Fcastドラマ視聴率感想

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』

【脳にスマホが埋められた視聴率】7話8/17UP  

脳にスマホが埋められた!
日本テレビ系毎週木曜 23:59~24:54
人気放送作家・鈴木おさむが送る奇想天外なSFヒューマンストーリー!他人のメッセージを見られる“脳内スマホ人間”になった主人公・折茂圭太(伊藤淳史)の運命は…?
【スタッフ】
企画:鈴木おさむ
脚本:森ハヤシ
演出:筧昌也 根本和政
プロデューサー:田中雅博 遠田孝一 伊藤達哉 椋尾由希子
主題歌:U/三浦大知
【キャスト】
伊藤淳史 折茂圭太 アパレル会社「エグザルトン」の総務課勤務。生真面目でお人よし、気が弱い。
新川優愛 石野柳子 アパレル会社「エグザルトン」の契約パタンナー。圭太に脳内スマホの使い方を教える。
安藤なつ 安田部々香 アパレル会社「エグザルトン」の契約パタンナー。柳子が心を許す数少ない人物。
岸谷五朗 黒部仁 アパレル会社「エグザルトン」の代表取締役社長。一代で会社を大企業にした。
【視聴率】
01 7/06【3.7】
【脚本】森ハヤシ 演出:筧昌也
02 7/13【3.8】
【脚本】森ハヤシ 演出:筧昌也
03 7/20【4.2】
【脚本】森ハヤシ 【演出】根本和政
04 7/27【3.0】
【脚本】長谷川徹【演出】根本和政
05 8/03【3.7】
【脚本】森ハヤシ 【演出】坂本栄隆
06 8/10【2.9】
【脚本】 長谷川徹 筧昌也【演出】筧昌也
07 8/17【3.0】【海外有名デザイナーと危ない逃避行】
【脚本】 山田能龍【演出】根本和政
08 8/24【3.6】
【脚本】森ハヤシ 演出:筧昌也
09 9/31【4.2】
【脚本】 山田能龍【演出】坂本栄隆


7月6日放送分(第1話)
アパレル会社勤務の圭太(伊藤淳史)は、リストラの対象となり、希望退職を迫られる。だが、バツイチの圭太は娘の養育費のため会社を辞めたくない。悩む圭太がジョギング中に流れ星が襲来。その後、自宅で目覚め、いつも通り会社に向かった圭太だが、なぜか他人のスマートフォン(スマホ)の画面が見えるようになっていた。そんな圭太の異変に、「脳内スマホ人間」を捜す会社の契約パタンナー・柳子(新川優愛)が気付く。
感想
人はいろんな思惑を持って生きている。そんな思惑や謀は、現代の人間は、スマホの中に隠しているが故に、スマホの中身が見える人間になったら、どうなるのか?なんて、藤子不二雄F先生的に、すこし不思議な話だけど、意外と人間味が溢れ、面白い話に仕上がってるとは思った。今回の話は、仲がいい仕事上の先輩だと思っていた人が裏では、自分を退職に追い込もうとしているという話だったが、それをスマホ人間の能力で知ってしまうというなかなか悩ましい話だった。主人公圭太は、養育費があるために仕事を失いたくないのだが、追い込まれていく中で、契約パタンナー・柳子が助言して、その罠と戦う方法を、スマホ人間圭太に伝授するのだが、圭太の優しさは、ズバリ直球勝負で戦うことだった。会社なんて、やるかやられるか?だとは思うけど、圭太がこういう判断で、困難を乗り越えようとするのは物語的には嫌いじゃない。もうちょっと見てみようかなとは思ったかな。柳子の社長に対する思惑も気になることろだしね。
 圭太(伊藤淳史)は「脳内スマホ人間」に興味津々の柳子(新川優愛)と、他人のメッセージがのぞける能力の範囲を一緒に検証する。が、スマートフォン自体に慣れない圭太は積極的になれない。すると柳子は、脳内スマホの力を使って傲慢(ごうまん)な社長・黒部(岸谷五朗)に復讐したいと話す。柳子に逆らえず引き受けた圭太は、社内で黒部に近い人間を捜し、元後輩でプレスの美羽(相楽樹)に黒部の愛人だという噂があることを知る。
7月13日放送分のあらすじ(第2話) 
圭太(伊藤淳史)は「脳内スマホ人間」に興味津々の柳子(新川優愛)と、他人のメッセージがのぞける能力の範囲を一緒に検証する。が、スマートフォン自体に慣れない圭太は積極的になれない。すると柳子は、脳内スマホの力を使って傲慢(ごうまん)な社長・黒部(岸谷五朗)に復讐したいと話す。柳子に逆らえず引き受けた圭太は、社内で黒部に近い人間を捜し、元後輩でプレスの美羽(相楽樹)に黒部の愛人だという噂があることを知る。

7月20日放送分(第3話)
「脳内スマホ」の操作に慣れてきた圭太(伊藤淳史)に、柳子(新川優愛)は正体が露見したら実験材料にされると忠告。ところが圭太は早速、部々香(安藤なつ)に「スマホ人間」と見破られ、総務課所属の人気マラソン選手・本吉(秋元才加)が久しぶりに出社するからサインをもらってこいと要求される。しぶしぶ本吉に接近した圭太だが、SNSで彼女が「死にたい」とつぶやいていると知り、彼女が抱えている問題を調べることにする。

7月27日放送分(第4話)
 ある日、圭太(伊藤淳史)は黒部(岸谷五朗)に呼び出され、店長・柏木(遠藤雄弥)のパワーハラスメントを訴える内部告発の真偽を調査するよう命じられる。元部下である柏木を信じる圭太は疑いを晴らそうと決意。一方、圭太から話を聞いた柳子(新川優愛)と部々香(安藤なつ)は潜入捜査だと面白がる。そんな中、柏木が店長を務める店へ、販売応援の名目で蜂谷(野村麻純)ら3人で向かった圭太は、店員の森脇(水田航生)と柏木の対立を知る。

8月3日放送分(第5話)
 黒部(岸谷五朗)がタブレットPCを使い始めたと知った柳子(新川優愛)は、圭太(伊藤淳史)に復讐するチャンスだと迫る。だが、人間不信の圭太はずっと脳内スマホの電源を切っていて、柳子への協力も断る。怒って別のスマホ人間を捜し始めた柳子は、能力を使って小悪党を成敗しているという安達(佐藤寛太)と出会い、黒部に復讐したいと相談する。一方、柳子が新たなスマホ人間を見つけたと知った圭太は複雑な気持ちになる。

8月10日放送分(第6話)
 圭太(伊藤淳史)は娘・愛花(高嶋琴羽)の勧めで婚活アプリをダウンロードして以来、迷惑メールに悩まされ、「脳内スマホ」の電源も切れなくなる。総務課では、婚活アプリで公務員・会沢(東根作寿英)と出会ったという蜂谷(野村麻純)が、彼の人となりを見てほしいと臼田(ぼくもとさきこ)に頼む。その後、臼田は蜂谷に内緒で会沢と連絡を取り合うようになり、そのことを知った圭太は、臼田がだまされているのではと疑う。
8月17日放送分(第7話)
折茂圭太(伊藤淳史)の勤める『エグザルトン』と、海外ブランドのカリスマデザイナー、フローラ・キャンベル(シャーロット・ケイト・フォックス)が、コラボ契約を結ぶことになった。しかし、黒部社長(岸谷五朗)が契約を心待ちにしている中、来日したフローラは空港から逃亡してしまう… そんな折、何も知らない圭太は、偶然、ふさぎ込むフローラと出会い、二人で東京見学に向かうが、フローラの行方を探す男達が迫ってきて…

8月24日放送分(第8話)
 栗山(篠田麻里子)と不倫中の小堀(戸田昌宏)が妻・加代(MEGUMI)に家を閉め出され、圭太(伊藤淳史)の住むシェアハウスに転がり込んだ。小堀のスマホにはGPS機能が付けられ、それで不倫がばれたらしい。話を聞いた柳子(新川優愛)は不倫をやめるよう忠告するが、翌日圭太がスマホをのぞくと小堀は別れる気がない様子。そんな中、加代がはさみを手に総務課に乗り込む。
8月31日放送分(第9話)
 圭太(伊藤淳史)は社長秘書の藤木(西丸優子)から、黒部(岸谷五朗)が3年ごとに秘書を交替する主義で、その時期が迫っていることを聞く。藤木に同情する圭太だが、柳子(新川優愛)は黒部の裏情報を藤木から聞くチャンスだと燃える。そんな中、社長室に元‘女子大生起業家’の朝比奈(高月彩良)が、秘書見習として配属される。一方、黒部に有給休暇を取らされた藤木は、自社製品の横流しの事実を知り、圭太に調査を依頼する。
関連記事


>
2017/09/01 16:13 :Category:【伊藤淳史】 コメント(0)
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング