Fcastドラマ視聴率感想

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』

【貴族探偵視聴率3】最終回北海道15%超【アクセス3位】 


フジテレビ系「貴族探偵」
月曜21:00-
 原作は、推理小説家、麻耶雄嵩氏(47)の「貴族探偵」と「貴族探偵対女探偵」。探偵を趣味にしている貴族の青年が、自らは推理をせず、召使いに捜査をさせて謎を解いていく1話完結型のミステリーだ。
【スタッフ】
脚本 黒岩勉
プロデューサー 羽鳥健一
演出 中居功 金井紘 相沢秀幸
【キャスト】
貴族 相葉雅紀 家族、学歴、住所だけでなく、本名も不明。趣味が「探偵」。
高徳愛香 武井咲 新米の探偵。貴族と事件現場において何かと相対することになる。
喜多見切子 井川遥 愛香が「師匠」と仰ぐ女探偵。貴族との推理対決に敗れており、その後、謎の死を迎える。
鼻形雷雨 生瀬勝久 刑事。“貴族よりも先に謎を解く”ため、愛香と行動を共にする。
佐藤 滝藤賢一 貴族に仕える召使いの一人で運転手兼ボディーガード。
山本 松重豊 貴族の執事。貴族の代わりに捜査をする。
田中 中山美穂 貴族に仕えるメイド。控えめな性格で整理整頓が大好き。
謎 仲間由紀恵 神出鬼没の謎のキャラクター。
【視聴率】関東関西 
01 4/17【11.8】【13.8】推理はしないが、謎は解く!破天荒なニューヒーロー登場!
脚本 黒岩勉 演出 中江功 ゲスト ハリー杉山
02 4/24【*8.3】第1発見者は御前!メイドと女探偵が推理対決で謎を解く!
脚本 黒岩勉 演出 中江功
03 5/01【*9.1】【禁断の恋の末のバラバラ殺人事件発生!?容疑者は愛しの先生!】
脚本 黒岩勉 演出金井紘 ゲスト 橋本環奈 内野謙太
04 5/08【*8.9】【温泉宿で殺人事件!孤立する宿!使用人不在で御前大ピンチ!】
脚本 黒岩勉 演出金井紘  ゲスト 釈由美子 柳ゆり菜 小松和重 阿部力 草刈麻有 渋谷謙人
05 5/15【8.0】【華麗なる一族の惨劇!花婿選びの世継ぎ争いで連続殺人事件!】 #
脚本 黒岩勉 演出 相沢秀幸 ゲスト 加藤あい  竜雷太  忍成修吾  北香那  他
06 5/22【7.5】【花婿候補連続殺人!身分違いの恋が生み出した事件なのか!?】 
脚本 黒岩勉 演出 相沢秀幸 ゲスト 加藤あい  竜雷太  忍成修吾  北香那  他
07 5/29【7.8】【名探偵との直接対決!暴かれる貴族の秘密と謎の使用人登場!】
脚本 黒岩勉 演出金井紘  第7話ゲスト 広末涼子  小木茂光  森口瑤子
08 6/05【7.0】【何と女探偵に殺人容疑!色恋沙汰殺人事件は貴族の罠なのか?】 
脚本 黒岩勉 演出相沢秀幸  第8話ゲスト 上原多香子
09 6/12【8.4】【女探偵逆襲暴かれる貴族の真相?美しい遺体に隠された秘密!】 
脚本 黒岩勉 演出 中江功 第9話ゲスト  小市慢太郎 高岡早紀
10 6/19【8.0】【最終章!女探偵に悲劇が!想像を絶する貴族探偵の思惑とは?】 #10
脚本 黒岩勉 演出相沢秀幸  第10話ゲスト 桐山漣
11 6/26【9.8】最終回【明らかになる全真相!仰天の貴族の思惑と衝撃のラスト!?】
脚本 黒岩勉 演出 中江功
北海道【16.5】


5月29日放送分(第7話)
 愛香(武井咲)は切子(井川遥)の死に貴族(相葉雅紀)が関わっているのか調べるため、切子が最後に手掛けた事件を調べる。1年前、切子は恩義のある社長・都倉(小木茂光)が密室状態の自宅書斎で自殺したと聞き、現場へ急行。後妻・光恵(広末涼子)、秘書・真佐子(森口瑤子)らに迎え入れられた切子は、密室自殺を偽装した殺人だと見抜く。そこへ貴族の一行が現れ、切子は真相にどちらが先にたどり着くか勝負をするが…。
【感想】
今回は切子が貴族と戦った一年前の戦いが、描かれていたが、まだ荒削りな愛香の推理とは全く違い、切子の推理はエレガントにあがかれていたが、なんともトリックは、オーソドックスなものだったが、その対戦は、5分と5分の言った感じで、互いを認めある戦いだった。貴族も戦いを楽しんでる感じも、相手を認めている感じもあったのがよかったかも。後妻光恵が自殺による死として処理してほしいという思いも理解しやすかったし、裏切られたという思いから、都倉を殺した秘書・真佐子の感情もわかりやすく描かれていた。けど、切子が記した「政宗是正」という言葉から、どんな情報がもたらせられるのかな。貴族の「確実に殺せ」というのも、どんな意味なのか?スズキというキャラは、ブラックなのか?ホワイトなのか?など、色々と謎を抱えて、新展開に突入するのかな?
6月5日放送分(第8話)
 愛香(武井咲)は鼻形(生瀬勝久)から、切子(井川遥)最後の事件の場に鈴木(仲間由紀恵)という秘書がいたと聞く。切子が調べていた「政宗是正」の情報を鼻形に依頼した愛香の元に、先輩で菌類研究者の瞳(上原多香子)から連絡が。大学に准教授の瞳を訪ねた愛香は、貴族(相葉雅紀)と遭遇する。程なく、瞳の教え子・大場(松川尚瑠輝)が遺体で見つかり、元同級生の彼と過去にトラブルがあった愛香が重要参考人となる。
【感想】
今回の話の原作はどう描かれてるのか?僕は知らないが、どうしても、物語が推理中心になって、瞳を含むあの大学研究室の愛憎劇が、ただ単に、図解されてる程度にしか描かれないので、物語が不足して、面白みが感じられないかな。今回は、愛香が容疑者にされたことによって、鼻形が謎解きにチャレンジしてたけど、そういうことが求められてるんじゃないような気がする。何しろ、あの殺人現場に関連する人にどんな愛憎劇があったのか?そして、どんな過程で、謎を解いていくのか?が重要だとは思うんだよね。そんな重要なところが、謎解き側がドラマ仕立てにして描くって、やっぱり失敗なような。一流の役者が寸劇的に、おもしろおかしく演じるって言うのが、関連してる人の思いを見えなくしているような気はするかな。それ故に物語に入り込めないような。まあ物語の印象はこんなところかな。けど、貴族探偵は、初回から比べると堂々としてるし、いい感じなってきてるが、書いたように物語の描き方ががなんともなんだよね。
6月12日放送分(第9話)
切子(井川遥)の事故死を検証するため現場の渓谷を訪れた愛香(武井咲)は、鼻形(生瀬勝久)に頼んで彼の後輩をカフェに呼び、資料の持ち出しを頼む。その店内で作家・大杉(小市慢太郎)と遭遇した鼻形は、大杉の妻の元女優・真知子(高岡早紀)のファンのため興奮。そんな鼻形に、貴族(相葉雅紀)一行から女性の他殺体を発見したと連絡が入る。女性は大杉夫妻らとキャンプに来た真知子の妹・佐和子(田中千絵)だった。
【感想】
今回は、演出家がメインの人に変わり、今までよりも演出が貴族探偵という名にふさわしく、どこか気品があった。それに真知子の妹・佐和子の遺体も美しく描かれていて、本当はゲスな不倫な話なのに、どこかそう思わせないパワーを感じさせたかもしれない。何しろ雰囲気がいい話に出来上がっていた。それに、大杉が佐和子を殺すシーンも召使いたちが演じるのではなく、そのままだったし、かなり改良された感じがした。推理は、よくある替え玉殺人で、さすがにあれだけヒントを散りばめられると、そのトリックはすぐにわかったけど、僕の推理も愛香止まりだったな。細かい会話の中に、わずかに大杉まで殺されているというのは気づかなかった。なかなか良くできた話で、愛香の推理も短く切り上げて、花の冠というものを物語の象徴的に描き、今までの中では一番楽しめる出来だったような気もする。謎の女鈴木さん?まさかの警察関係者なのか?何なのか?よくわからないが、再び彼女の登場は気になるところだ。それにしても、話も演出も今までとは一桁上に行っていたので、貴族探偵が魅惑的に見えたな。この謎の貴族探偵、本当は何者なのか?「政宗是正」なのか?そして、喜多見切子の市の何を知っているのか?なかなかまり上がってきたような~気がしないでもないがまだわからない。
6月19日放送分(第10話)
 愛香(武井咲)は貴族(相葉雅紀)と相対し、その正体を探ろうとした切子(井川遥)を秘書の鈴木(仲間由紀恵)に殺させたという推理を語る。証拠がないとかわす貴族は、自分の前で事件を解決できたら切子の死の真相を教えると約束する。一方、愛香の元に富豪の具同家が所有する別荘に来るよう依頼する匿名の手紙と金が送られてくる。怪しみながらも依頼を受けた愛香は、具同家の嫡男・弘基(桐山漣)らが集う別荘へと赴く。
【感想】
事件が起きるまでのフリが長過ぎるに驚いた。貴族は、ほとんど登場することはないが、最後に決めるところには出てくるという作りだったかも。けど、このドラマコメントやこのドラマについての記事を読んでいると、原作に忠実に作られているらしいということはわかった。そう考えると、今回の話なんて、貴族の勇姿を見たい人には酷な話だな。彼は始まりと終わりだけだもん!それにしても、秘書鈴木はどんな活躍をするのかな。それが気になるけど、僅かに登場しただけだった!鈴木と言えば、切子を殺したのが彼女なんて、愛香はいつも事件をあまりにも大げさに考えすぎるのはどうなんだろう。あれだけ貴族に接していれば、そういう考えに行き着くとは思えないのだが、そう考えてしまうのが、愛香の設定なんだな。まあ、やっと事件が最後の場面で起きただけで、本編の感想なんてかけないので、何しろ最終回に!
6月26日放送分(第11話) 【最終回】
貴族(相葉雅紀)の秘密を探るため大富豪・具同家の別荘を訪れた愛香(武井咲)だったが、そこで2件の殺人事件が発生。さらに、何者かに頭を殴られて倒れた愛香は、翌朝貴族の天幕で目覚め、昨晩到着したという彼に助けられたことを聞く。貴族から捜査を止められた愛香は、鼻形(生瀬勝久)に貴族も重要な容疑者の1人だと伝える。そんな中、鼻形ら警察と捜査を始めた山本(松重豊)たち使用人の間に戸惑いが生じていく。
【感想】
どう考えても、切子は生きているとは、思ってはいたが、全ては貴族探偵が生み出した世界だったということろまでは気づかなかった。最終試験は、そんな世界での愛香に対する探偵としての最終試験の場になっていた。それにしても、このドラマの最終回の推理は、かなりひねくれているかも。これを見事に貴族探偵が愛香とともに謎を解いていくという設定なら、数%は上がったかもな~とは思う。犯人はなんとなくだが、具同真希だというのは動機から考えてだったが、あの残されたヒントで、どういうふうに二人の殺人が行われたかというのは、到底、分かりもしなかった。ありゃ、いくらなんでも、ひねくれ過ぎだよ。こんな難しい事件を、あっさり解くくらいなら、他の事件も、愛香は難なく解くことなんてできるだろうとは思った。それにしても、使用人たちも最終回に、わざと間違った推理を組み立てるとは、手が込んでいる!彼らによる再現も最低限度にしてたのも悪くなかった。しかし、鈴木は海外にいたんだな~。最終的には、鈴木にしても、政宗是正という人物像になど、色々と工夫した設定で、納得はしたけど、今ひとつ、スカッとした感じはないんだよね。せめて、物語の何処かで、政宗是正や鈴木のアナザーストリーが見える部分があったらな~とか思ったが、相当難しいかもね。まあ、色々思いはあるが、楽しめたからいいかな。
追記
何しろ横並びに、小林麻央さんの追悼番組とNHKでは藤井4段の連勝新記録達成という高視聴率番組があり、二桁に届かなかった。
関連記事


>
2017/07/06 09:36 :Category:【相葉雅紀】 貴族探偵 相葉マナブ コメント(44)
最終回
ようやく最終回を見ました。
愛香、鼻形、使用人は最後まで安定の演技力。
とりわけ中山さんは、初回とは打って変わって完全に田中になっていたのが素晴らしかった!

結末はおおよそ予想通り。
相葉さんでは完全ダークヒーローを演じるのに無理があるので(完全な悪役では、視聴者に感情移入させる説得力や技量が足りない)、この終わり方が最善かも。
それでも、最初のころに比べると、相葉さんの表情や立ち姿がとても良くなってました。
スタイルが良いので、真っ直ぐに立っていれば見栄えしますし。
残念なのは、彼のザラザラ声と軽い話し方が改善されていなかったこと。
ドラマとしては、「事件」と「御前の正体暴き」のどちらかに重きを置いて欲しかった。
最終回直前までどちらつかずで、中途半端感が否めませんでした。

月9などで放送せずに深夜ドラマ枠だったら、原作・嵐ファン以外からももっと良い評価が得られていた気がします。
先日、相葉さんMCのバラエティを見ましたが、すごく生き生きしていて楽しそうでした。
もしまた相葉さんがドラマに出ることがあれば、無理に苦手な演技をさせるのではなく、彼の素と重なった役を当ててあげた方が良いドラマが出来そうなんですけど・・・・・。
投稿者: [ 2017/07/06 23:32 ]
視聴率
北海道の視聴率が分かり嬉しいです。
ありがとうございます。

投稿者: [ 2017/07/06 12:36 ]
御前様と使用人3人と鈴木さん
会いたいです。
今は何処へいらしゃるのかな?
そんな思いがあります。
事件&謎解き部分はイマイチな回もあったけど御前様と使用人3人でいつの日かまた謎解きをして欲しい!
裏に麻央さん追悼番組、藤井四段新記録達成番組があったのに視聴率がアップしたので良かった!
名古屋は17%超えでした。
貴族探偵がどうして他府県の視聴率の記載がないのか不思議です。
最終回だけでも記載して欲しかったですね。
投稿者: [ 2017/07/03 11:33 ]
終わってしまった。今日はないのよね。
切子さんが隣に住んでいたとは。隣の住人も何かあるとは思っていたけど まさかでした!

最後、鈴木さんと使用人が一列に並んでいたのは なんか嬉しかった。

再現ドラマ 鼻さんに指導する山本さんが良かった。鈴木さん役なんだっておかしかったです。

無邪気で 凄みがある御前さまに会えないのは寂しいです。

スペシャルやってくれないかな。
投稿者: [ 2017/07/03 10:28 ]
原作の映像化
正直、老若男女が楽しめる事件&推理ではなかったような。
再現フィルムも使用人3人が演じているので分かりにくい。
そこが面白いのかもとは思うけど。
初回に7話9話をもってくれば視聴者が離れる事はあまりなかったと思うけど。
相葉さん演じる貴族探偵は回を重ねる毎に本当に良くなってきた。
初回はまだまだ戸惑いがある演技に見えたし。
原作では貴族探偵があまり出て来ないのでどうのかなと思っていたら武井さんが主役かなって思う事もあったけど貴族探偵の存在感が増してきてやっぱり主役は相葉さんだと確信。
今までにない相葉雅紀が見れて良かった。
笑わない相葉雅紀も良い!
最終話は事件&推理よりも貴族探偵の正体、切子の死の謎、政宗是正の謎、壁ドンの謎に時間を使って欲しがった。
貴族探偵の正体だけが謎のままで終わってしまったけど、またいつか知りたいような。
貴族探偵と愛香のアバンチュールが最後に来るとは思わなかったけど…またSP があるとしたら恋人だけど喧嘩しながら謎解きをするのも面白いかなと思う。
エンディングも素晴らしかったし主題歌もドラマにマッチしていて良かった。
視聴率云々はどうしても言われてしまうけど私は三ヶ月間楽しませて頂いた。
御前様、使用人3人、鈴木さんに会える日が来ることを楽しみにしている。


投稿者: [ 2017/06/29 10:57 ]
最終話
全11話、楽しませてもらいました!
来週の月曜日には御前や使用人のお三方、そして怪しい鈴木さん、お美しい「探偵」さんや、鼻形刑事にお会いできないのが、ひじょーにさびしいっっ。

何年経っても記憶に残る作品になったんじゃないでしょうか?
すごい逆風の中、ブレずにやりきるドラマ制作陣のタフさには驚きました。相葉ちゃんにとっても、揺るぎない自信に繋がる役になったのでは?

3か月、楽しい時間をありがとうございましたm(__)m
投稿者: [ 2017/06/28 17:24 ]
あの状況の中頑張りました視聴率!
今季のドラマも高視聴率は少なかった?ようにおもいます。
あの切子さんも生きてたんですね、そして貴族様もこの世の人達とは、私の推理は全滅です(汗)

ファンタジーはあのテント、直ぐにの再現ビデオと直ぐさまに現れたり消えたり?

でも毎週楽しみに一週間間ってました。
今までにない感覚の新鮮なドラマで良かったです。10月は櫻井くん、来年は松潤くんドラマ楽しみです。

相葉ちゃん、お疲れ様でした♪
投稿者: [ 2017/06/28 10:42 ]
最終回の着地点を考えながら毎週みさせてもらった。
初回や途中に残念な回はあったが最後は強引ながら上手くまとめたと思う。
相葉くんの演技も回を重ねる毎に安心してみられた。
視聴率は重要かも知れないけど、今ってそれだけじゃないんでしょ。
自分が楽しめるドラマに出会えた、それだけでいいんじゃない。
投稿者: [ 2017/06/28 00:26 ]
お疲れ様でした
最後の最後まで、色々な意味で気が抜けませんでした。
あの状況で2桁近くいったのですから凄いですよ。

大変な時期に難しい役に挑戦して、走りきった相葉くんと共演者の皆様に拍手を。

Blu-rayとDVDの発売も決定しましたね。
出しても売れないとテレビ局に判断されれば、発売されないこともありますから、無事発表されてホッとしました。

相葉くん、本当にお疲れ様!


投稿者: [ 2017/06/27 21:34 ]
視聴率
確かに麻央さんの追悼番組、藤井4段の連勝新記録達成番組があり、最後まで追い風が吹かないドラマだったけど最終話で二桁近くいったので良かった!
瞬間最高視聴率を知りたいけど…無理かな。
他府県の視聴率も知りたい。
今までのドラマとは全く違う感じが斬新で良かった!
新しい「相葉雅紀」を観れたドラマ。
御前様と使用人3人の並び、やり取り、関係性が大好きで3ヶ月間、本当に楽しませてもらって今はロス気味!
またいつか会いたい。

投稿者: [ 2017/06/27 16:20 ]
最終回
特番や緊急速報で心配でしたが、どうにか乗り切ってくれて良かったです。

3か月間、相葉くんをはじめ皆さん本当に大変だったと思いますが、頑張ってくれました。

相葉くんファンと原作ファンの方々が楽しんでいただけたならそれで良し!だと思っています。


脱線しまくりのコメントも仕方がない時はありますが、ドラマに関係ないことは極力避けられた方がよろしいかと。
投稿者: [ 2017/06/27 10:58 ]
惜しかったのですが。
もう少しで二桁惜しかった。本当に細かいとこまで真相が知りたくなりますが原作は全くそうゆう話でない。脚本家が原作乗り越え仕掛けて来るので回を重ねるごとに面白くなりました。
管理人さんも楽しめたといってくださって良かった。3ヶ月ありがとーございました。

投稿者: [ 2017/06/27 10:32 ]
謎のままな方が…
「鍵のかかった部屋」の最終回が近づいた頃、「榎本の正体がグレーな方が、余韻が味わい深くて面白い。主題歌通りに、忽然と姿を消したりして…」などと考えていました。ラストシーンの微笑み、想像力を掻き立ててくれたなぁ~
愛香のたどり着いた場所には、本当の優しさ溢れる御前の配慮が隠されていて(しかも、チョット胸キュン)、愛香がそれに気付いた時には御前一行の行方は知れず、なんて結末だと、スルメのごとく長く楽しめたりする気はします。制作陣はどんな物語を用意してくれているのでしょうか?
ところでこのドラマ、御前は麗しいし、使用人トリオと刑事コンビは楽しいし、愛香と切子の美しさは特筆ものだしで、眼福感満載なのですが、依子お嬢様も魅力的。ちゃんと令嬢のオーラがあるし、すごくキュート。木南晴夏さんは、美貌の女優さんではないけれど、独特の華やかさは、登場するだけで画面の明度が上がる感じがします。あちこちのドラマで重宝される訳が、分かります。
管理人様、ご無沙汰の上長々と、失礼致しました。
投稿者: [ 2017/06/22 09:37 ]
さて、貴族様御一行の正体は?
最終回、楽しみです。
それでも仲間さんの、出演も顔出し程度の今、最後は活躍してくれるのでしょうか?

ストーリーはさておいて今回も、武井さん、井川さん達の美が目の保養でした。
ヘアメイクに着付けする今時のお嬢様さまは美しいけど、女優さんはブラス華がありかも。

黒いドレスの美しい武井さを、お姫様抱っこの相葉ちゃんいいなぁ~♪、大野くんのお姫様抱っこのお相手は二宮くん!(爆笑)だったらしいワクワク学校、ま、こちらも♪。

リバースも小さな巨人も最終回までどうなる楽しみの犯人探しも終わり、あとは御前様の正体はを待つのみ。どうしてもこの世の人に見えないけど?楽しみ!

40代母さま、階級?上がられましたか。私は下がりたい。
投稿者: [ 2017/06/20 17:14 ]
天幕でちょっと思ったこと
いよいよ次回で終わってしまいます。
相葉さんが出ていたのが視聴のきっかけなので、最後まで楽しませてもらって有難うと言いたいです。

武井さん本当に美しかったです。

全体を通して、最初から好意的に見ていた人にはツボになっている演出も途中からの人にはどこが面白いのか分かりにくかったかもしれません。

事件を推理する天幕も突然現れる不思議なものなら、もっと異空間という感じを出した方が良いのにと思っていました。
見ている人がキタキター!!ってなるみたいな。
いずな様の時にはサロンより宿の方が雰囲気があったし、時にはどこかのお屋敷でやっているくらいにしか思えなかったから。

始まって間もなくのころは、貴族様が有り余る財力でどんな場所でも大勢の人を使ってそこにサロンを作れせているみたいな滑稽な想像をした事がありました(もちろんふざけ半分にですが)。
でも、ファンタジーならばそんな人の手でどうのというイメージを持たせないように「突然あらわれる不思議な空間」を作って欲しい気がしていました。
投稿者: [ 2017/06/20 11:17 ]
前編と後編
前編では事件解決部分がないから貴族探偵と使用人3人の登場があまりにも少な過ぎて残念です。
冒頭で貴族探偵と愛香が対峙するシーンは良かったけど事件のストリーになると今一つ。
最終話を楽しみに待ちたいと思います。
後編は貴族探偵と使用人3人が終始登場すると思うので期待大。




投稿者: [ 2017/06/20 10:36 ]
皆さんの書かれたとおり。
御前さまの存在感で 少ない出番ながらインパクト残しましたが 使用人の皆さんの出番が少ない。
謎の全て明らかになるのが 来週に期待です♪
気になる!
投稿者: [ 2017/06/20 10:19 ]
第10話
ちょっと物足りなく感じました。
御前の登場も少ないし、個性的な使用人の面々もいないし、鼻形のアドリブもないしで、来週に期待でしょうか?
その代わりと言ってはなんですが、高徳愛香様が美しかった!
思わずほーっとなってしまうほどです。

名探偵コナンもそうなんですが、前編・後編でわけると推理ものだけに前編は難しいんですよね。

原作とは、かなり違います(笑)
殺される人が一人、違いますもん。

沢山宿題が残された後編に期待しています!

ここの所、心苦しかったので名前を変えました。
どうぞ宜しくお願いします。
投稿者: [ 2017/06/20 08:37 ]
原作のドラマ化
何しろ原作も貴族探偵が登場するまでが長いし推理を使用人にさせるので主役である貴族探偵をどう生かすのかが脚本&演出次第かな。
それにしても貴族探偵と使用人たちの出番は最初だけ。
貴族探偵に限っては最後に出るまで40分以上は経っていたような。
でも貴族探偵の存在感は凄いと思った。
この事件の原作は未読なので何とも言えないけれど最終話を期待。
貴族探偵、使用人たち、宗政是正、切子の死、
探偵事務所の壁ドンドンの謎。
あまりにも多くの謎があり最終話で上手くスッキリ出来るのか?
貴族探偵は良い人であって欲しい!
投稿者: [ 2017/06/20 08:01 ]
今回、美しかった!武井さん
もともと美人さんなんだけど、ドラマ後半の武井さん綺麗かった!
貴族様が思わず抱きしめる気持ちわかる(笑)
このシーンは多分観ているこちらがわへのサービス?ファンはドキッとですよね。
その貴族様はスタイリッシュな相葉ちゃんに回を増すことにバッチリ感です。
高岡早紀さんはいつもより妖艶さがひかえめでした。眉の太さと濃いさが邪魔したのかな?

来週は仲間さを再登場もあり最終にどう向かうのか楽しみです。
投稿者: [ 2017/06/13 20:45 ]
第9話
もう、しびれましたよ~。
この感覚は「鍵のかかった部屋」で最後に榎本怪がにやっと笑ったとき以来。ずっとジェットコースターに乗ってました。

映像も綺麗でした。

御前が真知子さんにバックハグの場面では、全国の相葉ちゃんファンの悲鳴が確かに聞こえました(笑)

最後の蝶が飛んでいく場面は「魔王」を彷彿とさせるし、
貴生川の耳を触る癖は、99.9なのか?と思いました。

大変満足でした。
投稿者: [ 2017/06/13 19:13 ]
次回が楽しみです。
今回は原作のこうもりを題材にしていましたがかなりアレンジしていました。
事件のトリックに関しては各々色々な感想があるのは当たり前ですが良かったと思います。
麻耶作品を映像化するのはかなり難しいと思います。
でも脚本&演出もかなり頑張ったのでは。
御前様が犯人である真知子をバックハグしながら耳元で囁く言葉も心に残り真知子の心情が犯人ではあるけど悲しくもなり夫への愛情の深さを感じました。
高岡早紀さんの存在感が素晴らしい!
広末さんの時もそう思いましたがドラマ全体が深みを増す感じがします。
そしてラストの御前様と愛香の対峙シーンは良かった。
愛香の言葉に対して表情が怖いくらい変わる御前様!
目の演技が素晴らしい。
こんな相葉さんの表情が見られるとは…この難しい役に挑戦して良かったと思いました。
伏線の回収はなかなか進行しませんが御前様は愛香を守っているのかな?
鈴木秘書が次回は登場しますが残り2話で伏線の回収を上手くやって欲しいですね。
御前様は良い人であって欲しいです。
投稿者: [ 2017/06/13 14:23 ]
前回停滞しましたが 今回は動きありました!
シュピちゃん 久しぶりの登場。相変わらずのかわいいさ。死体と並んでいるのが、おとぎ話のようでした。

御前さまのヒントがあっても 入れ替わりは分からなかった。
再現ドラマ 山本さん前回かなり振り切った女装(私はきらいじゃない)、 田中さんも、前回は紅茶愛を語るところがかわいらしかったので、二人とも今回はおとなしかったような。

ついに愛香が 御前さまに 挑戦状たたきつけたので 鈴木さんもたっぷり出てくるもよう。次回が楽しみです。

佐藤さん CMデビューしていた(笑)
投稿者: [ 2017/06/13 12:33 ]
色々おしい
私はドラマを見てから原作を読んでみて、ドラマ化にあたりコメディタッチに色々工夫されたり、貴族様と師匠との関係性という謎の伏線をはってるあたり、なかなか面白いと思って見ています。
相葉さんの貴族様も、浮世離れした感じが、このドラマの世界観にあってて良いですが、服は原作通りのスタイリッシュなスーツのほうが良かったと思われます。

原作が犯人の仕掛けるトリックより更に、著者の仕掛けるトリックを楽しむものなので、(こうもり、はそれが最も効果的な作品)このドラマも、それにならって、犯人のトリックはほどほどに、ドラマの全体的世界観を楽しんでほしいと、いうのが制作者側の意図なんじゃないかと、中盤ぐらいからは思い始めました。でも、それが視聴者には上手く伝わっていないから、トリックを楽しみたい人には、なんだこれ、となり、世界観を楽しめる人には、面白いと思えるんだと、私は感じます。
1話目で、世界観を楽しんで、と引き込めたら良かったのに、1話目が時間も長く話の展開も冗長で、離れた視聴者も多いのではないかな、続けてみていたら、段々面白くなったのに、残念、おしいです。
あと、7話の盛り上がりが、8話で停滞したのも、おしい。

原作は、次回の原案のこうもり含めて、読んでるものを騙してしまう文章のトリックがあると思えるのですが、
このドラマは、それにならって、テレビを見ているこちら側の人間を、だますような仕掛けを、ストーリーに入れようと工夫して、貴族様と師匠との謎が、展開されているのではないでしょうか?なかなかのチャレンジですが、上手く着地するかは、心配です。
ギりは、単なるアプリだと思っていたら、秘書の鈴木に乗っ取られていたのは、視聴者を騙すトリックとしては、なかなか良かったけれど、今後の展開はどうかな、楽しみにしています。
投稿者: [ 2017/06/11 10:07 ]
すいませんでした!
今読み返し気が付きましたが相葉さんなのに本当に
失礼を致しました!
投稿者: [ 2017/06/09 00:02 ]
視聴率
初回から見ていますが相葉さんは回を重ねる毎に貴族らしくなりましたね。
堂々としていて良いと思います。
でも原作と同じくブランドスーツで良かったのに。
髪型も前髪ありで自然な感じで良かったのに。
ファンタジーは必要なかったような。
生瀬さんのおふざけも話の流れを止めているように思える。
今までにないような脚本&演出に挑戦する事は否定しませんがし過ぎだったかな。
貴族探偵の原作を映像化するのは難しい。
主役不在が多いのも残念。
まるで武井咲さんが主役みたいで…
9話から最終話に向けて伏線の回収を楽しみに見たいと思います。
視聴率は関東と地方の差がありすぎですね。
東海14%北海道も静岡もそれに近い数字。
関西も二桁だと聞きましたが。
関東の視聴率だけで決められるのも残念。

余談ですが相場➡相葉です。
名前の漢字間違いは気を付けた方が良いと思います。
出すぎた真似を…
投稿者: [ 2017/06/08 06:11 ]
仕事場の人が私と同じく嵐さんが好きで相場君のドラマを
観ていますが視聴率を心配をしていましたが内容的に少し
難しいのではとの思いも有り例えば貴族のドラマなので
タイトルにしては子供が好むのではとの思いもありましたが
観てみると相場君が主役ではない様な気もするし難しいな~!
投稿者: [ 2017/06/07 22:50 ]
豪華なキャストが…
豪華で素敵なキャストと原作ありの作品。

始まる前のわくわく感が半端なかったので初回を見たときの残念感といったら。

でも回が進むにつれきっと面白くなるであろうと期待してきましたが
正直、一向に面白くなりませんね、
ホント残念。

楽しく見てます。
とても面白いです。

なんて感想を聞くと
今まで沢山の作品を見てきた私は
あれっ、私がおかしいのかなとも思えてきます。

勿論、感じることは人それぞれですが脚本、演出が残念に思えてなりません。

貴族というあまり身近に接しない想像未知の存在と探偵もの。

ファンタジーの作品なのはわかるけど、なんだろう?
そこまで楽しめない、入り込めない。

何故月9だったのかも不思議ですね。

月9は大好きなドラマ枠だからなんとか残してもらえたらと強く思ってたんですがね。

投稿者: [ 2017/06/07 19:37 ]
惜しい
「寸劇的」「物語に入り込めない」という管理人さんの感想はその通りだと思います。
他にも初回から感じていることがあって、回を重ねても色々あって、長くなるのでマイナス面はあまり書きませんでしたが視聴率にはあらわれていますね。
設定やキャストの面白さもいっぱいあるので、当たっていれば映画化もあったかもしれない。

とはいえⅠ話から続けて見ている私は物語のつながりが見えてきた貴族探偵の世界を楽しんでいます。
友人がお台場で貴族探偵の紅茶とクッキーを買ってきてくれたので、今回はそれを頂きながら見ていました。
田中さんの紅茶の話題がいつもよりあってニンマリ。

毎回ドラマの導入場面は興味をそそるような良い作りだと思うんですけど…。
本当に惜しいと思います。
投稿者: [ 2017/06/07 12:56 ]
第8話
おぉ。何か感想を書くのに気遅れしますが、
私はなかなか楽しかったです。

原作を遅ればせながら読んだのですが、ドラマに比べて
もっともっと無機質な印象を持ちました。
原作のカラクリの面白さにドラマらしい肉付けをしている
のだと理解していますが、
まあ、もともとおふざけ路線も好きなので、割と
抵抗なく受け入れてしまっています。
ドラマ初心者だからかもしれません。

次の第9話は「こうもり」というお話がベースになっていて、
原作の中でも傑作と言われるものらしく、ネット上でしきりに
ドラマを見る前に読むことが薦められているものですから、
読んでみたら、三半規管がおかしくなるような気分になりました。

文字でしか実現できない技法にドラマが挑む。
注目しています。
投稿者: [ 2017/06/07 12:31 ]
脚本&演出
七話が今まで一番良かったのにその流れををどうして8話に持っていかなかったのか理解出来ない!
落胆しかない!
原作の事件のトリックは人各々好き嫌いが分かれると思うけど最終話に向けて視聴者が知りたい事は貴族に関わる人間たちの伏線の回収だと思う。
8話では仲間由紀恵さん演じる鈴木秘書と切子さんを出して少しでも伏線の回収をするべきだったと思う。
どうしてこんな脚本&演出になるんだろう?
毎回ゲストが出るけど存在感もないし、それも分からない!
ただ七話の広末さんは良かった。
感情表現が上手な女優さんだしベテランの女優さんも出演されていて事件の謎解きにも伏線の回収にも見入ってしまったほど。
最後の方で仲間由紀恵さんが出た時はやっぱりオーラーがあったし、だからこそ8話に期待をしていたのにあまりにも残念過ぎる。
相葉君も初回から比べたら堂々と貴族を演じている。
こんな脚本&演出では演者が気の毒になる。
脚本&演出次第なのに最終話まで仲間由紀恵さん、井川遥さんは毎回出て欲しいし伏線の回収を上手にやって欲しい。


投稿者: [ 2017/06/07 11:42 ]
脚本、演出の問題が第一!
本当に相葉ちゃんの演技も、今回堂々してて良かったよ!この役の主役は難しいと思うけどねどなたが演じてもオーバーな感情表現もできない貴族様。
題材としては他に類のない作品だし楽しみにしていたけど、脚本、演出?残念!
この二つがよければキャストさんももっといかされるのに、、
作品選びはゆっくり考えて、とは思うけど意外な作品が受けたりもするから難しい。
いつかのメンバー主役の野球ドラマも散々な感想あったけど、やっぱりこちらも脚本悪い。
忙しい相葉ちゃんだけど頑張って!
投稿者: [ 2017/06/07 09:44 ]
あらら
せっかく前話の井川さんと仲間さんの登場で見応えが出てきたのに、今話でまたつまらなくなった気がします。
使用人3名も変に軽さが目立ち、事件も犯人もゲストも毎回微妙な感じ・・・
ドタバタ劇は、愛香と鼻形(依子)中心の方が好きでした。
前話も内容的には納得できない部分はあったけど、井川仲間ご両人で引っ張ったのかな。
個人的には、御前=悪はミスリーディングだと思うのですが、最後はどう着地するのか?
視聴者のご想像にお任せせしない、筋の通ったラストを期待しています。



投稿者: [ 2017/06/06 21:55 ]
もったいない
8話から仲間さんと井川さんがいい具合に絡んでくるかと思っていたのに。
せっかくの流れが止まってしまった。
もったいない。
演出、脚本に一貫性がないのだろうか。
演じてる人は懸命だろうからそれだけに残念。
投稿者: [ 2017/06/06 20:23 ]
ちょっと後退
回を重ねるごとに貴族探偵の世界が確立されてきていると感じていました。
最終回に完成して最初からこうなら・・と思うかなと。

8話は後退してしまった印象です。
御前様、使用人3人は根底にある信頼関係をベースにした無機質さがドラマの雰囲気を作っていたと思うのですが、今回は3人に感情を感じて普通の人間の感じがする場面がありました。
演出が変わったでしょうか。

フジテレビの審議会で、感情表現がされていないという指摘があったようです。
それに影響されたか分かりませんが、分かってない人達の指摘でブレたなら残念です。
挑戦してるドラマをもっと肯定して応援してくれないものですか。

御前様の謎が何なのか知りたいことはたくさんあるのに、進みそうで進まない。
今回は謎解きも平坦で盛り上がりに欠けたのはなんだったのかと思います。

大好きなドラマなのであと貴重な2回を楽しみにしてます。
投稿者: [ 2017/06/06 19:19 ]
最終話に向けて
面白くなってきました。
七話は原作通りではなかったけど違う視点で楽しめましたがトリックとしては他の刑事ドラマで見たような。
御前様と関わる人物たちの伏線の回収が始まりましたね。
最終話に向けて上手く伏線の回収をして欲しい!
仲間由紀恵さん演じる秘書の鈴木の役割が重要な鍵になるのかな。
今回の謎解きは井川さんでしたがエレガントでカッコ良かった。
武井咲ちゃんの不正解の謎解き&生瀬さんのギャグがなくって良かったと思った回でした。
広末さんもこういう役は上手いですね。
視聴率がなかなか上がらないのは残念ですが好き嫌いが分かれるドラマなのかな。
七話になっても思いますが相葉君の衣装はブランドスーツ、バラエティーに出ている前髪がある髪型にして欲しかった。
あんなに固めなくてもと思ってしまう。
テントもお屋敷で良かったのに。
ファンタジーは必要なかったかななんて思います。
今更言っても仕方ないですが勿体ないかな。
投稿者: [ 2017/05/31 12:38 ]
殺人事件そのものは・・・
事件の真相は、長年つくしたのに捨てられた女性が犯人で、財産目当てで結婚した悪女と思われたのは実はよい人間だったという2時間ドラマでありがちなものでした。

今回の推理よりも「殺せ」「政宗是正」のキーワードで、切子の死の真相と貴族探偵の関わり・正体が俄然気になるので、今後の展開が楽しみになってきました。
今回、御前様はとてもカッコよかったです。
投稿者: [ 2017/05/31 07:39 ]
見応えあった
今話はなかなか見所が多かったように思えます。
いよいよミステリアス路線になってきましたね。
これが本来見せたかった流れなのかな?
しかし、未だに御前の印象が薄く、オーラを感じないのは、バラエティの相葉君との違いが見えないせいでしょうか?(声、話し方、所作、目線がブレる)
ファン以外が見ても、いつもの相葉君とは全く別人だと思わせる内面、外面的な深さが足りないように感じました。
それを差し引いても、ドラマの結末は俄然気になってきました。
来週も見ます。
投稿者: [ 2017/05/31 01:11 ]
もどかしい
この番組は、この作りだと時間が足りない。それぞれのパーツが機能する時間がもう少し無いと着地が難しい。
なにしろ謎解きの部分を2パターン用意しないといけない。なんとか中身濃く、厚みのある作品にしてビデオに残したいと思える仕上がりにして欲しい。
中盤にかかっても、豪華という言葉が、何処が?何が?という感じ。
相葉ちゃん、キャストがもったいない。それぞれが十分に機能する方法は無いものかな~
投稿者: [ 2017/05/30 17:14 ]
さすが
仲間さんと井川さんはさすがの存在感。
コネタが多く面白い時もあるが、そのつど話の流れが中断したりする。
今回はじっくり物語に入り込めた。
武井さんのキャラを最初にもう少し考えてくれてたなら、と少し残念。
鈴木さんの今後の動きがたのしみ。
投稿者: [ 2017/05/30 16:14 ]
「貴族様」ご一行って何者?
仲間さんもやっと姿現しましたが、こちらも何者です。
「鍵のかかった部屋」は榎本ちゃんに頼めばいいのにね(笑)

御前様の「殺せ、、」なんか珍しい台詞で格好いい~!

井川遥さん、美しすぎる!実物見たらもっと顔も小さくて素敵かも。

なにやら怪しい貴族様達、どうなるのか楽しみです。
投稿者: [ 2017/05/30 14:02 ]
7話
貴族探偵がどんどん黒に近いグレーになっていく~。
これからも気になります。

師匠対貴族探偵のケースのトリックはよくあるものなんですか?
見ながら、ほーそうかーっと感心していたんですが。
犯人秘書さんのうっかりミスから事件に足が付いてしまうのですが
私も、性格的に完全犯罪はできないですね。
それにしても!鍵部屋第1話に出演されていた役者さんがいるなとは
思っていたのですが、再現VTRで出てくるとは!
ちゃんと鍵の字が赤くなっていました。

殺センセイの映画に、ショコラティエのチョコもあったし、
もしかして、貴族探偵は景山の眼鏡をかけていた?
仕掛けも沢山で楽しめました。
投稿者: [ 2017/05/30 13:41 ]
仲間由紀恵さん声だけじゃなくて良かった
仲間由紀恵さん流石の大物感ですね。
ギリで常に監視さんていたから行く先々で遭遇したんですね。怖いなー。

ギリで政宗さんを検索したこともばれるのだから貴族探偵さんはどう出るのでしょうか?
原作は本名出てこないし。
細かい所まで練ってあるので最終着地まで楽しみたいです。いつも感想ありがとうございます。数字ばかり言われているので管理人さんの見るのが楽しみにです。
投稿者: [ 2017/05/30 10:43 ]
鈴木さん登場!
過去の事件なので、鼻形がお巡りさんだった。この事件がきっかけで、たぶん、刑事になったと思う。

再現ドラマのタイトルが「鍵のかかった部屋」(笑)しかも、第一回ゲストの堀部さんいるし。脳内にテーマ曲ちょっと流れた。

最後の師匠と御前さまの対話で、師匠が出した名前が御前さまの名前なのか?!

御前さまが秘書の鈴木に殺しを命じて 仲間さんが姿をあわらした。ここまで話数きたら、声のみだと 思っていたから、驚いた。
しかも、関係者の監視を命じてギリになりすますって。だから、鈴木さんは出てけこなかったのか。あらためて貴族探偵って、何者なのか、気になります。
投稿者: [ 2017/05/29 23:21 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング