Fcastドラマ視聴率感想

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』

【オトナ高校視聴率】04 11/11 

オトナ高校
三浦春馬がエリート童貞!?30歳以上で性経験のない男女は、第2の義務教育として、性を学ぶ“オトナ高校"へ入学!橋本裕志脚本で送る、不器用なオトナの学園コメディー!
テレビ朝日系 毎週土曜 23:05~23:59
【スタッフ】
脚本:橋本裕志
演出:瑠東東一郎
プロデューサー:三輪祐見子 貴島彩理 松野千鶴子
主題歌:ルポルタージュ/高橋優
【キャスト】
三浦春馬 荒川英人 東大卒でトップバンク「ヤマト銀行」の国際部社員。幹部候補。高身長・高学歴・高年収という、自他共に認めるエリートだが、実は童貞のため、あだ名は“チェリート”。
高橋克実 権田勘助 「ヤマト銀行」の国際部部長。女遊びが激しく、常に若い女子をはべらせている “お金のあるエリートおじさま”。だが、実は表面的にモテ男を偽っていただけで、その正体は55歳のチェリーボーイ。
竜星涼 山田翔馬 オトナ高校の教師で、英人たちの担任。イケメン。
松井愛莉 姫谷さくら オトナ高校の教師で、英人たちの副担任。「ヤマト銀行」系列会社の社員で、性経験豊富な“エロ小悪魔教師”。
黒木メイサ 園部真希 オトナ高校の生徒で、英人のクラスメート。商社で働くキャリアウーマン。いまだに処女。
【視聴率】
01 10/14【5.4】童貞卒業したら即卒業!?-恋せよオトナ!衝撃学園ドラマ開幕!
◇脚本 橋本裕志◇演出 瑠東東一郎
02 10/21【3.6】東大卒エリート童貞vs都合のいい処女!地獄の学園ライフ卒業か!?
◇脚本橋本裕志◇演出 瑠東東一郎
03 10/28【2.5】動物園の中心で童貞を叫ぶ!?エリート童貞、18年越しの絶叫キス
◇脚本 橋本裕志◇演出 山本大輔
04 11/11【3.4】性を学ぶ地獄合宿!?急展開の混浴パニック&童貞部長の衝撃告白!
◇脚本橋本裕志◇演出 瑠東東一郎
05 11/18【】総理の息子が新入生!?学級崩壊が生んだ男の約束!恋か?友情か?
◇脚本 橋本裕志◇演出 山本大輔


01
 2017年秋。東大出身のエリート銀行員・英人(三浦春馬)は、内閣府の嘉数(杉本哲太)から突如「オトナ高校」への入学を命じられる。それは、深刻な少子化問題に歯止めをかけるための公的機関で、対象者は性経験のない30歳以上の男女。入学を拒否すれば逮捕、服役等の罰則があると知った英人は、入学期日までに‘童貞’を卒業しようと決意。仕事で付き合いのある調査会社の社員・さくら(松井愛莉)をデートに誘うが…。
【感想】
かなり設定は、大胆で、実験的なこのドラマ。どう考えても、モテる要素しか僕の目からは見えない三浦春馬さんが東大出身のエリート銀行員・英人という人物に扮しめんどくさいモテナイ男を熱演している。いくらあんなメールを長文を書く面倒なやつでも、条件からすると、現実には女性が寄ってくるだろうけど、敢えて彼には寄ってこないという設定のもと、崩壊していく彼の姿を鑑賞するのは、なかなか楽しい。特に、合コンで自信アリ気に見えて、最終的にはいい返事が貰えそうな女性に告白するという小物プリが気持ちいいほどだった。それにしても、英人と似てるようで似てない黒木メイサさん演じる園部真希も、文句は色々と言ったりもするが、本心とは裏腹で、恋愛をしたいと望むタイプだし、権田勘助はモテル男を演じながらも最後のひと押しができないやつなんて、いるのか?疑問だが、彼がどう変わっていくのかはちょっと気になる。今回は、どう考えてもパーフェクトが卒業というのはミエミエだったが、生徒メインキャラ6人がどんな化学反応を起こして変わっていくのか期待したい。それにしてもぶっ飛んだ設定で、深夜向きの企画のドラマだが、意外と純粋な愛の話になるのかもね。
02
 英人(三浦春馬)らが受けた「オトナ偏差値テスト」で最低得点の真希(黒木メイサ)は、やり手のキャリアウーマンだが、実態は常に2番目の女で、現在も既婚の上司・白鳥(高橋洋)に好意を抱いている。一方、スポーツ交流の授業が行われた。運動が苦手な英人は理由を付けて見学に回るが、周囲の視線は冷たい。そんな折、真希が体調不良に。英人は保健室に付き添い、優しさをアピールするが、逆にストーカー呼ばわりされる。
03
 卒業をもくろみ、うその報告をした英人(三浦春馬)と真希(黒木メイサ)には罰則が科せられる。そんな中、授業で「恋人代行サービス」の体験実習が行われる。写真と自己PRをインターネットのサイトに登録し、指名してきた相手と‘手つなぎデート’するというものだ。英人は権田(高橋克実)、川本(夕輝壽太)とグループデートに臨むが、現れたOL3人組の中の遥香(松井玲奈)は、山形の田舎町で育った英人の小学校の同級生で…。
【感想】
今回で、英人のオトナ学校の卒業を邪魔している人間がいると言うことだけは、確かになったな。一体誰が!という展開になってるけど、そこにどんな思惑があるのかまだわからないが、それは、ヤルデンテ、卑弥呼、スペアの誰か一人であることは確定してるけど、サクラの動きも読めない。そういう側面もありながら、童貞であるということを告白した英人は見事だったな。あんなことを告白できるのには、彼の中で凄まじい葛藤があったけど、やりきったのだから、これからもドンドン女性と付き合ってほしい!しかし、スペアって、何を考えてるんだろうか?あんな大胆に、家族の楽しそうな光景を見せつけられても、訳の分からない前向き加減がすごい!馬鹿馬鹿しい設定のドラマだけど。、気楽に楽しめる作品だな。
04
 メールの偽情報や靴箱のメモから、英人(三浦春馬)は何者かが自分の‘卒業’を邪魔していると気付く。そんな中、学習成果の上がらない生徒たちを見かねた学校側が、土日に「合宿研修旅行」を行うと発表。反発する英人たちだが、川本(夕輝壽太)に促され、全員で参加することが決まる。1日目は、オトナ高校ならではの社会科見学、家庭科研修に続き、ペアでのオリエンテーリング。英人は真希(黒木メイサ)と組むことになる。
【感想】
非常に馬鹿馬鹿しいけど、楽しい作品なんだよね。エリート童貞→チェリート英人のプライドと恋の間で、彷徨う男心が的確に見てて楽しい。けど、彼が童貞なのは理解できるんだよね。彼は実は人に愛したことがないので、こうなるのも当然かも。青春時代を勉強に明け暮れ、やり直す意味でも、修学旅行的な「合宿研修旅行」は、いい機会だったけど、ヤルデンテ川本は、やっぱり、男性がスキだったんだね。それも英人とは!真希とも、全く進展もないし、どうなるんだろうな?
05
 新入生の岩清水(城田優)は総理大臣の息子だ。校長の嘉数(杉本哲太)は職員を前に、彼の‘卒業’が最大の使命だと宣言する。一方、真希(黒木メイサ)とさくら(松井愛莉)は岩清水を巡って火花を散らし、英人(三浦春馬)と権田(高橋克実)は彼が初恋の相手を思い続けていると知る。そんな中、英人はさくらから、岩清水の卒業作戦に協力すれば、英人の卒業にも力を貸すと提案される。
【感想】
関連記事


>
2017/11/18 00:39 :Category:【三浦春馬】オトナ高校 コメント(0)
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング