Fcastドラマ視聴率速報

僕とシッポと神楽坂/リーガルV/まんぷく/ドロ刑/大恋愛/下町ロケット/スーツ/中学聖日記:映画·ジャニーズ·嵐·音楽番組の視聴率まとめ·感想も

【モンテ・クリスト伯視聴率3】最終回2時間【絶望の向こう側】確定 



<木曜劇場>モンテ・クリスト伯 ー華麗なる復讐ー
フジテレビ系毎週木曜 22:00~22:54
復讐劇の決定版「モンテ・クリスト伯」が現代によみがえる!ディーン・フジオカが華麗なる“復讐鬼"を狂演!1人の男の震えるほど美しい復讐劇が幕を開ける─
【スタッフ】
原作:アレクサンドル・デュマ「モンテ・クリスト伯」
脚本:黒岩勉
演出:西谷弘 高野舞 野田悠介
プロデューサー:太田大 荒井俊雄
主題歌:Echo/DEAN FUJIOKA
【キャスト】
ディーン・フジオカ 柴門暖 無実の罪で投獄され、15年間もの長い期間、獄中生活を送る。恋人や、今までの生活を根こそぎ奪われた孤独と怒りから、別人となって自らを陥れた者たちの前へ現われ、復讐をくわだてる。
大倉忠義 南条幸男 暖の後輩で売れない役者だったが、愛する女性と出世を手に入れた暖に嫉妬し、親友であるはずの暖を葬る最後のボタンを押すことに。暖の復讐の最大のターゲットとなる。
山本美月 目黒すみれ 暖の婚約者だったが、暖が投獄されて幸せな生活が一変し、地獄の苦しみを味わう。
新井浩文 神楽清 暖が勤める守尾漁業の先輩社員だったが、自分の出世の邪魔となる暖を失墜させるために、南条を利用する。
高橋克典 入間公平 警察官。保身のために、暖を無実の罪で牢獄へと送り込んだことを隠しながら生きている。
【視聴率】
01 4/19【5.1】冤罪で地獄に落とされた男
脚本:黒岩勉 演出:西谷弘
02 4/26【5.7】開幕!囚人から紳士へ大変貌 憎き者とついに対峙
脚本:黒岩勉 演出: 西谷弘
03 5/03【7.1】 狂気の晩餐会開宴!復讐鬼が招待する最初の地獄
脚本:黒岩勉 演出:西谷弘
04 5/10【6.5】寂しき人妻と魅力的な青年…復讐鬼、鬼畜の所業
脚本:黒岩勉 演出:野田悠介
05 5/17【5.3】【真の悪魔が覚醒】彼女はもう死んだ…惜別の夜 真の悪魔が覚醒する
脚本:黒岩勉 演出:野田悠介
06 5/24【*6.0】【ついに宿敵を潰す…死よりも残酷な結末】
脚本:黒岩勉 演出:永山耕三
07 5/31【*5.9】【永遠のさよなら…昔の親友に贈る鎮魂歌】 
脚本:黒岩勉 演出:永山耕三
08 6/07【*7.4】【最終章 仮面崩壊…全員狂気】
脚本:黒岩勉 演出: 西谷弘
09 6/14【*6.8】最終回【絶望の向こう側】
脚本:黒岩勉 演出: 西谷弘




【08】
 真海(ディーン・フジオカ)は信一朗(高杉真宙)と言葉を交わし、彼が入間(高橋克典)の娘・未蘭(岸井ゆきの)に好意を抱いていると知り不安を拭えない。入間家では、瑛理奈(山口紗弥加)の計画をただ一人知る貞吉(伊武雅刀)が、それを未蘭に伝えようと焦っていた。そこに真海が訪ねてくる。一方、真海の正体に気付いた神楽(新井浩文)は、過去の秘密をネタに入間に取引を迫る。入間は15年前と同じ取調室に真海を呼び出す。
【感想】
来週の最終回は2時間!できれば、2週に分けてほしい気もするのだが、最終回の自分を貶めた人たちへの復讐の最終局面は、一気に見せたいという思いがあってのことだろう。今回はその前段階であって、暖を貶めた人々すべてが、暖=真海であることに築く。しかし、入間でさえ、彼に弱みを握られ、身動きがとれない。しかし、真海が慎一郎に渡した薬は、何だったのだろうか?未蘭を真海はどうしたかったのか?貞吉に、瑛理奈が彼女を毒殺しようとしてるのを聞いて、それを回避するためだと思ったし、未蘭が危篤状態になったのも、原因は瑛理奈の毒によるものだということだったのを考えると、ただ単に、そこから救える薬ではなかっただけなのかな。そして、監禁された神楽、妻が自分を殺そうとしていることに気づいた幸男、安堂と逃げることを決意した留美とそれぞれの運命がどうなるのかも気にかかる。そして、狂気の毒殺女瑛理奈は、どんな罰を受けるのだろう?確かに、みんなが暖の存在に気づいたところで、内なる狂気がむき出しにあった。それぞれの運命はいかなるものに!それは、暖=真海の知るのみなのかも。
【最終回】
 復讐の終わりを見据える真海(ディーン・フジオカ)は、信一朗(高杉真宙)と土屋(三浦誠己)を前に「もうすぐ自分は死ぬ」と口にする。一方、入間(高橋克典)は貞吉(伊武雅刀)から瑛理奈(山口紗弥加)のやったことを知らされるが、保身を優先して彼女を問い詰めることができない。息子である安堂(葉山奨之)と逃げる留美(稲森いずみ)は、電話をしてきた入間に助けを求める。同じ頃、神楽(新井浩文)は軟禁され拷問を受けて…。
【感想】
真海は、あの屋敷の中で、本当に死んでいったのだろうか?僕は、真海としてか、暖としてか、どちらかで生きるけじめをつけるために、火を放ったと思った。果たして、彼はどちらの人生を辞めたのだろうか?そして、彼は最後の映像の中で、女性と共に生きていたと思いたい。それが誰なのか?もボクには分かりはしないが、彼は海の近くで穏やかに、人生を過ごしていくのではないか?しかし、怒涛の2時間だった。息子である安堂とともに逃げる留美は、入間によって、2度も子供を失いかけながら、真海の命によって土屋という存在によって、息子の命を守られた。貞吉も瑛理奈に毒殺されそうになるが、入間にとっての命とも言える未蘭を毒殺しようとしてことによって、彼に見限られ、命を断つとは劇的な結末だった。入間を愛した二人の女性は、大きく明暗が入れ替わったようにも思えた。しかし、瑛理奈は罪深き女性だったので、その運命は受け入れざるを得ないのかも。そして、入間が愛した未蘭は、信一郎と結ばれたのも、真海の下した運命の裁定のようにも思えた。この若い二人には、明るい光を感じながら生きてほしかったのかも。そう考えると、彼は復讐というよりも、それぞれ人々の罪の裁定をしてるようにも感じた。けど、そんな彼もすみれの裁定を受けたのだが、それは愛に包まれるものだった。その愛を受け入れて、彼は一つの答えを出したのかも。彼も罪からは逃れられないと思い罰を受け入れたけど、同時に許されもしたとも思いたい。それが最後に海を歩く彼の姿なのではないのか?正直、一話と2話をもっとうまく作って、題名をわかりやすくしていれば、3話からは本当にに面白かったのに
関連記事


2018/06/19 09:56 :カテゴリ【ディーン・フジオカ】モンテ・クリスト伯 コメント(8)
モンクリロス
ふぅーっ。
今でもドラマのシーンが頭をよぎって、いわゆるモンクリロスですね。
高橋克典さんのブログがモンクリロスの人のために書かれていて嬉しいです。
2時間があっという間でした。

あ、全然関係ないけど、新しい命がお腹に…♪
こんな過激なドラマを観て良かったのかな?
感動したからいいか。
投稿者: [ 2018/06/18 00:21 ]
真海を助けたのは
たぶん幸男ですね。顔の火傷の痕が物語ってます。実際 火の中へ走って行くところが映っていたし。
土屋さんとあいりの距離からでは、火の手が上がり過ぎていて助けることは不可能かと。
真海さんのお墓参りもフェイク。子供にはお空に行ったと思わせる。
取り調べ室での神楽と幸男の供述は芝居ですよ。幸男と違って、やはり多少神楽は芝居が大袈裟だったかな^_^
要は最後の晩餐に呼ばれた3人が口裏を合わせて、真海を逃して せめてもの罪滅ぼし、なのではないでしょうか。

あまりにツッコミドラマと言われ過ぎていて、ちゃんと見だしたのは後半からだったのが悔やまれます。
最終回は もっと数字取れるかと思いましたけど、残念ですね。
何年か後に、入間えいと の復讐物語なんて作らないで下さいよ? 綺麗なラストのままで充分です。
投稿者: [ 2018/06/15 12:43 ]
いい終わり方だったと思えました
山口紗弥加さんの熱演凄く見ごたえありました。死ぬ時もある意味残酷。
でも憎い3人は罰をあたえても反省が最後までなかった!復讐とは言え殺人を重ねるよりはね。
やはり自殺にもって行きましたが、しかし後を追ってた愛梨さん、土屋さんの二人が助けたのでしょう?
最後は愛梨さんと、、かな。
いままでファンのドラマ映画は原作読みが先にしたけど、今回はドラマしか知らずで展開が楽しみでした。これからは原作後にして、ハラハラドキドキ楽しみます。
高視聴率でも納得なのにね。
それにしてもフジオカさん当たり役で、みなさんも本当に上手くて見応えありました。

ドラマ中のコマーシャル相変わらず多すぎです。
次ドラマは医療ですか?う~ん。
あまり出尽くしてないドラマが観たいけど。
投稿者: [ 2018/06/15 11:50 ]
連投すみません
もしかしたら暖は生きていたのでしょうか?
ラスト海辺のシーン
よく見ると暖とあいりさん?

原作は死なないので、もしかしたら生きていたのでしょうか?
そうであってほしい。
管理人さん教えて下さい。
投稿者: [ 2018/06/15 00:01 ]
放心状態
なぜ真海だけが死んじゃったの?
1番ひどい目にあったから、幸せにならなきゃいけない人なのに。

殺さない復讐。
社会的制裁だけじゃなくお金も家族もなくなって入間は廃人同様。
う〜ん 
神楽なんて、ちっとも反省してなくて最後まで真海を侮辱して腹立つ!

それにしても最後の晩餐の場面、灯油をまいていたのだから、みんなを帰らせたあと真海がどうするかくらい、すみれさんもっと早く気づいてよ!
すみれから、結婚のOKをもらった時のダンの幸せそうな表情が切なく哀しかった。

それにしても自殺とは。
見終わってから、しばらく動けませんでした。
復讐からは何も生まれないけれど、なんとも言えないモヤモヤが残ってしまった。
私がディーン様のファンだからかな。
しばらくロスになるだろう。



投稿者: [ 2018/06/14 23:27 ]
キャストさんの皆さん上手い!
やっぱり、大倉くん生かされてましたね。
予感バッチリ(笑)。
高橋克典さん、憎い!けど上手いですね、
「サラリーマン金太郎」もこう変わるんだ♪でも、この仇討てるのでしょうか?
是非、死ぬではなくても真海さんが受けた暴力や精神的苦痛は受けてもらいたいものです。
復讐できた後は永遠に姿消して生き延びるか逆に自殺?は避けてほしいけど、二時間とても楽しみに待っています。
投稿者: [ 2018/06/08 12:48 ]
狂喜乱舞!
迫力ありましたね。
手に汗握って見入ってました。
ななっちさんのコメント同様、私も未蘭を守るために真海が手回ししたと思いました。幸せになってほしい。この言葉そのままに。

それにしても復讐劇があの手この手で、飽きません。
1番憎いのは高橋克典さん演じる入間。
この人に下す制裁はどうなるのか?

真海さんにも、心から安らぎと幸せを期待したいところだけど、彼には守りたいものが何もないから、復讐終えたらどうなるのか心配になる。

自分なりにこの人はこうなるって想像しているので、入間の妻は死ぬのかなとか。
最終回の2時間は映画をみるような気持ちで楽しみ。

視聴率など関係なく、ここまで素晴らしい脚本と主演のディーンさん始め、役者さんの演技が素晴らしい。

ドラマより映画にした方が良かったような。

巌窟王がモデルの作品とのこと。
そろそろ原作も読んでみようかな。
投稿者: [ 2018/06/08 12:22 ]
全員狂気
まさしく全員が狂気でしたね。

真海と医者が目配せをしていたので、ここの医者が真海に解毒剤を渡し、それを信一朗に託したんだと思う。
未蘭は毒を吐き出して元気になってるのでは。
未蘭をICU治療室に命を狙われないよう隔離させた気がする。
医者も今まで入間が事件を隠蔽してきたことが許せなかったのかも。

とうとう来週最終回になってしまいました。
みなさんの迫真の演技、楽しみです。
投稿者: [ 2018/06/08 11:39 ]
みなさんの感想





ハンドルネーム複数不可。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
アクセスサイトランキング
スマホ、タブレット QR
QR
プロフィール Profile

管理人

Author:管理人
性別 男性 20歳以上
ペット 猫
趣味 ドラマ 映画 


free counters
カテゴリ Category