ドラマ視聴率感想-Fcast

スマートフォン対応ドラマ視聴率速報サイト。感想、コメント大歓迎!検索は『fcast』
視聴率記事更新日:放送日時 番組タイトル

【僕とシッポと神楽坂】相葉雅紀新ドラマ 




僕とシッポと神楽坂
2018年10月スタート! 毎週金曜 よる11:15~
~動物を愛する全ての人へ~
東京・神楽坂を舞台に若き獣医師が動物や飼い主たちと繰り広げる心温まる物語…
【登場人物】
高円寺達也 相葉雅紀 高円寺先生なので、通称「コオ先生」。神楽坂で生まれ育つ。獣医大学を卒業した後、勤務医として動物病院で働いていたが、実家に戻り、神楽坂に『坂の上動物病院』を開業する。
【スタッフ】
原作 たらさわみち『僕とシッポと神楽坂』『しっぽ街のコオ先生』(officeYOU集英社クリエイティブ)
脚本 谷口純一郎、国井桂
監督 深川栄洋
ゼネラルプロデューサー 三輪祐見子(テレビ朝日)
プロデューサー 都築歩(テレビ朝日)、松野千鶴子(アズバーズ)、岡美鶴(アズバーズ)
制作協力 アズバーズ
【視聴率】
01 10/**【】
脚本 谷口純一郎 監督 深川栄洋
僕とシッポと神楽坂 1 (オフィスユーコミックス)
たらさわ みち
集英社クリエイティブ (2012-12-25)
売り上げランキング: 742



■動物だらけの1時間…金曜の夜は相葉と動物たちに癒やされる!
 相葉が演じる達也は、神楽坂にある『坂の上動物病院』の獣医師。勤めていた動物病院を辞めて実家に戻り、徳丸先生という獣医師のもとで働こうとしていたところ、突然徳丸先生が達也に病院を任せ、姿を消してしまいます。戸惑いながらもそこに留まり、神楽坂の人々と交流を深めていく達也。やがて「コオ先生」と呼ばれるようになった達也は、彼らの大切なペットの命を守るため、獣医師として奮闘を続けていきます。 心優しくて腕も確か――コオ先生は、そんな理想の獣医師です。
 そんなコオ先生が、手術前に不安でいっぱいの飼い主たちに、必ずかける言葉があります。
 「○○さんの気持ちは受け取りました。頑張ります」
 常に飼い主の心に寄り添い、患者としてやってくる動物=“シッポ”(※コオ先生は病院にやってくる犬や猫を、愛情を込めて“シッポ”と呼ぶ)を救うことに全力を傾けるコオ先生の言葉と姿勢は、回を重ねるごとにみなさんの心に優しく染み渡っていくことでしょう。 動物を愛する心と、優しい雰囲気を持つ相葉は、まさにコオ先生という役にぴったりと言えるのではないでしょうか。
 また、今作にはダイキチとオギというマスコットキャラクターのような犬と猫も登場! ビションフリーゼのダイキチと三毛猫のオギが、相葉とともに金曜の夜を彩ります。忙しい一週間で疲れた心と体を癒す、動物だらけの1時間、『僕とシッポと神楽坂』。すべての動物を愛する人たちへ贈る、究極の癒し系ヒューマンドラマが、まもなく誕生します!
僕とシッポと神楽坂 12 (オフィスユーコミックス)
たらさわ みち
集英社 (2017-05-25)
売り上げランキング: 2,970

関連記事

>
2018/06/12 13:16 :Category:【相葉雅紀】 相葉マナブ 僕とシッポと神楽坂 コメント(0)
みなさんの感想





ハンドルネーム複数不可。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
コメント!大歓迎です
データ取得中...
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング