Fcastドラマ視聴率速報

大恋愛/下町ロケット/今日から俺は/スーツ/家売るオンナの逆襲/トレース/相棒/中学聖日記/イノセンス:映画·嵐·音楽番組最新視聴率まとめ·感想

【崖っぷちホテル!視聴率】4話もUP 



崖っぷちホテル!
日本テレビ系 毎週日曜 22:30~23:25
クセ者揃いのダメスタッフ。破産寸前底辺ホテル。正に崖っぷちのクラシックホテルに現れた謎の客。日曜の夜、笑って笑って感動する大逆転劇、ここに開幕。
【スタッフ】
脚本:土田英生
演出:猪股隆一
プロデューサー:福井雄太 柳内久仁子
【キャスト】
岩田剛典 宇海直哉 ホテルに現れた謎の客。何を考えているか分からないひょうひょうとした態度をとっており、自分の哲学で動く。
戸田恵梨香 桜井佐那 父亡き後、29歳でホテルの総支配人に就任。父が病床に伏し、代理で総支配人を務めた兄のせいで3億円の負債を抱える。
浜辺美波 鳳来ハル 最近ホテルで働き始めた新人パティシエ。天真らんまんで全く空気が読めない。
中村倫也 江口竜二 腕はいいのに手抜き仕事で競艇狂いの総料理長。
鈴木浩介 丹沢昭人 損得勘定しか頭にない自己中心的な事務責任者。何でも屋。
りょう 枝川梢 営業時間前からカクテル片手に24時間ほろ酔いのバー責任者。美人で品がある。
渡辺いっけい 時貞正雄  佐那の下で副支配人を務める古株。佐那の父が総支配人をしていた時代から働いていた。若い佐那のことを完全になめきってホテルを勝手に牛耳っており、ホテルが抱える莫大な借金にも何がしか絡んでいるといううわさもある。
【視聴率】
01 4/15【10.6】破産寸前! クセ者だらけの大逆転劇開幕
脚本:土田英生 演出:猪股隆一
02 4/22【*6.1】関西【11.2】降格人事! 臨時休業! 大改革は大混乱!?
脚本:土田英生 演出:猪股隆一
吉川愛 岩田知幸
03 4/29【*6.5】関西【】クセ者たちのおもてなし! 一夜限りの勝負
脚本:土田英生 演出: 岩本仁志
04 5/06【*7.0】関西【】
脚本:土田英生 演出:水野格
長谷川初範



01
 斜陽の老舗ホテル。やる気のないくせ者ぞろいの従業員に振り回される総支配人・佐那(戸田恵梨香)は、借金だらけのホテル経営に悩んでいた。そんな中、場違いにラフな格好で現れた客の宇海(岩田剛典)。スイートルーム宿泊を申し込んだ宇海は、奇妙な雑誌の購入や閉鎖中のプール使用など厄介なことばかりを要求する。一方、5年に一度、スイートルームに泊まる加奈子(松原智恵子)が、孫の奈菜美(鈴木梨央)を連れてやって来る。
感想
このドラマは、始まる前から、三谷幸喜氏の脚本のドラマ「王様のレストラン」と設定がにているというのは、登場人物のキャラ設定、舞台設定を見るとなるほどと、ホテルとレストランという違いはあれど思わずにはいられない。けど、主人公宇海直哉 は有名ホテルの副支配人であって、そのことを知った総支配人・佐那は彼にホテルの立て直しを依頼するけど、直哉はなぜに、このホテルのスイートルーム宿を取り、すぐに前に努めていたホテルを辞め、このレストランに副支配人になるのか?この一連の流れは、誰か依頼者の影が見えてもいいが、今のところだれも見えない。今のところまだよくわからいが、直哉の主導で、大改革は進むのは不回避みたいだ。
次回は、早速大胆に人事を変えるみたいだが、この空気を読まないらしい直哉を中心にどう変わるのか?には期待はしたい。何しろ、このキャラだけは、全く前述の作品と共通点はないというのがあるからだが、けど他のキャラの設定はよく似ている部分が多いだけは確かなんだよな。それに、今までの所、物語はクスッとも笑えないのが、チョイ残念。直哉が動いて、なんとも頼りない総支配人・佐那が戸惑いながらも、成長しながら、責任感をもって決断していく姿に期待したい。
02
ホテル・グランデインヴルサに訪れた謎の客:宇海直哉(岩田剛典)が支配人の佐那(戸田恵梨香)の申し出により、ホテルマンの一員に。彼が起こす大革命に期待を寄せる中、宇海が最初に言い出したのは、なんとまさかの人事異動。降格処分をくらった時貞(渡辺いっけい)と江口(中村倫也)は猛反発をするが、宇海は気にすることもなく、かつてこのホテルに存在した「幻のケーキ」を復活し、ケーキフェアを行うことを提案して……
感想
こりゃやっぱり、随分と軽くなった「王様のレストラン」だとは思うけど、宇海直哉という改革者は、意外に個性的だ。ホテルマンなのに、それらしい格好はしないし、人事を大胆に変えても、各従業員にあまり強く指導したりしない。空気も読まないしが、人事は的確かも。まずやったことも、このホテルの売りの一つだったケーキを復活させるということを、ホテルの財産である顧客名簿を読み解くことから提案する。意外と自ら考えさせて、行動を起こさせるところは面白い。それに、昇進したことによって、異様なやる気を発揮する鳳来ハルが、なかなかかわいい。「幻のケーキ」をも再現したり、もしかして、本当に天才肌なのかもね。そして、料理長を降格になった江口は相も変わらずだが、彼の変化も復活の要素になりそうな気がして、次回あらすじを読んだら、そのように展開するらしい。話のメインは、昔その幻のケーキを食べた少女の思いを、顧客名簿やはがきから読み解くというものだったが、なるほど、客の意見を無視してきた彼らにとっては、大きな復活絵の一歩を学んだことになってたし、それはわかりやすいドラマだったが、きらいじゃないかな。
03
 時貞(渡辺いっけい)と江口(中村倫也)は宇海(岩田剛典)による降格人事に不満を抱き、それぞれ副支配人と総料理長に戻すよう、佐那(戸田恵梨香)に訴える。宇海からの条件は、それぞれ企画を考え、より客に喜んでもらえた方の要望を受け入れるというもの。ベッドメイクを教えたいという長吉(宮川大輔)も交え、時貞の豪華宿泊企画、江口の料理企画の三つが始動する。やがて、小山内(川栄李奈)ら各企画への参加客が訪れる。
感想
このドラマで、江口とハルの厨房は、かなりいい雰囲気になってきたかも。いつでもどんなときでも、空気なんて読まないハルはいつもまっすぐ料理だけに、思いを巡らせ、突き進んでいく。そして、今回の少年との江口との関わりの中で、料理というのは何かというのが、更にはっきりして見えて、気持ちよかった。何しろ、前回もよく考えると、ケーキフェアも厨房を中心とした李依の改善お花hしなんだよな。まあ食の改善というのは、このホテル債権の第一条件なので、話のメインになるのは当然なのかも。そんな中ベットメークの話も、意外と変わっていて面白い。これからホテルマンになりたいと言う思いの女性のこだわりから、何度も繰り返して、別途メークする中で、一つの思いが安倍の中に見えてきたり、悪くない展開じゃなかったかも。多少なりとも変わってきたホテルと総支配人は、宇海の策略に乗っているだけじゃない成長も感じさせた。まだ、気持ちよく楽しめるというところまでは来てないが、ソコソコ楽しめる感じは出てきたかも。
04
事務責任者の丹沢(鈴木浩介)が近くに建設予定のホテルに移ると言い出し、清掃担当の尚美(西尾まり)、フロント担当の大田原(くっきー)まで一緒に行くという。佐那(戸田恵梨香)は引き留めたいが、宇海(岩田剛典)が従業員の募集を決め、時貞(渡辺いっけい)と枝川(りょう)に面接試験のチーフを任せる。やがて、面接試験が行われ、丹沢の後釜として、不動産開発を手掛けていたという男性・小山内(長谷川初範)が仮採用される。
感想
今回で、なんとなくだが、いい感じのドラマになりつつあるような気がした。宇海が、いい感じに見えてきたのが大きいのかな。そんな驚くようなドラマはないけど、心地いい雰囲気で、悪くない。一種独特な雰囲気を持つ岩田さんの宇海が、ドラマに嵌ってきてるのも大きいのかも。今回は引き抜きの話で、3人が抜けるという中で、宇海は、従業員を募集して、面接を仕掛ける。しかし、その面接には、宇海の思惑が隠されてたんだな。ここで働く人々のこのホテルへの思いが見え隠れしていく話で、丹沢もこのホテルのことを愛していたけど、すっぽんの扱いを巡って、小さなしこりが、大きくなって、ホテルを映ることに。清掃担当の尚美も相棒に対する前回の話の不満があった。そんな中で、本音をぶつけ合って、ホテルへの思いを語り合える環境になったのは、宇海の仕掛けが全てだったけど、小山内を長谷川初範さんが演ずることで、上品に仕上がった気がした。そして、佐那の能力も発揮できる内容になってたし、かなり気持ちよく見れた話だった。


第1話
第1話
posted with amazlet at 18.04.23
(2018-04-18)
売り上げランキング: 2,358
関連記事


2018/05/07 14:03 :カテゴリ【日テレドラマ ジブリ映画】 コメント(0)
みなさんの感想





ハンドルネーム複数不可。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
アクセスサイトランキング
スマホ、タブレット QR
QR
プロフィール Profile

管理人

Author:管理人
性別 男性 20歳以上
ペット 猫
趣味 ドラマ 映画 


free counters
カテゴリ Category