Fcastドラマ視聴率速報

僕とシッポと神楽坂/リーガルV/まんぷく/ドロ刑/大恋愛/下町ロケット/スーツ/中学聖日記:映画·ジャニーズ·嵐·音楽番組の視聴率まとめ·感想も

【SUITS/スーツ視聴率】2話確定 



『SUITS/スーツ』
2018年10月スタート 毎週月曜21時-21時54分
全米メガヒットドラマ『SUITS』と「月9ドラマ」がコラボ!甲斐と大貴が手強いチームとなり、さまざまな訴訟を解決するまでの活躍ぶりを追います。
【出演者】
織田裕二 甲斐正午 日本の四大弁護士事務所のひとつ、「幸村・上杉法律事務所」に所属する敏腕弁護士。
中島裕翔 鈴木大貴 明晰な頭脳と、一度見たものは決して忘れないという驚異的な完全記憶能力を持ち主
新木優子 聖澤真琴 「幸村・上杉法律事務所」のパラリーガル。優秀で、事務所でもトップクラスの調査能力を持つ。
中村アン 玉井伽耶子 甲斐の秘書。頭が良くて人心掌握術にたけ、気が利く。
小手伸也 蟹江貢 「幸村・上杉法律事務所」の弁護士。甲斐のことをライバル視しているが、相手にされていない。
鈴木保奈美 幸村チカ 「幸村・上杉法律事務所」所長。甲斐にとって唯一頭が上がらない存在。。
【スタッフ】
原作 『SUITS』 NBC Universal製作
脚本 池上純哉
演出 土方政人
プロデュース 後藤博幸 小林宙
SUITS/スーツ シーズン1 バリューパック [DVD]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2015-11-06)
売り上げランキング: 286

【視聴率】
01 10/08【14.2】関西【13.8】超エリート弁護士と天才フリーター!あらゆる手段で勝利する
脚本 池上純哉  演出 土方政人
札幌【17.0】
02 10/15【11.1】関西【】痛快リーガルドラマ!新米弁護士、大波乱の初仕事
脚本 池上純哉  演出



あらすじ 
第1話
「幸村・上杉法律事務所」所属の弁護士・甲斐(織田裕二)の顧客である会社社長・ダイス(清原翔)が、元従業員・茜(泉里香)からパワーハラスメントで訴えられた。勝つために手段を選ばない甲斐は、身分を名乗らずに茜をデートに誘い出す。数日後、所長のチカ(鈴木保奈美)から、昇進の条件として若手のアソシエイトを雇うよう命じられた甲斐は、ホテルで面接を行う。その会場に、何者かに追われたフリーターの大貴(中島裕翔)が逃げ込んできた。甲斐は大貴の超人的な記憶力に興味を抱き、ある提案をする。
感想
このドラマは、アメリカドラマのリメーク作品であるが、元のドラのことは全く知らなかったので、ウィキペディアを見てみたら、もうシーズン7まで作られている人気シリーズらしい。エピソードも100話を超えている。今回の一話は、甲斐のパートナーに、大貴がなるところまでが描かれているので、まさに序章という感じだった。記憶力は一度読んだだけで、内容を覚えてしまうほど抜群だが、その能力を周りの環境と不器用な性格が邪魔をし、今ひとつ有効利用できない大貴が、甲斐というある意味、優秀だけど、ギリギリの強引なやり方で成り上がってきた男と組んだときに、どんな物語がうまれ、大貴がどんな成長を見せるのかということろが、第一シリーズの見どころらしい。それに、能力はあるとはいえど、大貴を強引な不法行為で、弁護士とした厄介な設定が足かせになるのも見どころなのかな。しかし、最後に相手の弁護士を黙らせる展開は、ある程度は読めたが、蟹江の存在は、小賢しいが、面白いエッセンスなのかもね。しかし、甲斐の語り口はかなり原作の匂いを感じるかな。ある意味、言葉のやり取りが日本人臭くないところは気にはなるが、そこそこ面白いなりそうな感じはする。何しろ、本格的に事件を解決する2話を見たからだな。
第2話
大貴改め大輔(中島裕翔)は、無料法律相談会で出会った女性・今日子に同情する。元看護師の今日子は、病院長からセクハラを受けた上に不当解雇されたという。話を聞いた甲斐(織田裕二)は、物証がなければ勝ち目がないセクハラ案件には興味を示さない。しかし、相手の病院長が医師会の次期会長候補の大物だと知り、態度が一変する。甲斐に命じられるまま大輔が交渉に行くと、相手側の弁護士はこちらの要求を丸のみする。
感想
初回は、甲斐がメインの話だったが、今回は大輔が無料法律相談から、仕事の種を見つけ出す話で、日本の弁護士ドラマでもよくある話であるけど、セクハラをした訴えるという話になっているので、彼が主体の話になっている。どうも次回のあらすじを読むと次回は、甲斐がメインのように感じれる話だが、彼らそれぞれの2つの話が組み合わさって、一つの話が展開されるみたいだ。今回も甲斐の銀行パワハラ上司追放の案件を、最終的に、うまく利用して、瀕死の町工場を助ける融資をしていたが、金に色や匂いはないとはいえど、セクハラ病院長から恵んでもらった後ろめたい腐った金よりも、正当に融資してもらった色のない金がいいのは、気持ちの問題だろうけど、違いはある。いくら能力が高いとはいえど、まだ弁護士として不慣れな大輔は、心もとない交渉で、甲斐の手を煩わせるし、何度も交渉は相手側に引っ切り返されるとことは、もたもたして、スカッとはいかないが、それもこれも、甲斐が生み出した逆転劇のフリでしかなかったんだな。この手法を覚えていくこと、甲斐が口を酸っぱくして言う、依頼者に同情しないことを守りながら、彼は一流になっていくのか?そう考えると、今回の話は、大輔の成長には必要不可欠な話のようにも思えた。しかし、こういう話は物証って、改めて大切だとは思わされる。しかし、あの病院長を示談金だけでなく、スカッと叩き潰してほしかったが、そううまくいくものでもないかもね。、
第3話
 甲斐(織田裕二)の顧客の老舗時計メーカーの社長が急死。駆け付けた甲斐は、次期社長の椅子を狙う取締役の安樂(久松信美)が葬式も待たずに工場の海外移転話を進めていることを知る。海外移転は、職人の手作りを売りにする会社にとって命取りになりかねない。甲斐は安樂の社長就任を阻止するため奔走する。一方の大輔(中島裕翔)は、事務所の弁護士・蟹江(小手伸也)に命じられ、ゲーム会社社長・藤ヶ谷(柳俊太郎)に接近する。
関連記事


2018/10/17 08:16 :カテゴリ【織田裕二】スーツ コメント(0)
みなさんの感想





ハンドルネーム複数不可。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
アクセスサイトランキング
スマホ、タブレット QR
QR
プロフィール Profile

管理人

Author:管理人
性別 男性 20歳以上
ペット 猫
趣味 ドラマ 映画 


free counters
カテゴリ Category