Fcastドラマ視聴率まとめ

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』
視聴率記事更新日:放送日時 番組タイトル

【ごめん、愛してる視聴率】6話8/20UP 

Fantôme
Fantôme
posted with amazlet at 17.07.07
宇多田ヒカル
Universal Music =music= (2016-09-28)
売り上げランキング: 122

日曜劇場『ごめん、愛してる』
放送:2017年7月スタート毎週日曜21:00~21:54
04年に韓国で放送された純愛ドラマを日本版にリメークしたもの。の岡崎律は不遇な環境で育ち、裏社会に身を置く。ある事件で致命的なけがを負った後、幼い頃に自分を捨てた母(を探し当てるが、弟のサトル(に愛情を注ぐ母の姿を見て、複雑な感情を抱く。
【スタッフ】
原作:韓国KBSドラマ『ごめん、愛してる』(脚本:イ・ギョンヒ)
脚本:浅野妙子
プロデュース:清水真由美
演出:石井康晴 水田成英 植田尚
主題歌:Forevermore/宇多田ヒカル
製作MMJ/TBS
【出演】
長瀬智也 岡崎律 幼い頃に母親の麗子に捨てられ、児童養護施設で過ごす。
吉岡里帆 三田凜華 純粋で愛情深い女性。幼なじみのピアニスト・サトルに思いを寄せる。
坂口健太郎 日向サトル アイドルピアニスト。英才教育を受けて裕福に育つ。
大竹しのぶ 岡崎律の母 律とサトルの母親。世界で活躍した一流のピアニストだった。
大西礼芳、大智、イ・スヒョク、六角精児、草8村礼子、山路和弘、キム・ギョンギュン、ヨシムラケンイチ、光山文章、斎藤志郎、速水今日子、飯田まさと、崔晢浩、池脇千鶴、中村梅雀
【視聴率】
01 7/09【*9.8】北海道【14.1】命をかけた片想い
脚本:浅野妙子 演出:石井康晴
02 7/16【10.0】北海道【13.1】母への愛と憎しみ
脚本:浅野妙子 演出:水田成英 
03 7/23【*9.5】北海道【】俺に子守唄を歌ってくれないか
脚本:浅野妙子 演出:石井康晴
04 7/30【*9.2】北海道【】刻々と死がせまってくる...ずっと俺のそばにいてくれ
脚本:浅野妙子 演出:植田尚
05 8/13【*9.4】北海道【】
脚本:浅野妙子 演出:
06 8/20【*9.5】北海道【】
脚本:浅野妙子 演出:植田尚


7月9日放送分(第1話)
 2017年、ソウル。幼い頃、母親に捨てられた日本人・律(長瀬智也)はマフィアの若頭・白狼(イ・スヒョク)の元で用心棒として働いていた。律はある日、幼なじみのピアニスト・サトル(坂口健太郎)の付き人としてソウルを訪れていた凛華(吉岡里帆)を助ける。そんな中、白狼の誕生日パーティーが開かれる。席上、律は暗殺者から白狼をかばって頭部に被弾。弾は摘出できず自分が余命わずかと知った律は、母親を捜すため日本へ渡る。

7月16日放送分(第2話)
 律(長瀬智也)はフリーの記者・加賀美(六角精児)から、自分が母・麗子(大竹しのぶ)に捨てられた事情を聞いてショックを受ける。さらに、弟・サトル(坂口健太郎)は麗子の愛を一身に受けながら幸せに暮らしていた。加賀美は隠し子である律に、この件を週刊誌に暴露し、麗子に報復しないかとささやく。迷いを抱く律は、麗子の家に何度も足を運んでしまう。事情を知らない凜華(吉岡里帆)は、律にサトルの運転手をしないかと提案する。
7月23日放送分(第3話)
 酔っぱらった凛華(吉岡里帆)を連れて日向家に戻った律(長瀬智也)は、麗子(大竹しのぶ)のマネジャーを務める凛華の父・恒夫(中村梅雀)から強い口調で追い払われる。律にある疑念を抱く恒夫は運転手として雇うことに反対するが、麗子はサトル(坂口健太郎)とウマが合う律を解雇する気はない。そんな折、凛華はサトルから、塔子(大西礼芳)へのプロポーズに協力してほしいと頼まれる。恋心を押し殺して協力する凛華に、律はあきれる。
7月30日放送分(第4話)
 凜華(吉岡里帆)が仕事を辞めてアメリカに語学留学したいと周囲に打ち明ける。恒夫(中村梅雀)は凜華の決意をあっさり受け入れるが、サトル(坂口健太郎)は動転し何とか引き留めようとする。一方、律(長瀬智也)から留学の理由を問われた凜華は、塔子(大西礼芳)に思いを寄せるサトルのことを見ていられないと吐露。律は凜華がいなくなることに寂しさを感じる。そんな中、サトルと凜華の熱愛疑惑が週刊誌で報じられてしまう。
8月13日放送分(第5話)
実の母親・麗子(大竹しのぶ)に受け入れてもらえず、寂しさを抱えた男・律(長瀬智也)。 凛華(吉岡里帆)と一緒に暮らすことになり、束の間の幸せを得たかに見えた。 しかし、同居人の若菜(池脇千鶴)が仕事を失う事態に。若菜は麗子のもとで働きはじめるが、ある事件が起こり窮地に立たされてしまう。 一方で、律の出生の秘密を調べる恒夫(中村梅雀)は、ついにその真相を突き止め、衝撃に打ちのめされる。そんな折、サトル(坂口健太郎)が塔子(大西礼芳)と婚約。彼を思い続けてきた凛華と麗子は傷つく。 なんとか2人の支えになりたいと願う律。しかしその想いは、すれ違い…
8月20日放送分(第6話)
麗子(大竹しのぶ)の隠し子疑惑が報道され、日向家にマスコミが殺到する。 困惑する麗子を守るため、律(長瀬智也)は報道陣を相手に暴れる。 やがて、記者会見で全てを語ることに決めた麗子。その告白の内容に、律は強いショックを受ける。 傷ついた律の心を感じ、寄り添う凛華(吉岡里帆)。逃避行の末に、2人は… 一方サトル(坂口健太郎)の前から、婚約者の塔子が突然姿を消す。必死に塔子を探すサトルだが…
関連記事


>
2017/08/21 14:31 :Category:【長瀬智也】ごめん、愛してる コメント(1)
二話目
実は一話目を録画して視聴する前に二話目を見てしまいました。一番思ったのは「昼ドラやん」。
韓国のドラマを見た事が一度も無いので正直魅力を語ることは一切出来ないけど、どうにも好きになるテイストが微妙にズレてるんだよな。重たいドラマは基本大好物なもんで楽しみにしてたのですが、どうにも昼ドラ臭が凄くて見続けるのに体力使いそうなドラマだなーと。
キャストの皆さんは大好きな方が多いんですよ。長瀬くん然り、吉岡さん然り。池脇千鶴さんも好きなので楽しみだったんだけど。うーむ。未だに録画して見てない一話目を見てもう一度二話目を見てみます。うーむ。
投稿者: [ 2017/07/17 18:04 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
最近のコメント★歓迎!
データ取得中...
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング