Fcastドラマ視聴率まとめ

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』
視聴率記事更新日:放送日時 番組タイトル

【遺留捜査2017視聴率】 第4話 

遺留捜査3 DVD-BOX
遺留捜査3 DVD-BOX
posted with amazlet at 17.05.30
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) (2013-10-11)
売り上げランキング: 44,423

木曜ミステリー 遺留捜査
2017年7月スタート! 毎週木曜  よる20:00~放送
この夏、人気シリーズ『遺留捜査』が帰ってくる!舞台を京都に移し、上川隆也が、2年ぶりに風変わり刑事・糸村を熱演!
【登場人物】
糸村 聡 上川隆也 京都府警捜査一課特別捜査対策室。“遺留品”や”被害品”をもとに事件を徹底的に追い詰める刑事。
神崎莉緒 栗山千明 京都府警捜査一課特別捜査対策室刑事。糸村とバディを組む。
佐倉路花 戸田恵子 京都府警捜査一課特別捜査対策室刑事。処世術や人間観察力に長けている。
雨宮 宏 永井大 京都府警捜査一課特別捜査対策室刑事。明朗快活で人当たりがよい。
高瀬信彦 和泉崇司 京都府警捜査一課特別捜査対策室刑事。チームに抜擢される。
滝沢綾子 宮﨑香蓮 京都府警の科捜研研究員。
村木繁 甲本雅裕 糸村と腐れ縁の警視庁科学捜査研究所係官。
桧山亘 段田安則 京都府警捜査一課特別捜査対策室室長。京都出身。
【スタッフ】
【ゼネラルプロデューサー】三輪祐見子(テレビ朝日)
【チーフプロデューサー】佐藤凉一(テレビ朝日)
【プロデューサー】藤崎絵三(テレビ朝日)、丸山真哉(東映)
【脚本】大石哲也、森下直、ほか
【音楽】𠮷川清之
【演出】兼﨑涼介、長谷川康、濱 龍也、ほか
【視聴率】
01 7/13【13.1】関西【】あの風変わりな刑事が帰ってきた!!神戸港クルーズ船爆破事件!!海上の密室に100人の人質!?燃えかすの和紙が語る3分の涙!!
伊東四朗、財前直見、南沢奈央、升毅、野村宏伸、東根作寿英、新納敏正、金剛地武志、堀内正美 
◇脚本 大石哲也◇監督 兼崎涼介
02 7/20【*8.8】関西【】殺人犯脱走!狙われた母子…奇妙な胸が語る天才将棋少年の謎
酒井若菜、近藤公園、寺田心、大河内浩、井田國彦、山田アキラ、大脇あかね ほか
◇脚本 大石哲也◇監督 長谷川康
03 7/27【10.9】関西【】爆破3分前!!焦げたやじろべえに死んだ妻の秘密!?
◇脚本 森下直◇監督 長谷川康
平岳大、袴田吉彦、下條アトム、陽月華、内田慈、松井紀美江、相沢美紗樹、今西彩、福嶋千明、吉澤智美、内山森彦、雪代敬子 ほか
04 8/03【10.8】ちぎれたネックレスに謎!?母の嘘を信じた男!!
◇脚本 森下直◇監督 濱龍也
ゲスト 辻本祐樹、団時朗、立石涼子、小久保丈二、安藤玉恵、生島勇輝、岡村いずみ、金重陽平、上西雄大、中川晴樹、山本悠央、徳竹未夏 ほか
05 8/10【10.1】
◇脚本 大石哲也◇監督 匂坂力祥
ゲスト 多岐川裕美、升毅、山中崇、伊東孝明、吉谷彩子、河西健司、伊庭剛、中村彩実、窪田弘和、松本和真 ほか
06 8/17【】


01
神戸港を周遊する遊覧船が爆破され、乗員乗客が人質になる事件が発生。身代金2億円が運航会社の黒沢興産に要求され、京都府警・特別捜査対策室、通称“特対"が動き出した。メンバーの神崎莉緒(栗山千明)も、現場へと急行する。一方で、休暇中の刑事・糸村聡(上川隆也)が、偶然にもその船に乗り合わせていた!糸村はその爆発現場で燃えかけの和紙を拾う…。人質の解放後、糸村は莉緒に遺留品の鑑定を依頼するのだが…!?まもなく事件の指揮を任された特対の室長・桧山亘(段田安則)は、遊覧船に乗っていた議員・長部麗子(財前直見)と黒沢興産の間に、知られざる繋がりがあるのではと睨む。特対刑事の佐倉路花(戸田恵子)や雨宮宏(永井大)らが、彼女らの周辺を探り出すことに。一方の糸村は、例によって遺留品の和紙のことばかりを調べている始末だったが、その線で辿りついた人物が、なんと黒沢興産の創業者である黒沢恒之助(伊東四朗)で…!?
02
放火殺人容疑で逮捕された赤木(近藤公園)が所轄署から逃走。翌朝、会社員・坂田の刺殺体が発見される。現場には1枚の将棋の駒…一部が焦げ、血痕が付着。しかも表は“銀"なのに裏が“角"!?駒と衣服から赤木の指紋が検出され、かつ坂田が放火殺人の目撃証人だったことが判明。赤木の報復か!?もう1人の目撃証人・西崎みちる(酒井若菜)の身を案じ接触する糸村だったが、みちるの息子・優太(寺田心)の将棋を指す姿を見て…
感想
今回の事件は、糸村が解明したあの将棋の駒の意味が無いと、単なる金絡みの殺人事件でしかないが、赤木と彼が放火殺人を犯したと目撃証人した西崎みちるの息子の交流という話を彼が解明してこそ、物語になるというこのドラマなりのテーストは、しっかりしていた。喉から、手が出るほど、金が欲しかったオンナ・西崎みちるが、赤木に罪をかぶせる偽証を行ったことで、その報復のために、赤木は逃げ出したようにも見えたが、そんなことなんて関係なく、かつての自分のような子供に見えた優太を心配したことによって、彼は危険を犯しながら、所轄署から逃走するという裏ストーリーが、なんだか、僕自身にも起こり得たような気がして、深く物語に、入り込んでしまった。うちも母親が父の死になりシングルマザーとなって、3人の兄弟を育てたが、もし僕が一人っ子だったらと考えると、寂しさを紛らわすために、放火犯になり得たのかもと思うと、恐ろしい。まあ兄弟がいたので僕は、寂しさは紛れたのかもしれないが....。正直こんな赤木みたいな放火の常習犯がいるのかとも思えるのだが、自分のようなおとなになってもらいたくないとついつい火遊びしてしまう優太を見た時に、彼を救えるのは、自分しかいないという使命感を感じたと思うと、なんとも切ない話だった。一枚の将棋の駒の中に潜む優しさが、興味深い話だった。
03
 大学准教授の梨田(袴田吉彦)が刺殺体で見つかる。状況から顔見知りの犯行と思われた。糸村(上川隆也)は現場にあった「やじろべえ人形」が気になる。恩師の富田(下條アトム)の話を基に梨田の交友関係を探ると、梨田には同級生でライバルだった栗原(平岳大)の妻・恵(陽月華)との不倫疑惑が。恵は10カ月前に爆破事件に巻き込まれ死亡していた。糸村は恵の遺留品の写真に焦げたやじろべえ人形が写っていると気付く。
感想
放送枠変更により、すべてを京都に移すというのはムリだったとしても、村木繁以外のキャストの誰かも、こちらに移すべきだったのではないのかなという気はする感じが強くなった。キャストはこれまでもかなり変わってきたけど、全てとっかえたわけではないかな~。なんだか、村木とのシーンは今まで通りでいいんだけど、他のメンツと糸村と距離があまりにもあって、糸村だけで、いつでも勝手にやってるようにしか見えない。あまり彼に振り回されてる感がない神崎莉緒と糸村がバディという感じがしないのはかなりのマイナスのようなきがするのだ。それに話しの方も、他のテレ朝ドラマであった話の焼き直しのような気がするかな。けど、夫婦の話を謎解く糸村の姿は、いつもどおり、心地よかったのだけは確かだったが、それにしても、どっかで見たような話しすぎたんだよね。
 8月3日放送分(第4話)
 資産家の竹原(団時朗)が、家族の留守中に屋敷に押し入ってきた強盗を猟銃で射殺。竹原は正当防衛を主張するが、糸村(上川隆也)らは念のため過剰防衛がなかったか、捜査を進める。死んだのは空き巣の常習犯・石橋(辻本祐樹)だった。糸村は、石橋がうつ伏せで死んでいたことや、遺体の左手に握られていた金色のチェーンが気になる。調べると、チェーンはネックレスで、母親の形見のコインが付いていたことが分かる。
感想
話自体は、竹原の妻の裏切るというのは、分かったが、あの奴隷のように扱われていた竹原の妻が、アソコまで、凶暴化したのは、竹原の日頃からの扱いだけでなく、石橋と竹原の血縁関係までの裏切りを知ったからというのなら、納得のできだった。あれで、沸々と怒りがこみ上げてこない女性はいないだろう。それの罠に、ただ父親に会いたいと言う思いで、あの家を訪れた石橋と、彼が自分の息子であるという事実を知らない竹原の悲劇は、遠い昔から描かれている悲劇ではあったが、そこにイト村というエッセンスがあればこそ、このドラマも成立するという思いはある。いくらなんでも、竹原とつながりを示す母親の形見のコインを投げ捨てるなんて、そこまでのことを考えるというのは、あまりにも出来すぎの物語だとは思うが、糸村というキャラだからこそ、ぎりぎり許されるのかも。
8月10日放送分(第5話)
 不動産会社社長の志津子(多岐川裕美)が殺された。現場の森は、彼女の会社の所有地だった。糸村(上川隆也)は遺体の手元に落ちていた陶片が気になる。聞き込みにより、部下が進めていた森の売却話を志津子が契約寸前で白紙に戻したと判明。一方、糸村らは志津子と絶縁状態の息子・達也(山中崇)に会いに行く。達也が働く清水焼の工房は20年前に失踪した父親の一馬(伊庭剛)が志津子の支援で設立した工房だった。
8月17日放送分(第6話)
 糸村(上川隆也)は、科捜研の村木(甲本雅裕)に頼まれ、所轄の会計課に勤務する警察官の西岡(岩松了)が殺された事件を独自に捜査。所持品から西岡が書いた離婚届が見つかり、捜査担当の八重樫(野村宏伸)らは妻の真由美(国生さゆり)を疑っていた。真由美の兄・矢口(奥深山新)は10年前の女子大生殺人事件で犯人と断定され、今も服役中。その影響で刑事だった西岡は左遷されたという。糸村は離婚届に付着した炭が気になる。
関連記事


>
2017/08/04 07:30 :Category:【上川隆也】遺留捜査 コメント(0)
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
最近のコメント★歓迎!
データ取得中...
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング