Fcastドラマ視聴率感想

スマートフォン対応ドラマ視聴率速報サイト。ドラマ感想、情報コメント大歓迎!検索は『fcast』

【99.9視聴率】刑事専門弁護士- II 6話安定感 



99.9-刑事専門弁護士- Blu-ray BOXFind The Answer(通常盤)
日曜劇場「99・9―刑事専門弁護士―」の続編「SEASON2」見逃し配信
2018年1月期の日曜後9・00日曜劇場の100作品目となる。
刑事事件の裁判有罪率は99.9%――絶対、逆転不可能な状況の中、 残された0.1%の可能性にこだわって事実を追求する
超型破りな弁護士役に初挑戦!! 連続ドラマ史上初!刑事専門弁護士たちが難事件に挑む姿を痛快に描く
【出演者】
松本潤 深山大翔 斑目法律事務所の刑事事件専門ルーム 弁護士。
香川照之 佐田篤弘 斑目法律事務所の弁護士。東大法学部出身。民事事件のプロ。
木村文乃 尾崎舞子 斑目法律事務所の弁護士。東大法学部出身。元裁判官の弁護士
丸川貴久 青木崇高
明石達也 片桐 仁 パラリーガル
藤野宏樹 マギー パラリーガル
川上憲一郎 笑福亭鶴瓶 東京地方裁判所所長・代行の裁判官。深山に立ちはだかる
中塚美麗 馬場園梓 深山のサポートをするパラリーガル
【スタッフ】
脚本: 宇田学
トリック監修: 蒔田光治
プロデュース: 瀬戸口克陽  東仲 恵吾
演出: 木村ひさし 岡本 伸吾
前作の記事
1/12【13.9】ぴったんこカン・カンスペシャル【松本潤&香川照之/石原さとみ&市川実日子他】
1/12【*8.6】 A-Studio【松本 潤】
【嵐にしやがれ2018冬】【VS嵐2018視聴率】
【視聴率】
01 1/14【15.1】 北海道【19.5】「元裁判官の依頼」
脚本: 宇田学 演出: 木村ひさし
志賀誠・藤本隆宏 戸川奈津子・渡辺真起子 阿部充・長塚圭史 鈴木加代・谷村美月 鈴木二郎・半海一晃 伊藤亜紀・新妻聖子
02 1/21【18.0】関西【20.2】名古屋【17.1】福岡【19.2】札幌【17.9】「26年越しの事実」
脚本: 宇田学 演出: 木村ひさし
深山大介・・・首藤康之 鏑木美里・・・織田梨沙 三宅宏之・・・小倉一郎 藤原・・・不破万作 鏑木美由紀・・・野々すみ花 内田・・・奥田達士 小倉・・・薬丸翔
03 1/28【16.2】関西【17.3】名古屋【19.8】北海道【18.2】「前代未聞の出張法廷」
脚本: 宇田学 演出: 木村ひさし
宇崎竜童、安達祐実、松尾諭、甲本雅裕
04 2/04【16.8】関西【20.6】北海道【19.8】「民事裁判で晴らす冤罪」
脚本・・・宇田学 トリック監修・・・蒔田光治 演出・・・木村ひさし
森本貢・・・近藤芳正 岩村梢・・・有森也実 足立靖男・・・塚地武雅 棚橋政一郎・・・迫田孝也 田中・・・小須田康人
05 2/10【17.0】関西【20.0】北部九州【14.9】「歪められた少年裁判」
脚本・・・宇田学 トリック監修・・・蒔田光治 演出・・・岡本伸吾
06 2/25【17.0】関西【20.2】「姉弟の絆を壊した過去」
脚本・・・宇田学 トリック監修・・・蒔田光治 演出・・・木村ひさし
新井英之・・・竜 雷太 飯田誠一・・・ダンカン 柴田・・・渡辺早織 平田・・・三又又三
静岡【18.6】新潟【18.2】
07 3/04【】「被告人・佐田篤弘」
脚本・・・宇田学 トリック監修・・・蒔田光治 演出・・・木村ひさし
笹野桜・・・比嘉愛未 中村麻美・・・田中美奈子 大河原孝正・・・佐戸井けん太 緒方・・・ヒャダイン 検事・・・飯田基祐 小島・・・小松利昌 キャスター・・・枡田絵理奈
08 3/11【】「深山、初めての敗訴」
脚本・・・宇田学 トリック監修・・・蒔田光治 演出・・・岡本伸吾
(8話ゲスト) 藤堂正彦・・・佐野史郎 藤堂京子・・・森口瑤子 氷室兼次・・・篠井英介 沢渡清志郎・・・白井晃 西川五郎・・・おかやまはじめ 金子源助・・・原金太郎 ゆう実・・・緒方かな子
09 3/18【】最終回
【嵐にしやがれ2018冬】【VS嵐2018視聴率】



04
 斑目法律事務所を依頼人・梢(有森也実)が訪れる。梢の夫の工場経営者・岩村(ユリオカ超特Q)と取引先の会社専務・幸次郎(永滝元太郎)が死亡。警察は岩村が幸次郎を殺して自殺したと判断し、不起訴処分としていた。だが、幸次郎の兄で共同経営者・政一郎(迫田孝也)は梢に3億円の損害賠償を請求。深山(松本潤)は岩村の無実を証明するため、事件を再検証する。一方、佐田(香川照之)は今回の法外な請求の裏に気付く。
【感想】
今回は、被疑者死亡のまま書類送検されて、不起訴処分となった事件の真実を、深山が犯人にトラップをかけて、暴くというものだったが、確かに事件が目撃されてれば、真犯人が死んだら、詳しく調べなくても、犯人は、特定されて、十分な検証を行わずともいいのかもしれないが、もし、そうでない場合は、死人に口なしで、やってもない犯罪をやったことになっても何の反論もできないことになってしまう。こりゃ、家族にとっては、とんでもないことかもしれない。そして、そこには、親族間の揉め事が絡んでいたというのが、意外とリアルな事件だった。もう刑事上では、終わってしまった事件なので、民事でその汚名を晴らすということになるのだが、再検証すると、どうにもつじつまが合わないことが出てきて、事件の大枠は見えてくる。しかし、客観的な証言が出てこないところに、裁判の難しさはあったけど、相手の弁護士が見逃していたカメラの見せた盲点を付くことによって、逆転劇は起こるという内容だったが、面白くないわけではないが、こういうやり方しかなかったのかなとは、思ってしまう。きれいな逆転裁判だとも言えるけど、もっと再検証で、真実を積み重ねて、逆転してほしかったという思いもないでもない。よく見ると穴だらけの犯罪で、あの手法でしか逆転できないこともないような気もするんだよね。けど、相手が偽証してきてるので、それを引っ切る返すのはトラップしかないのかな?と今回の終わりは今人るのような気がしないでもないかな。それにしても、足立みたいに簡単に偽証するやつっていうるんだろうな~。深山に犯人と突きつけられて、裏切りもあっさりだったけど。
05
 深山(松本潤)らは元同僚の弁護士・志賀(藤本隆宏)の依頼で、女子高生・久美子(清原果耶)に対する強制わいせつ容疑で起訴された17歳の少年・山崎(市川理矩)の弁護を担当する。山崎は警察に自白を強要されたと無実を主張。深山らは犯行現場周辺などで聞き込み調査を開始するが、有力な手掛かりがつかめないまま裁判に臨むことに。一方、この裁判の裏には、東京地裁裁判長・川上(笑福亭鶴瓶)の思惑が働いていた。
【感想】
今回の事件に似た判例を、どこかで見たことがあると思い調べてみたら、御殿場事件だった。この事件では、集団強姦未遂事件隣最高裁まで争われたが、訴因変更があったり、少女が嘘をついたというのもよくjにているが、このドラマでは、裏に少年法の改正と引っ掛けて、裁判官と検事が裏で、つながってるように描かれている。そういう要素があるから、強引な公判が展開されるという描き方だったが、余り政治を絡ませないほうが、すんなり見れるかな。元同僚の弁護士・志賀が持ち込んだこの事件は、一人の少女の嘘から始まっているが、真実を知りたい深山は、まずはいつもの通り聞き込みから始めるけど、その嘘を証明するために17歳の少年・山崎の行動を再現したりするという特別な手法を使わずに、地道に挑んでいくけど、なるほど、アリバイを証明するために、ユニフォームまで着ちゃうのね!普通はコレでアリバイは証明されて終わりだと思うし、よく起訴できたなと思うが、裁判官が食いついて離さないんだな。それで、訴因変更か!しかし、それを利用しようとしたもう一人の容疑者が、何故か罪障を見ためたところに、もう一つの犯罪が隠されていたと言うのは、悪くない展開だった。なるほど、それは死亡事件を犯していたからというのは、よくあるけど、看板でつきとめて、寒すぎるギャクにはノックアウトかな。この一捻りがあって、面h白い展開にはなったかな。それにしても、川上は、ヤバすぎる!いくらなんでもな裁判長のキャラ設定だとは思うが、いないとも限らないのがこの人間世界というものかも。
06
舞子(木村文乃)の元に、大酉寿司店主・新井英之(竜雷太)が弁護依頼にやってきた。不動産屋・平田(三又又三)の殺害容疑で警察から事情聴取を受けているという。事件当日、新井が事件現場に出入りしていたことが、容疑をかけられた理由だったが、新井は否認。さっそく事件現場にやってきた深山(松本潤)と舞子は、煙草屋店主・飯田(ダンカン)から、事件当日、現場に出入りしていた人間が、新井以外にもう一人いたという話を聞く。
【感想】
彼女は、弟尾崎雄太が巻き込まれた事件で、姉として、彼を信じてやることを自ら放棄するどころか、自ら示談に持ち込み、無実であると訴え続けた彼の言葉を信じてやることをしなかった。普通の姉なら、彼の訴えを聞き入れ協力者を見つけ無実に向かって、事件の真相を調べるのかもしれないが、彼女は裁判官であることで、検察の調書を鵜呑みにして、弟の生きた言葉に耳を傾けず、期待的に示談に持ち込んで執行猶予にしてしまうことが姉弟の間に亀裂を持ち込んだ。しかし、最後に新井英之が尾崎に言った言葉は、残酷だった。
「弟を一番信じてないのはあんただからな」
この事件はすべたはそこにあるんだろうな。彼を全く信じていないから、今回の事件に、彼は巻き込まれた。しかし、真実が知りたい男は、事件の暴徒から、刑事が作ったストーリーを聞きならが、言った」
「よく調べもしないで」と
彼は、弁護人を信じるとかいう前に、事件の真相が知りたいために、徹底的に事件を検証し、すべてを調べ上げる。そこから見えてきたもので、弁護を展開していくところはいつも変わらない。彼女はひとりひとりの人生に向き合ってきたと思っていたが、人や真実を見ずに、調書と向き合っていただけの裁判官だったが、今は弁護士となり、真実に向き合えるようになった。
「姉は姉として振る舞わないと姉と思われない」
姉である前に、裁判官でしかなかった尾崎は、今回の事件で初めて、弟のことを信じれる一人の姉に慣れたのかもしれないというストーリーは、どこか優しさがあった。
07
 佐田(香川照之)が薬害アレルギーに関する国家賠償請求訴訟の中心人物として世間の注目を集める。そのさなか、佐田が業務上横領幇助(ほうじょ)の容疑で逮捕される。顧問弁護士を務める会社の社長・緒方(ヒャダイン)が会社の金を横領して失踪し、佐田の口座に金が振り込まれていたのだ。佐田が検察の陰謀を疑う中、深山(松本潤)らは容疑を晴らすため緒方を捜す。一方、緒方の元妻は「緒方は死んでいる」と言い出す。
関連記事


2018/03/02 11:55 :カテゴリ【松本潤 】99.9―刑事専門弁護士 コメント(9)
オリンピックに負けない99.9
深山が舞子の弟が逮捕されて、心配そうに舞子を見つめる目…

舞子と弟の姉弟愛…
舞子が弟に拒否されて、寂しそうに腹話術の人形に話しかけて
弟もずっと苦しかったんだよね。
弟を演じる佐藤君の素晴らしい演技
最後に弟を抱きしめる姿に胸が熱くなりました。
そこに深山のおちゃらけた顔が…
物語も硬くなりがちな内容だけど
そこを深山と佐田のやり取りがあり
面白いし、おかしい
ソファーに口を開けて寝てる姿が
かわいい!寝たふりかな?
イケメンは何しても絵になるな〜
本当にあと3回なんで、数字が良いだけに、勿体ないな。
投稿者: [ 2018/03/04 19:08 ]
北風と太陽♪
信じてたけど助けたかった! 故に間違った選択をしてしまった尾崎先生‼
裁判官だったからかな…とも思うけれど
弟からすれば辛い決断
一番信じてほしかった姉さんなのにね
勝利くんの自然な演技が良かったし雰囲気を掴むのが上手いねー
いい姉弟愛シーンだったなぁ
犯人役の竜雷太さんの熱演も素晴らしくて…
それにしても あんたが一番弟を信じてない!って…本当に残酷な言葉だな
一人では見つける事が出来なかった事実をチームプレーで導き出す!
深山先生の底知れない粘り強さに脱帽です
そして DASAいや佐田先生の普通で美味しい寿司の差し入れ♪ 粋だね~
美味しい店も佐田先生ならではで…ナイス!
深山先生から だいぶ寒がられてましたけどね♪
場面々々がその都度楽しくて 何度も繰り返し観てしまいますねー
今日は あの佐田先生が!
息子が 生い立ちから聞くんか? さぁ
でも 深山先生がいるから大丈夫だよね♪
投稿者: [ 2018/03/04 14:11 ]
6話
2週間ぶりに会えた99.9に感激したものの、その直後全9話だということを知りかなりショックを受け複雑な気持ちで過ごす今日この頃。
大好きな作品を見れているのにいつもネガティブコメばかりですみません。


6話。
安定して面白かったですね。
25分拡大を忘れるほど!
この作品の面白さは小ネタだけじゃない!
題材、テンポの良さ、キャラの個性、そして私にとって重大ポイント深山の可愛さがこの作品を夢中にさせてくれます。
幸せ。

ちなみに今回、予告で予想は出来ていましたが、まさか尾崎さんにこんな過去があるとは…

弟を信じてやれないなんて、裁判官としての仕事を全うし過ぎたが為のこの過ちだったのかと思うと切ないですね。

弟の真実を知るまでかなりの時間が掛かってしまったが、弁護士になり斑目チームの皆と共にする中で、人間らしく自分を取り戻せて良かったと思います。

この作品の中で一番の変化は尾崎さんであり、裁判官だった時の冷たい固定された人間から少しずつだが変化していく術は、今回尾崎さんが斑目チームに加わる意味があったのだと感じてます。

それにしても毎回の深山と佐田さんのイチャイチャがたまりません!
楽しい!
ずっとずっと見てたい!
投稿者: [ 2018/03/03 09:31 ]
延長を感じさせない面白さであっという間でした

舞子の成長も感じられたし 斑目のチームワークの良さも パワーアップしてますね

舞子がドンドンキュートになってて 明石と再現で走る姿も可愛かったです

深山の事実に向き合おうとしない人への落胆と冷ややかさも 良かったです
やっぱり佐田先生との絡みが面白いです
勝利君も熱演してくれて 9話で終わってしまうのが本当残念ですが ニノのドラマも楽しみですね
投稿者: [ 2018/02/27 01:05 ]
4話、5話
ドラマが1週休みなはずなのに時間が無さすぎてドラマを繰り返し見れていないことと、
相変わらず関東のみダイジェストが放送されていることを知り毎日怒り心頭の今日この頃です。


「4話」
オープニングから安定の面白さでしたね。

まさかの明石さんの夢を細かく作り上げてしまう所…
まさかのタイトルバックまで(笑)

この作品スタッフさんのこだわり、細かさ、熱意に脱帽しています。

4話は通してテンポ、小ネタ、安定の面白さでしたね。

今振り返ると初回は何だったんでしょう!?

ネタを詰め込み過ぎて大忙しだったからなのかな?

2話以降は何も問題なく楽しく見ています。

藤野さんの
「時々深山先生のおかげで仕事が遅くなって家族と遊べなくなったのはさみしいですけど尊敬してます。
もし僕の家族に何かあったら絶対深山先生にお願いします」

この嬉しい言葉
これが全てだと思いました。

深山は個性が強くて人に媚びない!
人と群れない!
相手から寄られるのもかなり苦手に描かれていますけど

でも斑目チームの中での深山の存在が皆にとって特別だということがわかって嬉しかったです。


「5話」
今回の題材になった事件のこと
管理人さんもお調べになったんですね。

私もネット上で取り上げられているのを見て知りました。

裁判官と検事の繋がり。
深いところまでは解りませんが、とても怖く感じました。
深山父の冤罪事件の時にも思いましたが、ホントにこの作品で考えさせられることが多くなっています。

もしこの作品がなかったら冤罪事件について、弁護士、検察官、裁判官について深く考えなかったと思います。

この先
どんな展開が待っているのか
楽しみで仕方ないです。

そういえば6話では尾崎の過去が描かれるんでしょうか。
勝利くんも登場でどんな話が待っているのか早く見たいですね。

そういえば6話は時間拡大ですから1週空いた分堪能したいと思います。



追伸

ちょっと豆情報ですが
私の住む名古屋地区の視聴率ですが
4話が16.6%
5話が17.7%
でした。

名古屋地区でもダイジェストが放送されることを信じて待ちたいと思います。
投稿者: [ 2018/02/19 21:27 ]
お見事でした♪
話として 凄く面白い展開でしたが…そう
御殿場事件が元になってたんですね!
詳しくは覚えてませんでしたが…実際には納得がいかない判決だったそうで…
何とも司法の闇が深い…
人が人を裁くって本当に難しい
まぁドラマなのでチームプレーで救われて良かった‼ 現実もそうであってほしいと願うばかりですが…
このドラマを観ていると 潤くんのドラマ スマイルを思い出してしまいます
本当に素晴らしいドラマでしたね
今もあの頃の思いとブレてないように感じます!
それにしても法廷シーンは毎回お見事‼
キャストの皆さんの練りに練られた表情や台詞にとても惹き付けられます♪
1時間って本当に短いですねー
今回の カンバンハ にウチでは大ウケ!
い~いねぇ
1回お休みで 次回はいよいよ勝利くんの出番ですねー♪ 楽しみだな~ワクワク‼
投稿者: [ 2018/02/17 22:35 ]
面白い
検察と裁判官の俳優さんが 演技が上手くて本当に腹立たしかったです
深山の静かな怒りが 伝わってきました

お揃いユニホームで焼き肉や 佐田先生の家に押し掛けて お帰りただいまのくだりも笑いました

オヤジギャグは癖になってて
でも佐田先生が居ないと ダメですね
藤野さんが 成る程と言ってくれましたが

舞子と深山の掛け合いが 楽しくなってきました 来週お休み悲しいですが 再来週は尾崎と弟の話しなんですね
深山がどんな形で救ってくれるのか楽しみにしてます
投稿者: [ 2018/02/12 20:52 ]
あっという間の1時間でした♪
欲深い弁護士達の化かし合いみたいで面白かった~ 2人の丁々発止! 熱い‼
やっぱり敵を欺くには先ず佐田先生ですね
佐田先生と深山先生もい~いコンビ♪
お互いの信頼関係が本当に頼もしいな
楽しくてあっという間の1時間でした‼
そして最後のマギーさんの言葉がジ~ンときました! 何かあったら、やっぱり私だって深山先生に頼みたいよ‼ 絶対ね♪
スタートしたら早いなぁ…もう5話だものずっと続いて…ずっと観ていたいけど!
寒い中での撮影、キャストの皆さん 体調に気をつけて下さいね~
私の回りも みんなで応援してますよ~♪
投稿者: [ 2018/02/11 17:37 ]
このドラマは 繰り返し見た方が面白さが増しますね

客観的に見ると何で警察は こんな事に気が付かないの?と思いますが 煩雑な仕事の毎日 早く事件を終わらせたいという気持ちがストーリーを作ってそれ通りに進めたくなるのかな?
尾崎も 深山の疑問に こじつけの回答で終わらせようとしている
自分も日常でそういう時あるなと思いました
深山が 社長が契約切られる事に悩んでたのに 激昂はおかしいと言うまでは その矛盾に気が付かなかったし

そして佐田先生がとっても チャーミングな会でしたね 相手の遣り手弁護士と仕事の仕方が似てるところがある先生を自由にしておくことで 相手にライバル意識を持たせて冷静さを失わせて 偽の証人を引っ張り出すことが出来て事実にたどり着けましたね

深山と佐田先生のコンビが大好きです

尾崎もドンドン班目事務所に馴染んで来て益々楽しみです
深山が佐田先生に貸しを作ってるから 後半にかけてピンチがあるのかな?とドキドキしてます
投稿者: [ 2018/02/05 18:29 ]
みなさんの感想





ハンドルネーム複数不可。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
アクセスサイトランキング
スマホ、タブレット QR
QR
プロフィール Profile

管理人

Author:管理人
性別 男性 20歳以上
ペット 猫
趣味 ドラマ 映画 


free counters
カテゴリ Category