Fcastドラマ視聴率感想

スマートフォン対応ドラマ視聴率速報サイト。感想、コメント大歓迎!検索は『fcast』

【正義のセ視聴率】4/18 確定 



正義のセHP
2018年4月期 水曜ドラマ22:00
竹村凜々子(吉高由里子)は、横浜地検で働く2年目の検事。まだまだ駆け出しの凜々子は、不器用だけど何ごとにも一生懸命。周りを巻き込みながらも、まっすぐに事件に取り組み、検事として、そして女性として成長していきます。
【キャスト】
吉高由里子 竹村凜々子  横浜地検港南支部に勤める2年目の検事。正義感が強く真っすぐで、納得するまで決して諦めない性格の持ち主。
安田顕 相原勉  凜々子のサポートをする担当検察事務官。普段は冷静に、淡々と凜々子と接している。
三浦翔平 大塚仁志  凜々子と同じ支部に所属する検事で、自他ともに認める港南支部のエース。
広瀬アリス 竹村温子  凜々子の妹で、実家の豆腐屋を手伝っている。ふんわりとした性格。
寺脇康文 梅宮譲  横浜地検港南支部長。出世コースからは外れているが、部下からの人望は厚い頼れる上司。
生瀬勝久 竹村浩市  凜々子の父で竹村豆腐店の店主。典型的な江戸っ子で義理人情に厚く、涙もろい。
【スタッフ】
脚本 - 松田裕子 松本美弥子 梅田みか 
チーフプロデューサー - 西憲彦
プロデューサー - 加藤正俊、鈴木香織(AXON)
演出 - 南雲聖一、明石広人、岩﨑マリエ
制作協力 - AXON
制作著作 - 日本テレビ
【視聴率】
01 4/11【11.0】関西【13.0】阿川佐和子原作!!恋に仕事に真っすぐな新米検事の初事件
脚本 松田裕子 演出 南雲聖一
石黒賢、浅利陽介、森矢カンナ、六角慎司
02 4/18【*9.9】関西【】
脚本 松田裕子 松本美弥子 演出 南雲聖一
財前直見、大澄賢也、石橋保、矢作穂香


01
竹村凜々子(吉高由里子)は、横浜地検港南支部に赴任した2年目の検事。まだまだ新米なので何ごとにも一生懸命だが、喜怒哀楽がすぐに出てしまう性格のため失敗ばかり。バディを組む事務官の相原(安田顕)から、ついつい小言を言われてしまう。ある日、上司が部下をケガさせた傷害事件を担当する。だが被疑者は容疑を全面的に否認。被害者の言い分と真っ向から対立する。凜々子は、事件の真相解明のために捜査を始めるーー。
感想
こういう作品で、必要不可欠なのは、検事物でも、弁護士物でも、”真実の追求”というところに、変な感情をあまり盛り込まないところなんだよね。けど、このドラマの主人公は、新人検事なので、うまく感情がコントロールできないためか?感情の起伏が激しく、かなり面倒くさい検事として描かれている。「正義のセ」と言う題名らしく、正義感は強いとは思うが、それが前面に出てしまうとあまりいいとは思えない。新人検事の成長ドラマなのかも知れないが、あそこまで感情が出てしまうとなんとも言い難い作品になるかなという気はした。バディを組む事務官の相原や大塚仁志が存在が何しろ救いかもしれない。
こういうドラマとしては、あまりいいキャラ設定ではない主人公だが、どう成長するのか?今のとこと見た感じはそこが見どころなんだろうが、早く成長してほしい。けど、いろいろと事務官の相原に言われたり、的確な先輩検事の大塚仁志のフォローが見どころだったりするのかもしれない。大塚が、なぜ?田中と上司恩田の関係がアレほどまで庇うのかという理由を、解明した時は気持ちよかったからね。しかし、竹村凜々子を、もうしばらく、暖かく見守ろうかな~。仕事は雑だが、真実の追求には前向きだから。
02
 ある日、凜々子(吉高由里子)は支部長・梅宮(寺脇康文)から、主婦・かれん(財前直見)が口論の末、夫・義之(大澄賢也)を花瓶で殴り殺した事件を任される。初の殺人事件に奮起する凜々子だが、相原(安田顕)は不安顔。殺人事件では被疑者の殺意の有無によって刑罰が異なるため、検事の見極めが重大となるのだ。いよいよかれんの取り調べに臨んだ凜々子は、殺意を否認して後悔している様子の彼女に思わず同情してしまう。
感想
ある意味、今回もデスクワークをやらないで、飛び回ってる凜々子ではあるが、今回は全くのノーチャックで、周りにももう許されてる感じさえする。確かに事件が前回とは違って、殺人事件というのはあるけど、ここ迄周りの対応が違うかなと言う疑問は湧いてくる。それにやってることは、ほとんど刑事が捜査してることと変わらないし、警察も検事のやりたい放題を許していいのかな?横槍が入りそうな感じだけどまったくない。なんかそういう点で、このドラマの脚本の薄さを感じる。そこに、ノコノコと相原もついていくだけだし、原作はどんなものか知らないが、女刑事が真相を究明するほうが、すんなり入ってくるような。検事が動いてる感じがしないんだよね。夫・義之の暴力のことを、なぜにかれんは言わなかったのか?嘘の証言をしてしまうのか?家庭内のことを知られたくない、よく思われたいという感情というだけなら、ドラマとしての面白みも深みもないし、本当に上面のドラマなんだよね。最後に母娘の情を見せても、焼き直しの刑事ドラマを見てるようで感情に訴えかけるものがない物語だった。
03
 初めて結婚詐欺事件を担当する凜々子(吉高由里子)は卑劣な詐欺師を退治しようと意気込む。早速、被害者の七美(磯山さやか)から被疑者・鈴木(三浦貴大)にだまされて1千万円を渡した経緯を聞いた凜々子は、結婚を夢見た七美に同情する。だが、鈴木は詐欺も1千万円の受け取りも否認。このままでは証拠不十分で不起訴の可能性もある。弱る凜々子だが大塚(三浦翔平)からハッパを掛けられ、相原(安田顕)と証拠捜しに奔走する。
感想


正義のセ 4 負けっぱなしで終わるもんか! (角川文庫)
関連記事

>
2018/04/19 09:52 :Category:【吉高由里子】 東京タラレバ娘 コメント(0)
みなさんの感想





ハンドルネーム複数不可。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング