Fcastドラマ視聴率感想

スマートフォン対応ドラマ視聴率速報サイト。ドラマ感想、情報コメント大歓迎!検索は『fcast』

【未解決の女視聴率】警視庁文書捜査官 4話は上昇 



未解決の女 警視庁文書捜査官
テレビ朝日 毎週木曜 21:00~21:54
波瑠と鈴木京香が初タッグ! 肉体派×頭脳派の最強刑事が未解決事件の捜査に挑む
【スタッフ】
原作:麻見和史「警視庁文書捜査官」(角川文庫/KADOKAWA)
脚本:大森美香
演出:田村直己 樹下直美
プロデューサー:横地郁英 服部宣之 菊池誠 岡美鶴
主題歌:知らないんでしょ?/平井堅
【キャスト】
波瑠 矢代朋 警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)の刑事。巡査部長。空手家の父親譲りの体力と柔術に自信がある。
鈴木京香 鳴海理沙 警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係の刑事。警部補。わずかな文章から書き手の性格や思考を言い当てる類いまれな能力の持ち主。
沢村一樹 古賀清成 警視庁捜査一課「特命捜査対策室」室長。警視。刑事としてのプライドが高い。
工藤阿須加 岡部守 警視庁捜査一課「第3強行犯捜査 殺人犯捜査」第5係の刑事。巡査部長。朋とは同期。
高田純次 財津喜延 警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係の係長。警部。
光石 研 川奈部孝史 警視庁捜査一課「第3強行犯捜査 殺人犯捜査」第5係の係長。警部。
遠藤 憲一 草加慎司 警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係の主任。警部補。愚直で真面目で超無口、超早飯。
【視聴率】
01 4/19【14.7】福岡【15.8】別荘で文書改ざん!? 密室殺人空白の10年…頭脳派&熱血刑事が挑む
◇脚本 大森美香◇演出 田村直己
ゲスト中山美穂、風間俊介、渡辺いっけい
02 4/26【12.8】関西【15.4】誘拐2つの点と線!? 逃亡12年…3文字の親子愛
◇脚本 大森美香◇演出 田村直己
ゲスト高岡早紀、戸次重幸、畑芽育
03 5/03【11.6】福岡【14.5】死者から5年後届く百人一首!! 教授と禁断愛!?
◇脚本 大森美香◇演出 樹下直美
吉田栄作、福原遥、深水元基
04 5/10【12.7】
◇脚本 大森美香◇演出 樹下直美
真飛聖、堀部圭亮、吉井怜



01 
無鉄砲な捜査で負傷した警視庁捜査一課の朋(波瑠)は復帰早々、「特命捜査対策室」第6係に異動。未解決事件の文書捜査担当部署という触れ込みだが、実態は捜査資料の‘倉庫番’だ。そんな折、強行犯係から連続変死事件の被害者2人の遺書が持ち込まれ、主任の理沙(鈴木京香)が犯人像と犯行動機を解析。2人が、10年前に不審死を遂げたミステリー作家・泉水(中山美穂)のサイン入り著書を所持していたことも分かる。
【感想】
主人公の矢代朋 は熱血漢で行動力に飛んでいるけど、事件の解決には、鳴海理沙というわずかな文章から書き手の性格や思考を読み解くという変わった能力を持つ刑事が、力を貸すという展開。経験も知識もない朋は、彼女の能力を借りながら、未解決事件解決へと突き進むという物語らしい。時として、理沙は、行動的な朋を利用して自分が解析したことを彼女に喋らせて、事件の謎を説いていくけど、なにかドラマティックではない。今回、今起きてる事件と10年前のミステリー作家・泉水の不審死を同時に説いていっていたが、メインは過去の事件だったけど、サブの二人の女性を毒殺した事件と今ひとつ関わりが低く、朋が事件解決には、あまり絡んでないので、どうでもよく見えた。まあ、理沙が文字から解析したヒントが有効に働いたのは確かかもしれないが....。それに、過去の事件の犯人は、序盤からMIZUKIとまる見えというのも、今ひとつ物語を盛り上げない。それに、なかなか解けない密室リックもまさかとは思ったが、泉水とMIZUKIは親子関係?という意外と使い古されたトリックだったのも、残念感が...。文書から謎が読み解ける泉水が頭脳となり、朋を操り、事件の謎を解くというのはなかなか面白い設定ではあるが、朋のキャラ設定が引っかかる。波瑠さんには合わないかな。コレは、だれが見ても思うことだろう。しばらく見たら、アレでは慣れるというものでもないような気もするが、一応、次回も見てみたい
02
 IT企業社長・雅也(戸次重幸)の15歳の娘・遥花(畑芽育)が誘拐された。捜査本部に招集された朋(波瑠)は雅也の秘書を装い、身代金1億円の受け渡しに向かうが、正体を見破られてしまう。犯人が最初の電話で遥花の声を聞かせた際、遥花は「かもめ」と口にした。実は、12年前の未解決誘拐事件で、主婦・菜々美(高岡早紀)の3歳の娘も「かもめ」と言い残しており、朋はその捜査に理沙(鈴木京香)が加わっていたと知る。
【感想】
今回は、鳴海理沙の文章の解析力が、あまり発揮されてない感じはしたかな。かもめという言葉の謎と娘と言わない犯人という点しかない。それに犯人も、どう考えても、12年前の未解決事件で、我が子がいなくなった主婦・菜々美意外には考えられないような作りになっている。しかも、今回の事件はかなり無理がある設定が、どうにも、結末を盛り上げないかな。自分の娘を突然死で亡くしたとしても、夫婦だけで、生活できるわけではないし、彼らに親族いるもいることも考えられるとなると、12年という長い間隠し通せるとは思えない。それに、「かもめ」というキーワードも、決定的なあのハート型のほくろと比べると弱すぎて!それに日頃から長袖の服しか着せないように気をつけてるのに、なんで家にハワイの写真を飾ってるのかな?ツッコミどころ満載の脚本だった。それに、いくら自分が育ててないとはいえど、自分の子供に間違いない娘を殺そうとしたり、誘拐したり、彼女は娘ですと名乗りでて、あの夫婦を告発すれば済むだけの事件なのに、話を変な方に膨らましてるだけのような気がしてならない。期待はしてるんだけど、話はイマイチかな。
03
 殺害された与田(深水元基)の刺青を見た理沙(鈴木京香)が、百人一首の言葉だと断定。与田が5年前に殺された大学生・佳織(福原遥)の恋人だと指摘し、朋(波瑠)は驚く。百人一首を研究していた佳織の事件は、未解決。父・繁夫(遠山俊也)から預かった日記と百人一首から、理沙は‘彼’が2人いたと推察し、札が1枚抜けていると気付く。一方、ゼミの教授・塚本(吉田栄作)が、佳織のストーカーだった可能性が浮上する。
【感想】
今回は百人一首を絡めた話で、あまり話が難しくならないように、百人一首の中の二句だけを取り上げて、恋愛絡みの事件に、しているところが、わかりやすく作られているとは思った。5年前に殺された大学生・佳織の日記の中に潜んでいる二人の”彼”が、ストーカーはどちらだったのか?ということが問題となり、殺された与田とゼミの教授・塚本が浮かび上がってくるが、見てくれだけだと、塚本がストーカのように扱われていたが、かなり吉田さんも老けメークだったが、どうしても、彼を若い時から見てきたので、普通のおっさんには見えんかなという思いはあったし、途中、犯人像が与田に世話になった男がそれに当てはまりすぎだので、事件の構造がわかってしまったかな。しかし、恋の歌をやり取りするというのは、なかなか、心で結びついてる愛の姿を表現するのには良かった。見た目にとらわれない愛の形は、十分に事件の動機としては生きていたとは思った。僕的には、ここまで見てきて、文学少女として、事件の謎を波瑠に解いてほしかったかな。どう考えても、運動=波瑠とは結びつかないが、これからこのドラマを楽しむために、古賀清成にボロクソに言われながらも頑張る朋を応援はしたい。
04
 東京郊外のつり橋から突き落とされて意識不明のショップ店員・真智(吉井怜)の車から、15年前に失踪した里美(真飛聖)の毛髪が発見される。里美は、現在は国会議員の夫・晃一(堀部圭亮)と息子2人と共に訪れていた神社の祭りの最中、こつぜんと姿を消していた。朋(波瑠)と草加(遠藤憲一)の捜査や、理沙(鈴木京香)の筆跡鑑定により、真智が図書館で、里美の失踪事件に関する蔵書や資料を多数借りていたことが判明する。
【感想】
過失致死罪と殺人罪、えらい違いだ。正直、国会議員の夫・晃一が、どんな学歴かは語られていないが、法律を作る側の人間が、この差を理解してないとは、考えづらいというのはあったかな。最後はやけになって、放火しようとするし、どんな脚本だよという気はするが、里美と二人の息子の情愛が会ったところだけは、救われたかな。事件自体は、里美の姉の存在が明らかになったところで、なんで里美が姿を隠したのか?予想はついたし、真智が図書館で、里美の失踪事件を調べていた時点で、確信する話ではあった。しかし、今回の話ももっと面白く作れそうなんだけど~。それに、理沙が自ら取り調べたり、あの部仕事場から向けだしたりすると朋の存在意義がなくなると思うけど、コレからも、そうなっていくのかな?
関連記事


2018/05/11 10:11 :カテゴリ【波瑠】サバイバル・ウェディング コメント(1)
女相棒ものとしてこれは当たりです
波留のキャラですが、BORDERの比嘉役よりは私的には好感持てます
どちらかと言うと朝ドラのあのお方と似てるかな

投稿者: [ 2018/04/20 10:09 ]
みなさんの感想





ハンドルネーム複数不可。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
アクセスサイトランキング
スマホ、タブレット QR
QR
プロフィール Profile

管理人

Author:管理人
性別 男性 20歳以上
ペット 猫
趣味 ドラマ 映画 


free counters
カテゴリ Category