Fcastドラマ視聴率速報

僕とシッポと神楽坂/今日から俺は/昭和元禄落語心中/ドロ刑/大恋愛/トレース/相棒/スーツ/中学聖日記:映画·嵐·音楽番組最新視聴率まとめ·感想

【僕とシッポと神楽坂視聴率】6話までの感想 



僕とシッポと神楽坂
2018年10月スタート! 毎週金曜 よる11:15~
~動物を愛する全ての人へ~
東京・神楽坂を舞台に若き獣医師が動物や飼い主たちと繰り広げる心温まる物語…
【登場人物】
高円寺達也 相葉雅紀 高円寺先生なので、通称「コオ先生」。神楽坂で生まれ育つ。『坂の上動物病院』を開業する。
加瀬トキワ 広末涼子 『坂の上動物病院』で働く動物看護師。看護師としての腕は確かで、心優しく強い女性。
名倉雅彦 大倉孝二 達也の幼馴染でフリーライター。達也の優しさを一番わかっている人物でもある。
田代真一 村上淳 『ナルタウン動物病院』に勤務する優秀な獣医師。腕は抜群なのだが、変わり者。
神主 矢柴俊博 達也の家の近所、赤城出世稲荷神社の神主。神出鬼没
加瀬大地 矢村央希 トキワのひとり息子。
看板犬・ダイキチ アトム 『坂の上動物病院』に預けられ、そのまま置き去りにされてしまった
地域猫・オギ ミーちゃん神楽坂の地域猫。
高円寺貴子 かとうかず子 達也の母親。三味線の師匠で、女手一つで達也を育てた。
徳丸善次郎 イッセー尾形 神楽坂で動物病院を営んでいたが、突然達也に病院を任せ、姿を消してしまう。
【スタッフ】
原作 たらさわみち『僕とシッポと神楽坂』『しっぽ街のコオ先生』(officeYOU集英社クリエイティブ)
脚本 谷口純一郎、国井桂
監督 深川栄洋
ゼネラルプロデューサー 三輪祐見子(テレビ朝日)
プロデューサー 都築歩(テレビ朝日)、松野千鶴子(アズバーズ)、岡美鶴(アズバーズ)
制作協力 アズバーズ

【視聴率】
【視聴率】
01 10/12【6.6】若き獣医師がつむぐ心温まる感動の物語
◇脚本 谷口純一郎 ◇監督 深川栄洋
02 10/19【5.4】延命か断脚か?家族が選ぶ幸せのカタチ…病を治し、心を癒やす
◇脚本 谷口純一郎 ◇監督 深川栄洋
03 10/26【4.9】たった一人の家族の命…絶対守りたい!!
◇脚本 国井桂◇監督 深川栄洋【ゲスト】加賀まりこ
04 11/02【4.3】救いたい!!可能性がある限り
◇脚本 谷口純一郎◇監督 飛田一樹
05 11/09【5.0】嵐を呼ぶインコ!?
◇脚本 国井桂◇監督 松本喜代美【ゲスト】池谷のぶえ
06 11/16【4.7】小さな命を緊急オペ 2人の恋に急展開!!
◇脚本 谷口純一郎◇監督 深川栄洋
07 11/23【4.9】超難関オペに挑む!! 最後の衝撃的展開!!
◇脚本 谷口純一郎◇監督 深川栄洋
08 11/30【】さよならコオ先生…運命の最終オペ…!!
◇脚本 谷口純一郎◇監督 深川栄洋



第1話
 勤めていた動物病院を辞め、実家がある神楽坂に戻った獣医師の高円寺達也(相葉雅紀)。尊敬する獣医師・徳丸善次郎(イッセー尾形)の元で働きたいという強い意志を持って病院の扉を叩いた達也だったが、そこに徳丸の姿はなく、一通の置き手紙と預かり犬のダイキチだけが残されていた…。
 「看板は下ろした あとはまかせた 徳丸」
 達也に病院を任せ、引退するという徳丸に戸惑う達也。ひっきりなしにやってくる患者に対応しながら、達也の新天地一日目はドタバタの中で幕を開けるのだった。
【感想】
今までフジで主演のドラマが続いたが、久々にこの枠に帰ってきた相葉さんだが、今までの役の中でも、彼にある意味フィットしたドラマで、彼の優しげな語り口が合うドラマだ。それに加瀬トキワの息子大地とのやり取りもかなりフィットしてる感じだ。話は、実家の近くにいるはずの獣医師と働くつもりで、神楽坂に戻ってきたのだが、獣医師徳丸善次郎は彼に任せ、一人で動物病院を任せられると言う話だ。一話は特にひねりもなく、その大地の母のトキワが、息子は拾った犬の関係で、達也と仲良くなったことから始まり、怪我をしたその犬を助けるために、動物専門の看護師であるトキワが彼を助けて、手術に挑むというものだった。彼の手術は動物に寄り添ったもので、トキワの信頼まで勝ち取ってしまい、彼女は動物病院の看護師になるという、なんとも序章な作りだった。故に、本当の物語は来週からだろうけど、期待はできそうな気がするドラマだ。
第2話
「坂の上動物病院」に動物看護師・トキワ(広末涼子)を迎えた達也(相葉雅紀)は、獣医師の症例発表会に参加。最新設備を整えた「ナルタウン動物病院」の田代(村上淳)は骨肉腫の犬・ジュリの治療を紹介し、獣医大生の広樹(小瀧望)は熱心に聞き入る。達也はペットと飼い主の心の治療、在宅ケアについて発表。それを聞いたジュリの飼い主である頼子(ホーチャンミ)の娘・香子(喜多乃愛)が、ジュリを連れて達也を訪ねてくる。
【感想】
僕は、猫しか飼ってないので、犬のことはよくわかりもしないのだが、骨肉腫はかなり犬にとって、負担のかかる病気であるらしい。飼い犬のジョリを看病する香子は、ジョリの姿を見ていて、心痛めながらも、ジョリに生きていてほしいという思いの中で悩んでいたが、母はその痛みを取り去ることができる断脚の手術を拒み、主治医を悩ませていたが、症例発表会で、達也の話を耳にして、ジュリを救いたい一心で、彼のもとに駆け込むところから全てが始まる話だった。達也がくだした判断はやはり、断脚だけど、それが飼い主にとってもペットに、心にいい結果を残すと判断したし、彼は往診しで、彼が語っていた在宅ケアを実現していたのは、見ている方も心救われる話だった。これは「坂の上動物病院」という身近な病院だったからできたのかもね。しかし、香子の家は、達也の父の家でもあったんだな。最終的には、ジュリは天に召されてしまったが、そこには虹が大きく描かれていたのは、必然だったと思いたくなる話も含んでいた。おとぎ話のような虹の話だッたけど、愛ある話だった。
第3話
 達也(相葉雅紀)に病院を任せ、優雅な隠居生活を送る徳丸(イッセー尾形)が、様子を見に現れた。一方、トキワ(広末涼子)は、逃げ出した飼い猫のカナメを捜す千津(加賀まりこ)に遭遇。無事に捕まえたトキワに、扇の店を営む千津は、達也親子とは昔から親しく、自身は3年前に夫と死別したと話す。達也と徳丸はトキワから、千津が再開発業者にしつこく土地の売却を迫られており、カナメの先々のことも心配していると聞く。
【感想】
千津と飼い猫のカナメとの生と死を巡る話が、今回は展開されていた。そして、その物語の中に、徳丸医師が現れた瞬間は、泥棒猫みたいな感じで登場するけどこのユーモラスな登場は、見終わった後、必要だったのかもとは思った。千津は自分の命の炎が、今にも燃え尽きるということを感じて、かなめの行末を心配し、面倒を見てくれる次の飼い主を探すことを望んだりするけど、うまくいかない。そして、とhしおいた千津には住みづらくもあるけど、大切なかなめとの生活の場所を、気持ちいい人に受け継いでもらおうとするが、それさえもままならない。絶望の中のかなめの手術は、成功して、徳丸が彼の行末を見守っていくと決まったときに、千津の命は、かねめに見守られながら尽きていくところが、なんとも物悲しいが、それでも、千津にとっては。幸せな時を過ごせたのかも。家は、開発業者の手に渡り、家を守ることはできなかったが、こればかりはどうにもできない現実かも。そんな神楽坂としっぽを見守っていくのも、達也の仕事なのかもと思える話だった。
第4話
「ナルタウン動物病院」の田代(村上淳)が、体力的に耐えられないとして手術を断った心臓腫瘍を患う犬のぐりを、同病院で研修中の広樹(小瀧望)が、達也(相葉雅紀)の元に連れて来る。飼い主の早苗(滝沢涼子)が手術を強く望んでいるという。達也は、手術を決断し成功させるが、数時間後、容体が急変してぐりは死亡。翌日、ネット上の掲示板に「無理な手術をして犬が殺された」との書き込みがされ、中傷が拡散していく。
感想
私の家には、猫が2匹いるがその前に、16年も時間をともにした猫がいたけど、そいつが亡くなったときは、やっぱり泣いた。しかし、自然に、見送ったかも。しかし、今回の飼い主の早苗には、以前飼っていた犬に迷い、十分なことができずに、亡くなった思いが、ぐりをなんとしても助けたいという思いが、損得勘定抜きの達也の心を動かしたのか?確かに、何もしなければ、まだ数日生きることはできたのかも知れないが、彼の手術後の生命力は尽きていた。それを、ネットに書き込んだのは、誰だかわかったが、それを受け入れて、達也は、来なくなった飼い主たちを待った。ネットの弊害なのかも知れないが、彼の思いは、書き込んだ人間に伝わり、彼の思いを伝えた展開は、達也らしかった。本当に何が正しいとは言い切れないが、彼の思いも次第に、周りに伝わると信じたい話だった。
第5話
 徳丸(イッセー尾形)が上京し、達也(相葉雅紀)の元へ。そこに、芸者のすず芽(趣里)がセキセイインコを連れてきた。飼い主は一人暮らしの母・咲江(池谷のぶえ)で、入院したという。親子の不仲を知る達也は、見舞いに行くことを条件に預かる。一方、トキワ(広末涼子)は7年前に南米で行方不明になった獣医師の夫・佑(眞島秀和)の両親・正敏(大森博史)と美津子(一柳みる)に、定期的に大地(矢村央希)を会わせているが…。
感想
「大地を返して」って、トキワに佑の母美津子がいうのは、子供を何だと思ってるんだという思いが浮かんだが、大地が佑の連れ子であり、トキワとは血の繋がりがないというのを聞くと、その言葉は、トキワに向けて、間違った発言ではないのは、伝わった。けど、その言葉を言うのなら、佑が行方不明になり、トキワと大地の二人だけの生活になったときに、言わないと残酷だな。彼女の言葉の通り、二人は家族になっている。そしてもう一組の親子は、ありがちな母娘関係だった。うちの母親も若いときは、僕にとっての祖母を嫌ってたもんな~。母親は、祖母にとって、思う通りにならない娘だったというのもあるので、すず芽と咲江のような関係だったが、その思いも変わっていったので、僕にとってもわかり易い話だった。今回は達也の周りにいる二人の女性の話だったが、その親子を結びつけたのは、あのインコだったり、動物病院だったりして、なかなか、親子の絆を描いた話になっていた。今週は数字も上がってくれても、いいと思うけど、どうなるんだろうか?
第6話
 高校生の香子(喜多乃愛)がチワワを連れ、達也(相葉雅紀)を訪ねてきた。達也は最近、香子の愛犬をみとったが、その後、ボランティア活動をしている香子は、悪質なブリーダーの元から保護されたチワワを、飼い主が見つかるまで家で預かると話す。香子の母・頼子(ホーチャンミ)は実は、達也の異母姉。香子が達也の病院に出入りしていると知った頼子は、それを禁じ、チワワを家族にしたいという香子の頼みも却下する。
感想
今回の話も、家族の話ではあるが、達也と香子、そして、彼と異母兄弟である頼子を巡る話で、なかなか複雑に見える話のようにも思ったが、話自体は、愛に包まれたものだった。達也にとっては、頼子は子供の頃遊んでくれた優しい姉であり、香子は自分のことを信頼し、頼ってくれる姪であると言うわけである。香子にとっても、自分とチワワ「ロミ」を守ってくれる優しいおじだったが、頼子だけが、過去の思いから抜け出すことができなく、達也と距離をとっていた。しかし、そんな頼子も信頼していたのは、達也だった!家族の愛の姿が、表現できない頼子に達也は子供の頃から変わることのない思いをいだき、大切にしていた頼子からのお守りで、その思いを表現したときに、彼女の心の中にあった見えない影は、消えたのかもしれない。そして頼子は、香子にロミを飼うことを許し、一つの大きな蟠りから開放された思いがした。やはり動物って、人と人をつなげるパワーを持ってるんだよね。
関連記事


2018/12/03 00:32 :カテゴリ【相葉雅紀】 相葉マナブ 僕とシッポと神楽坂 コメント(10)
深夜枠では勿体ない。
家族で見ています。
子供たちも土曜日がお休みなのでリアルタイムで見たい!って頑張って見てます。
相葉さんは良いドラマに出会えて良かったなって思います。
我が家は犬ちゃんがいるのでどうしても重なる部分があるので涙します。
一話も二話も飼い主側として考えさせられる内容だし、動物の気持ちをもっと理解しなくてはと思いますね。
コオ先生のような獣医師さんに巡り会いたいねって子供たちが言ってます。
老若男女の皆さんに見て頂きたいですね。
幼なじみの名倉さんとのやり取りが大好きです。
素の相葉さんみたいでほっこりします。
欲を言えば少し小ネタを押さえて獣医師としてのコオ先生を長く描いて欲しいですね。
三話も興味深いお話なので今から楽しみです。
今回は戸田さんのドラマと被ってしまいました。
見る層が違うかも分からないですが少しは視聴率に影響したのかな?思っています。
でもツイッターで盛り上がっているので嬉しいですね。
関西は12時過ぎてからの放送なので残念です。
投稿者: [ 2018/10/23 16:58 ]
録画視聴の方が多いかな?
1話も期待以上でしたが、2話もコオ先生とトキワさんの家族のことも語られて、動物達はもちろん、それぞれの親子の愛情についても思いが伝わる、見応えある回だったと思います。視聴率が初回より下がったのはTBSのドラマがぶつかったせいかな。
コオ先生のドジな演出は、そうしないと人間としてあまりに完璧になってしまうからかな、なんて思いました。
トキワさんとすず芽ちゃんのバトルが面白かったです。3話も楽しみです。
投稿者: [ 2018/10/23 15:58 ]
コオ先生
一話が良かったので二話も期待しました。
虹の橋のお話はペットを亡くされた飼い主の皆さんの気持ちが少しでも救われたのかなと思います。
コオ先生の話し方は温かくて心に沁みます。
相葉君自身がコオ先生と重なる部分はあるけど、しっかりコオ先生を演じていると思います。
ただ普段の達也はおちょこちょいでも良いけどコオ先生は真面目に描いて欲しい!
転けたり、携帯が鳴ったり、ファスナーが開いていたりは必要ないと思います。
クスと笑える部分はあっても良いけど動物病院としての医療をしっかり描いて欲しいです。
研修生の広樹はもう少し真面目なキャラなら良いのに。
心地よい雰囲気を壊しているようであまり好きなキャラではないです。
幼なじみの名倉とのやり取りは素の相葉君みたいで大好き!
名倉さんはアドリブを入れてるのかな?
良いドラマなので次回も興味深く見ます。
投稿者: [ 2018/10/21 09:16 ]
相葉君の優しさ穏やかさが 役にピッタリですね
元々それは 昔から持っていたけど そこに強さ 自信がついて 増した感じが役にも合ってますね

大吉君も可愛くて 老犬を飼ってる身としては 辛い話もあるけど 最後まで応援します
投稿者: [ 2018/10/20 11:28 ]
視聴率
思ってたよりも少し低くて残念!
期待以上のドラマ。
相葉君のコオ先生ははまり役だし動物たちの演技が素晴らしい。
動物たちの声は必要ないかな。
喋らなくても表情で分かるから。
金曜日の夜に癒されるけど、たくさんの老若男女の方々に見てもらいたい。
もう少し早い放送時間帯なら良かったのに。
たらればですが。
コオ先生の優しさ、獣医師としての腕は確かだし頼もしい。
これからの展開に期待大です。
早く次回が見たいです♪
神楽坂の町並みの映像が綺麗です♪
行ってみたいな。
投稿者: [ 2018/10/16 06:17 ]
期待以上でした。
神楽坂の街並みの映像が映画のように綺麗で行ってみたくなりました。
相葉さん演じるコオ先生は優しくて温かくて、それでいて信念をちゃんと持っていて頼りになる獣医師。
自然体の演技が良いです。
他のキャストの方も良いですね。
クスと笑える所もあり、そして動物たちと飼い主の関係性を考えさせられる良いドラマだと思います。
今回はダイキチの表情に涙しました。
でもコオ先生の動物病院がダイキチの新しい家になって良かった。
子供たちにも見てもらいたいドラマです。
もう少し早い時間に放送しても良かったのかな。
次回のお話は原作既読なので脚本&演出が楽しみですが…全ての動物たちに幸せになってもらいたいですね。
投稿者: [ 2018/10/15 00:06 ]
癒される
感想ありがとうございます。金曜日の夜見るのに優しいドラマですね。
最近保護猫を飼い始めたので、回が進むにつれ色々考えさせられるのではとは思います。
貴族探偵も好きでしたが、テレ朝のドラマの相葉くんは演技も含め自然体でいいですね。最後まで楽しみです。



投稿者: [ 2018/10/14 20:05 ]
楽しみです。
主題歌の「君のうた」がとってもドラマとマッチしていて良い曲ですね。
温かいドラマだけど考えさせられるドラマでもあるようで今から楽しみにしています。
我が家は犬猫ちゃんが居るので動物病院にはお世話になっています。
だからこそ興味深いです。
個性的な俳優さんばかりで相葉さんがその中で獣医師役の達也をどう演じるのか凄く楽しみです。
10月になれば番宣番組もあると思うのでそれも楽しみにしていますね♪
ダイキチ&オギが可愛い過ぎて見ていて笑顔になってしまいます。

投稿者: [ 2018/09/24 22:48 ]
楽しみです!
早く10月にならないかなぁ~~~。眼鏡男子!キャーッ(≧∀≦)
投稿者: [ 2018/08/09 13:38 ]
コオ先生
相葉くんにぴったりな、コオ先生役ですね!早く見たいです。
投稿者: [ 2018/06/23 00:29 ]
みなさんの感想





ハンドルネーム複数不可。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
アクセスサイトランキング
スマホ、タブレット QR
QR
プロフィール Profile

管理人

Author:管理人
性別 男性 20歳以上
ペット 猫
趣味 ドラマ 映画 


free counters
カテゴリ Category