Fcastドラマ視聴率まとめ

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』
視聴率記事更新日:放送日時 番組タイトル

【4号警備視聴率2】5話から6話で大幅アップ 

4号警備 後編 (宝島社文庫)
宇田 学
宝島社
売り上げランキング: 48,281

4号警備
窪田正孝と北村一輝のコンビでおくる、ボディガードの最前線を描くオリジナルドラマ
NHK総合 毎週土曜 20:15~20:45
【スタッフ】
作:宇田学
演出:石塚嘉 松園武大 宇佐川隆史
制作統括:須崎岳 藤澤浩一
【キャスト】
窪田正孝 朝比奈準人 警備会社「ガードキーパーズ」の警備員。警察官だった。
北村一輝 石丸賢吾 警備会社「ガードキーパーズ」の警備員。社内では臆病者呼ばわりされている。
阿部純子 上野由宇 ストーカー被害に悩まされている女性。朝比奈と石丸が身辺警護を担当する。
麿赤兒 江本六郎  朝比奈が通う総合格闘技ジムのオーナー。周囲からは会長と呼ばれる。
木村多江 本田薫 警備会社「ガードキーパーズ」の2代目社長。
片岡鶴太郎 池山幸雄 警備会社「ガードキーパーズ」の社員。
【視聴率】
01 4/08【7.6】
演出:石塚嘉 ゲスト 水橋研二
02 4/15【6.9】
演出:石塚嘉 ゲスト 阿部純子 小沢一敬
03 4/22【7.0】
演出:石塚嘉 ゲスト 中山秀征
04 4/29【5.3】
演出:松園武大 ゲスト  伊藤蘭,高橋光臣
05 5/06【4.2】
演出:松園武大 ゲスト 柏原収史 壇蜜
06 5/13【6.9】
演出:石塚嘉 ゲスト 塚本晋也 賀来賢人
07 5/20【】
演出:石塚嘉 ゲスト 塚本晋也賀来賢人


5月6日放送分(第5話)再放送:総合 5月13日(土)午前0時55分(金曜深夜)
 朝比奈(窪田正孝)と石丸(北村一輝)は主婦・奈津子(壇蜜)の警護に付くことになる。「無言電話などの嫌がらせに妻が悩まされている」という夫・啓介(柏原収史)からの依頼だったが、何日たっても無言電話はかかってこない。また、奈津子がボランティア活動を行う老人ホームに同行しても怪しい気配はなく、暮らしは穏やかそのものだ。ところがある日、家の中で警戒中に、ふとしたきっかけで、奈津子が激しく取り乱す。
感想
今回の話、30分でけりをつけるというのは、何とももったいない話だった。僕があの場にいたとしても、夫は妻にDVを行ってるというのは分かりやすい場面だったが、石丸と朝比奈ともに同じ意見ですぐに見破った。しかし、二人の対処の方法は、2つに別れた。僕からしても朝比奈が判断したように、奈津子は逃げる方がいいとは思ったが、石丸は、夫啓介と妻について、話し合いを選択した。そこには二人の男の愛する女性への思いが、そうさせたのはわかった。事業に失敗し、妻や娘に苦労させた男と恋人をストーカーから守れなかった男。その経験が、二人の判断を分けたとは思ったが、朝比奈が言った通り、人間はそう簡単には変わらない!やつは、そして暴れたし、逃げるという判断をしたほうが正しかった。そんな中で、娘は海外渡航許可書を持参したが、石丸はどう決断するのか?
僕は、彼にはどこか無理をしている娘を守っては思うのだが....。

第6回2017年5月13日(土)よる8時15分から8時43分再放送:総合 5月20日(土)午前0時55分(金曜深夜)
弁護士・渋谷(塚本晋也)の事務所に送りつけられた銃弾。渋谷は、外国人労働者たちが人身売買の標的となっている事を調べており、何者かから脅迫を受けていた。警護依頼を受けた池山(片岡鶴太郎)は、危険な案件を引き受けるべきか悩む。一方、朝比奈(窪田正孝)と石丸(北村一輝)は前回の仲違いを引きずり、“二人で一人を守る”身辺警護の意味も見出せずにいた。そんな中、ガードキーパーズが買収されるという噂が広がり…
感想
民間警備会社で、収まるようなはなしで、なんとか最終回まで、話を持っていってほしかったが、その程度には済ませたくないのか?とんでもなく、デンジャラスた話に、最終回は突入しそうだ。その上、朝比奈にとっての最大の敵、恋人を殺した小林まで、登場してくるし、少し話がごちゃごちゃ思想で心配だ。それに4号警備も無くなりそうだし、どうも、最終回に詰め込み過ぎな感じもするけど、大丈夫かな。すべてを詰め込む話になりそうな最終回の前の6話は嵐の前のの静けさという感じだった。男しろ今回の話だけでは何も感想はかけないので、次回の完結編を見てから書くことにしたい。
【最終回】
人身売買を告発しようとする弁護士・渋谷(塚本晋也)の警護を引き受けることになった朝比奈(窪田正孝)と石丸(北村一輝)。朝比奈は上野(阿部純子)、石丸は娘の楓(久保田紗友)と改めて会い、それぞれ無事で帰って来ることを胸に期する。かくして警護当日、朝比奈たちは、犯罪組織の造反分子から取引場所として指定された巨大な地下道へと向かう。その頃、朝比奈の恋人を殺したストーカー・小林(賀来賢人)が不審な動きを見せていて…。
関連記事


>
2017/05/20 05:12 :Category:【窪田正孝】 僕たちがやりました 4号警備 コメント(0)
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング