Fcastドラマ視聴率

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』
視聴率記事更新日:放送日時 番組タイトル

【ハロー張りネズミ視聴率】4話8/4 


金曜ドラマ『ハロー張りネズミ』
2017年7月 毎週金曜よる10時
人情とおせっかいがモットーの探偵事務所を舞台に、誰もやりたがらない面倒な依頼や事件を、一風変わった探偵たちが解決する新感覚・探偵ドラマがスタート!
【キャスト】
瑛太 七瀬 五郎:「あかつか探偵事務所」所員 通称「ハリネズミ」。事件の嗅覚と行動力は抜群。
深田恭子 四俵 蘭子:ある事件をきっかけに五郎と知り合うことになる女性。正体は謎に包まれたミステリアスな美女。
森田剛 木暮 久作:「あかつか探偵事務所」の所員。通称・グレ。五郎の相棒
山口智子 風 かほる:「あかつか探偵事務所」の所長。人望はあるが、昼間から酒を飲むなど豪快な性格
【スタッフ】
原作:弘兼 憲史「ハロー張りネズミ」(講談社「ヤングマガジンKC所載」)
脚本/演出:大根 仁
プロデュース:韓 哲 市山 竜次(オフィスクレッシェンド)
製作:オフィスクレッシェンド
【視聴率】
FILE No.1 7/14【10.3】北海道【13.8】「代理娘」
(1話ゲスト) 伊藤淳史
FILE No.2 7/21【*7.6】「蘭子という女」
(2話ゲスト)平田満 吹越満
FILE No.3 7/28【*6.6】「蘭子という女 後編」
(3話ゲスト) 吹越満、平田満、中原丈雄
FILE No.4 8/04【*4.8】ママ、さびしいかったの
(ゲスト) 内田 滋、後藤由依良、古舘寛治、上田遥


FILE No.1「代理娘」
2017年・東京都板橋区下赤塚ー。五郎(瑛太)とグレ(森田剛)は、所長の風かほる(山口智子)が営む「あかつか探偵事務所」のお気楽所員。ある日事務所を訪れてきた川田(伊藤淳史)からの依頼は、なんと、一ヶ月前に亡くした娘を探してほしいというものだった−。「そんなの探偵の仕事じゃない」と反対されながら、人情をモットーとする五郎とグレは、川田からの依頼を叶えるため、亡くなった「娘」を探すのだが・・・。
【感想】
この作品が書かれたのは、1980年ということは、昭和55年から連載ということになる。そこから昭和が終わる頃まで書かれた作品で僕でも記憶が曖昧で、読んだことある気もするのだが、内容については全く覚えていないが、原作の表紙のイメージだけは、覚えていた。主人公は瑛太さんよろももっと若いイメージだとおもっていたが、設定は25歳らしい。けど、ドラマを見ていると、瑛太さんくらいの年齢のほうが、雰囲気にはあってる気はする。何しろ物語は、昭和風味満載で、25歳くらいの俳優にやらせるのには、あわないだろうな。どうも、脚本演出の大根さんと瑛太さんはまほろ駅前番外地つながりらしく、その雰囲気もあるような。ハッキリ言って、物語は、既定路線のように、思い描いたとおりに話は進行したと思う。いきなり、少女がハサミを取り出したのは、髪の毛を切れということだし、人情ものらしく、亡くなろうとした母親に、思いを残させずに、見事に少女は、娘の代わりを演じきった。そしてそんな少女を、娘として迎えるのは、本当にわかりやすい展開だけど、五郎とグレのコンビの生み出す雰囲気が、なんとも、心地いい。初回からもっと跳ねた内容を期待したたので、ちょっと裏切られた感はあるけど、古き良き時代のドラマというと悪い感じはしなかった。けど、次はかなりガッツンとアクションありの内容になるらしいので期待!変幻自在な作品になって欲しいかな
FILE No.2「蘭子という女」
 あかつか探偵事務所に依頼人・蘭子(深田恭子)がやって来る。25年前、商社の副社長だった蘭子の父・乙吉(平田満)は贈収賄および詐欺事件に加担した疑いが掛かり、自殺した。だが、蘭子は、乙吉は当時派閥争いをしていた現会長・舞原(中原丈雄)らにはめられて殺されたと訴える。五郎(瑛太)たちは、乙吉から事件の証拠を託されたという男性・南(リリー・フランキー)や、乙吉の右腕だった仲井(吹越満)の行方を捜す。
【感想】
今回は、南の事務所が爆破されたりとなかなかハードな場面もあった2話だが、今回は前編。そんな中、五郎たちの動きをどこで嗅ぎつけたのか?全くわからないけど、蘭子が持ち込んだ彼女の父親絡みの事件の闇は、かなり深いとは感じれる内容だった。蘭子の父・乙吉が亡くなったのは、残された音声から、どうも自殺というのは、嘘で、この事件自体も、蘭子の父・乙吉が邪魔で、追い落とすために仕組まれたものらしいという、なんとも昭和な展開だが、こういうのも、今の時代にあってもいいかもね。闇に葬られた事件なんて、よくある話だもんな。乙吉の右腕だった仲井も加わり、南が預かった乙吉が残した資料は何を指し示すのか?五郎とグレは、与えられたものから、どんな闇を見つけるのか?あのダイニングメッセージの秘密は、あまりにもミエミエだけど、後編はふたりの思いっきりの活躍を信じたい。
7月28日放送分(第3話)
 蘭子(深田恭子)の父・乙吉(平田満)が自殺したとされる事件の真相を追う五郎(瑛太)たち。南(リリー・フランキー)は乙吉から預かっていた証拠書類を見つけ、五郎に連絡するが、直後、事件に巻き込まれる。一方、グレ(森田剛)が発見した元秘書課長・仲井(吹越満)が、あかつか探偵事務所にやって来る。乙吉の無念を共に晴らすつもりだという仲井は、事務所である写真に注目するが、それを悟られないよう、平静を装う。
【感想】
この作品がどれくらい原作にそっているのか?分からないが、さすがに、もう20年以上が描かれ始めてたってるので、全てが古いという感じはしてしまう。グレと殺し屋の肉弾戦に始まり、勝負がつかなかったのはいいけど、あれだけ何度もかって刺された腕で、拳銃を撃ったりって可能じゃないでしょ。裸同然の姿で、女性一人しかいない部屋に男の入室を許すって、今の時代、考えられないもんな~。大体、居留守使うし、殺し屋の方も、問答無用で破壊して入って来るのが、今の時代の演出でしょ!こういうのは、今風に変えてもいいような気もする。それに、蘭子もあの五郎と殺し屋の戦ってる最中に逃げもしないなんて、ココまで来ると、どうにかしないといけないレベルで、これから考えてほしいような。原作をあまり変えたくないのかもしれないが、ある程度変えないと、あれだけのアクションをしながら、なんともゆるい展開すぎて、今ひとつ何とも言えない。しかも仲井の暴走も派手だったけど、なんとも言えん。まだ期待したいので、4話も見てみるけど、やっぱり、探偵物語を目指しても、昭和過ぎちゃいかんのだな~と思う3話だった。
8月4日放送分(第4話)
 あかつか探偵事務所に依頼人の漫画家・北村(内田慈)がやって来る。北村が仕事で家を空けている時に、何者かが家に侵入しているという。1人で留守番をする5歳の娘・七恵(後藤由依良)はその人物を「ママだ」と言うが、北村は身に覚えがない。五郎(瑛太)たちは早速、カメラを仕掛けるが、気配はあるものの七恵以外の姿は写らなかった。超常現象の可能性を考えた五郎は、霊能力者・河合(蒼井優)に助けを求める。
【感想】
なんで改めて、あの教授がやられるシーンを持ってきたのかははっきりとはわからんが、やっぱり、恐怖心を煽るという目的なんだろうな~。けど、繰り返すことで、怖さは増幅された感じもする。それにしても、探偵なのに、お化け退治とは面白い展開だし。グレさんが話を聞いただけで、おしっこチビってしまうほどの怖がりということで、自然と霊能力者・河合が相棒に!演じる蒼井さんの霊媒師としての雰囲気も悪くなく、ズンズンとその世界に引き込まれていく。なんしろ、今回は、五郎とカワイが組んだ効果はなかなかだったな。こんな超常現象年て怒るはずもないと思いこんでる五郎と家に入った瞬間から、何かを感じ取り、あの柱に目星をつけて戦いを挑んでいく河合!そんな中で、五郎が襲われたのを、河合はあっさりと封印するが、戦いはまだ終わりは見えてなかった。この展開はかなり興味が持てるし、2話完結にしても問題無しかも。七恵は何をあの化物に本当に母を見たのか?かなり気になるし、河合五郎コンビの戦いっぷりも面白そうだ。こりゃ夏にやって、正解だね。
関連記事


>
2017/08/02 20:46 :Category:【瑛太】ハロー張りネズミ コメント(4)
怖かった~
森田くんの怖がる演技よかったし、なんか可愛かった(笑)
久しぶりに気持ち悪くドキドキしてでも面白かったです。
お母さんに何かあるのかな?来週楽しみです。私も霊感?予感?はあるみたいです。
気楽に楽しめるドラマです。
投稿者: [ 2017/08/06 13:15 ]
なるほどね
このまほろ風味はなんじゃろなと思っていたら、まほろの方なんですね。そっか昭和テイストのものなんだ。ちょい昔な感じで瑛太くんと剛くん、山口智子さんの大人な雰囲気でいくのかな。内容は想定内だけど見やすかったし単純に面白かったから次週も見ます。
原作未読なので深キョンがどうなるのか分からんけど、次はリリーフランキーさんがゲスト?なのかな?楽しみ。
投稿者: [ 2017/07/16 14:21 ]
瑛太さん、森田くんコンビ
瑛太さん、少しポッチャリ?感じ変わりましたが、あのカラオケを歌ってる時、なりふり構わず面白かったです。
森田くんも、最近ずーとお髭顔でたまにはさっぱりとアイドルらしい姿も観たいけど、ここまで個性キャラ役も似合ってました。私もゆるくこのドラマみょうかな。
この1話で凄い!と思ったのは事故で寝たきりのお母さん役のメイクと、目の演技よかった!
涙ながして逢いにきた子供は我が子でないのを気づいていて感謝したのかな?
一番心に残ったシーンでした。
投稿者: [ 2017/07/15 20:44 ]
おせっかいと人情がモットー!
まるで昭和だ!
確かに、小ネタも下ネタも古いかな(笑)

初回は代理娘の話で、養女にするだろうと思っていたら、その通り。
でも、バレーまで習わせるのは代用品と言われてもしかたないか。
ここは、気持ちを尊重してあげてほしかったな。先が心配になる。

瑛太さんと森田剛さんのコンビも、なかなか良かったし、山口智子さんは、相変わらず、ステキでカッコいい。

ゆるく見てるのがちょうどいいかな。
投稿者: [ 2017/07/15 00:45 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング