Fcastドラマ視聴率まとめ

国内ドラマ視聴率·キャスト情報·感想·ネタバレなど。個別スポーツ、バラエティ視聴率も速報更新。コメント大歓迎!検索は『視聴率』
視聴率記事更新日:放送日時 番組タイトル

【小さな巨人視聴率】豊洲署編突入!07話確定 

「小さな巨人」公式BOOK ―PHOTOS&INTERVIEWS― (角川SSCムック)
TBSテレビ
KADOKAWA (2017-06-05)
売り上げランキング: 14,582

小さな巨人 4/16(日)スタート
TBS系毎週日曜 21:00~21:54
長谷川博己&岡田将生共演、組織の中で奮闘する男たちを描く警察エンターテインメント
【スタッフ】
脚本:丑尾健太郎:八津弘幸
演出:田中健太:渡瀬暁彦
プロデューサー:伊與田英徳 飯田和孝
【キャスト】
長谷川博己 香坂真一郎  警視庁捜査一課のエースで、未来の捜査一課長を嘱望されていた刑事。
岡田将生 山田春彦 警視庁捜査一課の刑事。香坂の元部下で、捜査一課長・小野田の車運転担当。
芳根京子 三島祐里 警視庁の新任職員。警務部人事課に配属された。
安田顕 渡部久志 所轄署の刑事で、香坂の異動先の同僚。香坂とたびたび衝突する。
春風亭昇太 三笠洋平 前警視庁捜査一課長。所轄署の署長を務める。
香川照之 小野田義信 警視庁捜査一課長。高卒のノンキャリだが、捜査一課長までのぼりつめた実力の持ち主。
【視聴率】関東 関西
01 4/16【13.7】【15.6】 新警察ヒーロー誕生 敵は味方のフリをする裏切り上司を倒せ!!
脚本:丑尾健太郎:八津弘幸 演出:田中健太
02 4/23【13.0】【】【所轄刑事としての覚悟!隠ぺいされた真実を暴く!】
脚本:丑尾健太郎 脚本協力:八津弘幸 演出:田中健太
03 4/30【11.7】【所轄に裏切り者が?!】
脚本:丑尾健太郎 脚本協力:八津弘幸 演出: 渡瀬暁彦
04 5/07【13.5】【13.7】【遂に裏切り上司との直接対決?!】
脚本:丑尾健太郎、成瀬活雄 脚本協力:八津弘幸 演出:池田克彦
05 5/14【13.9】【15.5】【裏切り上司を100%、クロにする!芝署編、完結!】
脚本:丑尾健太郎 脚本協力:八津弘幸、成瀬活雄
06 5/21【13.5】【14.1】北海道【18.5】【豊洲署編突入!悪徳理事長率いる学園の闇に迫る!】
脚本:丑尾健太郎 脚本協力:八津弘幸 演出: 渡瀬暁彦
07 5/28【12.1】【】【学園最大の闇は天下り!?不正に警察が関与?】
脚本:丑尾健太郎、成瀬活雄 脚本協力:八津弘幸 演出:池田克彦

5月21日放送分(第6話)
 東京・芝署から豊洲署の刑事課に異動した香坂(長谷川博己)。そこには警視庁人事課から来た祐里(芳根京子)や、やはり異動してきた山田(岡田将生)もいた。ある日、香坂らは失踪した男性の捜索を始める。男性は私立学校「早明学園」で経理課長を務めており、学園の専務・富永(梅沢富美男)は元警視庁捜査一課長。富永は香坂の父・敦史(木場勝己)を所轄へ異動させた過去があり、小野田(香川照之)を一課長に引き上げた人物だった。
【感想】
今回の豊洲署編は、とんでもなく濃ゆいキャラを投入!私立学校「早明学園」は、怪しいと体中から放出しているしている人間が、香坂や山田の爽やかキャラでも、取り除けないほどの匂いを放出している。それに、富永は香坂の父とも因縁の関係だが、香坂父は、富永について何か語るのかな?それはまだ先の話だろうけど、驚いたのは、いきなり、江口が死亡し、山田が容疑者にされてしまうという予想外の展開だった。山田は、なぜにあの現場にいたのか?そして単独行動を取り続けたのか?そして、江口は何かを重要な証拠を握ったのか?それにしても、なんで渡部は、あのポジションについたのかな?いくら努力したとは言えど、山田の後任になるようなキャラじゃないと思うけど、モンスター小野田色に染められるのかな?それに警視庁人事課から来た祐里も、面白い存在として、ちょっと注目したくなった。足手まといのようで、意外と活躍しそうな彼女にも注目したくなる豊洲署編だった。

5月28日放送分(第7話)
 山田(岡田将生)が、「早明学園」を内偵捜査中だった警察官・江口(ユースケ・サンタマリア)を殺害した容疑で身柄を拘束された。山田は容疑を否定し、現場から逃げた人物がいたと証言する。小野田(香川照之)率いる捜査一課は豊洲署に特別捜査本部を設置。現場からは第三者の毛髪が発見され、その人物を容疑者として指名手配する。一方、香坂(長谷川博己)は一課の報告と、以前、山田から聞いていた情報との食い違いに気付く。
【感想】
敵は、最強の壁、小野田捜査一課長と、学園の専務であり元捜査一課長富永という鉄壁の壁ということか!いくら乗り越えようと、どんな覚悟を持とうとも、どんな証拠があろうとも、無理なんだな。だいたい、犯罪者のように見える捜査一課長に、どんなお味を告げようとも、全て跳ね返されると思っていたけど、山田と香坂が見せた覚悟は、素晴らしかった。けど、それでも、突破口は、捜査一課長を前にしたら全て塞がれる運命ということは、現行犯かどうにも動かせない証拠が見つからないと無理なのか?それが豊洲署の面々でできるのか?確かに、前回の事件とは違いハードルが高い。これをどうやって超えるのか?どんな物語が用意されているのか?そこには、江口と連携していた容疑をかけられた横澤との接触が必要不可欠のようにも思えるが、どうなるのかな?富永は自ら墓穴を掘ったりするのか?何しろ、物証なんだろうな~。
6月4日放送分(第8話)
 小野田(香川照之)が、任意同行した富永(梅沢富美男)をあっさり釈放した。取り調べの途中、富永の無罪を示す新たな証拠が提出されたためだという。小野田は改めて横沢(井上芳雄)を、江口(ユースケ・サンタマリア)の殺害容疑で指名手配。香坂(長谷川博己)ら所轄刑事も捜査に加わることになる。家族を優先する横沢は妻・亜美(中村アン)と接触する可能性が高く、彼女に信頼されている祐里(芳根京子)が見張り役を命じられる。
関連記事

>
2017/05/29 18:12 :Category:【長谷川博己】小さな巨人 コメント(3)
半沢直樹だったっけ?
構成やら音楽やら真っ赤な夕日だったり・・・
半沢直樹の2番センジのような?

それでも毎週、録画してみているけれど(笑)
それにしても捜査一課長大岩とはえらい違いだわ。
投稿者: [ 2017/05/12 00:20 ]
またまた、びっくり!
ドラマの中で歴代の捜査一課長の名前が映し出された。
なんと警視庁捜査一課長の大岩純一の名前が載っていた。
「小さな巨人」の警察官僚は何だか黒い人が多い。
見ていてちょっと、気がめいるドラマかなぁ~
投稿者: [ 2017/05/15 13:52 ]
何これ?
小さな巨人も毎回観てたのですが、何だか残念な話の内容で、これからも観続けるかどうか悩むところです。
タイムリミットぎりぎりで、5000もある証拠品の中から、それもあと少しで5000全部探し終わるというところで見つけて、「あったぞー」で叫ぶところは、ちょっと白けている自分がいました。
話がわざとらしく、大袈裟な感じなのはともかく、内容が陳腐な気がします。
何故こうなる?という箇所が多すぎる気が……
投稿者: [ 2017/05/16 15:20 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
アクセスサイトランキング
最近のコメント★歓迎!
データ取得中...
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
スマホ、タブレット QR
QR
カテゴリ Category
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング