Fcastドラマ視聴率まとめ

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』
視聴率記事更新日:放送日時 番組タイトル

【過保護のカホコ視聴率】第3話7/26最高値 

Family Song (初回限定盤)
Family Song (初回限定盤)
posted with amazlet at 17.07.11
星野 源
ビクターエンタテインメント (2017-08-16)
売り上げランキング: 9

過保護のカホコ
日本テレビ系毎週水曜 22:00~23:00
カホコ(高畑)は、母(黒木)と父(時任)の愛の元何の苦労も知らずに育った「超箱入り娘」辛い境遇の苦学生の初(竹内)との出会いが、カホコと家族の人生を変えていく。
【スタッフ】
脚本:遊川和彦
演出:南雲聖一 日暮謙 伊藤彰記 明石広人
プロデューサー:西憲彦 大平太 田上リサ
主題歌:Family Song/星野源
【キャスト】
高畑充希 根本加穂子 就職活動中の女子大生。両親に溺愛されて過保護に育てられた根本家の一人娘。
黒木瞳 根本泉 加穂子の母。娘以外に関心がなく、何でも娘と一緒。無類の潔癖性。
竹内涼真 麦野初 加穂子と同じ学校に通う大学生。親に捨てられて養護施設で育ち、本当は優しい。
時任三郎 根本正高 加穂子の父。大手生命保険会社に勤務。過保護に育った娘の将来を案じる。
久保田紗友、三田佳子、 佐藤二朗、 西岡徳馬、 平泉成
【視聴率】
01 7/12【11.6】
脚本:遊川和彦 演出:南雲聖一
02 7/19【10.8】初めての悪意
脚本:遊川和彦 演出:南雲聖一
03 7/26【12.0】「怒り」
脚本:遊川和彦 演出:日暮謙


7月12日放送分(第1話)
 大学4年生のカホコ(高畑充希)は、娘以外に関心のない母・泉(黒木瞳)、娘に嫌われたくない父・正高(時任三郎)をはじめ親類縁者から超過保護に愛されて育ってきた。そして、現在は泉と二人三脚で就職活動中だが内定はゼロ。そんなカホコに同級生の初(竹内涼真)は「おまえみたいな過保護がいるから日本は駄目になるんだ」と言い放つ。後日、泉の実家で開かれたカホコの誕生パーティーに、宅配ピザの配達員として初が現れて…。
【感想】
遊川和彦氏の作品ということで、どんな仕掛けがあるのかなと思ったが、母親に過保護に育てられた女の子が、普通に生活している。それを父が、ココロの中で、そんな母親と娘の動きに、ツッコミを入れまくリたくなる気持ちはわかるな~。けど、消して声に出すことはできない。一度声にしてしまうと、母親からの妊娠した時の苦労を言われると、もう男のみからは何も言えないよ!そんな経験もあるから母親にとっては、我が分身で、過保護にしてしまうんだな。そんな彼女が、一人の男性と知り合うことで、激変していく。カホコに同級生の初は、自分が絵で成功を夢見ながらもうまくいかないので、純粋培養で育ったカホコを、思いのままに、自分おバイトの手伝いをさせるけど、働いたことのない彼女は大苦戦していく中で、働くこととは何かを掴んでいく。その行程は、どこか根性物のようにも見えるが、彼女は、ただ一心に働くだけなんだよね。その姿を見ていると探春に応援したくなる。そんな、カホコを見ながら、初も何かを感じていくというストーリーはどこか優しく、楽しい。そんな彼女は、一新に働いたことで、本当の飯の旨さを感じるというのは、直球なドラマという感じはしたな。
そして疲れ切った彼女が起きたときに、目を輝かせながら、働くことの意義を口にする。一気に変わったカホコは、どんな社会人としての第一歩を歩み出すのか?思っていた以上に、気になるドラマになるのかもしれないという気はしてきた。
7月19日放送分(第2話) 
カホコ(高畑充希)は、‘人を幸せにできる仕事’をしたいが、具体的な職種が浮かばない。泉(黒木瞳)は専業主婦を勧めるが、カホコは自ら正高(時任三郎)、叔父の衛(佐藤二朗)と厚司(夙川アトム)の職場を見学。祖母・多枝(梅沢昌代)や叔母・教子(濱田マリ)にも助言され、混乱するカホコに、初(竹内涼真)はある本を読むよう提案する。そんな中、チェロ奏者を目指すいとこ・イト(久保田紗友)の留学を懸けたコンクールが迫る。
【感想】
‘人を幸せにできる仕事’が何なのか?そして自分にそんな仕事ができるのか?自分なりに答えを出してみようとするカホコだったけど。、彼女が選んだ仕事をことごとく、否定し続ける泉。泉にとって、カホコしか関心がないという設定みたいなので、彼女も自分にしか興味のない子供に仕立て上げたいのか?とかおもったりもした。父である正高も嫉妬してしてしまうほどの濃ゆすぎる関係だったが、そんな二人の中に、初という泉にとっては天敵のような価値を届ける男の存在が今回さらに大きくなっている。今の時点で、カホコに影響を与えている存在に取って代わりつつある。泉の純粋培養だった娘は、泉にとってはとんでもないバイキンとしか思えない初との戦いが、興味を引く。そんな中、カホコにとっては、ある意味自分と同質だと思っていた糸という存在が、チェロの練習のし過ぎで、手が使い物にならなくなるという悲劇を抱えた事をしる。そしてその事実は、発表会で公にされるけど、糸の黒い部分を知るきっかけになってるところは見逃せない。糸のためという思いは、千羽鶴に思いを込めたのかもしれないが、彼女には伝わらず、暴言をはかれてしまう。このショックは、カホコと初の関係を、あらに深めることになりそうで、面白い展開が待ってそう。カホコの恋に進展するのかが、興味を引く。どんどん、オンナとなって、泉のと遠い存在になっていくのを、彼女はどう対処していくのか?傍観者にしか見えない父は、妻と娘をどう引き寄せるのか?ある意味パワーゲーム?どんどん仕掛けが面白くなっていく感じはした第2話だった。
7月26日放送分(第3話)
 カホコ(高畑充希)は泉(黒木瞳)に、初(竹内涼真)とはもう会うなと言われる。それでも、大学のアトリエを訪ね、初に彼女がいないことを確認して一安心するカホコ。だが、好みのタイプは自分とは正反対だった。一方、初はカホコに好きな人ができたと察するが、それが自分だとは気付かない。そんな初を、カホコはイト(久保田紗友)の見舞いに誘う。カホコの‘初恋’を知った叔母の環(中島ひろ子)は勇気を出して告白するよう促す。
【感想】
カホコ!‘人を幸せにできる仕事’はどうするんだとツッコみたくもなった3話だが、彼女の今まで母に酔って遅らせられていた恋愛感覚は、ついに麦野初という男性で、開花した!そして彼と会うことを制限していた母親に、牙を剥く日が来るなんて、彼女にとっては驚き以外の何物でもないのだろうか?女性の支配欲の強さには、僕の母を通して、驚くことがあるが、その度ごとにきっちり反発してきたつもりではあるが、それでも、おっさんになった僕ら兄弟をコントロールしようとするもんな。けど、カホコは、大学生を卒業しようとする年齢まで、そんな反発をすることもなく、ココに来て遅れた反抗期を実行すると、無我夢中で、反発するしかないんだろうな。自分に生まれてきた感情を、抑えられない戸惑いの中で、それでも、反抗しないとわたしはどうにもならないと、怒りに任せて、行動するカホコが、愛おしく見える。
イトに初を紹介したりしてるのは、カホコ的にはどんな感じなのかな?僕は女性でないのでよくわからないが、自分の愛する人を知ってもらいたいという思いもあったりするのかな?それとも、純粋に、わたしを目覚めさせてくれた初を見てほしかったのか?それとも他に?なんだか気になる。勇気を出して、初恋を告白し、母親にも反発するという大きな彼女の過保護からの転換期を、どうやって乗り切るのか?これからも期待だ。それにしても良くできたドラマだな。
関連記事


>
2017/07/27 10:18 :Category:【高畑充希】過保護のカホコ コメント(6)
気になる~♪
麦野くんとカホコさんの身長差いいですねー♪ 何とも可愛らしい!
2人の仲を応援したいけど…イトちゃんも麦野くんの事 好きになっちゃうのかな~
気になる恋の行方・・
母に言い返した時は よくやった!って思ったけど…飛び出して行った娘を…自分のテリトリーから脱皮しようとする愛娘に戸惑う姿はちょっとジーンときました
母親目線になってしまいましたね!
父親の反撃は??ですが まぁ楽しみ♪
1話からカホコが全力で走るとこ大好き‼
未知なるの可能性を感じちゃうな♪
投稿者: [ 2017/08/02 09:32 ]
ついに踏み出したの?
自分の事ではなく、麦野君のことを悪くいうことは許せない。初めてママに怒鳴ったあと、麦野君のところへ一生懸命駆けていくカホコに、思わず告白してしまい、またダッシュで家までかけ戻る。切なかった。初恋ですものね。これからの恋の行方がちょっと心配です。次週の予告では、ついにパパが?いつもの妄想でしょうか?見終わったあと、それぞれの人達の気持ちを考えてしまいます。
投稿者: [ 2017/07/27 15:04 ]
初めての試練かな
イトちゃんに容赦なく言われてしまった。人生初の事で、壊れてしまうかと思ったけど、やはり「麦野君」が救ってくれて。おもいっきり泣ける程信じている人がいるのはいいものだなぁ。イトちゃんも1人泣いてて、切ない。来週は、ついに「カホコ」が麦野君の事で感情をあらわにするのか。純粋さにいとおしく、優しい気持ちになってしまいました。
投稿者: [ 2017/07/19 23:24 ]
カホコさん♪
前半はそんなのナイナイと突込みながら観てましたが…後半 どんな仕事にも一生懸命で
汗だくな彼女を観ていると爆笑しながらも応援したくなる!
お母さんの言動はちょっと暗くなっちゃうけど 竹内くんのライトな感じはホッとできるかな
過保護もあれば無関心もあれば…難しいね
出会いも仕事もいろいろ経験して…無駄じゃなかったなって思えるといいな~
高畑さんのどうして?のぱちくりオメメが
面白い!
これから成長していく様子が楽しみかな‼
投稿者: [ 2017/07/16 18:29 ]
いいかも❗
タイトルからして「うーん?」と思いながらも見始めたら、結局最後まで。どのように過保護から進歩していくのか、興味深い。カホコが変わっていく事で、周りの人達も大いに影響を受けるんだね。それも良いほうに。期待していなかったけど、楽しみです。星野源さんの曲もいい感じ!久しぶりに連ドラ見るかも。
投稿者: [ 2017/07/13 15:18 ]
う~ん  これは
遊川さんの脚本だったか。
ちょっとリタイアかも。

カホコ、天真爛漫なピュアなお嬢ちゃんかと思ったら、オツムの弱い子にしか見えなくて、その母も「挫折を味あわせたくない」ときた。

かわいい子だからこそ、若いうちに苦労や挫折を味わえ!と思っている私には、嫌いなタイプの母親。
ご主人を蔑ろにして、娘しか目に映ってないのもね。
過保護はいいけど、過干渉にはならないでね。

カホコの可愛らしさが、初回見ただけではわからなかったけど、ちょっと引いてしまう位、めんどくさ感がある。

久しぶりの時任三朗さん。
笑顔は昔のままですね。
投稿者: [ 2017/07/13 10:48 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング