Fcastドラマ視聴率感想

スマホ対応ドラマ視聴率速報サイト。ドラマ視聴率推移、感想など掲載。コメント大歓迎。検索『fcast』

【ヘッドハンター視聴率】5話確定 



ドラマBiz「ヘッドハンター」
テレビ東京系毎週月曜 22:00~22:54
新ドラマ枠誕生!江口洋介×小池栄子×杉本哲太が豪華出演!強引でアウトローなヘッドハンターを通し、転職をめぐる人間模様を描く大人のドラマ。
【スタッフ】
脚本:林宏司
監督:星護
プロデューサー:稲田秀樹 高丸雅隆
主題歌:Baby don’t cry ~神様に触れる唇~/Beverly
【キャスト】
江口洋介 黒澤和樹 サーチ会社「SAGASU」の社長兼、すご腕のヘッドハンター。
小池栄子 赤城響子 業界最大手の転職あっせん会社「ブリッジ」のシニアバイス。
杉本哲太 灰谷哲也 「SAGASU」の総務・経理担当。黒澤が苦手とする事務作業をサポートする番頭的な存在。
舘林美憂…徳永えり 転職斡旋サーチ会社「SAGASU」リサーチャー。
及川百合…山賀琴子 古い洋食屋に勤める看板娘。常連の黒澤が唯一心を許す存在。
武井恭平…岡田龍太郎 ブリッジの若手社員。
眞城昭…平山浩行 おもに経済誌で活躍するフリーの記者
【視聴率】
01 4/16【4.5】天使か悪魔か? 謎の転職案内人! 標的は中年エンジニア…その時妻と同僚は
脚本:林宏司 監督:星護
谷口孝雄…北村有起哉 ・ 谷川葉子…遊井亮子 横河龍一…長谷川初範 ・ 五十嵐文雄…高橋克実
02 4/23【3.5】
脚本:林宏司 監督:星護
郷原泰三…高嶋政伸 柳井君秋…正名僕蔵 郷原貴子…小橋めぐみ 郷原翔太…前田虎徹
03 4/30【3.4】バブル女の転職に中傷メール! 涙の決断に罠
脚本:林宏司 監督:土方政人
熊谷瑤子…若村麻由美 江上 唯…菜葉菜
04 5/07【3.7】
脚本:林宏司 監督:小林義則
松原善三…伊武雅刀 松原瑞江…立石涼子 松原三郎…金井勇太 松原伸二…浜田学
05 5/14【4.2】
脚本:林宏司 監督:小林義則
西郷守男…板尾創路 西郷早苗…山下容莉枝 王子山…団時朗 黒澤健司…河野洋一郎 青木…児玉貴志
06 5/21【】
【脚本】林宏司【演出】土方政人
芥川紘一…宅間孝行 島崎剛…野間口徹 川端敏夫…春海四方



01
「あなたの値段、知りたいと思いませんか?」優秀な技術者・谷口孝雄(北村有起哉)は、ヘッドハンター・黒澤和樹(江口洋介)にそんな言葉で転職話を持ち掛けられる。会社の消極的な方針に先輩の五十嵐文雄(高橋克実)と共にうんざりしていた谷口だが、転職に一歩踏み切れずにいた。そんな中、黒澤の下で働く灰谷哲也(杉本哲太)らは、あるパーティーで同業の赤城響子(小池栄子)に遭遇。響子は露骨に黒澤にライバル心を燃やす。
感想
初回なので、まだなんとも言い難いところもあるけど、黒澤は意外とかっこよく描かれていて、悪くはなかった。 灰谷と並んで、ヘッドハントの打ち合わせをするシーンとか、こんなカッコイイおっさん二人なんていないよとは思うが、その絵だけで、ビジネスドラマとしてはいい感じはするかな。それに比べると、女優陣は手薄な感じもするけれど、初回から、ゲストで北村さんや高橋さんを使ってる時点で、テレ東的には、予算オーバーしてる感じもあるのでしょうが無い。話自体は、昔からよくある会社に不満だらけだが、なかなか動けない中男技術者の話で、代わり映えはなかったかな。しかし、40代の男性としては、本当に悩みまくる実体験有りきの話かも。昔は電機メーカーだったのだのに、革新的なことも出来ず、ダラダラと会社を残すことだけに固執し、何屋なのかわからないような似合ってしまった会社ってあるもんな。そんな中で、自分のキャリアをどう変えるのか?五十嵐が悩む姿は、リアリティーがある。けど、もう一つ、ガッツンとくる話には出来ないかな。もう一つ何かがないようなきもするが、それがなにかと言われると、よくわかない。けど、それがなにか足し負けるためにも見ていこうかな。
02
 大手企業「大急グループ」の営業統括部長・郷原(高嶋政伸)は間もなく役員という立ち位置だが、気分は浮かない。元はパソコンメーカー・五陽テックの社員だった郷原。大急に吸収合併されたものの、五陽は今も彼の誇りだ。郷原が心を許せる社員は、学生時代からの親友・柳井(正名僕蔵)くらいだった。しかしその柳井に、黒澤(江口洋介)が転職話を持ち掛ける。偶然その会話を耳にした若手社員から報告を受けた郷原は…。
感想
「ガイアの夜明け」VS「カンブリア宮殿」という戦いは激化してるね。けど、実際は、黒澤VS赤城の戦いでしかないのだが、今回は、黒澤は赤城をうまく踊らせ、利用して、柳井を転職させたけど、それの結果を見て赤城の怒りは彼を潰すという言葉に現れていた。しかし、郷原も5万人規模の会社で、かつての出身会社の思いを受け継いでいこうというのは、なかなか難しいかも。大企業ともなると、派閥みたいなものも複数存在し、自分が親だと名乗るものも多々いるので、一回失敗するとあっさり脱落したりするもんだ。家族的経営なんて、幻想は、小規模の会社でしか成り立たないかもね。しかし、彼にとって、一番厳しい言葉は学生時代からの親友と思っていた柳井の「昔から嫌いなんだよ」という言葉以外なかっただろう。そのために、彼は転職を決断したようにも思えた。けど、柳井の言葉もなんとなくわからないでもないんだよな。自分の価値観を押し付けてくる郷原に、彼なりの違和感があったのかもとは思ったりもした。しかし、郷原の部下に、黒澤は一括したのはやっぱり気持ちが良かったんだよね。僕の中にも、黒澤の中にもどこか共通する思いはあったからかも。
けど、赤城と黒澤の戦いも気になるところだが、会社というものを考えさせる話だった。家族は家族、会社はそれには変わるものではないかもしれない。
03
 大手総合商社社員・瑤子(若村麻由美)は、女性総合職第1号として数々のヒット事業を手掛け、マスコミにも取り上げられる有名人だ。黒澤(江口洋介)は、瑤子に大企業への転職話を持ち掛ける。しかし、彼女は響子(小池栄子)からもヘッドハントの誘いを受けていた。黒澤と響子は、それぞれのやり方で瑤子を奪い合うことになる。そんな中、2人に差出人不明の1通のメールが届く。それは、瑤子の私生活を暴露するものだった。
感想
回を増すたびに、脚本が良くなっているのには、驚く。今回なんて、謎の女のメールが、本人からだというのは、微かにも気が付かなかったのは、大手総合商社社員・瑤子の心理描写が、強気な見た目と全く違う気弱な一人の女性の2面性をうまく描いていたからではないかと思う。途中で、あの部下である江上唯が、かなり有能で、アイデアマンというのは、度々黒澤が彼女と会ってるということで、ひらめきはしたが、細かい瑤子の弱気な部分を見逃してたんだろうな。しかし、黒澤は、彼女を調べれば調べるほど、彼女の本質が見えて、赤城とは別次元で、彼女を見透かしていた所が良いね。なにしろ、今回は、黒澤が気持ちいいほど、クールに描かれているのと、瑤子のカッコよさのうちに隠れる弱さを魅せた若村さんも良かったな~。ほとんど同世代の江口さんと若村さんだが、円熟期を迎えた二人の役者さんに見合うおもしろい脚本を書かれた林宏司 氏に感謝だな。
04
 黒澤(江口洋介)、灰谷(杉本哲太)、美憂(徳永えり)は、ある温泉地で善三(伊武雅刀)・瑞江(立石涼子)夫婦が営む老舗旅館に来ていた。善三が倒れて車椅子が必要な状態になり、息子たちとは絶縁状態にあるため、新たな後継者を探してほしいという。芳しくない経営状況を知った黒澤は現地に残り、旅館事情の調査に乗り出す。東京に戻った灰谷と美憂は早速、条件に合った候補者を挙げるが、善三は何かと条件を付けては断る。
感想
黒澤は、今回の案件をどう解決するのか?旅館の後継者問題は、黒澤である江口さんがナビゲーターであるガイアの夜明けのよワケでもよく取り上げられるネタだったが、その解決方法は、彼の思いとしては、三男に継がせるというのは、見えていたが、山っ気の多い老害経営者善三をどうにかしないととは思ったが、そのヒントを小出しにうまく、物語の中に織り込んでいくのは、さすが林宏司の脚本だと思った。家族が取締になっているということから、もしかしてとは思ったが、全員集めて、取締役会で、善三の代表取締役からの解任手続きするとは!そんな面倒なことをするのには、この旅館に黒澤が深い思い入れがあったためだが、そこには、彼の父とも思い出があったという。しかも、この旅館に泊まった後、彼の父は背任の罪で、捕まったらしいがというちょっとありがちな展開ではあるが、そのことが彼のスタイルを決定づけたことだけはわかったし、これからの展開にも期待はしたい。
05
 待遇は部長職、年俸200万円アップと、54歳の転職としては破格の厚遇なのに、西郷(板尾創路)はなぜか首を縦に振らない。一つの会社を勤め上げることに美徳を感じているのに加え、黒澤(江口洋介)のようなヘッドハンターを嫌っているのだ。そんな中、西郷の妻・早苗(山下容莉枝)が義父の介護疲れで倒れてしまう。お金が必要な状況に陥った西郷は、「年俸アップ」の言葉を思い出し、意を決して黒澤の事務所を訪ねる。
関連記事


2018/05/15 07:48 :カテゴリ【江口洋介】 コメント(1)
傑作
投稿者: [ 2018/04/17 17:49 ]
みなさんの感想





ハンドルネーム複数不可。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
アクセスサイトランキング
スマホ、タブレット QR
QR
プロフィール Profile

管理人

Author:管理人
性別 男性 20歳以上
ペット 猫
趣味 ドラマ 映画 


free counters
カテゴリ Category