Fcastドラマ視聴率感想

スマホ対応ドラマ視聴率速報サイト。ドラマ視聴率推移、感想など掲載。コメント大歓迎。検索『fcast』

【ドクターX視聴率】~外科医・大門未知子2017 5話20%超 



ドクターX ~外科医・大門未知子~ 4 DVD-BOX
ポニーキャニオン (2017-03-15)
売り上げランキング: 1,219

ドクターX~外科医・大門未知子
米倉涼子主演『私、失敗しないので』孤高のハケンの女医・大門未知子が帰ってきた!西田敏行、草刈正雄ら、X史上最も危険な敵が君臨する白い巨塔に鋭いメスを入れる!!
【キャスト】
大門 未知子(41)……米倉 涼子 フリーランスの外科医。
西山 直之(29)…永山 絢斗「東帝大学病院」の新米医師。いわゆる“ゆとり世代”の医師。
神原 晶(70)……岸部 一徳 大門未知子が所属する「神原名医紹介所」の所長。
城之内 博美(38)……内田 有紀麻酔科医として確かな腕を持つクールな女性。
原 守(43)………鈴木 浩介「東帝大学病院」の外科医。
遠藤憲一 海老名敬 東帝大学病院の外科副部長。
大地真央 志村まどか 東帝大学病院の女性院長。
神田 景信(70)…草刈 正雄 日本医療界のトップに君臨する「日本医師倶楽部」会長。
蛭間 重勝(66)……東帝大学病院・知床分院の院長。
【スタッフ】
脚本 林 誠人 寺田 敏雄 香坂 隆史
音楽 沢田 完
ゼネラルプロデューサー 内山 聖子(テレビ朝日)
プロデューサー 大江 達樹 都築 歩(テレビ朝日) 霜田 一寿 池田 禎子 大垣 一穂(ザ・ワークス)
演出 田村 直己(テレビ朝日
【第5弾視聴率】
01 10/12【20.9】静岡【26.0】復活!!!! 失敗しないハケンの女 世界横断オペ2000万
◇脚本 林誠人◇演出 田村直己(
升毅、藤真利子、松澤一之
02 10/19【19.6】静岡【28.3】VSゆとり院内盗撮!? 過保護な患者の秘密
◇脚本 寺田 敏雄◇演出 松田秀和
中田喜子
03 10/26【19.0】静岡【25.1】VSキレる教授!? セカンドオピニオン失敗しないので
◇脚本 林誠人◇演出 田村直己
平田満
04 11/02【19.1】関西【20.4】外科医を育てる超VIP患者の秘密!?
◇脚本 香坂隆史 演出 松田秀知
仲里依紗
05 11/09【20.8】関西【23.3】
五反田 五郎…間宮 祥太朗
◇脚本 林誠人◇演出 田村直己 北部九州【18.2】札幌【22.8】
06 11/16【】関西【】
◇脚本 香坂隆史 演出 松田秀知
平泉成



01
東帝大学病院でクリーンな医局を取り戻すべく、大改革を推し進める初の女性院長・志村まどか(大地真央)が大門未知子(米倉涼子)を雇う。しかし、まどかは未知子が救命措置を行った患者の手術を、アメリカにいる心臓外科の世界的権威に手術支援ロボットを遠隔操作して執刀するよう依頼。その頃トンカツ店にいた未知子は、目の前で倒れた有名ジャーナリスト・一色を東帝大学病院に搬送する。これが“とんでもない事態"を招き…!?
【感想】
このドラマは面白おかしく良く出来てるね。かなりの時事ネタで、物語を盛り上げながら、きっちり手術シーンも見せていく作りは感心させられる。それにしても、大改革を推し進める初の女性院長・志村まどかは一話で終了?都民ファーストならぬ、患者ファーストを掲げながらも、自分の不倫相手を助けたいがために、有名なアメリカの医師に、手術を任せるという公私混同をやらかすところなんて、この期のろの時事ネタを絶妙に組み合わせているように見えて楽しい。こういうことができるところが、このドラマの強みなのかな。そんな風吹く東帝大学病院をミニスカで、さっそうと現れ、キッチリ仕事をしていく未知子は、さすが!彼女の失敗しないでは、今回も絶好調だった。それにしても、見逃したのか?蛭間はどうやって復活したのかな?金はどこから湧いて出てきたのか?そしてソンタ君と怪しげな美人秘書も復活!「日本医師倶楽部」会長内神田って、どんな役割するのか?なかなか面白い仕掛けが潜んでいるようだ。
02
 新米外科医の西山(永山絢斗)や伊東(野村周平)ら4人は、未知子(米倉涼子)の影響を受け、院長回診をすっぽかしたり定時帰宅したりとやりたい放題。海老名(遠藤憲一)らは扱いに手を焼く。そんな中、息子を心配して蛭間(西田敏行)に賄賂を届けに来た伊東の母親・不二子(中田喜子)が院内で倒れる。「進行胆のうがん肉腫」と診断された不二子の根治には難手術が必要。蛭間は伊東を執刀医に指名するが、不二子は手術を拒否する。
【感想】
伊東が、未知子に影響を受けたからと言って、なんでやめてしまうのか?開いた口が塞がらない展開ではあったが、未知子が放った言葉に、ドラマ的には、感化されるのはわからないでもない。けど、必死に勉強し、医師になった経緯を海老名敬にあれだけ語っていたのに、このやめるという判断は、全くもって理解しがたい展開だったかな。あの記者会見の場で、自分の功績でもないのに、めちゃくちゃ高い下駄を履かせてもらったとしたら、それに見合うように、邁進するのが、人であるような気もするけど。僕が母の突然の手術で、接した大学病院の若い女医さんは、本当に意欲的で、只々、感心させられたし、なんか現場を愚弄しているようにしか感じられないかな~今回の話は。どうも、毎回医師が病院から退場していくドラマ的なパターンなのかもしれないが、あの未知子の手術ぶりをを見たら刺激を受けて、私は諦めないと外科医として精進しようと話を持っていってほしかった。けど、海老名の何とも言えない中間管理職ぶりが、楽しくはあったかも。
03
 未知子(米倉涼子)は大学の付属幼稚園に出張するが、そこで園長の三鴨(平田満)が倒れた。検査をした未知子は手術を勧める。しかし、三鴨は外科副部長・猪又(陣内孝則)の患者だった。猪又は、肺腺がんの三鴨の腫瘍を化学療法で小さくしてから手術をするというが、治療を始めて半年たっても腫瘍は小さくなっていないらしい。三鴨はセカンドオピニオンを希望するが、他の病院で診察を断られ、名医紹介所を訪ねてくる。
【感想】
今回は絶妙な脚本だった。セカンドオピニオンがテーマみたいなものだったようには見えたが、今回の主役は、園長を治した未知子が主役ではなく、園児たちだったんだな。美智子に対して口が悪い園児たちもでもあったけど、彼らの思いは、大好きな校長先生が、早く治って、歌を浮いたってほしいという願い!そんな彼らと話していると、彼女にとっても、どんな医師でも見落としがちな病状を発見するヒントを貰えたという展開は、意外と見どころだった。本当に病というのはどこにヒントがあるのかわからないもんだな~。未知子があの園児の言葉をすくい上げたから、中途半端な手術で終わらなかったと言うのは、面白い展開だった!その上、蛭間にお金を払わせるのにも彼らを使うとは、神原さんはドラマ的にもうまい方法だったな。しかも、猪又の自尊心をへし折る展開もスキッとさせる。それにしても今回は、誰もこの病院を去ったりしないんだな~。こんなことなら、別に志村も伊東 亮治もいてほしかったよ!
04
 森本(田中圭)が婚活パーティーで知り合った婚約者・四織が倒れた。彼女は肝臓がんを患っており、手術をしなければ余命3カ月と診断される。そんな中、四織が「日本医師倶楽部」会長・内神田(草刈正雄)の娘と分かり、蛭間(西田敏行)らは大慌て。外科副部長3人が担当する万全の態勢で臨むことになる。未知子(米倉涼子)も執刀医に名乗りを上げるが、森本が語った偽の経歴を信じた四織は、彼の手術以外は受けないと言い出す。
【感想】
さすがに、今回の話は、四織が結婚詐欺師とか一度インオペして、肝臓をある程度回復させて再手術というネタは、医療ドラマで何度く使われたネタで、わかり易すぎたかな。今となってはこのドラマはストーリー云々よりも、外科副部長3人組と蛭間の掛け合いが見どころだったりするので、帰宅に楽しんでみればいいのかもしれないね。四織が倒れても、口封じして、内神田を呼ばないようにした時点で、こいつ詐欺師だとは分かったが、肝臓がんになってたけど、森本が真摯に医療に対処して、自分を治してくれたところで彼女も改心したりと分かりやすかった。最後はズドンと、未知子が執刀して、使える肝臓にしてくれて、余命3ヶ月を覆してくれたら、もう正直に生きたくなるかも。けど、四織が手術に森本を指名したというのは、何の意味があったのだろうか?そこのところがわかりにくかったかな。自分は彼の婚約者で、彼のことを信じてると印象づけるためだったのか?ここがなんとも言えん。しかし、内神田の娘じゃなと分かって、神原 晶まで騙されてたのは意外だった。彼の見破れんものはあるんだな。そんな中で、未知子は手術以外は我関せずというのは、貫き通したな。どうも、後輩を育てないで、肝臓育ててだな~と言うのは、本当に未知子らしい。
05
 人工知能(AI)の将棋ロボットと対局中に倒れた若手天才棋士・五反田が搬送されてくる。診断がつけられない鳥井(段田安則)は、最先端のAI診断システム「ヒポクラテス」に診断を委ねることに。一方、五反田は意識を取り戻した後、再戦のため強引に退院しようとするが、脚に力が入らず病院へ逆戻りする。検査結果を見た未知子(米倉涼子)はヒポクラテスの診断に同意できないが、その未知子にも病名が分からない。
【感想】
今回は感想は一休みかな。毎回、話の構造自体は変わらないので、時々休まないと、気楽に見れない。
関連記事


2017/11/10 09:21 :カテゴリ【米倉涼子】DoctorX ドクターX コメント(3)
かたき役がほしいところ
シリーズ通してずっと面白いのはすごいと思いますが、今回の敵役が西田敏行と草刈正雄ではちょっと弱いような。
北王子欣也並みの迫力がないと大門未知子が勝って当たり前になってしまう。
白い巨塔のトップに君臨する強敵に敢然と立ち向かいつつ、現場では華麗なメスさばきで「私、失敗しないので」を証明して見せるのが大門未知子のかっこいいところ。
是非そういうところが見たい。
投稿者: [ 2017/10/24 10:29 ]
楽しみに待ってました!
スカッとさしてもらってます。
ゲスト出演でしたか大地真央さん、厳しくて腕がたっても、女性として弱い所も見られ良かったです。
それにしても、いい意味の女性のキレのある強さと明るさは頼もしい!
綾瀬はるかさんドラマも腕ぷしの強さも憧れる。
いずれもスカッとが嬉しい秋ドラマ楽しみです。流石の視聴率でした。
投稿者: [ 2017/10/13 14:24 ]
これぞ医療ドラマ
これぞ医療ドラマだと言わんばかりの視聴率ですね!人気があるシリーズだけに視聴率を取るのは当たり前。コードブルーの様に話がダレることなく、常に面白いのはすごい。コードブルーの視聴率で高視聴率とか言ってるフジテレビは見習ったほうがいい医療ドラマの作り方だと思う
投稿者: [ 2017/10/13 12:04 ]
みなさんの感想





ハンドルネーム複数不可。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
アクセスサイトランキング
スマホ、タブレット QR
QR
プロフィール Profile

管理人

Author:管理人
性別 男性 20歳以上
ペット 猫
趣味 ドラマ 映画 


free counters
カテゴリ Category