Fcastドラマ視聴率感想

スマートフォン対応ドラマ視聴率速報サイト。感想、コメント大歓迎!検索は『fcast』

【トドメの接吻視聴率】最終回 



【Amazon.co.jp限定】さよならエレジー(オリジナルバッジ付)トドメの接吻 クリアフォルダ

トドメの接吻
日本テレビ系毎週日曜 22:30~23:25
山崎賢人演じるクズ男が“死のキス”で何度も殺される!? 異色の邪道ラブストーリー
【スタッフ】
脚本:いずみ吉紘
演出:菅原伸太郎 明石広人
プロデューサー:西憲彦 鈴木亜希乃 渡邉浩仁 岡宅真由美
主題歌:さよならエレジー/菅田将暉
【Amazon.co.jp限定】さよならエレジー(オリジナルバッジ付)
【キャスト】
山崎賢人 堂島旺太郎 ホストクラブ「ナルキッソス」のナンバーワンホスト。
門脇麦 キスで殺す女 名もなき謎の女。キスで堂島を殺す張本人。
新田真剣佑 並樹尊氏 日本企業トップのホテル王・並樹グループの御曹司。
新木優子並樹美尊 並樹グループの社長令嬢で、自身も100億円を超える個人資産を持っている。
佐野勇斗 長谷部寛之 大手クルーズ会社の御曹司。尊氏、美尊とは幼なじみ
志尊淳 小山内和馬 ホストクラブ「ナルキッソス」にやって来た、旺太郎の後輩ホスト。
菅田将暉 春海一徳 旺太郎のアパート近くで演奏する“謎のストリートミュージシャン”。
【視聴率】2018年1月期作品
01 1/07【7.4】愛が歪んだクズ男のキスと死。そして、100億の女。
脚本:いずみ吉紘 演出:菅原伸太郎
02 1/14【6.5】なぜ...殺される!?さらに加速する旺太郎の転落。殺人未遂で逮捕!?
脚本:いずみ吉紘 演出:菅原伸太郎
03 1/21【7.1】奪え!キス女の唇。キスの能力で、狙われた100億の命を救えるのか!?
脚本:いずみ吉紘 演出:菅原伸太郎
04 1/28【6.7】成り上がるための"キスの契約"。プロポーズを阻止して100億を落とせ。
脚本:いずみ吉紘 演出:明石広人
05 2/04【7.3】キスでは変えられない過去。母親の命と尊氏を潰す証拠のテープ。旺太郎の選択は…!?
脚本:いずみ吉紘 演出:菅原伸太郎
06 2/11【5.9】長谷部死す!タイムリープでも救えない死の謎。そして繰り返すタイムリープの罠とは…!?
脚本:いずみ吉紘 演出:明石広人
07 2/18【7.3】旺太郎死す!14回目のタイムリープの接吻の相手は誰!?宰子の健気すぎる決意とは!?
脚本:いずみ吉紘 演出:菅原伸太郎
08 2/25【6.5】父・旺、長谷部を殺害!?12年前に云えなかった父の本当の想いとは…!?
脚本:いずみ吉紘 演出:菅原伸太郎
09 3/04 【7.1】尊氏の歪んだ愛の行方は…?旺太郎に訪れるキスの代償とは…!?
脚本:いずみ吉紘 演出:明石広人
10 3/11【7.5】
脚本:いずみ吉紘 演出:菅原伸太郎


05
宰子(門脇麦)からのキスで想定外のタイムリープをした旺太郎(山崎賢人)を待っていたのは、社長の座を狙う尊氏(新田真剣佑)があえて病床の父を助けず、それにより美尊(新木優子)を奪うという不都合な状況だった。それを逆転しようという作戦の途中、母・光代(奥貫薫)が転倒して意識不明の状態だという連絡が。直前に母に冷たい言葉をかけてしまった旺太郎の心は揺れるが、運命を変えるチャンスを前に彼が選ぶ道とは…!?
【感想】
今回の宰子とのトドメの接吻は、旺太郎にとっては、究極の選択のキスだったのかな?僕が彼の立場で、母親に対して弟のことで複雑な思いを抱いていたとしても、自分に彼女を事故から救う可能性があるのなら、迷うことなく、時を超えていただろうが、彼にとっての目的は、
金をえて人生を変えることだとすると、戻らないことも十分あり得たが、彼は敢えて、宰子のありがたい思いを組み入れ、過去に戻ることを選択し、母を救ったのは、彼も金だけで動いてるわけではないということかも。人としての旺太郎と言うものを感じれる展開だった。そしてそれによって、あのビデオの意味するところを知ることとなるが、自らの地位を確立することに執着する尊氏に、宰子は捕まってしまうし、テープも焼かれると言うことに!タイムリープしていく中で、見えてきた沈没事件の真実は、もう取り戻すことはできないのか?思わぬところから、12年前の真実に、近づきつつあるが、旺太郎の弟という存在もクローズアップされてきているし、どうなるんだろうな~。それにしても、本当の今回の旺太郎のトドメのキスって、美尊に対するものだったみたいだったな。しかし、今回のドラマの中で、旺太郎演じる山崎君は、かなり成長してるような気もする。
06
 尊氏(新田真剣佑)を追い詰めるビデオテープのコピーを捜す旺太郎(山崎賢人)は、自分と美尊(新木優子)のキスを気にする宰子(門脇麦)に愛情なんてないと断言し、父・旺がいるという香港へ。結局、旺には会えなかったが、長谷部(佐野勇斗)の父であるクルーズ船の運営会社社長がテープのコピーを持っている可能性に気付いた旺太郎は、長谷部に連絡し、7日以内に捜せと脅迫する。ところが7日後、東京湾で長谷部の遺体が発見され…。
07
覆面の男に襲われた旺太郎(山崎賢人)は、時間を戻そうと必死にキスする宰子(門脇麦)の努力も虚しく、すでに息絶えていて…!!旺太郎の突然の死に取り乱す美尊(新木優子)は、事件の黒幕が尊氏(新田真剣佑)だと疑う長谷部(佐野勇斗)を尊氏が暴力で黙らせようとしている現場を目撃。そんな中、宰子は12年前の事故で旺太郎の弟を犠牲にして生き残ってしまった償いとして、旺太郎のためにある危険な計画を実行し…。
08
宰子(門脇麦)の健気な決心を知り思わず抱きしめた所を美尊(新木優子)に見られた旺太郎(山崎賢人)は、咄嗟に宰子を面倒を見ている遠い親戚だと紹介。タイムリープを夢だと思い込む美尊は夢でキスした宰子が実在することに驚くも、旺太郎に結婚を前提に付き合いたいと告白。一方、春海(菅田将暉)から宰子の正体をほのめかされた尊氏(新田真剣佑)は、美尊と旺太郎の交際を応援するふりをして、旺太郎と宰子を並樹家に招く。
09
尊氏(新田真剣佑)は宰子(門脇麦)を並樹グループのホテルの地下倉庫に監禁し、秘密を聞き出そうとする。だが、何を言っても宰子の心は揺るがない。一方、旺太郎(山崎賢人)は宰子を救うため並樹グループ本社に行き、やって来た尊氏に警察に届けると詰め寄る。尊氏は相手にせず宰子の秘密を明かせと迫るが、旺太郎は必ず彼女を見つけると告げて去る。宰子の拉致から1週間後。旺太郎は美尊(新木優子)に誘われ旅行に出掛けるが…。
10
死んでしまった宰子(門脇麦)のために美尊(新木優子)を愛して幸せになると誓う旺太郎(山崎賢人)は、入籍と入社の準備を着々と進める。そんな中、旺太郎の部屋に現れた和馬(志尊淳)は、愛を否定し続けてきた旺太郎が宰子を失い苦しむ様子を笑い、旺太郎は初めて自分の宰子に対する愛を自覚する。そんな彼の前に現れたのは春海(菅田将暉)。宰子とキスをしてもタイムリープしなかった春海の衝撃の正体がついに明らかに…!!
関連記事

>
2018/03/12 09:15 :Category:【山崎賢人】 トドメの接吻 コメント(0)
みなさんの感想





ハンドルネーム複数不可。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
コメント!大歓迎です
データ取得中...
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング