Fcastドラマ視聴率速報

インハンド/なつぞら/白衣の戦士/緊急取調室/ミストレス!/スパイラル/家政夫のミタゾノ/嵐にしやがれ/VS嵐 映画 視聴率感想情報

【 いだてん~東京オリムピック噺~関東関西視聴率】.UP 




主演別カテゴリ:【大河】西郷どん いだてん

大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」
NHK総合毎週日曜 20:00~20:45
【宮藤官九郎脚本】
【放送予定】2019年1月より(全50回)
【制作統括】訓覇圭 清水拓哉
【演出】井上剛 西村武五郎 一木正恵:大根仁
【キャスト】
中村勘九郎 金栗四三 日本人初のオリンピック選手。故郷・熊本では往復12キロの通学路を駆け抜ける姿から“いだてん”と呼ばれ、予選会のマラソンで優勝し、ストックホルム大会に出場する。
阿部サダヲ 田畑政治 1964年の東京オリンピック組織委員会事務総長。元水泳選手で、指導者として選手の育成に燃える。
綾瀬はるか 春野スヤ 熊本に住む医師の娘。幼なじみの金栗に恋心を寄せる。
生田斗真 三島弥彦 金栗と共に選ばれた日本人初のオリンピック選手。あらゆるスポーツに秀で「運動会の覇王」と呼ばれる。
森山未來 美濃部孝蔵 若き日の古今亭志ん生。。ある運命的な出会いによって落語家を目指す。
役所広司 嘉納治五郎 東京高等師範学校の校長。“日本スポーツの父”と呼ばれる。
ビートたけし古今亭志ん生 【噺】落語の大名人。
いだてん 前編 (NHK大河ドラマ・ガイド)
宮藤 官九郎
NHK出版 (2018-12-25)
売り上げランキング: 350

【視聴率関東・関西】
01 1/06【15.5】【12.9】「夜明け前」 井上剛
名古屋【11.3】北部九州【12.4】札幌【7.4】
02 1/13【12.0】【11.5】「坊っちゃん」 井上剛
03 1/20【13.2】【11.6】「冒険世界」 西村武五郎
04 1/27【11.6】【12.0】小便小僧/一木正恵
05 2/03【10.2】【11.7】雨ニモマケズ/井上剛
06 2/10【*9.9】【*8.0】お江戸日本橋/西村武五郎
07 2/17【*9.5】【*8.6】おかしな二人/一木正恵
08 2/24【*9.3】【*7.7】敵は幾万/井上剛
09 3/03【*9.7】【*8.7】さらばシベリア鉄道/大根仁
10 3/10【*8.7】【*8.6】真夏の夜の夢
11 3/17【*8.7】【*8.9】百年の孤独
12 3/24【*9.3】【*8.3】太陽がいっぱい
13 4/01【*8.5】【*7.7】思議な少年
14 4/14【*9.6】




01
 1959(昭和34)年、オリンピック招致が決まる目前の東京。落語家・古今亭志ん生(ビートたけし)は、大渋滞の日本橋を通り、寄席に向かっていた。その日の高座で、志ん生は、日本のオリンピック初参加にまつわる噺(はなし)を披露する。’09(明治42)年、柔道の創始者・嘉納治五郎(役所広司)は、’12年にスウェーデン・ストックホルムで行われるオリンピックに派遣する選手の選考を巡り、悪戦苦闘していた。そんな中、初めての派遣選手を選ぶために開催した予選会の中に、四三(中村勘九郎)の姿があった
02
テレビ寄席で志ん生(ビートたけし)が語るのは、日本初のオリンピック選手、金栗四三(中村勘九郎)の知られざる熊本での少年時代。学校往復12キロを走る「いだてん通学」で虚弱体質を克服した四三。軍人に憧れ海軍兵学校を受けるも不合格に。身体を鍛えても無駄と落ち込む四三だが、幼なじみのスヤ(綾瀬はるか)に励まされ、嘉納治五郎(役所広司)が校長を務める東京高等師範学校への進学を決意する。運命の出会いが近づく。
03
家族の期待を一身に背負って上京した四三(中村勘九郎)だったが、高等師範学校での寮生活になじめない。夏休みの帰省では、スヤ(綾瀬はるか)の見合いがあると聞かされる。傷心で東京に戻った四三は偶然、三島弥彦(生田斗真)らの天狗倶楽部による奇妙な運動会を目にする。一方、浅草の不良青年、美濃部孝蔵(森山未來)も落語にのめり込もうとしていた。のちの名人、古今亭志ん生(ビートたけし)の第一歩が踏み出されるー。
04
 四三(中村勘九郎)は高師のマラソン大会で3位に入る。表彰式で嘉納(役所広司)から声を掛けられた四三は発奮し、むちゃな練習を続ける。その頃、嘉納はストックホルムオリンピック代表選手を選ぶ予選会を前に、頼みの綱の弥彦(生田斗真)もあてにならず、山積する難題に頭を抱えていた。1960年。志ん生(ビートたけし)は嘉納の苦労に思いをはせるうちに酒を飲んでしまう。そしてほろ酔いの状態で高座に上がり…。
05
 1960年、ほろ酔いの志ん生(ビートたけし)は、高座で落語「芝浜」を語ると思いきや、突然、オリンピックの噺を始める。1911年、オリンピックの予選会が東京・羽田で開催される。審判員を買って出たはずの弥彦(生田斗真)は、全国から集まった健脚の学生達に刺激を受け、急きょ短距離走に参戦。一方、四三(中村勘九郎)は、約40キロという未体験の距離のマラソンに挑み、敬愛する嘉納(役所広司)が待つゴールを目指す。
06
 五輪に送り込むにふさわしい選手が見つかり喜ぶ嘉納(役所広司)だが、膨大な派遣費用に頭を抱える。しかも四三(中村勘九郎)は「負ければ腹切りか」と恐縮し、弥彦(生田斗真)は帝大卒業後の進路を考えたいと出場を断る。一方、孝蔵(森山未來)は落語の師匠・橘家円喬(松尾スズキ)から、車引きならば落語に登場する東京の街並みを足を使って覚えながら芸を磨けというヒントをもらい、日本橋周辺をひた走る
07
 嘉納(役所広司)の口車に乗せられ、渡航費を自ら用意することになった四三(中村勘九郎)は、兄・実次(中村獅童)に資金援助を依頼する。そんな中、四三は、同じく五輪出場を決めた弥彦(生田斗真)と共に、三島家で海外の食事マナーを学ぶ。そこで四三は、同家の冷めた親子関係を感じ取る。それは、貧しくとも四三を応援する彼の家族とは全く異なる姿だった。その頃、四三は実次から便りがなく、困り果てていた。
08
 大金を携えて上京してきた実次(中村獅童)の話から、四三(中村勘九郎)はスヤ(綾瀬はるか)の働き掛けで資金を得られたことを知る。四三の壮行会が開かれている頃、スヤは熊本で嫁入りする。やがて、四三と弥彦(生田斗真)は、見送りに来た大勢の人々の「敵は幾万」の歌に包まれ、オリンピック開催地のスウェーデン・ストックホルムへと向かう。そして、汽車が動こうとした時、弥彦の名前を叫ぶ声が聞こえてくる。
09
 四三(中村勘九郎)と弥彦(生田斗真)はウラジオストク、ハルビンを経由し、シベリア鉄道でスウェーデン・ストックホルムへの長旅に出る。不手際で嘉納(役所広司)の渡航が遅れる中、日本選手団監督・大森(竹野内豊)と妻・安仁子(シャーロット・ケイト・フォックス)のハネムーンのような態度や、初めて接する外国人の横柄さに、四三は不安を抱く。一方、孝蔵(森山未來)は円喬(松尾スズキ)から「朝太」の名を授かる。
10
ストックホルムで四三(中村勘九郎)は白夜に苦しめられる。大森兵蔵(竹野内豊)の体調が芳しくないため、四三は弥彦(生田斗真)と共に自分たちだけでトレーニングを開始。だが、外国人選手との明らかなレベルの差に滅入っていく。やがて追い詰められた弥彦がとんでもない行為に…。その頃、「朝太」の名を授かった孝蔵も、円喬(松尾スズキ)の話術を必死に盗もうと取り組むが、その凄さに圧倒される。
11
1960年、東京オリンピックを控え田畑政治(阿部サダヲ)は、ストックホルムオリンピックの記録映像に見入る。1912年7月のストックホルム大会開会式。四三(中村勘九郎)と弥彦(生田斗真)は日本初のオリンピック選手として晴れやかに入場する。短距離走に挑む弥彦はレース前に極度の緊張状態に陥るが、監督の大森兵蔵(竹野内豊)の言葉によって本来の自分を取り戻し、一世一代の大勝負に臨む。
関連記事

更新日時:2019/04/15 09:56
コメント(1)
かなりコミカル過ぎかな・・・
大森夫妻の事が九話でやっと説明されましたが、遅すぎたのではと思っています。一話でアニコさんの前にバケツが置かれた時点でコミカル担当の架空の女性だと思い込んでいました。

七話辺りで気がつき、調べてみたら何とも素晴らしい女性でその生き方に感動し、思い込みを反省しました、

知る人ぞ知るという人達が沢山出て来るのだけど、調べないと解らないというドラマ作りは、不親切なような気がするのです
投稿者: [ 2019/03/05 04:29 ]
みなさんの感想





ハンドルネーム複数不可。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
アクセスサイトランキング
スマホ、タブレット QR
QR
プロフィール Profile

管理人

Author:管理人
性別 男性 20歳以上
ペット 猫
趣味 ドラマ 映画 


free counters
カテゴリ Category