Fcastドラマ視聴率感想

スマートフォン対応ドラマ視聴率速報サイト。感想、コメント大歓迎!検索は『fcast』

【正義のセ視聴率】6話で2桁回復 



正義のセHP
2018年4月期 水曜ドラマ22:00
竹村凜々子(吉高由里子)は、横浜地検で働く2年目の検事。まだまだ駆け出しの凜々子は、不器用だけど何ごとにも一生懸命。周りを巻き込みながらも、まっすぐに事件に取り組み、検事として、そして女性として成長していきます。
【キャスト】
吉高由里子 竹村凜々子  横浜地検港南支部に勤める2年目の検事。正義感が強く真っすぐで、納得するまで決して諦めない性格の持ち主。
安田顕 相原勉  凜々子のサポートをする担当検察事務官。普段は冷静に、淡々と凜々子と接している。
三浦翔平 大塚仁志  凜々子と同じ支部に所属する検事で、自他ともに認める港南支部のエース。
広瀬アリス 竹村温子  凜々子の妹で、実家の豆腐屋を手伝っている。ふんわりとした性格。
寺脇康文 梅宮譲  横浜地検港南支部長。出世コースからは外れているが、部下からの人望は厚い頼れる上司。
生瀬勝久 竹村浩市  凜々子の父で竹村豆腐店の店主。典型的な江戸っ子で義理人情に厚く、涙もろい。
【スタッフ】
脚本 - 松田裕子 松本美弥子 梅田みか 
チーフプロデューサー - 西憲彦
プロデューサー - 加藤正俊、鈴木香織(AXON)
演出 - 南雲聖一、明石広人、岩﨑マリエ
制作協力 - AXON
制作著作 - 日本テレビ
【視聴率】
01 4/11【11.0】関西【13.0】阿川佐和子原作!!恋に仕事に真っすぐな新米検事の初事件
脚本 松田裕子 演出 南雲聖一
石黒賢、浅利陽介、森矢カンナ、六角慎司
02 4/18【*9.9】阿川佐和子原作お仕事ドラマ 新米検事が初の殺人事件に挑む
脚本 松田裕子 松本美弥子 演出 南雲聖一
財前直見、大澄賢也、石橋保、矢作穂香
03 4/25【10.3】関西【13.2】「VS結婚詐欺師」
脚本  梅田みか 演出 岩﨑マリエ
三浦貴大、磯山さやか
04 5/02【*9.4】突然奪われた命…悲しい嘘と新米検事の涙
演出 明石広人 脚本 松本美弥子
白洲迅、茅島成美、菊池均也
05 5/09【*9.1】
脚本  梅田みか 演出 南雲聖一
原田龍二、木下隆行(TKO)、佐藤めぐみ
06 5/17【10.5】
脚本 梅田みか 演出 岩崎マリエ
倉科カナ、岡山天音、笠原秀幸


05 
凜々子(吉高由里子)と相原(安田顕)は、医大の助手・香織(佐藤めぐみ)の転落死現場に臨場する。香織と最後に会った教授・高嶋(原田龍二)は、彼女と不倫関係で別れ話をしたと告白。高嶋は香織の殺害容疑で逮捕されるが、医療機器メーカーの茂木(木下隆行)と一緒にいたとアリバイを主張し、容疑を否認する。その後、この件は医大を巡る贈収賄も絡んだ大事件に発展。凜々子は大塚(三浦翔平)と組んで捜査をすることになる。
感想
僕も検察の仕事について、全てを知ってるわけではないがしらないが、臨場要請なんてあるだな。事件後、そのままの状態にするなんてことあるのかもわからないので、なんともぃえない部分もあるけど、事件の早期解決のため警察と連携するという内容だったが、殺人事件になったと言って、エース検事と二組も使って、事件解決するようなことなんてあるのか?よくわからないが、あると仮定しても、今回の事件で、あの物証となった入場券とか検事が調べるのか?もう少し警察との連携で解決すればいいのにと思える刑事ドラマみたいな内容だった。亡くなった医大の助手・香織は不倫の別れ話による自殺と動機づけしたい高嶋と彼の嘘を暴こうとする凛々子と相原コンビという構図の中に、大塚も加わるという今までとちょっと違った物語展開だったが、大塚ともしかして恋愛展開もある?的な要素も含みながら、気楽に見える内容だったかな。けど、ラストで、茂木と高嶋のダブルの取り調べとか、刑事ドラマで見るけど、こんなことまで本当に検事がやるの?的な気持ちはありながらも、まあ、それなりに楽しめたかな。しかし、頭の中で、検事の仕事って???な内容だった。
06
オレオレ詐欺事件を担当する事になった凜々子(吉高由里子)。逮捕された大学生・浅田(岡山天音)は「アルバイト感覚だった」と主張し、反省した態度を見せる。そこに浅田の弁護士としてやってきたのが、大学時代からの親友・美咲(倉科カナ)だった。浅田の釈放を要求する美咲だが、凜々子は拒否!立場の違いから対立する二人!オレオレ詐欺事件の行方は?そして、二人の友情は?
感想
今回はオレオレ詐欺事件を凛々子が扱うという内容だったが、逮捕された大学生・浅田が、アルバイト感覚どころか、かなりの悪だということが見え見えすぎる感じがして、つまらない内容だった。それにしても凛々子の友人の美咲弁護士が、倉科カナがやることでやけに華やかすぎて、彼女が弁護士に見えなすぎるのも問題だった。それは凛々子のふわふわ感も目立たなくするほどだった。そんな単独で美咲は、刑事ばりに、弁護する浅田の友人小林を尾行したりとハチャメチャ。せめて、凛々子と相原も巻き込まれて、尾行してるのならまだしも、何だかな~としか思えない。もう少し、吉高さんや倉科さんを弁護士や検事としていい意味で活かす工夫ある脚本を書いてほしいよ。港南支部長梅宮は、いい感じでアドバイスしたりして悪くないと思うけど、大塚や徳永は、もう少し活躍させてもいいような感じはした。前回の大塚とのキスとかこのドラマのテーストにはあってるのかも知れないけど、それだけじゃ物足りない。
07
 凜々子(吉高由里子)は保育園でけがをした園児・宏尚(佐藤令旺)と1対1で「司法面接」をし、何があったのかを聞き出すことに。園長の弥生(朝加真由美)らは、教室から抜け出した宏尚が1人で園庭の遊具に登って転落したため、不慮の事故だと主張。しかし、宏尚の父・小峰(近藤公園)は、園側の保育体制に問題があるのではと疑っていた。別れた妻との間に娘がいる相原(安田顕)が義憤に燃える中、凜々子は宏尚と面接する。
関連記事

>
2018/05/17 10:23 :Category:【吉高由里子】 東京タラレバ娘 コメント(0)
みなさんの感想





ハンドルネーム複数不可。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
コメント!大歓迎です
データ取得中...
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング