Fcastドラマ視聴率感想

スマートフォン対応ドラマ視聴率速報サイト。感想、コメント大歓迎!検索は『fcast』

【BG視聴率3】身辺警護人 最終回各地高視聴率 



【早期購入特典あり】BG ~身辺警護人~ Blu-ray BOX(B6クリアファイル付)
TCエンタテインメント (2018-09-05)
売り上げランキング: 100

「BG~身辺警護人~」
テレビ朝日系毎週木曜 21:00~21:54
最新話が見れる
木村拓哉×ボディーガード!銃も、武器も持たず“丸腰"であらゆる危険から依頼人を護り抜け!その仕事、“絶対警護"。依頼人に迫る脅威とは…!?!
【キャスト】
島崎章 木村拓哉 民間の警備会社の身辺警護課所属。かつては敏腕のボディーガードとして働いていた
落合義明 江口洋介 警視庁SP。警視庁入庁後、所轄勤務を経て、警護課へ配属。
立原愛子 石田ゆり子 厚生労働大臣。知的な美貌で、人気のキャスターだった
村田五郎 上川隆也 身辺警護課の課長。新設された身辺警護課に集まった個性豊かなメンバーをとりまとめる存在
高梨雅也 斎藤工 身辺警護課所属。元自衛隊員
菅沼まゆ 菜々緒 身辺警護課所属。メンバー唯一の女性ボディーガード。
沢口正太郎 間宮祥太朗 身辺警護課所属。就活戦線に失敗し、警備会社に。
【スタッフ】
脚本:井上由美子
監督:常廣丈太 七高剛
プロデューサー:内山聖子 三輪祐見子 川島誠史 秋山貴人 太田雅晴 田上リサ
【視聴率】2018年1月期作品
01 1/18【15.7】45歳の新人ボディーガード!!観客2万人の命を守れ
脚本:井上由美子 監督:常廣丈太
犬飼悟…勝地涼 大久保佐助…伊武雅刀 佐藤雄二…でんでん 山手華子…濱田マリ
関西[【21.6】名古屋【20.6】九州北部【21.6】
02 1/25【15.1】関西【21.3】裁判官夫婦の裏の顔 48時間の命…脱出確率0%の壁!
脚本:井上由美子 監督:常廣丈太
行永亜佐美…大塚寧々 行永辰夫…田中哲司
名古屋【22.9】
03 2/01【13.4】関西【20.2】現金1億円を守れ!! 地上50mからの救出
脚本:井上由美子 監督:七高剛
かのん - 三吉彩花 坂東 光英 - 西村まさ彦
名古屋【19.6】北部九州【18.6】
04 2/08【13.6】関西【19.7】女大臣が白昼の密会 禁断の3時間任務!!
脚本:井上由美子 監督:七高剛
崎山敬一郎…中尾彬
北部九州【16.7】名古屋【17.9】
05 2/15【14.0】関西【16.9】今度は絶対に守る!! 6年越し…涙の再会
脚本:井上由美子 監督:常廣丈太
河野純也…満島真之介
名古屋【18.7】
06 2/22【14.8】関西【19.0】元総理を守れ!別れた妻と再会
脚本:井上由美子 監督:七高剛
鮫島匡一…橋爪功 鮫島喜和子…中村ゆり 鮫島彩矢…豊嶋花
名古屋【19.2】、静岡【20.6】
07 3/01【15.8】私を守って…元妻からの依頼! 衝撃の瞬間 涙の別れ!!
脚本:井上由美子 監督:常廣丈太
小田切仁美…山口智子 清田春孝…阿部進之介 島崎瞬…田中奏生
名古屋【19.1】北部九州【19.6】北海道【16.7】静岡【20.3】
08 3/08【16.4】関西【21.5】最終章!最も危険な任務… 消された証拠を取り戻せ!!
脚本:井上由美子 監督:七高剛
大久保佐助…伊武雅刀
静岡【21.7】沖縄【24.6】
09 3/15【17.3】関西【19.6】 最終回 敵は警視庁40000人 絶対に守る! 命がけの最終任務!!
脚本:井上由美子 監督:常廣丈太
名古屋【18.9】 静岡【22.1】北九州【21.2】北海道【18.0】


07
 章(木村拓哉)に元妻・仁美(山口智子)が警護を依頼。3カ月ほど前から何者かに付け狙われているという。仁美は花のディスプレーを仕事にし、再婚相手は海外出張中だった。元身内相手の仕事はやりづらく、章は村田(上川隆也)とまゆ(菜々緒)にいったん任せるが、周囲から仁美の気持ちを尊重すべきだと促され、自ら警護に就く。その後、仁美と共に入ったレストランで愛子(石田ゆり子)と遭遇した章は、店内にいるある男に気付く。
【感想】
今回のあのレストランのシーンは、緊張感があったが同時に、あの場面だけに、山口智子、石田ゆり子、上川隆也、萩原聖人、江口洋介、木村拓哉が詰め込まれているのを見ると、単純に脳内が混乱した。ある意味、彼らのドラマを見続けてきた僕には、あの緊張感とともに、夢心地だったかも。なぜか五十嵐幹事長の代わりに、SP落合義明が土下座するとか不可解なシーンはあったが、それでもいいと思える興味深いシーンだった。話は2階建てで、章の元妻である仁美をストーカーから警護すると言うものから始まるが、生活する中で、仕事に忙しく不審者の追跡に無頓着だった仁美とは違い、章はストーカーの存在にすぐに気づくが、ストーカーも自分を止められなくなっていて、誰かに止めて欲しかったのかもしれないとは見えるような作りになっていたとは思った。そうでなかったら、章が警護してるのに、追いかけるなんておかしい話だ。暴走する感情をストーカーも止められないがゆえの行動だったのかも。その御礼ということで、レストランで起きた事件は、不用意なあの幹事長の言葉が五十嵐の元秘書・植野を混乱に陥れたのに、かばって撃たれた村田のせいになってしまうとは、何とも言えない展開だな。この汚名を晴らすために、どんな動きを見せるのか?メンバーたちは、ある意味村田のBDとなって、真実を明らかに、彼を護れるのかというのが次回のテーマになるのか?何しろ、このドラマに村田の存在は、あの奥さんがくれた時計のごとく、必要不可欠だ。それにしても、そんな村田を救う病院が、DOCTORSの堂島総合病院とは、面白い。
08
 警視庁はレストランで起きた発砲の原因が村田(上川隆也)にあると発表。現場にいた愛子(石田ゆり子)も、何も見ていないとうそをつく。章(木村拓哉)は、村田の汚名をすすぐべきだと憤る高梨(斎藤工)に「準備を整えてから動こう」とあえて冷静に対応する。そんな中、章らが以前担当した食品会社の会長・大久保(伊武雅刀)から新製品発表会の警護依頼が入った。一方、落合(江口洋介)もこの発表に関して上司の氷川(宇梶剛士)に異を唱える。
【感想】
1話の感想の冒頭で、民間のボディーガードのドラマって、なかなか馴染みがない世界だし、難しいドラマ企画だっとは思っていた。以前、窪田正孝さん主演の4号警備も最終回で変な話になってしまって、少し残念な思いをしたのを思い出したが、このBGも堂島総合病院が村田の命を救ってくれると信じていたが、あっさり、死んでしまったのは、残念とか言えない。そこから、村田の行動が不適切と言うものになるとは、どうも解せない。今回のことは、島崎もメディアに強く訴えてもいいと思うし、なんであっさり納得してしまうのかもわからない。ソレには証拠と言うい話になってしまうのかも知れないが、激白という形でも、文春とかにリークすれば、民事党幹事長を叩きたい新聞社とか大喜びだろうな~、今の国会も証拠なんて出さないで大騒ぎだ。けど、その前に、あの幹事長もあまりにも大人気すぎる描き方になってるよな~。あんな、ジャイアンの後ろに隠れるスネ夫みたいな幹事長なんて、いつも党の前面に立っているのにいないと思いたいし、何だかな~。それに、愛子も離党と言っていたのに、途中まで、幹事長に取り込まれるし、あまりよくわからない行動が目立つ。それに、人を守るボディーガードである島崎が、自分の命を守るというのが、なんか違うような。なんか不満ばかり書いたが、それもコレも、安易に最終回前に、村田というキーパーソンをしなしてしまったからだ。最後まで、5人で、警護する姿が見たかった。最後くらいは、テレ朝的な警察の描き方をやめて、SPと協力して人の命を守るBGというのもありだと思うし、落合義明は、そう動くと思うけど、どうなるんでしょう!やっぱり最後まで見るかな。
【最終回】
章(木村拓哉)の言葉が胸に刺さり、愛子(石田ゆり子)はテレビで真実を語る決意をする。大臣辞任を勧告されたが、それでも村田(上川隆也)の名誉を守りたいと言う愛子に一同は期待感をにじませる。身の危険を心配する章に対し、愛子は身辺警護を依頼。その辞任と離党のニュースが流れる中、高梨(斎藤工)は経緯を村田の妻・靖子(中山忍)と息子・庸一(堀家一希)に伝える。一方、落合(江口洋介)もまた事件の‘後始末’に動き出す。
【感想】
このドラマは、僕が好きな俳優さんたちが総登場という感じで、単純に楽しかった。見ていてワクワクするような感じなんだよね。木村さんがひたすらカッコイだけじゃなく、だめなところも見せながら輝いてる。そして斎藤さんや菜々緒さんもスマートに駆け回る。 間宮祥太朗 くんも色気が出てたし、石田さんは美しい。そして、江口さんは、やっぱりカッコイイし、上川さんも次のドラマの影響かもしれないが、途中離脱しながらもかなりのインパクトで、活躍した。もっと見ていたい気持ちが盛り上がる作品だった。最終回の物語は、簡単に言ってしまうと雑誌でも何でもいいので愛子が告白を記事すれば、一発で、あの幹事長は失脚してしまうけど、ありえないようなヒーロイズムで、民事党大会にツッコむというドラマチックな展開が、仮面を被らないでも、ヒーローとなり得るこのメンツだから実現できた脚本だった。落合が見せかけだけ、章の敵を演じているのは分かっているけど、実際、 上司の氷川に反旗を翻した時は、胸熱だった。こうなるのは分かっているけど、楽しくてたまらなかった。けど最後の美味しいところは、章じゃなく落合がかっさらっていったんだな。
しかし、脚本は、村田が亡くなるなど、気が食わないところもあったが、何しろ夢がある作品だった。これだけのスターが集まって、光り輝きながらもぶつかり、互いが輝いてるドラマも、珍しい。もしかしたら 、少しリアリティーを削ぎ落として、敢えて、こういう物語にしたのかも知れないと、最後は思えた。何しろ、このドラマを見てるとカッコイイと言うのは、やっぱ"正義”だね!
関連記事

>
2018/03/21 21:56 :Category:【木村拓哉】 BG/HERO/ さんタク コメント(3)
先週、キムタクの息子かわいくないと書いちゃったけど、訂正させてください。
口は悪いけど父親想いのカワイイ奴ですね。
お父さんと一緒に暮らす選択にはジーンときた。

なんで?が多い脚本だったけど、なんというのか、ワクワクドキドキもありスリリングな展開を楽しんでいました。
村田課長も喜んでいるだろう。
今でも亡くなり方は納得できないけど。(しつこい!)

個人的には斎藤工さんと木村拓哉さんのやり取りが好きで、お互い必要としていることがよくわかり二人が出てくるとくぎ付けになった。
今回、傷だらけのヒーローだった木村拓哉さんだったけど、泥臭くておっさん扱いされるわ、息子からしいだげらるわ、だけどこんなキムタクも好きだな。

最後は落合さんにいいとこ取りをされちゃったけど、まぁ仕方ないか。

女の気持ちはコロコロかわる。
石田ゆり子さん演じる大臣には最後笑ってしまった。

まだまだBG達の活躍みていたかった。この気持ちは
「誤差なし」
投稿者: [ 2018/03/17 10:34 ]
本当に足撃たれただけで、上川さん死ぬ?
今回では助かるシーンがあると思っていました。
亡くなったのは敵?を惑わす為かと言う事も葬儀があったので無理ですね。
なら、足でなく心臓付近とか危ない場所であれば納得したのに、、。
格好いい役柄で期待していただけに残念ですね。
菜々緒さんの仕事する時、長い髪をバッチリ縛るのはいい感じです。
女刑事さんアクションする時長い髪をふりみだしたり、流行りのかきあげは仕事上似合わないといつも思ってしまいます。

萩原さんの役も騒いでいるだけで勿体ない気持ちもするけどなぁ~
最終回はもう誰も殺さないで!
投稿者: [ 2018/03/09 18:55 ]
村田課長、残念すぎる(T-T)
これはちょっとばかり、ガッカリなドラマになっちゃったかな。
撃たれたの足だよ?
死んじゃうなんてなんで?
ショック死?

又しても警察悪者。
民間人の暗殺計画なんてシラケる。
これは、フェイク?

俳優さん達は素晴らしい演技してるけど、なんだかなぁ。
キムタクの子供もイマイチかわいくないし。肉まん届けてくれたおじさん亡くなったんだよ。
君が行くはずのレストランで、お父さん危険な目にあったんだよ。
あの態度は無いなぁ。
別れのシーンもだから伝わってこないし。

女の大臣も黙って真相を告発すればいいものを、BGが危険な目にあうことくらい、警告?忠告に行ったくらいだから、わかりそうなのに。

よくわからない展開になってきちゃった。

最後は村田課長の汚名を晴らせると思うけど、感情移入ができなくて、なんで?なんで?の連続。

警察は好きじゃないけど、露骨に悪者扱いするのも、興ざめ。

テレ朝はこのパターン好きだよね。
投稿者: [ 2018/03/08 22:58 ]
みなさんの感想





ハンドルネーム複数不可。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング