Fcastドラマ視聴率感想

スマートフォン対応ドラマ視聴率速報サイト。ドラマ感想、情報コメント大歓迎!検索は『fcast』
記事更新日:: ドラマタイトル

【Missデビル視聴率】人事の悪魔・椿眞子 4話確定 



Missデビル人事の悪魔・椿眞子
2018年4月期土曜ドラマ 22:00
悪魔と呼ばれるほど冷酷非情にして凄腕の人事コンサルタント・椿眞子(菜々緒)が、とある企業を舞台に、セクハラ、パワハラ、派閥争い、モンスター社員など、どんな会社でも起こりうる問題を悪魔のような大胆な方法で解決していく
決めぜりふは「あなたには、この会社をやめる権利があります」
【Cast】
菜々緒 椿眞子 海外で成功を収めて帰国したすご腕の人事コンサルタント。「改革のためならどんな手段もいとわない」という冷酷非情な姿勢から“人事の悪魔”と呼ばれている。
佐藤勝利 斉藤博史 「共亜火災保険」の新入社員として眞子の直属の部下となる。新人研修から眞子に散々振り回される。
木村佳乃 伊東千紘 「共亜火災保険」の人事部長。事あるごとに眞子とも衝突する。
船越英一郎 大沢友晴 「共亜火災保険」の代表取締役社長。眞子を本社に招き入れた張本人。
西田敏行 喜多村完治 「共亜火災保険」の前社長で現在は会長。強烈な改革に乗り出した眞子に危機感を覚え、その真意と謎を探ろうとする。
【スタッフ】
脚本:山浦雅大
演出:佐久間紀佳
プロデューサー:森雅弘 本多繁勝
主題歌:Body Feels EXIT(from AL「Finally」)/安室奈美恵
挿入歌:イノセントデイズ/Sexy Zone
【視聴率】
01 4/14【9.6】美しき人事のヒロインが悪を斬る痛快お仕事ドラマ!
脚本:山浦雅大 演出:佐久間紀佳
02 4/21【*8.1】関西【11.3】セクハラ上司に美脚ハイキック!
脚本:山浦雅大 演出:佐久間紀佳
03 4/28【*8.8】関西【11.5】口だけ上司&生意気部下を叩け!
脚本:山浦雅大 演出:佐久間紀佳
金子貴俊、前田公輝、おかやまはじめ
04 5/05【*6.8】
脚本 藤平久子 演出 小室直子
水橋研二、筧美和子、川久保拓司



01
大手損害保険会社に入社した斉藤博史(佐藤勝利)。だが、「Missデビル」の異名を持つ冷徹な人事コンサルタント・椿眞子(菜々緒)が行う過酷な新人研修に、同期が次々と脱落していく様を見て、希望を打ち砕かれる。見かねた人事部長の伊東千紘(木村佳乃)は研修の中止を大沢社長(船越英一郎)に進言するが、大沢は眞子に全て一任していると言う。会長の喜田村(西田敏行)も静観していた。果たしてこの研修の本当の意味は?
【感想】
これは、確かにエピソード0だな。会社員として始まってもない新人を40人やめさせる話なのだから。次回から、今働いている人たちの首切りを実行するという段階になっていってからが、本当のはなしが始まるのだろうというのは伝わってきた。今回の研修は、どこぞの会社が似たようなことをやっていたのを見たことがあるので驚きはしなかったが、さすがに、人が亡くなっていたら、裁判沙汰だろう。しかし、今の時代、あんな官僚の息子がいたら、椿眞子じゃなくても、ネット上にさらし者になって、オヤジは追い込まれるだろうな~とかは思ったしあんな行動は、絶対にしないと思うけど、それも僕の感覚でしかない。
それにしても、10人しか人材がいらないのなら、この人材が逼迫している中で、50人も採用するなよという気しか起きない話ではあったが、だれがこの採用人数を決定したのか?雇われる方も迷惑だし、これだけの人数を採用する経費に、金をかけた会社って、そりゃ、厳しい経営状態になるのも納得だ。しかし、ドラマだな~正直あの程度の研修で、40人もやめるかな?というレベルだったのが少し残念かな。
けどあまりにおどおどしすぎる斉藤博史を見てると、会社に入社した頃の自分を思い出すが、これから、椿眞子とどう関わり成長するのか?そして、リストラをどう真子は決断していくのか?期待はしたい。
02
 博史(佐藤勝利)が配属された「人材活用ラボ」の室長は、眞子(菜々緒)だった。早速、第2営業部での研修を命じられた博史は、真の目的がリストラする人物を1人選び出すことだと聞いてがくぜんとする。営業部の夏月(中越典子)は親切で、博史は安心する一方、部長・浅岡(神保悟志)らから叱られてばかりいる児島(チャンカワイ)をリストラ候補に挙げる。そんな中、夏月が浅岡にセクハラを受けているとの密告があり…。
【感想】
今回から、エピソードが始まったと思える第2話だったが、Missデビル人事の悪魔・椿眞子は、やってることは、確かに、悪魔的に社員を首を切っていくというストーリーだが、最終的に首を切られて人にとっては、いいと思える話に落ち着くところが、日テレなドラマ的だが、そう悪いとも思えない。しかし、今回のターゲットをなった営業部の夏月の夫が、鈴木拓さんが演じてるのは、なんだかな~。美しき彼女がなんとしても守ろうとする夫には、全く見えん!もっと、護らずにはいられない夫像を感じさせる俳優に演じてほしかった。それに、彼女にセクハラしていた部長は、最低でも降格させる人事を、下してくれよ!と思いはしたかな。新人くんの博史に始めっから、眞子が首を切らせるとは思わなかったが、これからも彼を試すような動きを繰り返してながら成長させるつもりなのか・そして、あれのオヤジと社長との間に何が?という疑問点は出てきた。それに、他の人材活用ラボの部員は、眞子の手足の隠密もいるんだな。意外と面白い話もあるのかも。
03
 眞子(菜々緒)と千紘(木村佳乃)が人事方針を巡って火花を散らす中、眞子が博史(佐藤勝利)に命じた次の‘研修’先は「損害サービス部」。博史は課長の簑島(金子貴俊)が、部長の尾上(おかやまはじめ)ばかりか、平社員の吉田(前田公輝)にまでも気を遣い、言いなりになっているのが釈然としない。そこで、不遜な態度の吉田をリストラ対象とするが、眞子に却下される。疲れきった簑島が心配な博史は、帰宅時、後をつける。
04
眞子(菜々緒)から、恋多き女として社内でも有名な総務部の花憐(筧美和子)と恋するように命じられた博史(佐藤/Sexy Zone)。そんな中、ライバル会社のスパイが社内に潜入していることが判明し、千紘(木村佳乃)は眞子がスパイではないかと調査を開始する。一方眞子は、花憐の本命がスパイだと確信し、博史にその相手を探すよう命じる。博史は、同じ総務課の梨木課長(水橋研二)が相手ではないかと勘ぐるが・・・。
【感想】
今回の話見終わってから、よく理解できない部分もあったかな。ライバル会社のスパイを見つけ出すことと花憐にすかれることに何の因果関係があったのか?最終的に、眞子がかっちゃんという存在を見つけ出したことと博史が花憐に近づいたこととなにか関係があったのだろうか?あのハンドルネームの解読は、博史と彼の妹との関係から眞子が導き出したものだし、本当によくわからない脚本だった。花憐が金を使わせられ本命が、お金目当てに、情報を流してたという理屈はわからないでもないが、だからといって、花憐に変に近づくってのもな~。まあ、この枠のドラマだから、もう少し気楽に楽しんだほうがいいのかもl知れないが、それにしてもという気はする。
05
 南雲(前田航基)が、社長の大沢(船越英一郎)に切りつける事件が起き、博史(佐藤勝利)ら同期は動揺を隠せない。間一髪、その場に眞子(菜々緒)が駆け付け、最悪の事態を免れたと知った千紘(木村佳乃)は、ある疑問を眞子にぶつける。一方、博史の新たな研修先は「審査部」で、任務は担当部長の瀬登(小林隆)をリストラする‘理由’を見つけること。しかし、仕事熱心な瀬登は、部下の信頼も厚く、リストラとは縁遠い人物で…。
関連記事


2018/05/07 10:49 :カテゴリ【若手主演女優-35】 コメント(1)
無いようで有るような話?
菜々緒さんのメイクといいファッションといい凄い!職場によってはありですけどね。
菜々緒さんのドラマらしい。
ドラマは結構楽しんでいます。
デビル人事の悪みたいでも、首切りの人も納得できる1話。2話は病気の夫のもとに返してあげたり、セクハラ部長もリストラせずそのままの地位みたいだけど、セクハラ現場のビデオをもっていて、これ以上の悪は出来なくしている。
足長蹴りはあっても残酷さはない。
今のところ肩の力抜いて楽しくみています。
本当は訳ありの過去を持ついい人なのかも。
投稿者: [ 2018/04/24 20:11 ]
みなさんの感想





ハンドルネーム複数不可。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
コメント!大歓迎です
データ取得中...
スマホ、タブレット QR
QR
プロフィール Profile

管理人

Author:管理人
性別 男性 20歳以上
ペット 猫
趣味 ドラマ 映画 


free counters
カテゴリ Category