Fcastドラマ視聴率速報

大恋愛/下町ロケット/今日から俺は/スーツ/家売るオンナの逆襲/トレース/3年A組/イノセンス/3年A組映画·嵐·紅白歌合戦最新視聴率まとめ·感想
記事更新日:ドラマタイトル ★検索→視聴率速報※コメント歓迎

【昭和元禄落語心中視聴率】最終回確定 



昭和元禄落語心中
NHK総合 毎週金曜 22:00~22:45
岡田将生主演で、若者たちに落語ブームを起こしたミステリー漫画を実写ドラマ化!
【スタッフ】
原作:雲田はるこ「昭和元禄落語心中」(講談社)
脚本:羽原大介
演出:タナダユキ 清弘誠 小林達夫
落語監修:柳家喬太郎
制作統括:藤尾隆 小林大児 出水有三
主題歌:マボロシ/ゆず

【キャスト】
岡田将生 八代目 有楽亭八雲/菊比古 戦前から戦後、平成まで活躍した落語家。前座名「菊比古」で、そのまま真打ちに昇進。後に、落語の大名跡である「八雲」を襲名する。クールでじっくり聞かせる噺が得意。
竜星涼 与太郎 刑務所に服役中、八雲の落語に触れて弟子入りを決意。
成海璃子 小夏  八雲の養女。八雲のかつての親友であり、早世した天才落語家・有楽亭助六の娘。
大政絢 みよ吉 八雲が菊比古の名前だった時代に知り合った芸者。助六と共に若くして事故死する。
山崎育三郎 二代目 有楽亭助六/初太郎 八雲の親友で憧れの落語家でもあり、永遠のライバル。前座名は「初太郎」。
【視聴率/演出】
01 10/12【4.6】約束/タナダユキ
02 10/19【3.3】助六/タナダユキ
03 10/26【3.0】「迷路」/小林達夫
04 11/02【4.5】破門/清弘誠
05 11/09【4.6】決別/清弘誠
06 11/16【3.8】心中/タナダユキ
07 11/23【3.0】昇進/小林達夫
08 11/30【3.5】誕生/清弘誠
09 12/07【4.4】秘密/清弘誠
10 12/14【3.7】八雲/タナダユキ



6話までの感想
07
 助六(山崎育三郎)とみよ吉(大政絢)が事故死してから長い年月がたった。菊比古から名を改めた八代目八雲(岡田将生)は既に60代。その芸は今もなお美しく、落語界で孤高の地位を保っていた。一方、八雲のたった1人の弟子・与太郎(竜星涼)は二つ目になって独立。小夏(成海璃子)は、八雲の家を出て暮らしていた。そして与太郎に真打ち昇進の話が持ち上がってきた頃、小夏は八雲、与太郎、松田(篠井英介)の前で衝撃的な報告をする。
感想
6話が、あまりにも劇的だったために、7話で、八雲のたった1人の弟子・与太郎が真打ちになろうとも、小夏が妊娠しようとも、驚きはないが、小夏を妊娠させたヤクザに不敵な笑みの八雲には、ドラマを感じる。やはり彼がなにかやってくれるという思いは抱かざるを得ない。果たして、彼はあのヤクザ相手に、どんな物語を作り上げるのか?そして、小夏に求婚した与太郎は、小夏の相手が自分の属した組長とどう渡り合うのか?というところが見どころとなっていくだろうか。なにしろ、まだドラマは終わってもないし、これからがドラマの本番とは思いたい。何しろ次回も見てみよう。
08
 八雲(岡田将生)、与太郎(竜星涼)らに妊娠を告白した小夏(成海璃子)。だが、父親は誰なのかは、かたくなに明かさない。相手の男性を調べてきたという萬月(川久保拓司)の話から、与太郎は、かつて自分がいた暴力団の組長(中原丈雄)らしいと突き止め、お栄(酒井美紀)の料亭で組長と対峙(たいじ)する。事態を静観する八雲は、小夏との関係に悩む与太郎にある落語を教える。その落語は、与太郎と小夏の運命を大きく動かす。
感想
全てを抱え生きていく。与太郎に、それでも生きることを言い聞かせる八雲の思いは、計り知れない。真打ちになっていく、与太郎に、八雲は、最後に芝浜の稽古をつけるけど、今までのことが、夢、幻と思わぬように、強く生きよと言い聞かせかのようだったが、その思いをしっかり受けて、真打ち披露の舞台で、彼は、芝浜を力強く演じた。その思いを受けて、小夏も与太郎の求婚を承知する。登場人物に、生きていく上での、力を感じさせる物語だった。組長からも逃げない与太郎は、八雲と生きていく中で、そんな男になったのだろう。助六へと変わりゆく与太郎と小夏は、2代目助六とみよ吉とは別のどんな人生が待っているのか?八雲に待ち構える現実に、同対処していくのか?この物語も9話かが、見逃せない。
09
 三代目助六を襲名した与太郎(竜星涼)と小夏(成海璃子)が結婚してから月日が流れ、小夏が産んだ男児・信之助(嶺岸煌桜)は小学生になった。70代の八雲(岡田将生)の至高の芸は今も健在だったが、彼は人知れずある悩みを抱えていた。一方、小夏は実父・二代目助六(山崎育三郎)と母・みよ吉(大政絢)の四国での事故死には、まだ何か秘密があるのではないかという疑惑を抱き始める。
感想
更に、時は過ぎた。三代目助六を襲名した与太郎と小夏の間の息子は、成長し、すべてが落語という家のなかで、父や八雲の姿を見ながら成長しているし、携帯電話の音も昔の寄席に響いていた。そんな中で、一人だけ、7代目も語っていた”老い”を感じながら、8代目も生きていたが、それを知るのは松田だけなのかも。そう、八雲もともに、時を重ね生きてきているのは、松田だけだった。そして、あの日あの時の真実を知るのも彼と八雲しかいない。小夏は、母から愛情を受けてないと語ったが、八雲だけは、みよ吉の思いを知っている。だから、小夏は信之助を立派に育ていていると思えるのだが、彼女の中では、母の思い、あのときの真実を知らないと、母の幻は消えないのかもしれない。そして、八雲の口から小夏に真実が語られないと夢、幻でしか、あのときは、見えないかもしれない。そんな中、八雲は倒れる。幻でしかなかった。助六とみよ吉の死は、あの日の8ミリフィルムで、小夏の中で、どんな色がついて、蘇るのか?物語も佳境になり、壮絶だった二人のドラマを八雲がどう語るのか期待したい。
【最終回】
 与太郎こと三代目助六(竜星涼)や小夏(成海璃子)らは、菊比古と名乗っていた頃の八雲(岡田将生)と二代目助六(山崎育三郎)が写る8ミリフィルムを見る。記録されていたのは、二代目助六とみよ吉(大政絢)の事故死当日、四国の旅館で行われた落語会の様子だった。映像を見終えた小夏は、忘れていた真実を思い出す。一方、退院した八雲は、独りで懐かしい場所を訪れていた。
感想
八雲と共に生きたのは、死神?いや、温かい家族のような人々とともに生きて、そして、天に行っても、暖かく二代目助六とみよ吉が迎えた。あの廃墟となった寄席に現れたのは、幻だったと思いたい。しかし、あの6話の衝撃的な別れには、命をつなぐ、ドラマが有ったとは!それを、松田と八雲は心の中に秘め、もう一つの物語を小夏に語った。まさか、父も母も、自分があの奈落の底に導いてしまったなんて、この二人には言えるわけもない。しかし、あの日、あの時の落語を再び聞いたときに、すべての記憶がよみがえり真実のドラマが見えた。そして、小夏の思い違いだった母の記憶も呼び起こされた。そこには、母の深い愛があったのは、彼女に生きる希望となったと思いたい。もし、小夏自身が母になっていなければ、彼女の心は、壊れてしまっていたのかもしれないが、彼女のお腹のからだは、新しい命をつないでいた。このとき、一瞬、僕は八雲と小夏は本当の家族になった気がしたが、それも幻かも。ずっと前から、小夏を八雲が育てだした頃から、本当の家族であったと気づかされたのは、育ててもらったことに、真摯に小夏が八雲に感謝していたからだ。それも、僕が思った幻かもしれない。しかし、本当に幸せな噺だった。見終わったあと、溢れくるものはあったが、清々しい気分だった。
関連記事


2018/12/18 07:42 :カテゴリ【岡田将生】 コメント(4)
美化し過ぎ!
四国の旅館の事は、あくまで事故でしょう。本当に最悪なはずみ!手すりが
老朽化で朽ちていったのよね!
脚色は、ある程度、ドラマチックにしないと面白味がないでしょし、あの事件は物理的にも矛盾していると思いますし。
でも、八雲さんの熱演と魅力で、矛盾は帳消しですよね!
投稿者: [ 2018/12/18 19:37 ]
これは面白いドラマです。
気が付けば見入ってしまって、あっという間に話が終わってしまいます。
岡田将生すごい!今まで見た中で一番役者として輝いています。
視聴率を気にせず、渾身の演技で最後までやりきってほしいです。
投稿者: [ 2018/11/01 13:37 ]
まだ序盤ですが 傑作だと思います
この後何分かしたらこれまた好きな「フェイクニュース」後編が始まりますが、取り急ぎ。
管理人さんの感想を読むと、ついこちらも毎週書きたくなってしまいますが、そこは自制。
先週出てきた子役たちの容貌、雰囲気ともにまさに2人そのもので、スタッフさんの気合いを感じます。
気合いと言えば、役者さん達の落語。特に伸び悩んでいる時の落語と、自分の落語を体得した後の落語の両方を演じなければならない岡田くんの努力はいかほどか。
記事で読みましたが、彼は二ツ目の実力がある、とどなただったか?落語家さんが話していたそうです。
育三郎さんも軽やかで、客席を巻き込んでいく楽しい落語でいいですね。
惜しむらくは小夏役の成海璃子さん。原作では女だから噺家になれない、というくらい上手いはずなのに、第1話では素人の私でも上手くないのが分かりました。発奮して上手になってほしいものです。長々すみません。
投稿者: [ 2018/10/27 20:56 ]
視聴率が気になりますが‥
でも、NHKのこの枠で そんな野暮なこと言っちゃあいけないのかな。
管理人さんも面白い、と言って下さって光栄です(私が作った訳じゃないけど(^^))

実は原作漫画が、ちょいと前に職場の2、3人で流行ってまして。面白い、と言うので少しずつ借りて読みました。で、実写化を知り、恐さ半分、楽しみ半分で待ってました。
岡田将生くんが ちゃんと70代の八雲さんのちょっと嫌味な感じ 怖さまで出せていた。天才と言われるレベルの落語も覚えるのが大変だろうと思いますが。
ちょいちょい挟み込まれる助六も育三郎さんを持ってくるあたり、いい感じ。
運転手の安田さんが篠井英介さんだとキャラ強すぎない? 竜星くんの与太郎は最初から綺麗過ぎない?とか 思いもしますが、原作の雰囲気を壊さない作りが とても良いです。
さて来週は10代に遡るようで‥楽しみ。
金曜はこれと「僕とシッポと〜」もあって幸せです。
投稿者: [ 2018/10/15 22:07 ]
みなさんの感想





ハンドルネーム複数不可。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
アクセスサイトランキング
スマホ、タブレット QR
QR
プロフィール Profile

管理人

Author:管理人
性別 男性 20歳以上
ペット 猫
趣味 ドラマ 映画 


free counters
カテゴリ Category