Fcastドラマ視聴率感想

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』

【あなたのことはそれほど視聴率】最終回北海道18.8【アクセス4位】 

あなたのことはそれほど 4 (フィールコミックス)
いくえみ 綾
祥伝社 (2016-10-08)
売り上げランキング: 2,411

「あなたのことはそれほど」
偶然の出会いがもたらす二組の夫婦のマリッジライフ。初恋を忘れられない妻とそんな妻を狂気的に愛し続けてしまう夫を取り巻く大人のいびつなラブストーリー!
TBS 火曜22時枠
【キャスト】
渡辺美都 波瑠 眼科クリニックで医療事務として働く
渡辺涼太 東出昌大 2番目に好きな人。美都の不倫を知っても責めずに、結婚生活を続けようとする。
有島光軌 鈴木伸之 美都が一番好きだった中学時代の同級生。美都と軽い気持ちで会い始める。
有島麗華 仲里依紗 光軌の妻。第一子を出産。洞察力が鋭く、したたかな面もある。
小田原真吾 山崎育三郎 涼太の親友。インテリアデザイナー。涼太の相談相手。
三好悦子 麻生祐未 美都の母。ズケズケと物を言う性格で、涼太と仲が良い。
飯田香子・・・大政絢 森瑠美・・・黒川智花 榎本祐樹・・・成田偉心
エリカ・・・飯豊まりえ 常連の占い師・・・根岸季衣 花山司・・・橋本じゅん
【スタッフ】
原作:いくえみ綾
脚本:𠮷澤智子
演出:金子文紀 竹村謙太郎 福田亮介
編成:池田尚弘 中島啓介
プロデューサー:佐藤敦司
【視聴率】
01 4/18【11.1】関西【14.3】札幌【15.0】優しすぎる夫×忘れられない運命の人
脚本:𠮷澤智子 演出:金子文紀
波瑠が不倫主婦演じる「あなたのことはそれほど」北海道で瞬間最高19・0%
02 4/25【*9.0】札幌【*8.8】暴走する春の恋!背徳の温泉旅行
脚本:𠮷澤智子 演出:金子文紀
03 5/02【*9.5】札幌【15.0】【ヤバい夫の哀しみ 全てがバレる夜】
脚本:吉澤智子 演出:竹村謙太郎
「あなそれ」札幌地区で15・0% SNS効果で6・2ポイント急上昇
04 5/09【*9.9】札幌【11.9】最愛の妻への最凶のプレゼント
脚本:吉澤智子 演出:竹村謙太郎
05 5/16【9.8】札幌【14.1】夫VS愛人!地獄の公園デビュー
脚本:吉澤智子 演出:竹村謙太郎
06 5/23【11.5】札幌【16.1】変身夫と家出妻!決別の赤ワイン
脚本:𠮷澤智子 演出:金子文紀
07 5/30【12.4】札幌【18.2】ついに覚醒!誰よりも恐いうちの妻
脚本:𠮷澤智子 演出:竹村謙太郎
08 6/06【13.5】札幌【18.1】私、妊娠しました…炎上するW不倫
脚本:吉澤智子 演出:福田亮介
09 6/13【10.1】札幌【14.0】
脚本:𠮷澤智子 演出:竹村謙太郎
10 6/20【14.8】関西【17.8】札幌【18.8】「生まれ直しても今の相手を選びますか?夫婦2組の決断」
脚本:𠮷澤智子 演出:金子文紀



5月23日放送分(第6話)
 美都(波瑠)は、自分をなじろうともせず笑顔で接しつつも、ひそかに有島(鈴木伸之)に会いに行った涼太(東出昌大)の態度に戸惑う。涼太はそんな美都に別れる気はないと宣言。これからをどう楽しくやっていくか話し合おうと告げる。涼太の話を聞いた美都は有島を呼び出し、自分たちは別れる必要がないと言い張る。そんなある日、涼太は歯科医に行くと言って会社を早退。その様子に、小田原(山崎育三郎)は違和感を覚える。

5月30日放送分(第7話)
 有島(鈴木伸之)は美都(波瑠)に「友達にならないか」と提案。美都は今まで通りの関係にしがみつこうとするが、有島の決意は固い。有島から「家に帰れ」と言われ失意の美都は、病院の仕事を休み、悦子(麻生祐未)の元に転がり込む。一方、有島は自宅に戻ったものの、罪悪感から麗華(仲里依紗)に対し平静ではいられなくなっていた。夜、悦子のスナックに駆り出された美都は、店にやって来た涼太(東出昌大)と対峙(たいじ)する。

6月6日放送分(第8話)
渡辺美都(波瑠)はついに決心をし、夫・涼太(東出昌大)に離婚届を渡すも涼太はわざと名前を書き間違えたり話をはぐらかすなどして一向に離婚できる気配がない。一方、有島光軌(鈴木伸之)はレストランでの一件以来、妻・麗華(仲里依紗)と気まずい雰囲気の状態が続いていたが休日に家族で出かけることに。出かけようと外に出ると横山皆美(中川翔子)と偶然会い、流れで一緒に出掛けることになるが・・・

6月13日放送分(第9話)
 中傷ビラにより、美都(波瑠)と有島(鈴木伸之)のダブル不倫が美都の暮らすマンションの住人や職場の同僚たちに知られてしまう。追い詰められた美都は、小田原(山崎育三郎)に今後の身の振り方について相談する。一方、涼太(東出昌大)は麗華(仲里依紗)と接触し、今回の一件を暴露した人物に心当たりがないか尋ねる。そんな中、美都は小田原と協力し、涼太に内緒で家を出る準備を進め、そこで小田原の秘密を聞かされるが…。
6月20日放送分(第10話)
渡辺美都(波瑠)は、涼太(東出昌大)に妊娠していなかったことを報告するが、涼太からはあっさりとした返事を返され拍子抜けしていた。一方、麗華(仲里依紗)が子どもと実家へ戻り、狼狽する有島(鈴木伸之)は、麗華を追って電話をかけるものの、冷たく突き放され一方的に切られてしまう。離婚届を役所に送るという涼太からのメッセージを受け取った美都。「最後に一度だけ」と、久しぶりに涼太と夫婦最後の晩餐を楽しむが…
関連記事


>
2017/06/21 09:19 :Category:【波瑠】あなたのことはそれほど コメント(12)
なるほど・・・
原作を読んでいるので美都と有島のクズっぷりは承知だったのですが、それでも実写になると途中何度もイライラしました。
美都と涼太の最後はスッキリ、納得という感じでした。
有島夫妻は、麗華の心が完全に有島に戻ることは二度とないような気がするし、有島は、この先つねに麗華の顔色を窺いながらの生活になるのでしょうか。
もしかしたら、離婚よりも怖いかも。
原作も次回最終回なので、ドラマとどう違うのか見比べてみます。

仲さん、最後までお上手でした。
投稿者: [ 2017/06/21 16:11 ]
文句言いながらも楽しめた
家族とドラマ見ながら盛り上がって、最終回の結末が楽しみだった。

なるほど! 
そういう結論に至りましたか。
予想に反することばかり。
涼太さんの「みっちゃんのことは、それほど」
残念だけど、仕方ないか。
やっぱり、そうなっちゃいますよね。 

失ったとき初めて、眩しかった日々を知るんだよね。

みっちゃんも、有島くんもすごく嫌なヤツだったけど、最後は、憎めなくて、特に有島くんが、めげずに実家に通い続ける所は、つい応援していました。

可愛いあこちゃんの為にも、修復できて良かった。

しょこたん演じた隣の奥さまも、ハッピーに転じて何よりです。

腹が立ったり嘆いたり怒ったりしたドラマでしたが、全部そんなこと消化されて、みんな元気で前を向いて頑張って!と、言いたくなったドラマでした。

最後、眼科の院長とみっちゃんの親友がくっついたのは、笑った。



投稿者: [ 2017/06/21 11:55 ]
最低な嫌われ役でも、大成功!波瑠さん
結局、元のサヤには無理でしたね
自分事で本当に反省する日くるのかな?
キモさも怖さもあった東出さん良かったです。

有島さんの奥さんは、個人的にこちらも陰気で嫌味で同性としてもイヤなタイプかも。
悪いのはごご主人だけど。何回も体力使って通い続けた奥さん実家、こちらは元サヤに収まりそうで良かったです。

次回波瑠さんドラマは、全くちがう明るいキャラの主人公が観てみたいですね。
投稿者: [ 2017/06/21 09:55 ]
有島の子から選ばれなかった美都
妊娠してなくて良かった。
美都は一人では生きられない女だし、とても一人で子供を育てる強さも覚悟もない。

麗華さんが美都の職場へ詫びに行くシーン。
落ち着いていて、冷静に対処する姿、かっこよすぎる。
よく出来た奥さんだもん、みっちゃんに勝ち目は無いね。
有島にとっては、浮気は息抜きだったのかな。
学級委員のような奥さんだもん、息がつまる時もあったのだろう。

そして小田原さんの告白。
涼太さんが好きだったとは。
確かに言われてみたら思い当たる伏線ありましたね。

今回は、美都に天罰がくだり、何もかも失って、最後の砦の涼太さんからも、離婚を承諾したメールが届く。

みっちゃん、本当に後悔しない?
貴女のことここまで理解して許してくれる人、いないよ。

皮肉なことに1番純愛?をしていたのは、同性愛者の小田原さんだった。
涼ちゃんも、小田原さんだったら、幸せになれるのに(笑)

最終回、どうこの二組の夫婦は答えを出すのだろう。
夫婦って、いろいろありますからね、修羅場をくぐり抜ける出来事もありますよ。
時には片方の目をつぶって、見なかったことにしちゃうことだってある。

やっぱり、わたしは元サヤを願う。
投稿者: [ 2017/06/15 01:00 ]
波瑠さんうまい
私は、登場人物たちがヒド過ぎて逆に興味深々です。

ミツの夫こわーと思って見てたけど、ここへ来て有島くんの妻も覚醒(片鱗は垣間見えてたが)。
レストランで、美容室行って綺麗にしたあの姿で、「それだけよ」と言い放った彼女。
さすがに阿呆の有島クンも慄然としてた。

最初は不倫の話なんて見ないよ、と思ったけど、波留&東出が夫婦役とか、あの性格最悪ピッチャーがイケメン不倫相手とか、いろいろ惹かれて見始めた。そしたらなんか続きが気になって、今は落とし処が気になって、毎回録画してます(第8話も早く見たいが、また週末かなあ・・)。

ドラマの作り手さんたち上手ですね。TBSってこういうの得意なんでしょか。
泥沼不倫劇はイヤだけど、みっちゃんも有島クンも目先のことしか悩んでないから、見るほうにもしょせん他人事の気楽さがある(あ、私もヒドいですね)。
最終回どうするのか、やっぱり興味津々。
投稿者: [ 2017/06/08 09:23 ]
涼太さんの涙にホロリ
涼太さんが壊れちゃってます。
壊れなきゃ、まともな神経していたら、こんなバカ嫁相手に戦えません。
って、涼太さん応援しちゃう。

ここへきて妊娠するとは。
バカもいい加減にしろ。
赤ちゃんに罪はないぞ。

不倫にもルールがあるはず。
妊娠など有り得ないよ。

どんな、天罰がくだるのか見たくてみてるだけだけど、ちょっとは相手の家族のことも、気遣って。って、ムリか。

ポスティングされた告発文、ついに制裁が?と、ラストでスカッとした。
投稿者: [ 2017/06/06 23:43 ]
あら、面白い
二人ともクズすぎると話題になっていたので、5話から見始めました。
あら、面白い。
不倫って、外から見ると結構こんな感じかもと思いました。
これから先、どうなるのかな。
波瑠ちゃん、なかなかいい味だしてるな。



投稿者: [ 2017/05/25 02:15 ]
主人公に大分イライラする。
でも不倫して頭お花畑ってこんな感じなんだろうなあ、とリアルな気もする。

昼顔などの不倫ドラマでは、
不倫はいけないけどドラマだし救いのある展開だといいなあ、と思ってみていました。

でもこのドラマはとにかく主人公に痛い目にあって欲しくなる。
涼太頑張れ!
そして香子の正論にこの先もスカッとさせてほしい。
投稿者: [ 2017/05/24 22:08 ]
このドラマは不倫の罪悪感がないのが色々言われてますが、罪悪感があったら、元々不倫なんかしないんじゃないかな。
逆に心のまま不倫しちゃう二人がリアリティーがあって、バカだな~と思いつつ楽しみながら観てます。
それに浮気されてる二人の怖い演技が、怖いながらもつい笑ってしまって、これまた楽しんでます。
原作はまだ終わってないと聞いたので、最後がどういう風に終わるのか気になります。
投稿者: [ 2017/05/24 15:41 ]
なんだから言われても
ホント視聴率上がりました。
波瑠さんの心の声、反省が少ない台詞は観てる側には腹立つけど、ドラマ的には効果ありかも。あの旦那さんもなんか怖いし、不倫相手も奥さんもすべて怖~いな。
でも、やっぱり気になるドラマには違いない。
波瑠さんのお友達の性格は愛されそう、美味しい役柄で、観てる方は拍手です(笑)
投稿者: [ 2017/05/24 10:41 ]
すごいな
視聴率が急に伸びた。
この回でのアップはすごい。
多少の突っ込みをいれながらも最後はどうなるのか気にはなる。
夫婦2組にイライラしながらもはまっていく視聴者が増えたのだろう。
すごいな。
投稿者: [ 2017/05/24 10:23 ]
このドラマ、不倫してる罪悪感がまったくないから、見ごたえがない。
当事者がバカすぎて、つまらない。

美都は、夫の異常性に気づいて逃げだしたけど、有島のほうは、ヤバい奴だと気づいて、1抜けしたような展開だった。
それなのに、妻に気づかれて、釘までさされたのに会いに行くって?

というより、妻子を捨てて美都にいくほど、みつを好きだったっけ? 
この男には妻子を捨てることはできない。

かつて、昼顔という不倫ドラマや、古くは、マジソン群の橋という映画があった。 
どちらも、ダメとわかっていても、気持ちがいってしまう苦しさと切なさの葛藤が伝わってきて、見ごたえがあった。

要するに、このドラマには中身がない。
当事者二人にも、だから、魅力がない。

お天道様は、どんな罰を与えるのだろう。
もう最終回だけを見ればいいや。
投稿者: [ 2017/05/24 00:38 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング