Fcastドラマ視聴率まとめ

国内ドラマ視聴率·キャスト情報·感想·評価・評判など。個別スポーツ、バラエティ視聴率も速報更新。コメント大歓迎!検索は『fcast』

【母になる 視聴率3】最終回は上昇! 

母になる Blu-ray BOX
母になる Blu-ray BOX
posted with amazlet at 17.06.14
バップ (2017-10-11)
売り上げランキング: 993

母になる|日本テレビ
3歳の春、愛する息子が誘拐された。そして9年後、13歳になった息子が現れる。空白の9年間を埋められるだろうか?子供にとって母親とは何か?家族とは?を問う物語。
【キャスト】
柏崎結衣 沢尻エリカ 3歳の息子を誘拐され、その後、夫とも別れて一人でひっそりと暮らしている
門倉麻子 小池栄子 誘拐した子供に母として慕われる女性
西原莉沙子 板谷由夏結衣のママ友 母親を続けているけど今のままでいいのかと考える女性
柏崎陽一 藤木直人 人工知能の研究をしている大学の准教授だったが、事件後はひきこもっている
柏崎里恵 風吹ジュン 陽一の母
西原太治 浅野和之 東欧大学理工学部教授
木野愁平 中島裕翔 児童福祉司
高橋メアリージュン
【スタッフ】
【脚本】 水橋文美江
【チーフプロデューサー】 西憲彦
【プロデューサー 】 櫨山裕子 秋元孝之
【演出 】 中島悟 他
【制作協力】 オフィスクレッシェンド
【視聴率】
01 4/12【10.6】わが子が誘拐…涙の再会で始まる親子の愛しい絆
【演出 】 中島悟 
02 4/19【10.7】愛しいわが子と再び暮らせる!育てた母が送った衝撃の手紙
演出  中島悟
03 4/26【*9.3】届かぬ想い…わが子の嘘に母はどうする?育てた女と直接対決
演出 中島悟
04 5/03【*7.9】弁当捨てるわが子の心見えない…育ての母の再出発
演出 中島悟
05 5/10【*8.3】わが子の意外な返信メール…産んでくれた意味を探す旅の答え
演出 丸山俊平
06 5/17【*9.5】この子を育てる!母になれなかった女の壮絶な告白
演出 中島悟
07 5/24【7.9】究極のわが子への愛とは?生み育てふたりの母親ついに直接対決
演出 丸山俊平
08 5/31【9.2】子育てはやり直せる…新たな強敵登場に2人の母が一致団結!
演出 中島悟
09 6/07【8.4】わが子の恋に母ふたり七転八倒 息子のケジメは意外なサヨナラ
演出 丸谷俊平
10 6/14【9.7】女たち決着と別れ…結衣がたどりつく母親の幸せ
演出 中嶋悟

5月31日放送分(第8話)
 広(道枝駿佑)が、麻子(小池栄子)と暮らしていたアパート近くのお好み焼き店の女性のことを、厳しくて優しかったと懐かしむ。そんな中、結衣(沢尻エリカ)に突然、麻子から電話が。2年前の罪の件を、広には話さないでくれと言われた結衣は、どうすべきかと愁平(中島裕翔)に相談。一方、ジャーナリストの沢登(森田甘路)に会うことにした麻子は、直前まで沢登と一緒だった愛美(大塚寧々)の言葉が気になり、とっさに尾行する。
感想
愛美の話を聞いていると、うちの母親が置かれていた状況を想像してしまう。うちの父親が亡くなって、母は子供3人を育てなくてはいけない状況になったが、母の父である祖父が実家に引き寄せ、色々と支えてくれたから、もしかしたら愛美みたいな状況にならないでよかったのかもしれないと思わずにはいられない。彼女にも支えてくれる誰かがいたら、あんな母親になることはなく、彼女の息子にも不幸は起こらなかったのかもしれないと考えてしまう。その後も、彼女の再婚は、彼女の支えにはならなかった。あの汚部屋に住んでいた少年を、愁平が救ったのは良かった。これでもしかしたら、公が愛美を支え、親子になれるのかもしれないと思えた。結衣は、なぜに麻子と会って話そうとするのか?物語を作るために必要かもしれないが、どうもよくわからない。不自然かな。まあ、あまりにも優秀な広が、今の状況を受け入れてしまっているので、話が続かないのがあるかもしれないが、無理やり物語を伸ばしているようにしか感じれらないところがこのドラマの問題かな。もっと、母と息子のバトルとかあるのかと思ってたけど、違うしね。
6月7日放送分(第9話)
広が学校をサボり女子高生の桃と一緒にいた事を知り、ショックを受ける結衣。それを知った里恵は家族会議を開く事を決め、広に関わる人々を集める。そんな中、広は桃を花火大会に誘う。心配する結衣は麻子に思わず連絡してしまう。麻子は働き口を見つけ、東京を離れると告げ、お互い連絡先を消去する約束をする。陽一は広の恋を微笑ましく見守っていたが、約束の時間に帰ってこなかった広に、厳しい父親の顔を見せる。
感想
なんだか、いきなり、息子の恋愛と向き合う母親という感じのドラマになったけど、なんだか雰囲気はポップで、ゆるい感じになったというのが印象の話だった。今までは、産んだ母親結衣と育てた母親麻子の戦いなどあったのに、もう二度と会わないと結衣入っていたのに、広に何かあったら、すぐに、麻子に電話をかけて、会おうとする結衣に違和感しかなかったけど、どうしてこうなったのか?演じてる結衣の沢尻さんも困惑しなかったのかな?もう広が完全に柏崎の家族の中に取り込まれているのに、しっかり柏崎陽一と広は親子になってるのに、この二人の母親の関係だけが、宙ぶらりんだった。家族会議に、関係した人を呼ぶのなら、ナウ先輩とか呼んでほしいよ!彼は、そう登場した開けではないが、彼の捨て身の母との再会が、広に及ぼした影響は計り知れない。
最終回を前に、小休止と言った感じの話だが、最終回はどうなるのか?しっかりとしたドラマを作って欲しいとは思った。
追記
それにしても、西原莉沙子って言う母親の存在感って、なんだったんだろうか?本筋とは全く関係ないところであたふたしたようにしか見えない。それに、麻子を結衣は、あのバスを探してどうしようとしていたのかな?本当に、ここに来て、よくわからないドラマになったな~と思わずにはいられない
6月14日放送分(第10話)最終回
麻子が東京を去り、結衣は気持ちを切り替えると宣言。そんな中、莉沙子は長期出張を断った事を繭と太治に言い出せずにいた。繭は自分の為に仕事を断ったと察し、会社に直談判をしに行く。一方、麻子への気持ちに決着を付けられずにいた結衣は、広のマラソン大会のお知らせを麻子に送ってしまう。広は桃に彼氏がいる事を知り、意気消沈。マラソン大会には誰も応援に来ないで欲しいと言い出し、再び家族会議が開かれる事に・・・
感想
最終回、シーンとしてよかったのは、ナウ先輩が再登場してくれたところかな。広と二人で、復讐という言葉を使いながら、過去との決別をしたところは、なんとなくスッキリした。そして、麻子と結衣が再会し、色々言いたい思いを思いっきり吐き出して、その先に、どこか互いを認めあうところも嫌いじゃない。しかし、これらシーンは8話で描いてもいいシーンで、正直言うと、その段階で終わってもいいドラマだった。ラスト2話のエピソードで、広と結衣の関係は、完全に親子というい感じだったし、もっと距離感があって、次第に、親子になっていく感覚が欲しかったかも。それにしても、西原莉沙子 という母親の話は、本当にゆるい普通の親子の話で、これだけ描く必要などないかな。このドラマに、ミスマッチな3人の家族の物語だった。まだ、ナウ先輩と母親の話を見たほうが良かった。できれば、西原莉沙子がナウ先輩の母親だったら、良かったのに!この二人の葛藤なら見てみたいとは思ったかな。せめてラスト2話は、他の母子の過酷な運命を見ながら、結衣と広がどんどん母娘になっていくの仲良かったのに、やっぱり最終回、結末を描くのは難しいね~。
関連記事

>
2017/06/15 10:22 :Category:【沢尻エリカ】母になる コメント(0)
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
最近のコメント★歓迎!
データ取得中...
アクセスサイトランキング
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
スマホ、タブレット QR
QR
カテゴリ Category
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング