Fcastドラマ視聴率速報

僕とシッポと神楽坂/今日から俺は/リーガルV/駐在刑事/ドロ刑/大恋愛/下町ロケット/スーツ/中学聖日記:映画·嵐·音楽番組視聴率まとめ·感想も

【絶対零度視聴率】未然犯罪潜入捜査 4話最高値更新 



絶対零度~未然犯罪潜入捜査~
AIが予測した犯罪を未然に阻止する極秘任務。表向きは資料課とされるクセ者ぞろいの捜査官たちの活躍を、潜入捜査、アクション、二転三転するストーリーで描く
【キャスト】
井沢範人 沢村一樹 元公安のエリート刑事、総務部・資料課に室長として転属。
山内徹 横山裕 桜木泉の年上の後輩として“特殊犯罪捜査対策室”に赴任してきた
小田切唯 本田翼 “ミハン”メンバーの紅一点、
南彦太郎 柄本時生 ミハンのメンバー。警視庁入庁以来ずっと資料課で、過去の事件資料をデータ入力している。
田村薫 平田満 ミハンのメンバー。いつも挙動不審で、「すいません」が口癖。
東堂定春 伊藤淳史 ミハンの総責任者。警視庁のキャリアで、最短の出世コースを歩んできたエリート。
桜木泉 上戸彩 一流の捜査官に成長していたが、ある捜査中に突如失踪、消息をたってしまった
【スタッフ】
【企画】稲葉直人
【プロデューサー 】 永井麗子(共同テレビ)
【脚本】浜田秀哉  小山正太  井上聖司  宇山佳佑 
【演出】 佐藤祐市 城宝秀則 光野道夫
【視聴率】
01 7/09【10.6】名古屋【14.1】未来の凶悪犯罪を止めろ
【脚本】浜田秀哉 【演出】 佐藤祐市
〈第1話ゲスト〉 成河  山本浩司  武井壮  米村亮太朗
02 7/16【*9.6】桜木泉の死の真相-そして残された謎
【脚本】浜田秀哉 【演出】 佐藤祐市
〈第2話ゲスト〉 黒谷友香  多田成美  笠松将  中丸新将
03 7/23【10.8】関西【14.0】昏睡状態で殺人!?予測不能の犯人!
脚本 小山正太 【演出】 城宝秀則 
〈第3話ゲスト〉 佐野岳  落合モトキ  前原滉  柴田杏花  遠山俊也
04 7/30【11.7】北海道【15.5】銀行員が殺人!?潜入中に強盗発生!
【脚本】 井上聖司  【監督】 光野道夫 
〈第4話ゲスト〉 小野了  佐藤玲
05 8/06【】【美しき少年殺人者!ミハン最大の危機
脚本 浜田秀哉  監督 佐藤祐市 
〈第5話ゲスト〉 道枝駿佑  近藤公園



01
 元公安刑事・井沢(沢村一樹)は、表向きは資料課分室所属、実際は極秘の「未然犯罪(ミハン)捜査チーム」のリーダー。同捜査はAIのミハンシステムが予測した「これから起こる犯罪」を未然に防ぐ新たな試みだ。失踪したバディ・桜木(上戸彩)を捜す元特殊班の山内(横山裕)は、特別捜査官の東堂(伊藤淳史)によりチームに加えられるが、冤罪の危険性があるミハン捜査に懐疑的だ。そんな中、システムが新たに、クラブ経営者の富樫(武井壮)が殺人を犯す可能性が高いと割り出し、井沢らは捜査に乗り出す。
【感想】
今までの絶対零度=上戸彩だが、主演は沢村一樹で元公安刑事・井沢として、事件解決に、奔走する。けど、上戸=桜木も登場するにはするのだが、ベトナムで死んでしまったという設定になっている。今回の絶対零度シリーズは、過去、現在を描いてきて、未来を描くストーリーということになっている。何しろ、現時点では違法捜査としか言えない捜査形態を取るミハンチームの活躍を描くというものだ。そんな井澤が率いるチームに、異分子山内が加入されたところから始める。彼は、今まで禁じられていた捜査形態を取る曲者の集まりミハンチームに反発しながらも、実績を上げていくなかで、何を感じていくのか?
意外なキャスティングだなと思うのは、田村薫の平田満さんかな。よく刑事ドラマでは、犯人役では独特の存在感で、重要な役をやったりするが、刑事って珍しいかも。そんな彼は今までの経験から何でもできてしまうドラえもん的な活躍をしてしまう。そう考えると、ちょっと危険な静香ちゃんが小田切唯 、このミハンに図らずも配属された拗ねる男は南彦太郎はスネ夫かな。のび太は、山内なのかな。井沢は、あの犯人に退治した時の様子を見ると、ジャイアン?なのかも。もしかしたら、どうなってしまったのかわからない桜木は、映画版のドラえもんで、助けを求める姫だったりするのかも。そんな彼らの未来を見据えた戦いは、意外と捻りが聞いた話にはなっていたが、どう考えても、殺人鬼と化した須藤は、金のためなら狙いやすい前川だよな。西田は、仲間もいてやりづらいとは思った。しかし、金塊密輸とは、面白い。韓国人絡みの事件が多く、福岡を舞台によく事件が起きるネタではあるのだが、錬金術的な要素はある。それをズバッと、最後に解決するために現れた井沢山内コンビは、戦隊ヒーローかと思ったが、本当の戦隊ヒーローは小田切唯だった。西田たちをボコボコだもんな。いろいろと警察ドラマの枠を超える内容ではあるが、今のところ企画的には面白いような。けど、次回を見てからかな~。
02
 ミハン捜査員の井沢(沢村一樹)らはシステムが危険人物と認定した著名な料理人・早紀(黒谷友香)の捜査に着手。元相棒の桜木(上戸彩)の焼死体が海外で見つかったと聞いた山内(横山裕)も動揺を隠して捜査に没頭する。早紀は猛毒のリシンを入手して殺人を犯そうとしているようだが、彼女の標的が分からない。小田切(本田翼)が料理人志望と偽って早紀に接近、井沢も早紀が運営する子ども食堂のボランティアとして接触する。
【感想】
ラストに、あの真犯人が突き落とされた時、だれがやったのかわからないが、井沢の口ぶりからすると....という感じで、きっちりかたをつけたのは、気持ちいい終わり方だった。もしかしたら、選挙の開票結果の途中で、音声データを駆使して、社会的に葬るのかと思ったが、井沢には、そんなまどろっこしいことをする気など少しもないのかもね。「ジョーカー 許されざる捜査官」よりも、ハードだ。
物語の方は、これから犯罪を犯そうとすると、AIが判定した著名な料理人・早紀は、着々と資料を集め、とある人物が、自分の中の良かった少女を殺したのではないかと検証していた。なぜ中の良かっただけの少女のために仇討ちをしようとしたのか?それは、ありがちな子供に特別養子縁組で手放した我が子だからというのは予想はついたが、彼女が残した音声データに残された言葉が、なんとも切なかった。それを井沢が聞いたら彼がやることは一つしかなかったのかもね。日本では、どんな理由であれ、私刑がまかり通るものではないが、必殺仕事人的な人間がドラマの中くらいはいてほしいとは思ってしまう。過去と未来の事件が大きく絡み、一人の女性の未来は救われ、娘をこれからも弔うこともできるようにもなったし、真犯人も処罰されたという気持ちいい終わり方で、スッキリした。この流れ、嫌いじゃないな。
03
 井沢(沢村一樹)らは、システムが危険人物と特定した女子大生の真帆(柴田杏花)の犯罪阻止に動く。1年前、自殺未遂事件を起こした真帆は、所属するサークルのメンバーに脅迫メッセージを送り付け、海外から爆弾の原料も取り寄せていた。しかし、調べると真帆はいまだに意識不明で入院中で、何者かが彼女になりすまして復讐をたくらんでいることが分かる。小田切(本田翼)はサークルの代表・湯川(佐野岳)に接近する。
【感想】
少しずつだが、ミハンメンバーの記憶にある犯罪被害が、わかりやすくプレイバックされていく。井沢の過去は、あまりにも凄惨な事件であり、事件の顛末がどうなったのか?わからないのは、今回の湯川と似て、拳銃を口に打ち込んでいたところで終わっている。親の力を傘に、自分の犯罪をもみ消して、生きてきた湯川という男は、銃で口をふさがれ、どうなったのか?
事件自体は、真帆が犯罪をするように予見させているが、彼女は昏睡状態で動けるわけもなく、誰が彼女のスマホで、行動を起こそうとしいるのか?というところを追う展開となっていく。彼女の周りで、犯罪を起こす可能性が見えてきた人物たちをマークしていくのだが、彼女が自殺しようとした理由は、仕掛けられたカメラで、彼女の友人の口から語られた。卑劣な湯川の正体は、小田切を襲うという行為と共に、バレたが、犯人は意外なところにいたんだな。なるほどよく組み立てられた物語で、なかなか良くできていると思う。しかし、このドラマは、犯罪を見線に防ぐこととなって、犯罪者を助けることになるが、きっちり、湯川が葬りされるのは気持ちがいい。やっぱり「ジョーカー 許されざる捜査官」の匂いが深まって、スッキリとできるのも気持ちがいい。真帆の不幸は、これでは解決はしないのかも知れないが、これからの湯川の被害者がいなくなるだけでも、救われた話だった。
04
 システムが危険人物に認定した銀行員の佐伯(小野了)は、さえない中年男性でとても殺人を犯すとは思えない。小田切(本田翼)が行員として潜入した佐伯の勤務先で強盗事件が発生。通報を受けて警察に取り囲まれた3人組の強盗犯は、小田切らを人質にして行内に立てこもる。その様子を監視していた井沢(沢村一樹)は、佐伯や強盗犯の言動に違和感を抱く。やがて、強盗犯の1人が佐伯の出入りするバーの常連だと分かる。
【感想】
今まで、意外と本田翼さんは、見てきたけど、一番輝いてる感じがするが小田切唯という役だ。潜入調査をやる中で、激情して、アクションで大活躍して、傷つきながらも、悪に立ち向かう姿がたまらん。スマートに、相手を叩き潰す井沢とは、違いはあるし、なんか輝いてる気がする。話の方は、かなり面倒くさい設定ではあるし、なんで、あの金庫の中で、正当防衛狙いの殺人とはいえど、密室で、反撃されるリスクが高すぎるし、2話の犯人を抹殺したみたいにするのが、一番早いのにとか思ってしまうが、ドラマとしては、心からの友人の名誉を守るという使命のために、奮闘する一人の姿にはドラマが有った。犯罪に抵抗して、なくなっただけなのだから、きっちり正当防衛を主張して、自首すればよかっただけなのに、友人を苦しめて、自殺に追いやった自分を攻める気持ちは理解できるし、自分のテリトリーで処刑したかったのかもとは思いたい。しかし、ミハンの存在がバレたらいけないのに。長々とあの金庫の中でやり取りするのもよくわからないが、ドラマだと思い目はつぶりたいし、友人の娘が、佐伯の思いを知れただけでも、良しとしたい話だった。
05
 システムが有名私立高校の2年生・直樹(道枝駿佑)の犯行を予見し、井沢(沢村一樹)らが動き出す。文科省のエリート官僚を父に持つ直樹は、成績優秀でスポーツも万能。一方で、凶悪事件の予兆ともいえる動物殺傷事件の犯人と思われた。山内(横山裕)はバスケ部の外部指導員として潜入し、彼に接触。内偵中の小田切(本田翼)と田村(平田満)は動物殺傷事件を取材中だというジャーナリストの川上(近藤公園)に声を掛けられる。

絶対零度~未解決事件特命捜査~DVD-BOX
ポニーキャニオン (2010-09-15)
売り上げランキング: 8,550

関連記事


2018/07/31 12:21 :カテゴリ【沢村一樹】絶対零度 コメント(1)
金塊
このドラマは録画で、裏の「はぐれ署長、」は三時間なので先に観ましたが、いずれのドラマも内容は違っても偶然に金塊でした。
先の方は政治資金?こちらは密輸。
楽しみにしてましたが魅せる作品でなく(個人的)に残念!連ドラは進むにつれ面白くなるかもですね。

この二つのドラマ以外に時代劇だけど昭和生まれの自分にとっては楽しめたのは、橋爪功さんの「吹く風は秋」と鬼平さん出演しない「鬼平特別辺、、」中村梅雀さんのドラ良かった!どちらも暗いドラマで派手な立ち回りもないのに惹き付けられたのは主役さんの心の演技かも。

普通のチャネルでしてほしい、ありふれたドラマがやはり人気なので期待薄く無理?
もったいない気がします。
投稿者: [ 2018/07/10 15:39 ]
みなさんの感想





ハンドルネーム複数不可。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
アクセスサイトランキング
スマホ、タブレット QR
QR
プロフィール Profile

管理人

Author:管理人
性別 男性 20歳以上
ペット 猫
趣味 ドラマ 映画 


free counters
カテゴリ Category