連記事


2018/10/20 08:58 :カテゴリ【岡田将生】 コメント(1)
視聴率が気になりますが‥
でも、NHKのこの枠で そんな野暮なこと言っちゃあいけないのかな。
管理人さんも面白い、と言って下さって光栄です(私が作った訳じゃないけど(^^))

実は原作漫画が、ちょいと前に職場の2、3人で流行ってまして。面白い、と言うので少しずつ借りて読みました。で、実写化を知り、恐さ半分、楽しみ半分で待ってました。
岡田将生くんが ちゃんと70代の八雲さんのちょっと嫌味な感じ 怖さまで出せていた。天才と言われるレベルの落語も覚えるのが大変だろうと思いますが。
ちょいちょい挟み込まれる助六も育三郎さんを持ってくるあたり、いい感じ。
運転手の安田さんが篠井英介さんだとキャラ強すぎない? 竜星くんの与太郎は最初から綺麗過ぎない?とか 思いもしますが、原作の雰囲気を壊さない作りが とても良いです。
さて来週は10代に遡るようで‥楽しみ。
金曜はこれと「僕とシッポと〜」もあって幸せです。
投稿者: [ 2018/10/15 22:07 ]
みなさんの感想





ハンドルネーム複数不可。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
アクセスサイトランキング
スマホ、タブレット QR
QR
プロフィール Profile

管理人

Author:管理人
性別 男性 20歳以上
ペット 猫
趣味 ドラマ 映画 


free counters
カテゴリ Category