Fcastドラマ視聴率感想

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』

【僕たちがやりました視聴率】4話8/7確定 


僕たちがやりました
フジテレビ系毎週火曜 21:00~21:54
窪田正孝が旬の若手キャストと高校生を演じる青春逃亡サスペンス
【スタッフ】
原作:金城宗幸/漫画:荒木光「僕たちがやりました」(講談社)
脚本:徳永友一
監督:新城毅彦 瑠東東一郎
プロデューサー:米田孝 平部隆明 白石裕菜
主題歌:僕たちがやりました/DISH//
【キャスト】
窪田正孝 増渕トビオ 凡下高校2年。もがきながらも自分の生きる道を模索していく。
永野芽郁 蒼川蓮子 トビオの幼なじみ。美人で芯の強い女子高生。
新田真剣佑 市橋哲人 数々の事件を起こしている、矢波高校イチの不良。トビオたちを威圧する。
水川あさみ 立花菜摘 トビオの担任教師。美人で人気はあるが、本性は謎。
三浦翔平 飯室成男 クールで冷酷な刑事。爆破事件の真相に気付き、トビオたちを追う。
古田新太 輪島宗十郎 謎に包まれた裏社会のドン。
【視聴率】
01 7/18【*7.9】関西【10.7】「イタズラのはずが謎の大爆発…青春逃亡サスペンス」
脚本:徳永友一監督:新城毅彦 
02 7/25【*6.5】関西【*9.8】【謎の大爆発…真相は!?いよいよ逃亡開始!】 
脚本:徳永友一監督:新城毅彦
03 8/01【*6.6】関西【】危機! 裏切りと追跡 真犯人は⁉︎
脚本:徳永友一監督:瑠東東一郎
04 8/08【5.8】関西【】爆破事件の真相は…怒涛の新展開でピンチ脱出!?
脚本:徳永友一監督:瑠東東一郎
05 8/15【】「全てを覆す謎の男!すれ違う恋」
脚本:徳永友一監督:新城毅彦


7月18日放送分(第1話)
 今どきの高校生・トビオ(窪田正孝)は仲間と毎日をそれなりに楽しんでいる。気掛かりはトビオが通う凡下高校の生徒を捕まえて暴力の餌食にするヤンキー校・矢波高校の不良グループの存在だ。そんなある日、仲間のマル(葉山奨之)が矢波高の連中にボロボロにされてしまう。黙ってはいられないトビオはマルと伊佐美(間宮祥太朗)、OBのパイセン(今野浩喜)の仲間4人で、いたずら半分にを立てる。
【感想】
正直、一話を見た限りでは何とも言えない。けど、最後の爆破シーンは、派手な感じに仕上がっていて、悪くなかったな。小さい爆破が続いていたので、最後は度肝を抜く爆発が起きるというのは、予想しやすかったが、本当になんでこうなったと言う感じのトビオ、マル、伊佐美、OBのパイセンの顔は良かった。けど、ココにたどり着くまでの過程は、怠惰な学生生活はいまいちどうでもいいだったので、何度も他局に変えようとおもった。今の時代に現実離れしている不良たちと凡下高校の生徒とのいたぶられ続ける関係もイライラしながら見てしまう。特にマルと少年の殴り合いの私闘シーンは、どうにかならなかったのだろうか?こりゃ深夜にやるドラマだなという気はした。それに、マルがあれだけやられたら、治療した医師が警察に届けるでしょとかおもったが、そんなのは関係ないらしい。それを吹き飛ばす展開が最後の爆破だけど、どう考えてもテロ。けど、あの爆破も、やっぱりなんか裏があるのかな?サスガにあれは、素人にはでは仕掛けられないでしょ。何しろ深夜枠でやればいいドラマを、21時台にやらなくてもいい感じはするし、延長しなかったら、もっとテンポが良かったかもしれない。けど、パイセンは、好きだな。あのクズっぷりが気持ちいい。
7月25日放送分(第2話)
 トビオ(窪田正孝)らが爆弾を仕掛けた矢波高校で想定外の大爆発が起き、一同は何が起きたのか分からない。そんな中、トビオは蓮子(永野芽郁)から爆発で不良のリーダー・市橋(新田真剣佑)が死んだと聞き、事態の深刻さに気付く。ニュースで死亡者の増加を知ったトビオは、パイセン(今野浩喜)に相談。パイセンはマル(葉山奨之)と伊佐美(間宮祥太朗)も呼び、1人300万円の口止め料で「なかったことにしてほしい」と切り出す。
【感想】
今回は事件を起こした後のパイセン、マル、伊佐美とトビオで、これからどうするのかという話になったが、そこから延々、自分がどの立ち位置にいるかという話ばかりだったけど、高校生くらいだと周りなんか見えたないし、パイセンは、馬鹿みたいにカネを配るしかないと言うのは、正直、何考えてるのやら?とりあえず、僕がぱいせんなら何も言わずに姿を消すだけだなとか思いながら、見てたけど、パイセンは自分じゃ何も動けないんだな。それに、あの大爆発が起きたのは、プロパンって!なるほど、あの小型爆弾をその近くに仕掛けた奴がいるのか?それが誰かと言うのは気になるけど、あいつなのか?
これからどうなるのか?2話は、グダグダ、どうするのかを話し合うだけで、イマイチのような気もするが、これからの逃亡展開には興味が出てきたかな。リアルな高校生なら、どうするのか?そこから彼らが変化するのか?ちょっと楽しみかな?そういえば、警察とととに、市橋も追ってなんだな。こいつの動きにも興味があるが、今はあまり本筋と関係する繋がっては見えない裏社会は、どうこの事件と関係があるのか気になるところだ。
8月1日放送分(第3話)
トビオ(窪田正孝)と合流する直前、パイセン(今野浩喜)が逮捕されてしまう。途方に暮れるトビオに、音信不通だったマル(葉山奨之)から連絡が。一人で生きていくつもりだったマルだが、パイセンのニュースを見て不安になったらしい。トビオとマルは行動を共にすることに。一方、複数犯との情報を得た所轄刑事の飯室(三浦翔平)らはパイセンを問い詰める。そして大けがを負った市橋(新田真剣佑)はトビオらを捜していて…。
【感想】
ついに、トビオがこの事件が巨大化したプロパン爆破の事実に気づきだした。まあ、どうしてあんなに事件が大きくなったのか?なんで考えなかったのか?不思議だったけど、彼らを見てると納得だな。トビオはマルに馬鹿みたいに金を取られてしまうし、まさか隠していた100万も、あんなバカげたところに隠してるなんて、取ってくれって言ってるようなもんだろう!この能力値の高校生たちの逃亡劇が、だんだんリアルに感じてきたところは興味深い。なにしろ、仲間と思っていたマルに、金も取られ、身動きも取れなくなってきたところに、伊佐美都の再会で、希望が見えた来たと思ったら、市橋が迫ってくるのか~。こりゃ展開は面白くなってきた。2話とは大違いで、展開にスピード感が感じれる!それにしても、盗人マルは、どうなるのかな?彼の動きも気になるし、パイセンは!動き出しそうな4人の男たちと、追う警察と市橋!この攻防は期待したくなってきた。
8月8日放送分(第4話)
 市橋(新田真剣佑)らからなんとか逃げ出したトビオ(窪田正孝)だが、帰宅もできず途方に暮れる。蓮子(永野芽郁)はトビオを疑っている様子の飯室(三浦翔平)ら警察について、学校で菜摘(水川あさみ)に相談。そこへ、市橋らがトビオを捜しているという知らせが入り、ますますトビオを心配する。同じ頃、マル(葉山奨之)はキャバクラで豪遊。伊佐美(間宮祥太朗)と合流したトビオは矢波高校教師・熊野(森田甘路)が真犯人だと疑い…。
【感想】
今のところ子のドラマの中で一番のワルといえば、マルだったりするが、彼がトビオからだまし取った金を含めて、自分の所持金がなくなったからと言って、次にターゲットにしようとしているのが伊佐美なのか。完全に金の亡者でしかない彼に、天罰が当たって欲しいと思うのは、僕だけではないと思うが、それよりも驚いた仕掛けは、たぶん、黎の人物が繰り出したと思えるパイセンの替え玉の登場だったかな。あの動画によって警察に追い込まれているパイセンに代わって、登場した人物は、どんな展開を生む出すのか面白くなってきた。そんな中、ヤング師匠について行こうとしたトビオは、夜中の彼の狼っぷりの豹変には、戸惑ってるところが楽しい。けど、ヤング先輩って、桐山漣さんだったとは気づかなかった。ありゃ高校生のトビオには最大の恐怖かも!それにしても、矢波高校教師・熊野ってもの、盗撮魔だったとは!果たして、プロパンを爆破させた真の犯人はパイセンだったのかも気にかかる。僕的にはココに来て俄然面白くなってきた。追手として、市橋と蓮子がコンビを組んで本格参戦と興味は尽きない。
関連記事


>
2017/08/15 08:12 :Category:【窪田正孝】 僕たちがやりました 4号警備 コメント(0)
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング