Fcastドラマ視聴率感想

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』

【コード・ブルー3視聴率】~ドクターヘリ緊急救命~6話 安定 

コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命 スペシャル [DVD]
ポニーキャニオン (2009-03-18)
売り上げランキング: 1,158

公式サイト
翔陽大学付属北部病院の救命センターを離れ、脳外科医として研さんを積む藍沢をはじめ、30代を迎えてタフな医療者となった5人が登場。結婚やキャリアなど人生の岐路に立つ姿などがストーリー展開される。
【キャスト】
藍沢 耕作 - 山下智久 救命センターの医師。10年以上のキャリアを積み、脳外科医の道に進む
白石 恵 - 新垣結衣 フライトドクターのスタッフリーダー
緋山 美帆子 - 戸田恵梨香 周産期医療センターで産婦人科医
藤川 一男 - 浅利陽介 翔北救命を支える整形外科専門の救命医
冴島 はるか- 比嘉愛未 フライトナースとしての道を究め続けエース
有岡大貴 名取颯馬 フライトドクターを目指す総合病院院長の一人息子
安藤政信、成田凌、新木優子、馬場ふみか
橘 啓輔 - 椎名桔平 翔北救命センターの部長となっている。
【スタッフ】 
プロデューサー 増本淳
演出 西浦正記(FCC) 葉山浩樹 田中亮
脚本 安達奈緒子
【視聴率記事】
01 7/17【16.3】関西【18.8】「遙かなる願い」
演出 西浦正記 脚本 安達奈緒子
札幌地区23.0、名古屋地区22.0、静岡地区20.8、関西地区18.8
総合視聴率 24.5% タイムシフト*9.9%
02 7/24【15.6】【18.1】導く者
演出 西浦正記 脚本 安達奈緒子
03 7/31【14.0】【17.2】命より大切なもの
北海道【19.0】演出 葉山浩樹 脚本 安達奈緒子
04 8/07【13.8】【19.5】笑顔の効能
演出 葉山浩樹 脚本 安達奈緒子
北海道【18.8】北部九州【12.5】
05 8/14【13.8】【15.2】「寄り添う人」
演出 西浦正記 脚本 安達奈緒子
06 8/21【13.7】【】北海道【17.7】「落胆の向こう側」
演出 葉山浩樹 脚本 安達奈緒子
07
【以前のコードブルー視聴率記事】
【コードブルー ドクターヘリ緊急救命1視聴率】
【コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命2視聴率】 


8月7日放送分(第4話)
 藍沢(山下智久)は、手術への同意を拒む奏(田鍋梨々花)の容体を気にしていた。そんな中、ドクターヘリが河川敷に向かうことに。バーベキュー中にカセットコンロが爆発してけが人が出たらしい。橘(椎名桔平)がヘリに乗り込もうとした矢先、入院中の息子・優輔(歸山竜成)の容体が急変したと連絡が入る。代わりに藍沢が現場に向かうと、少年の首に鉄串が刺さっていた。藍沢らは鉄串を抜かずに少年を病院に搬送する。
【感想】
今回の4話、今までのシリーズは脚本家が男性で、恋愛関係というものはほぼ出てこなかったが、4話では緋山の恋愛にモニタ感情まで描かれているし、冴島もこれでもかというい感じで、藤川との恋愛関係が描かれている。彼らのそういうことが現実味を帯びてる年齢というのはわかるが、同時多発的に起きないでもいいかな。けど、三井が医者ではなく一人の母親として描かれているのは、僕はいいとおもっている。あれほど、クールな医師だった彼女が、母として、子供に向き合う向き合う姿は、ごく当たり前に描かれているのは、意外と自然だ。それに、横で二人で笑い合ってるような友人だった少年が、ある日、あっさりいなくなるような環境の中で、向き合うあうのなら、笑顔を見せられない母親というのも、ごく自然なことのように思える。そして、少し離れたベットにいた少年が、ドクターヘリで運ばれ、生死をさまようような大怪我だったのに、今は自然と親子で笑い合ってるのを見たら、あの花火のシーンでの三井、橘のギリギリの心情も理解できないこともない。藍沢は遥かに、ハイレベルの医師になってるとは感じていたが、新海とのコンビは、遥かに、予想を超える何史実もこなしてしまう気がした。手術への同意を拒む奏であったが、藍沢の強い思いに心動かされ同意書にサインをするが、追い込まれたところで、緊急手術ということに。しかし、彼なら奇跡を起こしても不思議ではないような。それとともに、名取が父に言われて、フライトドクターになったことが語られたが、白石が彼を表現しづらいというのもそれでつかめた。なんでも器用にこなす彼が、大きく覚醒する事には、何が起こるのだろう?
8月14日放送分(第5話)
 藍沢(山下智久)と新海(安藤政信)は容体が急変した奏(田鍋梨々花)を緊急手術。一方、緋山(戸田恵梨香)は手にまひが残る料理人の患者・緒方(丸山智己)のことが気になる。下水工事現場にヘリで出動した白石(新垣結衣)は、名取(有岡大貴)を現場に降ろし、けがをしたレスキュー隊員の治療を任せる。再び飛び立った白石は、増水で流され河口で見つかった作業員を病院に搬送。その作業員の治療中、冴島(比嘉愛未)が突然、倒れてしまう。
【感想】
なんで、脚本家が変わったのか?僕は知らないが、できればこの作品は林さんに書き続けてほしいとは思っていたが、安達さんに変わってしまった。林さんは、医療ドラマを多く手がけているし、殆ど彼の書いたもので、外れた脚本を見たこともない。今回の話もそう悪くはないのだが、コードブルーなりのレベルはあるんだな。それに、時代にの流れの中でのフェローたちのキャラ付けはあるとは思うが、そこまで壊してよかったのか。ココまで来ると、そう覚醒しない彼らに不安を覚える。今回は名取は、白石の言葉「患者の命には。。。」に、多少反応しながらも、自分が処置したことをさえも話さず、レスキューの倉田の思いにさえも、自己弁護していた。最終的に、少し進化したが、もうちょっと劇的な覚醒を見たくなるんだよね。倉田を支えてきた奥さんに、横峯が諭そうとするとか、何かな~。そういうキャラだからとは言えど、もう少し横峯は進化してると思った。
今回は家族がテーマになってると思うけど、流産で気を病む冴島を支えようとする藤川との関係とか、白石と緋山の彼女に対する関わり方とかいい感じだっただけに、フェローの描き方をどうにかできないのかとは思う。それにしても、いきなり、シェフ緒方を離婚させて、何がしたいんだかよくわからないかな。
8月21日放送分(第6話)
 院内で17歳の高校生の脳死判定の準備が進む。結果次第では、優輔(歸山竜成)に心臓移植のチャンスが巡ってくる。橘(椎名桔平)は経過を静かに見守る。そんな中、藍沢(山下智久)らは荷崩れ事故が起きた冷凍倉庫に飛ぶ。藍沢は運び出された重傷の作業員をその場で治療。フェローの灰谷(成田凌)らは身動きが取れなくなった作業員の処置を冷凍倉庫内で続ける。が、停電が起き、庫内に灰谷らが閉じ込められてしまう。
【感想】
ここに来て、話の内容が、今までとは全く違うものになっていた。今までは、緋山の恋愛の・ようなものを見せたり、藤川と冴島の妊娠流産をドラマチックに見せようとしていたが、今回からはそんなこともあったのか?と思わせるような、仕事オンリーの展開。見事なまでに、5話までで、それまでの展開を収束させ、全く別物の2章の始まりという感じがしないでもない。橘の息子、優輔の話は出てくるのだが、それも仕事に直結してる話だ。それにしても、脳死による移植シーンは、今まで見てきた医療ドラマでは、劇的に描かれていたので、思いもしなかったが、とんでもなくシステマティックなものなんだな。緋山が一枚の紙の中の6行に見える未来のことを語っていたが、それゆえに、書類は大事にしたいというのは、なんとも重い言葉に思えた。私の母の命を救ってもらったのもあり、更に深くたのもあるのかな。彼の命によって、6人の命が、救われる医療の現実、それをキッチリとした仕事で、旅立たせてやろうとする意思は、どこか清々しさを感じさせた。しかし、その裏で橘 啓輔 にとっては、なんとも言えない優先順位2位という現実もあったのだが。
しかし、今回のメインは、フェローの灰谷と横峯の大きな変化だった。灰谷の中に横たわる過去助けられなかった思いと彼の日々の医療の中で、強く育った助けるという欲求の間。彼は、あかりとともに、藍沢の指示を受けてはいたが、思いを花開かせた。その流れもよかった。しかし、藍沢は白石と話す中で自分はそれではいけないことを心のなかで語る。約束を守れな彼は、どういう変化を見せるのか?
それにしても今回は、登場人物の活躍で、先週など、主演である藍沢の存在感がうすすぎたが、かなりバランス良くなったようにみえる。
関連記事


>
2017/08/23 15:24 :Category:【山下智久】コード・ブルー コメント(9)
今日の回は良かった
恋愛要素ゼロ、救命医の活躍もあったし、フェロー達の成長も見られた。
そして、今回のクライマックスは、臓器移植。
脳死判定を受けた高校生からの臓器移植。6人の命が助かるなんて。
待っていた優輔くんに心臓移植のチャンスは残念ながら、こなかったけど。
終わった後、高校生の髪の毛を洗ってあげているシーンは、泣けた。

見終わって余韻が残る回だった。
投稿者: [ 2017/08/21 22:58 ]
シーズン1.2を好きだと3は脚本に納得いかないですよね。
特に冴島さん、緋山先生などの芯の部分がぶれているのが気になるのは私も同じです。

妊娠、流産のくだり必要だったかなあ。
助けられない命もある、と描いてこそのコードブルーだと思うのですが、今シーズンはどうも患者さんの扱いが軽くここまで冴島さんに背負わせなくても…と思ってしまいました。
そしてもうリハビリもしているんだし、料理人は整形外科に転科しなよ、と思ってしまう。恋愛的な部分に割く時間を医療シーンに回してほしい。


ここからは個人あてになる部分もあるので不適切ならコメント自体掲載の是非は管理人さんにお任せします。


藍沢先生はずっとあんな感じなので突然テキパキ話してもおかしいし、所作も話し方もアイドル感はなく藍沢先生だな、と思ったのですが感じ方は人それぞれですね。
ただ芸達者な役者さんも同世代にいて、上司も素晴らしい役者さんで、脚本でも主役の影が薄く作られているのでどうしても藍沢先生の印象薄くなりますよね。もうすこし藍沢先生中心にしてくれたらバランスいいのに。

ちなみに脚本の批判同様に演者に対する私見も悪口でなければそれぞれの感想なので、そっかこんな風に感じるんだ、と面白く見ているので演技の話も私は楽しく見ています。
それこそ他のドラマの感想欄でも演者が批判されていることもありますしね。

好きな人の批判って過敏になりがちですが、おおらかにいろんな意見があるんだ、と楽しめれば一番かと思います。
(ただの悪口は嫌ですが)
投稿者: [ 2017/08/17 22:28 ]
番組の感想
緊急オペカット
ヘリも飛ばないし医療シーンもなく
コードブルーのみせどころが見当たらなくてもったいない。
冴島の妊娠の話だって
今後の事を考えればヘリも乗れなくなるし
必要なかったんじゃないかと・・・

とにかくもっともっとへりをじゃんじゃん飛ばして
医療現場のシーンを増やしてほしい
藍沢先生がヘリに乗り込むシーンが少なすぎて
コードブルの魅力が半減しちゃってます。

嵐ママさん
上から目線での
演技の批判は他でして下さい。
投稿者: [ 2017/08/16 15:44 ]
辛い…
冴島さんの流産は辛かった…3話であんな事があって何もないとは思わなかったけど悲しかった。

藍沢先生と新海先生のオペを見せなかったのは訳があるのか?楽しみにしてたのに残念です。

レスキューの方と名取先生の話しは良かったです!

6話は色々大変そうなので楽しみです。
投稿者: [ 2017/08/16 11:03 ]
脚本、不評ですね~でも、、
脚本の良し悪しでドラマは生かされもするしダメにもなるって決まってますものね。
しかしながら、それでも主役さんは何処かに輝きを持ち続けてほしい。
山下智久くんは、長身で首も長く顔も小さくイケメンとして恵まれているのは確か。
ただいつも思うけど特にこの先生役は喜怒哀楽が表情にでない暗い?静かな役柄で当たり前の演技だろうけど、個人的には?と感じるのは、まず台詞の時口あまり動かずくちびるも動きも少なくかと言って目の演技もないのが気になる。
今回のエレベーター降りて他の先生?との会話の時、立ち姿の所作にも演技はない、こんな何気ないシーンも大切。
(ファンの方には厳しいコメでごめんなさい)
頑張ってはいてくれてるとは思うけど、もっと本当の無になってアイドル意識しない演技でキャストさん達も引っ張っていたら、評価も少し変わったかもしれない、残念です
バラエティの山下くんのほうが自然でとてもいい感じです。

ところで此方の感想欄は殆ど、、先生とか役名で書かれてますが、気になって人大丈夫かな?朝ドラも他ドラマも役名での感想多いけど、管理人様が始めに役名と役者名記載されてるので私は忘れたら見ますので助かります。
投稿者: [ 2017/08/16 10:22 ]
うーん、セカンドシーズンまでが好きだったせいか、回を追うごとにガッカリ感と不満感が増していきます。

元々コードブルーを見ると少し息苦しいくらい真剣に見て、時には助からない命とも深く向き合って成長していくドラマだと思っていたのですが、今回は回を追うごとに内容が薄く中途半端な群像劇と恋愛モードにガッカリきます。


フェローの無責任さと雑談の多さ、手術やヘリのシーンよりも多い恋愛ストーリー、一つずつの事例がぶつ切りでまとまりのない作り、不満は溜まるばかり。

何回にも渡って引き延ばしているピアニストの手術シーンも、
名取先生がどうやって現場で見落として、どんな治療をしたのかもすっ飛ばし。
冴島さんの妊娠、流産や三井先生の子供もどんどん悲劇的にして泣かせようとするあざとさにウンザリ。

浅利さんや戸田さんを始め、演技の上手さに助けられているのと、懐かしさで見続けていますがこの先よくなるのか凄く不安です。
主役の影も薄いなあ。


でもツイッターなどを見ると若い人たちというか、役者さんのファンの方には概ね好評のようで、話はライトにして役者がかっこよく見えたり中高生が食いつきやすい恋愛をちりばめているのかなあ、と思ったり。
コードブルーってもっと厚みのある話だと思っていたんだけどなあ。

批判だらけですが、本当に好きなドラマだったので、どうか次は良くなるようにと願いつつ、なんとか次も見たいと思います。
投稿者: [ 2017/08/15 14:42 ]
冴島さんの流産は悲しかった。
それぞれの友情が良かったです。
何かのテレビ誌にプロデューサーが言ってましたが劇的にフェローの進化はない、直ぐに立派にならないでもほんの少し変化が見られるようにとか書いてありました。

確かにほんの少しですよね。
来週も気になります。
投稿者: [ 2017/08/15 12:25 ]
なんで?流産にしちゃったの!
つわりがあるのは、赤ちゃんが育っている証拠だったのに。
まさかの流産にしちゃうとは。

はるかさんは、前シリーズで愛する人を亡くし、今回は赤ちゃん。
可哀想だろ。ここ泣くとこだよと言われているような作り方。

先週は赤ちゃんなんともなくて、喜んだのに。

命を救うドラマのくせに、なんかイヤだな。たしかに、ヘリあまり飛ばないし。

個人的には藤川先生が好きだな。
いい演技する。

感動していた前シリーズが懐かしいな。
投稿者: [ 2017/08/14 23:34 ]
藍沢先生と新海先生のオペは黒田先生と西条を思わせる感じで凄く見ごたえがありました。
ただ、もっとドクターヘリを飛ばして欲しい感じがします!みんなが走ってヘリに乗る姿好きなんですよね~
来週は新人フェローがどう変わるのか楽しみです!
投稿者: [ 2017/08/08 11:20 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング