Fcastドラマ視聴率速報

最新視聴率感想 嵐にしやがれ/相棒/家売るオンナの逆襲/トレース/私のおじさん/3年A組/イノセンス/いだてん/グットワイフ/映画

【家売るオンナの逆襲視聴率】2話UP 




記事テーマ:【北川景子】家売るオンナの逆襲
公式サイト見逃し配信あり
2019年1月、水曜10時 日本テレビ系列
天才的不動産屋・三軒家万智が帰ってきた!問題を抱えた客に家爆売り!さらに宿命のライバル登場&まさかの敗北!?北川景子主演!一話完結!痛快お仕事ドラマ第二章開幕!
【スタッフ】
脚本 大石 静
音楽 得田真裕
チーフプロデューサー 西 憲彦
プロデューサー 小田玲奈 柳内久仁子(AXON)
協力プロデューサー 水野葉子
演出 猪股隆一 久保田充 他
【キャスト】
北川景子 三軒家万智 伝説の不動産屋。自ら立ち上げた「サンチー不動産」をたたみ、古巣の「テーコー不動産」に復帰する。
松田翔太 留守堂謙治 フリーの不動産屋。万智の行く先々に現れ、客を横取りすることもあれば、手助けもする。
工藤阿須加 庭野聖司 「テーコー不動産」社員。“サンチーの犬”と呼ばれる万智の部下。る。
イモトアヤコ 白洲美加 「テーコー不動産」の元社員。宅間と結婚して2児をもうけるが離婚した。
千葉雄大 足立聡 「テーコー不動産」社員。営業部のエースだが、万智の復帰でスランプに陥り、敵対心を抱く。
仲村トオル 屋代大 万智の夫。「テーコー不動産」新宿営業所の課長。再び仕事の鬼と化した万智との関係に悩む。
家売るオンナ DVD-BOX
家売るオンナ DVD-BOX
posted with amazlet at 19.01.09
バップ (2017-01-25)
売り上げランキング: 6,616

【視聴率】前作の視聴率
01 1/09【12.7】伝説の不動産・三軒家万智が帰ってくる!!
脚本 大石 静 演出 猪股隆一 ゲスト 岡江久美子、加藤諒
02 1/16【12.9】
脚本 大石 静 演出 猪股隆一 ゲスト泉ピン子



01
 不動産業を営む万智(北川景子)は、海辺の町で全ての空き家を売り尽くし、夫となったかつての上司・屋代(仲村トオル)と共に、以前働いていたテーコー不動産の東京・新宿営業所に戻ってくる。万智は早速、リタイアを控えて住み替えを希望している春男・えり子(岡江久美子)夫妻を担当している庭野(工藤阿須加)に同行する。一方、インターネットの動画投稿サイトに動画を公開しているにくまる(加藤諒)が、部屋を探してほしいと来店する。にくまるは応対した足立(千葉雄大)に、世間の目から守ってくれる家を探してほしいと話す。
感想
人間は、どんなところに住みたいのか?それを自分で選ぶ人もいるし、生まれてからそのまま、住み続ける人もいる人もいるし、会社の言われるがまま住んでいる人もいるけど、その場所を迷ってる人もいるんだよね。そういう人に、万智は場所を提案して、買ってもらうことを生業としてるけど、そんな彼女に強敵 留守堂謙治が現れる。そして、万智はかれに敗れ去っても、逆襲して、最後に勝利するという新基軸で、今回のドラマは、展開するらしい。今回の2つの家が売れたけど。住み替えの夫婦って、リアルに、うちに秘めてるけど、互いに色んな思いがあるっていう熟年夫婦って、リアルだな。睡眠って、かなり重要な生活の要素だけど、夫のいびきがうるさいという妻に、夫も妻の歯ぎしりがうるさいって、よくあるはなしだった。しかし、本当にいつの間にか?買い手の購買意識を見事に満たす物件を探すもんだ。しかし、ユーチューバーの肉丸も、留守道としては、彼の初期の動画から、彼の郷愁を誘うおばあちゃんの家を提供したけど、万智はさらに彼の本音の部分をえぐるような刺激的な家を提供するとは!丸見えハウスって、クロちゃんかよ!と突っ込みたくもなったけど、白洲美加をゴー!の一言で、ブロック塀崩しを手伝合わせるところから楽しかったな。どいつもこいつも、ゴー!の一言で生まれ変わったように、動き出すのは好きだな。やっぱり、サンチーって、いいよね!と思ってしまう。北川さんの美形ぶりを最大限に活かした大石先生に感謝!足立聡 の万智に対する熱い想いも含めて、初回としては楽しすぎる物語だった。
02
 庭野(工藤阿須加)はどんな物件も気に入らない顧客の神子(泉ピン子)にお手上げ状態。物件を捜して残業し、初めてネットカフェに泊まる。万智(北川景子)から「家に帰れない」と連絡を受けた屋代(仲村トオル)はこころ(臼田あさ美)のバーに寄り、足立(千葉雄大)からフリー不動産業者・留守堂(松田翔太)を紹介される。一方、万智は庭野に駄目出しをする神子に、自分が家を売ると宣言する。
感想
はっきりって、このドラマは僕にとって、圧巻の面白さ。大石先生の脚本も冴え渡り、北川さんの三軒家万智というキャラが居れば、どこまでも面白い話ができるのではないか?と、錯覚してしまいそうになるほどの出来だった。そのうえゲストのキャスティングも見事だ。神子というキャラに、泉ピン子が重なると、抜群に面白くなる。本当に家の売り方としては、荒唐無稽で、なんじゃこれ!というものだけど、現代のネット難民問題をここまで面白おかしく描きつつ、それでいて、色んな人と関わっていきたいという神子の心理を、ここまで実現した家は、たしかにないのかも。先週も、家を舞台に、自分の生活と限界ギリギリ密接になった家を提供したけど、今回の依頼主神子も、ある意味、こんな人いないのかもしれないけど、もし居たら、あのネットカフェを買っちゃうのもわかる気がする。金はあるけど、なぜか、ネットカフェに寝泊まり神子は、孤独な自分が唯一、安心できる場所。そのことを読み解いたときに。万智が見つけた最善の場所は、住み着いていたネットカフェを買っちゃえという答えだったのは端的だけど、奇想天外だよ。住居じゃなく店舗を住居兼店舗にしてしまうところは、考えつかない。ここまで来ると、何でもありだが、それが何しろ楽しんだよね!留守堂とも、なにか因縁ありげで、こっちも楽しみだ。何しろ来週も楽しみなドラマだ。
03
 外資系企業勤務の真奈美(佐藤仁美)が、商社マンの夫・剛史(池田鉄洋)と中学生の娘の3人で暮らす家を探しに訪れる。真奈美は、夫から家のことは任されているという。一方、足立(千葉雄大)がいとこ同士だと聞いていた客の女性2人組が同性カップルと分かり、売り主が売却を拒否した。万智(北川景子)から担当を代わると言われた足立は、留守堂(松田翔太)に助言を求める。
関連記事


更新日時:2019/01/17 19:41
コメント(0)
みなさんの感想





ハンドルネーム複数不可。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
アクセスサイトランキング
スマホ、タブレット QR
QR
プロフィール Profile

管理人

Author:管理人
性別 男性 20歳以上
ペット 猫
趣味 ドラマ 映画 


free counters
カテゴリ Category