Fcastドラマ視聴率速報

僕とシッポと神楽坂/リーガルV/まんぷく/ドロ刑/大恋愛/下町ロケット/スーツ/中学聖日記:映画·ジャニーズ·嵐·音楽番組の視聴率まとめ·感想も

【僕らは奇跡でできている視聴率】僕キセ2話も関西2桁 



僕らは奇跡でできている
フジテレビ系毎週火曜 21:00~21:54
高橋一生演じる変わり者の大学講師の日常を描くハートフルドラマ
【スタッフ】
脚本:橋部敦子
演出:河野圭太 星野和成
プロデューサー:豊福陽子 千葉行利 宮川晶
主題歌:予感/SUPER BEAVER
【キャスト】
高橋一生 相河一輝 動物の行動を研究する「動物行動学」を教える大学講師。
榮倉奈々 水本育実 歯科医師。容姿端麗で、一輝が通う歯科クリニックの院長を若くして務める。
要潤 樫野木聡  一輝と同じ研究室で働く准教授。野心家で上昇志向が強い。
児嶋一哉 沼袋順平 一輝の同僚講師。研究室で何十匹ものアリを飼育し、観察している。
田中泯 相河義高 一輝の祖父で、陶芸家。幼い頃から一輝の面倒を見てきた、一番の理解者。
戸田恵子 山田妙子 一輝の家に住み込みで働く家政婦。一輝が文句やわがままを遠慮なしに言える唯一の存在。
小林薫 鮫島瞬 動物学の権威で、一輝が勤める大学の学部長。一輝の恩師でもある。
【視聴率】
01 10/09【7.6】関西【10.1】「常識破りマイペース講師」
脚本:橋部敦子演出:河野圭太
02 10/16【6.1】関西【10.2】【鳥と話す男、ひとり焼肉へ】
脚本:橋部敦子演出:河野圭太



01
 大学で動物行動学を教えるマイペースで変わり者の講師・一輝(高橋一生)は、生き物の不思議な生態に夢中。ある日、大学時代の恩師で一輝を講師に抜てきした教授・鮫島(小林薫)がアフリカから帰国し、研究室に現れる。鮫島は一輝と動物の話で盛り上がり、准教授の樫野木(要潤)は面白くない。そんな折、歯が痛くなった一輝は鮫島に紹介された歯科クリニックを訪れるが、院長・育実(榮倉奈々)から抜歯が必要だと言われ逃げ帰る。
感想
脚本は橋部敦子さんということで、完全オリジナル作品。かつての草なぎさん主演の「僕シリーズ」の延長線にあるのかも知れないな~という感じがする作品で、個人的には、面白い作品のように感じた。大学で動物行動学を教えるマイペースで変わり者な一輝は、波長が合う少年と仲良くなったり、恩師や祖父には理解されているけど、その他の登場人物とは、しっくりいかないけど、それでもいいのかもね。そんな彼がヒロインである歯科医の水本であって、彼女がどんな変化をしていくか気になるけど、彼のことを気になってるのは、俺が教えている生徒にも出てきそうだな。そんな女性たちを、意図するのも出なく、どう変えて聞くのか気になりそうだ。それにしても、彼としては何気なく言ったと思える育実への一言が、彼氏ともめてる彼女にとっては、真実の自分の姿を突きつけられるきつい一言だった。あれは、ドカンと彼女の心を揺らしただろうな。ウサギと亀の話の解釈は、人それぞれだが、あの虹一少年と一輝の理解は、興味深かった。なるほど、亀の目線を想像すると、あの戦いには全く違うドラマに見えてくる。そして、うさぎは、ただ亀を見下したいために、競争してたというのは疑いようもないかも。そんなに派手なドラマではないが、面白くなりそうな気はする。それにしても、一輝に祖父が秘密にしてることとはなんだろうか?
02
育実(榮倉奈々)の医院で水道の蛇口の音が鳥と会話をする「バードコール」に使えると気付いた一輝(高橋一生)は、次の授業は野外調査をすることに。新庄(西畑大吾)ら学生達は不満顔。バードコールの材料を買いに行った一輝は、育実の医院で知り合った虹一(川口和空)と公園で再会し、動物の話で盛り上がる。だが、虹一の母・涼子(松本若菜)はそんな一輝を怪しむ。調査当日、一輝はやる気のない学生達を率いて山に入る。
感想
正直、2度位は見てみないと、その味わいが、体に浸透しきれない気はするのだが、時間の都合で、一度だけ見て、感想を書いている。冒頭、担任に注意されて、泣きじゃくる一輝に、彼の祖父相河義高は、彼の問と全く違う返答をする。これが今回の話を物語ってるような気がした。育実と焼肉屋で話していたが、一輝は嫌いだった人と仲良くなれたという話は、冒頭の祖父との会話に、すべてが集約されている。あの祖父の一言があったからこそ、一輝は自分と仲良くなれた。それって、彼の人生にドラだけの影響があったのか計り知れないと思うと、興味深かった。故に、鮫島瞬が彼を面白がる天才と評したのかも。祖父の奇跡的な一言は、彼を作り出す一助になったのかも知れない。けど、育実には、彼の何も見えてないのかな。うさぎがと評された育実は、再び彼になぜそう自分のことを言ったのか?聞いたが、彼はどうでもいいことはすぐに忘れるらしい。二人の間にはなんとも言えない距離があるけど、どうやって、その距離は埋まられていくのか?気になってくる展開だった。育実と恋人との別れは決定的だと思うが、彼女は一輝と近づくことで、自分のことを理解することはできるのか?人によって、いかようにも聞こえる水道の蛇口の音は、僕にも「バードコール」に聞こえた気がした。
03
 講義後、一輝(高橋一生)は「ボスが変わりそうだ」と樫野木(要潤)に言い残し、近所の動物園へと急ぐ。樫野木は鮫島(小林薫)が学部長を辞めるのではと思う。だが、一輝が話していたのはサル山のボスの交代劇だった。学生の琴音(矢作穂香)は、そんな一輝に恋人がいるかどうかを気にする。一方、一輝は虹一(川口和空)を連れて動物園へ。その夕方、母・涼子(松本若菜)が育実(榮倉奈々)の元に駆け込み、虹一が行方不明だと騒ぐ。
関連記事


2018/10/17 23:49 :カテゴリ【主演俳優】 コメント(0)
みなさんの感想





ハンドルネーム複数不可。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
アクセスサイトランキング
スマホ、タブレット QR
QR
プロフィール Profile

管理人

Author:管理人
性別 男性 20歳以上
ペット 猫
趣味 ドラマ 映画 


free counters
カテゴリ Category