Fcastドラマ視聴率速報

僕とシッポと神楽坂/リーガルV/まんぷく/ドロ刑/大恋愛/下町ロケット/スーツ/中学聖日記:映画·ジャニーズ·嵐·音楽番組の視聴率まとめ·感想も

【正義のセ視聴率3】最終回 



正義のセHP
2018年4月期 水曜ドラマ22:00
竹村凜々子(吉高由里子)は、横浜地検で働く2年目の検事。まだまだ駆け出しの凜々子は、不器用だけど何ごとにも一生懸命。周りを巻き込みながらも、まっすぐに事件に取り組み、検事として、そして女性として成長していきます。
【キャスト】
吉高由里子 竹村凜々子  横浜地検港南支部に勤める2年目の検事。正義感が強く真っすぐで、納得するまで決して諦めない性格の持ち主。
安田顕 相原勉  凜々子のサポートをする担当検察事務官。普段は冷静に、淡々と凜々子と接している。
三浦翔平 大塚仁志  凜々子と同じ支部に所属する検事で、自他ともに認める港南支部のエース。
広瀬アリス 竹村温子  凜々子の妹で、実家の豆腐屋を手伝っている。ふんわりとした性格。
寺脇康文 梅宮譲  横浜地検港南支部長。出世コースからは外れているが、部下からの人望は厚い頼れる上司。
生瀬勝久 竹村浩市  凜々子の父で竹村豆腐店の店主。典型的な江戸っ子で義理人情に厚く、涙もろい。
【スタッフ】
脚本 - 松田裕子 松本美弥子 梅田みか 
チーフプロデューサー - 西憲彦
プロデューサー - 加藤正俊、鈴木香織(AXON)
演出 - 南雲聖一、明石広人、岩﨑マリエ
制作協力 - AXON
制作著作 - 日本テレビ
【視聴率】
01 4/11【11.0】関西【13.0】阿川佐和子原作!!恋に仕事に真っすぐな新米検事の初事件
【脚本】松田裕子 【演出】南雲聖一
石黒賢、浅利陽介、森矢カンナ、六角慎司
02 4/18【*9.9】阿川佐和子原作お仕事ドラマ 新米検事が初の殺人事件に挑む
【脚本】松田裕子 松本美弥子 【演出】 南雲聖一
財前直見、大澄賢也、石橋保、矢作穂香
03 4/25【10.3】関西【13.2】「VS結婚詐欺師」
【脚本】梅田みか 【演出】岩﨑マリエ
三浦貴大、磯山さやか
04 5/02【*9.4】突然奪われた命…悲しい嘘と新米検事の涙
【演出】明石広人【脚本】松本美弥子
白洲迅、茅島成美、菊池均也
05 5/09【*9.1】不倫の末の殺人!? 先輩検事と突然のキス!!
【脚本】梅田みか 【演出】南雲聖一
原田龍二、木下隆行(TKO)、佐藤めぐみ
06 5/16【10.5】VSオレオレ詐欺!! 親友弁護士登場
【脚本】 梅田みか【演出】 岩崎マリエ
倉科カナ、岡山天音、笠原秀幸
07 5/23【*9.0】保育園で事件発生…親子の絆 涙の取り調べ
【脚本】 山岡潤平【演出】 明石広人
朝加真由美、近藤公園
08 5/30【*9.4】関西【11.4】深まる謎! ひき逃げ事件に隠された真実!!
【脚本】 梅田みか【演出】南雲聖一
正名僕蔵、桐山漣
09 6/06【*8.9】冤罪!? 検事人生の危機と少女が流した涙!!
【脚本】梅田みか 【演出】 明石広人
東幹久
10 6/13【10.0】
【脚本】 梅田みか【演出】南雲聖一
宅麻伸、落合モトキ、岡本玲、佐藤祐基、渡部秀、小松彩夏
正義のセ Blu-ray BOX
正義のセ Blu-ray BOX
posted with amazlet at 18.06.15
バップ (2018-11-21)
売り上げランキング: 734




08
 凜々子(吉高由里子)は芸能事務所マネジャーの斎藤(正名僕蔵)が車でOLの茜(浦まゆ)をひいてけがをさせ、逃げた事件を担当する。斎藤は人をはねた覚えがないと主張するが、反省している様子。斎藤から、後部座席に人気俳優・光岡(桐山漣)を乗せていたと聞いた凜々子は大喜びで彼に会いに行き、相原(安田顕)にあきれられる。そんな中、茜の証言で斎藤に人をひいた認識があったと判明。すると斎藤は一転、ひき逃げを認め…。
【感想】
僕は全く原作を知らないのでわかりませんが、コレと似たような話は本当に出てくるのだろうか?さすがに、数分で、正義の味方を演じる人気俳優・光岡の身代わりに、芸能事務所マネジャー斎藤なったというのが、ミエミエの脚本だった。最後は、良心の呵責に耐えることができず自ら、罪を認めたけど、こういう話は昔の刑事ドラマに多々あった記憶がある。ある意味、自分が自己犠牲で、身代わりになって、名のある人を助けるという人情話の典型で、時代劇にもありそうだ。けど、彼女がその事実に気づくのは、凛々子の父親の人情話を絡めてると言うのはきらいじゃないかな。定番な展開だけど、慣れ親しんできた話だけに、どうも面白くないと一刀両断し切れない感じにはなった。こういう話のために、凛々子の家族設定はあるのかもね。けど、その分、横浜地検での検事たちとのやり取りの中で、彼らの個性や事件の解決の糸口が見える展開は、本当に少ない。凛々子の家庭とどちらも活かすというわけには行かないので、こういうふうになるのが少し残念な気もする。
09
 凜々子(吉高由里子)が担当した痴漢事件の真犯人が見つかった。被害者の女子高生の衣服に付着していたDNAが別件で逮捕された真犯人のものと一致したため、凜々子が既に起訴していた被疑者・村井(東幹久)は無実だと判明。冤罪を出してしまったのだ。当時の自分の取り調べに不備は見当たらないが、落ち込む凜々子。さらに凜々子は冤罪を生んだ検事として実名報道されてしまい、相原(安田顕)や大塚(三浦翔平)らは心配する。
【感想】
今回の事件は、痴漢事件を扱ったものだが、事件的には思いもしない展開だったので、興味を持てる話になっていた。本当に、チカンをするために、サイト上で呼びかけ合うっていう行為はあり得るのかとは思ったりもするが、卑劣な犯罪に巻き込まれた女子高生にとっては、本当に悲劇以外の何物でもない。以前に親しい女性に聞いたことがあるが、電車の中でチカンされたときの衝撃は、男性であるボクには尊像もできないものらしい。その差は、個人で違うのかも知れないが、女性によっては、今回の女子高生が受けたような不登校になるほどのものというのも、別に特別なことではないと、彼女の話を聞くと思った。その話も、もう何年も経ってからだから話すことができたと彼女は言っていたが、卑劣な行為だと再認識させられた。被疑者・村井は、一度は冤罪事件とされたが、確かに、自分から自供してるので、違和感アリアリだったが、、集団でやってるという書き込みを大塚が掴んだことで再捜査ということになり、凛々子と相原の執拗な捜査が実を結んだ展開は、見事な逆転劇でスキッとした。被疑者と凛々子の対決シーンも、相原との連携も良かったし、なかなかの話だったかもと思えた。
10
凜々子(吉高由里子)は、衆議院議員・中条(宅麻伸)の息子・秀成(落合モトキ)が犯した殺人事件を担当する。秀成は「被害者に包丁で脅され、身を守るためだった」と正当防衛を主張。それを裏付ける目撃者も現れる。しかし凜々子と相原(安田顕)が調べを進めていくと、事件には隠された謎が…。中条から捜査への圧力もかかり、凜々子の下す起訴判断が、検察庁全体をゆるがす重大な問題へとなっていく…。果たして事件の行方は?
【感想】
いくらドラマでも、最後の事件の証明が自白に頼るものって、供述を覆してきたら、公判を維持できるのかよとは思うのだが、せめて、なんの物証もなく、目撃情報も殆どないという事件を最終回にやらなくてもいいんじゃないの。やっぱり、凛々子たちが、苦闘する中で、物証を見つけて、証言を探し当てて、きっちり、事件を解決してほしかった。けど、このドラマの最終回の凛々子の解決方法は、泣き落としの自供とは!原作はどうだったんだろうな?こんな昭和に使うフルされた脚本で、制作側もOKを出したなと思う。何しろ唖然としたのは、中条が最終的に凛々子に息子は吐露した心情を言われ、あっさり改心したのは唖然とするしかなかった!今の時代、テレビ局が政治家よりの報道をするなんて、ありえないし、与党議員だったら、ボロクソに叩くでしょう!なんだかすべてがズレすぎていた脚本だった。やっぱり、脚本なんだよね~。凛々子は久利生公平の足元にも及ばなかった。
関連記事


2018/06/14 10:50 :カテゴリ【吉高由里子】 東京タラレバ娘 コメント(0)
みなさんの感想





ハンドルネーム複数不可。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
アクセスサイトランキング
スマホ、タブレット QR
QR
プロフィール Profile

管理人

Author:管理人
性別 男性 20歳以上
ペット 猫
趣味 ドラマ 映画 


free counters
カテゴリ Category