Fcastドラマ視聴率まとめ

国内ドラマ視聴率·キャスト情報·感想·ネタバレなど。個別スポーツ、バラエティ視聴率も速報更新。コメント大歓迎!検索は『視聴率』
視聴率記事更新日:放送日時 番組タイトル

【櫻子さんの足下には死体が埋まっている視聴率】4話確定 感想 

櫻子さんの足下には死体が埋まっている (角川文庫)
太田 紫織
角川書店(角川グループパブリッシング) (2013-02-23)
売り上げランキング: 17,410

櫻子さんの足下には死体が埋まっている
フジテレビ系毎週日曜 21:00~21:54
観月ありさ、26年連続30作品目の連ドラ主演で変わり者の骨格標本士に!
【スタッフ】
原作:太田紫織「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」(エブリスタ/角川文庫)
脚本:山岡潤平
演出:佐藤祐市 山内大典
プロデューサー:森安彩
主題歌:PICK IT UP/Kis-My-Ft2
エンディング:LEAN ON ME/BuZZ
【キャスト】
観月ありさ 九条櫻子 骨格標本専門の標本士。名家のお嬢さまで美人だが、口調は男勝り。
藤ヶ谷太輔 館脇正太郎 博物館の職員。大学の就職課の紹介で何とくなく就職した。
高嶋政宏 山路輝彦 刑事。上昇志向があり正義感の強い男。
新川優愛 志倉愛理 正太郎の同僚。櫻子のシュールな魅力にはまっていく。
上川隆也 磯崎齋 学芸員で、正太郎と愛理の先輩。
【視聴率】
01 4/23【6.9】変人!偏屈!骨好き女現る!
脚本:山岡潤平 演出:佐藤祐市
02 4/30【6.5】傷ついた迷子の少女を救え!
脚本:山岡潤平 演出:佐藤祐市
03 5/07【5.7】届け!恩師が遺した骨と想い
脚本:山岡潤平 演出:山内大典
04 5/14【5.0】
脚本:山岡潤平 演出:

4月23日放送分(第1話)
‘3度の飯より骨が好き’な名家の令嬢・櫻子(観月ありさ)は、動物の骨を組み立てるプロの「標本士」。「自然の森博物館」の新人職員・正太郎(藤ヶ谷太輔)は、櫻子が完成させた標本を受け取って来るよう命じられた。恐がりの正太郎が、標本だらけの室内でびくついていると、櫻子が先日預かったキツネの骨の発見現場に案内しろと言い出す。そして、同僚の愛理(新川優愛)に教えられた森に案内すると、そこには白骨遺体が…。
【感想】
変人謎解きものの典型とも言える作品に見えたけど、意外とこういうドラマは嫌いではない。動物の骨を組み立てるプロの「標本士」櫻子と「自然の森博物館」の新人職員・正太郎のコンビも意外としっくりしてるし、骨からというのは、どこかで聞いたことがあるネタではあるが、興味はそそられる。キツネの骨の中から見つけた人骨の一部から、事件は始まるが、その骨は、正太郎の知り合いだったことで、この事件にドラマが生まれる。亡くなった人は、正太郎には優しい人だったが、世間での評判は、あまり良くはないどころか、点々と引っ越しを繰り返さなくてはいけない立場になったいる。あくまで、彼女との思い出を美しいものにしたい正太郎とそれは先入観だと言いはなつ櫻子!そして事件は、彼女の周りの人を巻き込んでいくが、事件のあらましは、妹の登場とその狼狽ぶりから、恋人の裏切りというのは見えてきたし、妊娠までは予想がついたが、最後のツメの部分は間違ってしまった。まさか自殺だったとは、思いもしなかった。なるほど、慈恵kん現場の要する見ていればヒントは有ったのか!しかし、確かに事件の裏側の真実というの歯わからないものだ。けど、櫻子が言った通り、人の死が残した爪痕というのはかなり深いと言おうのは納得!しかし、それでも、正太郎は自殺した女性を信じたところで、彼の人となりは感じれたかも。それにしても、上川さんの登場がアレだけとは、もったいない!
4月30日放送分(第2話)
 正太郎(藤ヶ谷太輔)は、櫻子(観月ありさ)宅からの帰途、コンビニの前ではだしの女の子(吉澤梨里香)と遭遇。迷子の通報をし、櫻子の家で山路(高嶋政宏)たちの到着を待つことに。そんな中、櫻子は女の子が左手首を骨折後、しかるべき処置がされていないことに気付く。さらに、背中に引っかき傷もあり、母親による虐待の可能性が浮上した。翌日、女の子の家が判明し、送って行った櫻子と正太郎は、室内の状況に息をのむ。
【感想】
今回の話、始まりは単なる迷子と正太郎の出会いだった。ただ、それだけの事件かと思ったら、話は意外な方向に進んでいく。もし夜中に、裸足の少女が、歩いていたら、保護するのは基本的なことだとは思うが。彼は櫻子の家に連れて行くけど、それゆえに指の骨の異常に気づく。単に親に虐待をされたのかと僕も思えたが、怒涛の展開は、後半に待っていた。そこには子どもたちを守る大人たちの姿が描かれていたのが印象的だった。
母親が、あれほど可愛い子どもたちがいながら、危険極まりない薬物男とつながりを持ったのか不思議だが、彼女は、ただ娘を守りたいがために、小さな窓から子供をだした。ということに気づいた櫻子だったが、母親は殺されていた。けれど、彼女が守ろうとしたもうひととの命の存在にも櫻子は気づくが、見当たらない。しかし、母親が何故に、あの体勢で死んでいたのかとから、気づく!そこまで、心えぐられる話だったが、本題は、体を張って、母親が守ろうとした命だった、彼女の先に見えた命に、櫻子、そして、正太郎、山路も答えるかのように体を張るところで泣けてくる。正直こんな展開になることを、、この物語に期待していなかったので、驚いたが、心動かされた。そして、只々、母という存在の偉大さに感謝する話だった。
5月7日放送分(第3話)
 高校時代の恩師・佐々木(モロ師岡)が他界し、櫻子(観月ありさ)は遺族から数多くの標本を託される。博物館の磯崎(上川隆也)や正太郎(藤ヶ谷太輔)らが仕分けを手伝うが、その中に火葬された人骨が見つかり、添えられた紙片には和歌と「玲子」という名前が記されていた。一方、博物館に櫻子の名前で注文された大量の弁当が届き、インターネットの掲示板に櫻子の悪口が書き込まれる。それは、高校生・入山(浦上晟周)の仕業で…。
【感想】
このドラマは意外としっかり作ってあって、楽しみに見ている。今回の話は、櫻子の高校時代の恩師・佐々木にまつわる話だが、櫻子は意外と、普段の見せかけの姿とは違って、人の心に寄り添える人だなと再確認できる話だった。彼が残した標本には、興味を持ちひたすら高揚する櫻子たちが描かれていたけど、一体の人骨が見るかることで、状況は一変する。そこに、濃さ先と深いつながりが有った少年が登場してくるのだが、ちょっと惜しいのは、少年とその遺体となった母親とのドラマは、薄くしか描かれてないことかな。なんで、彼女は我が子を捨てなくてはならなかったのか?よくわからないところがもったいない。このドラマ、意外と親子というものを描く作品みたいだが、そこがきっちり描かれないと、今ひとつという感じはする。櫻子によって、母と佐々木との関係が明らかになり、佐々木が少年入山と繋がったのは深い母の願いが有った!というところのドラマは、ワかも絡めて、美しくも悲哀に満ちて描かれて、ドラマチックだっただけに、前述のところが何とも惜しい。しかし、あのぶっきらぼうな櫻子という人物が親子の謎をとけば解くほど、彼女の生い立ちに興味は持ちたくなる。磯崎、正太郎とも連携しながら、骨の中に眠る謎を解く過程も良かったし、意外と好きなドラマかも。
5月14日放送分(第4話)
 櫻子(観月ありさ)や正太郎(藤ヶ谷太輔)たちは、博物館のオーナー・清治郎(佐々木勝彦)の娘で同館代表・薔子(富田靖子)に依頼され、清治郎の誕生日を祝うため、前日から屋敷へ。清治郎の妻・君子(島かおり)、薔子の兄、妹夫婦、弟も顔を揃える中、清治郎が突如、明日、来季の事業計画のプレゼンをするよう命じ、結果次第で遺産の配分を決めると宣言した。翌朝、清治郎が遺体で見つかり、きょうだい間で犯人捜しが始まる。
【感想】
櫻子が、骨がはまらないと言い切っていたけど、僕もあの人が殺したんだろう?と思ったら、その予想はやはりというものだった。この親族の中で、誰が一番、清治郎を恨んでいたのか?多くの女と関係を結び、その上、子供を作ってきたし理不尽な男は、妻に成敗される運命しかないとは思った。いくら、息子たちや娘達が、理不尽な扱いを受けようとも、彼らを各会社のトップに据えている。そして決定的だったのは、彼の残した遺言書だった。妻の言うとおりにしろと書き記すほど、彼は妻君子を信じていたというのなら、彼女に密やかに報復されて、静かに病死していったのでなければドラマではない。彼女が桜子に語った仮の話は、間違いない真実だろうが、櫻子に語ったのは、どこか君子も彼女ににた雰囲気を感じ取っていたのか?それとも、櫻子の生い立ちを知ってるからだろう。それにしても、今回は骨が絡むような話ではなかったが、家族というものが色濃く描かれているという意味では、このドラマはぶれてないかな。
5月21日放送分(第5話)
 正太郎(藤ヶ谷太輔)は、仕事を休んだ磯崎(上川隆也)が、元教え子について聞いて回る場面に遭遇。櫻子(観月ありさ)と自宅を訪ねると、磯崎は重い口を開く。高校教師だった5年前、クラスに一重(中村ゆりか)、二葉(三浦透子)、三奈美(山谷花純)の仲良し3人組がいたが、二葉が失踪。磯崎は責任を感じて退職した。そして、一昨日、突然電話してきた一重に、連絡がつかないという。櫻子は、手掛かりは三奈美にあるとにらむ。
【感想】
関連記事

>
2017/05/15 10:24 :Category:【観月ありさ】櫻子さんの足下には死体が埋まっている コメント(3)
> それにしても、上川さんの登場がアレだけとは、もったいない!
同館!
上川さん出演ということで見たのに。
でも続けてみるかも。
投稿者: [ 2017/04/24 16:24 ]
こちらはお嬢様
織田裕二の探偵物と比べるなら貴族探偵よりこちらの方が似ているかも。織田裕二も観月ありさも主役を何度もやってきてさすがの存在感。櫻子さんは思ったほど登場シーンが多くなかったのに語るシーンでは迫力があり引き付けられました。
藤ヶ谷太輔がおどおどした青年を好演しています。誠実さも伝わってすごくいいです。
上川隆也はちょっと出番が少なかったですけど今後は増えるのかな?でも脇に回って抑えた演技で藤ヶ谷を引き立てていてさすがだと思いました。あのお手伝いさんも地味にいい!二人とも出しゃばりすぎない控えめな演技で、突拍子もない設定の主人公に対して普通の世界を作り上げていてすごく良かったです。
貴族探偵を酷評してしまいましたが、やはりあれは監督演出脚本の失敗も大きいかもしれませんね・・・。
あと、相葉雅紀はこの正太郎役ならうまくできただろうと思いました。もったいない。
投稿者: [ 2017/04/25 12:53 ]
ジワジワきます♪
毎週楽しみに観てます♪
こんな学者のような地味な先生いたな~とか
懐しく思いながら観てました
それにしても観月さん 素晴らしいプロポーションですねー 無駄な肉が無くて骨がしっかりしてそうです! 婆やや正太郎くんとの掛合いも面白くて好きです♪
高校生役の方の芝居も好きだなぁ
今回も話の展開にジワジワと込み上げるものがありました!
先週も2つの命を守る母親の真実が…ちょっと展開にビックリしましたが お姉ちゃんの笑顔が見られてジーンときました! 良かった(><)
もう少し深く経緯を詰めてくれると…と思いますが1時間では終らないかな~
とにかく次回も楽しみです♪
投稿者: [ 2017/05/13 18:39 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
アクセスサイトランキング
最近のコメント★歓迎!
データ取得中...
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
スマホ、タブレット QR
QR
カテゴリ Category
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング