Fcastドラマ視聴率まとめ

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』

【孤独のグルメ 視聴率】Season6 最終回 

孤独のグルメ Season6 Blu-ray BOX
ポニーキャニオン (2017-09-20)
売り上げランキング: 766

ドラマ24 孤独のグルメ Season6
テレビ東京系毎週金曜 24:12~24:52
異色のグルメコミックを松重豊主演で実写ドラマ化する第6弾!雑貨輸入商を営む井之頭五郎は仕事で訪れた町で、ふと店に立ち寄り自由に食事をする。
【スタッフ】
原作:原作:久住昌之、作画:谷口ジロー「孤独のグルメ」(週刊SPA!)
脚本 田口佳宏 児玉頼子
音楽 The Screen Tones 久住昌之 フクムラサトシ 河野文彦 Shake 栗木健
チーフプロデューサー 浅野太
プロデューサー 川村庄子 吉見健士 菊池武博
演出 溝口憲司 井川尊史 北畑龍一
【出演】
井之頭五郎 松重豊 自由な生き方をモットーとし、個人で輸入雑貨商を営んでいる。仕事で訪れた街で雰囲気のある店を探し、そこで食事を取ることを楽しみとしている。未婚で、酒は飲めない。
【視聴率】
01 4/07【3.9】「大阪府美章園のお好み焼き定食と平野の串かつ」
【ゲスト】六角精児・波岡一喜・池乃めだか・下柳剛
脚本 田口佳宏 監督 溝口憲司
02 4/14【3.9】「新宿区淀橋市場の豚バラ生姜焼き定食」
【ゲスト】東風万智子 久保田磨希 池田道枝
脚本 田口佳宏 監督 溝口憲司
03 4/21【4.0】「東京都目黒区三田のチキンと野菜の薬膳スープカレー」
【ゲスト】山崎樹範、谷村美月
脚本 田口佳宏 監督 井川尊史
04 4/28【3.3】「東京都東大和市の焼き肉」
【ゲスト】村山真理子…手塚理美 みゆ…白石聖 村山武…福地叶成
脚本 田口佳宏 監督 井川尊史
05 5/05【3.7】 「東京都世田谷区 三軒茶屋の回転寿司」
【ゲスト】 山下リオ、若林豪、岡本麗
脚本 田口佳宏 監督 溝口憲司
06 5/12【4.3】 「東京都新宿区 高田馬場のシャン風 豚高菜漬け炒めと牛スープそば」
ゲスト 髙橋努 【脚本】 児玉頼子【監督】 井川尊史
07 5/19【3.7】「東京都渋谷区道玄坂の皿うどんと春巻」
ゲスト 川上麻衣子、窪塚俊介【監督】北畑龍一【脚本】田口佳宏
08 5/26【3.4】台東区の御徒町のラム肉長葱炒め
ゲスト 岡田浩暉 【脚本】 田口佳宏 【監督】 溝口憲司
09 6/09【2.8】「東京都品川区旗の台のサルスエラとイカ墨パエリア」
ゲスト 神尾佑 佐藤仁美【脚本】 児玉頼子【監督】 井川尊史
10 6/16【3.6】 「千葉県富津市金谷のアジフライ定食」
ゲスト 松本明子 佐藤蛾次郎 石井正則
11 6/23【2.9】「東京都文京区茗荷谷の冷やしタンタン麺と回鍋肉」
川島秀樹…片桐仁 濱田…水沢エレナ 斉藤…栗原英雄 店主…高田健一
脚本 田口佳宏 監督・演出 北畑龍一
12 6/30【4.0】五反田の揚げトウモロコシと牛ご飯
マスター…ムロツヨシ 渡辺正義…長谷川朝晴 業界人客(1)…ANI(スチャダラパー) 酔っ払い客(1)…久住昌之 渡辺恵子…伊佐美紀 渡辺百合子…原田千枝子 飯田夫妻・夫…野村修一 マスター妻…永池南津子
脚本 田口佳宏 監督 溝口憲司


4月7日放送分(第1話)
井之頭五郎は出張で大阪に来ていた。通天閣あたりで串かつ屋の店員(浪岡一喜)の呼び込みを振り切り、今回のクライアントで美章園にある不動産販売の島崎(六角精児)のオフィスへ。島崎は東京出身で、数年前東京から大阪に仕事の拠点を移動したのだが、今回大事な仕事だからと東京の五郎にわざわざ頼んできた。嬉しい限りの五郎だが、すっかり板についた関西弁で、お好み焼きをご飯で食べるという島崎に思わず苦笑する。
感想
ちょっと、驚いたのは浪岡一喜さんが登場するにはしたけど、串かつ屋の店員で、時間にして、1分位かな。このために、大阪に来るということはないとは思うけど、六角さんの使い方も贅沢だった。はじめに入った店は、お好み屋さんだったが、まったく混ぜないで、お好み焼きを作る店もあるんだな。しかし、数日前に記事で読んだら、お腹を減らして、撮影に挑むらしいけど、今回のこの店では、お好み焼きだけじゃなく、焼きそばのデラックスも!その上、タコネギ!もう、五郎さんの食欲の凄まじさが、進化し過ぎで、底も見どころになってる気もする。その後、串カツ屋台もだからな~。さすがに、この店は、別の日に撮ったんだろうけど、店主がそのまま登場してたのにも驚き!久住さんのコーナーにも出ていた!ここに来て、意外なことを、やってくるもんだね。

4月14日放送分(第2話)
 早朝6時半。五郎(松重豊)は東京・大久保駅近くの喫茶店で、洋食器の展示販売の準備を手伝っていた。店主のさくら(東風万智子)は陳列に駄目出しをするが、それは五郎の指示によるもので、スタッフに微妙な空気が流れる。8時半、ようやく仕事を終えた五郎は辺りを歩き、「淀橋市場」の看板を発見。「今朝は市場めしだ」と決め、若女将(久保田磨希)の案内で食堂へ。‘トマト酢漬け’というメニューに目が留まる。
感想
今回は、何と言っても、とんでもない速度で、納豆をかき混ぜる五郎が見どころだったな。実のところ僕は、あまり納豆をかき混ぜて食べるのは好きでない。あの空気を含みすぎた納豆の感触は、豆に舌が触れてない感じがして、うまいと言えないのだが、僕が考える味わい方と真逆な彼の両手は見えない速度で回転していた。それにしても、アレだけ頼んで、1450円て、やすいかも。トマトの酢漬けは、僕の母親も作ってくれるがうまいんだよね。それにしても、豚バラ生姜焼き定食って、なんか食堂で食べたい料理だな。家で食べるよりも絶妙にうまいようなきがする

4月21日放送分(第3話)
 五郎(松重豊)は緊張した面持ちで東京・目黒駅に降り立った。ホテルの客室インテリアのリニューアルに向けたプレゼンテーションのためだ。しかし、五郎の商品プランを見た担当の工藤(山崎樹範)は、けげんな表情を見せる。芳しくない結果にトボトボと歩く五郎がわれに返ると、そこは知らない住宅街だった。空腹に気付き、店を探すと、「薬膳スープカレー」の看板を発見。五郎は、店員(谷村美月)の案内で席に座る。
感想
今回もたらふく食べた五郎さんだったが、見事に仕事の秘奥は仕切り直しだったので、それを癒やすためにもこの薬膳スープカレーというのはぴったりだったかも。それにしても、ザンギって、僕でも知ってるような言葉になったのは、浸透してきたのかもね。けど、普段の生活には使う言葉にはならないだろうかもね。しかし、店員を演じてた谷村さんと本物の接客係の人は、雰囲気がにてた。ドラマの後で、それくらい店の雰囲気を再現しているのか見るためにも久住昌之先生のお店訪問ビデオは必要不可欠だね。じゃんじゃん、ビールを味わってほしい。

4月28日放送分(第4話)
 五郎(松重豊)はけがをした知人・真理子(手塚理美)を見舞うため、東京・東大和市駅に立ち寄る。カーテン店を営む彼女は中学3年生の息子・武(福地叶成)に手を焼いていた。真理子と別れた五郎は空腹だが、店が見当たらない。しかも、肉が食べたいと言っていた武を思い出し‘焼き肉モード’だ。焼き肉の看板を見て入店した五郎は「アゴ」というメニューを見つける。
感想
今回は、焼肉のお話だったが、それもこれも知り合いの女性の家に行って、彼女の息子が発した夕食は焼肉が引き金だった。そこから弾丸のようなスピードで、焼肉屋を見つけても、旨い店に行き着くんだな。それにしても、定番を敢えて頼まず高級部位や聞いたこともないブタのアゴを食べる姿が気持ちよかった。アレほどガツガツ食べれば、見てるこっちも食べたくなるけど、ザブトンなって、どんなに美味しんだろう・食べたことなどない僕には分からないが、さすがに、塩タンは知ってるけど、うまそうだった!それにしても、みゆさんを演じてた女優さんはいい感じだったかも。本人も明るく感じ良さそうな女の子だったな。
5月5日放送分(第5話)
 五郎(松重豊)が東京・三軒茶屋駅からステンドグラス店へ向かうと、中で店長・彩(山下リオ)が泣いていた。驚く五郎だが、彼女の涙の理由は意外なものだった。五郎は大阪で頼まれたフロアスタンドを探すために、この店を訪れた。しかし、彩の祖父・次郎(若林豪)は突然、五郎を釣りに誘う。なぜか彩も負けじと、五郎にステンドグラスの体験教室を勧める。店を後にした五郎は、腹が減る中、回転寿司店を発見する。
5月12日放送分(第6話)
 五郎(松重豊)は東京・高田馬場駅で降り、空手道場へ。師範代・鈴木(高橋努)に頼まれた商品を届けに来たが、厳しい稽古の最中で声を掛けづらい。だが、商品の注文理由は恐ろしげな鈴木の様子からは想像もつかない内容だった。道場を出ると、午後3時半。昼食の店を探すがどこも「準備中」だ。後悔する五郎だったが「ミャンマー料理・シャン料理」の看板を発見する。
感想
先週、感想を書いてなかったが、回転寿司というのは、珍しい。この空まで取り上げられるということははかなり旨い店だったのかな。しかし、魚が入ったその場で、すぐにさばき、注文を取ると、即完売ということは、よほどの鮮度で美味しいのかもね。今回は、ミャンマーシャン料理ということだが、僕は、2度ほどタイトの国境タチレクから、ミャンマーに入国した事があるが、カレーしか食べなかったからね~。全く知らんが、なんとなく、タイ料理と似てるような気がしないでもなかったかな。麺料理とか似てるような。そして量が少ないというのも、似てるかも。最後に久住先生がセミを食べてたけど、似たようなの食べたコトあるような。900円も出した食べたくはない。しかし、炒め物とか美味しんだろうな。それにしても五郎さんにはヒトサラの量が本当に少ないし、先生もカレーのルーが少ないとぼやいてたのは、本当にわかる!なんかルーが少ないのは、あのあたり共通してるんだな。
5月19日放送分(第7話)
 商談で東京・渋谷のクラブを訪ねた五郎(松重豊)は、慣れない空間に戸惑っていた。オーナー・冴島(窪塚俊介)との打ち合わせもやりづらい。疲れて空腹になった五郎は、店を探し始める。若者で埋め尽くされた渋谷で「もう自分の来る所ではないのかな」と思い始めた時、道玄坂の路地に渋いたたずまいの店を発見。皿うどんや中華料理などのメニューに心躍らせて中へ入ると、若女将(川上麻衣子)がなぜか相席に案内する。
【感想】
渋谷なんて、昔関東近郊に住んでいたときに行ったきりだが、あんな裏路地があって、ムカhし風の店もあるもんだね。五郎さんも戸惑いなgらも、町の探検を楽しんで、美味しい店を見つけていた。それにしても、こんなところに長崎飯って、わからないもんだ!五郎さんは、本気の皿うどんとちゃんぽんの合わせ技だったが、作者の久住さんは、まさかの酒の肴になりそうなもので、店を楽しんでた。けど、皿うどんに酢をかけるって、おいしいのかな?僕も女将さんが勧めたソースしかかけたことはない。ちゃんぽんにも皿うどんにもソースなんだよね。しかし、今回の五郎さんは松重さんの顔も見せていたけど、演じてる本人もかなり好きそうだったな。福岡の人だから、ちゃんぽん好きだとは思うけど。
5月25日放送分(第8話)
東京都台東区御徒町のラム肉長葱炒めとスペアリブ
井之頭五郎(松重豊)は、宝石関係の店が軒を連ねる御徒町駅周辺を訪ねていた。デパートの催事に初出店する宝石加工専門店での商談のためだ。初めての試みに右も左も分からない社長・竹内(岡田浩暉)からイベントでの内装を依頼された五郎。打合せで竹内の熱い思いを聞いた五郎は気合が入る。ところが気合を入れた途端、急に腹が減り店を探すと、“羊”の文字が入ったある店名を発見する。一体、どんなメニューがあるのか分からぬまま、直感を信じて店内へ。メニューを開くと「ラム肉」の文字がメニューを占拠していた。
【感想】
今週は五郎さんも、何を食べるのか?迷いまくってしまうほどの、珍しい料理ラム肉の店だったけど、御徒町って、土地柄でこの場所にあるわけじゃないこの店。確かに想像できない料理の山。僕は特に、ラム肉に馴染みがないので、想像がつかない。けど五郎さんも食べ終わったあと「羊香味坊」という店名が見事に店を表していると賞賛してたほど、うまかったらしい。「ラム肉と長葱炒め」「山椒醤油・きのこの醤・発酵唐辛子の醤」「ラム肉焼売」と「白身魚とラム肉のスープ」を注文してたけど、想像できんが、最後はお得意の丼物にしてたし、相当うまかったらしい。何しろ「御徒町ラムフィスティバル」だもんね。
6月9日放送分(第9話)
東京・旗の台の商店街を歩く五郎(松重豊)は、喫茶店で久しぶりのクリームソーダを堪能した後、もともと銭湯だった建物にたどり着く。フィンランド人の顧客からの依頼で、この建物を別のことに使えないか、視察に来たのだった。オーナー・藤堂(神尾佑)の案内で内部を見ながら、五郎は構想を膨らませる。その後、腹が減った五郎は、大通りでスペイン料理店を発見。店の奥さん(佐藤仁美)に案内されて、中に入る。
【感想】
クリームソーダは昔よく飲んだんだよね。クリームとメロンソーダを混ぜたくなる気持はよく分かる。けど、今回はスペイン料理がメインだったが、何一つ食べたことがないものばかりで、ちんぷんかんぷん。もしかしたら、パエリアも食べたことがないかも。それにしても、イカスミのパエリアなるものがあるんだな。全く知らなかった。本当にイメージできそうなのはにんじんサラダくらいかも。それにしても多くの種類が食べたいからと、ハーフサイズで、何種類食べるんだ~五郎さん!なんだか3千円超えるくらい食べてそうで、真似できん!
6月16日放送分(第10話)
 五郎(松重豊)は、千葉・富津の浜金谷駅に降り立つ。今回の依頼主の老舗温泉旅館専務・黒川(石井正則)は、最近増えてきた外国からの旅行者をもてなす計画を立てていた。帰りがけに漁港をぶらついていた五郎は、空腹に見舞われる。「漁師めし」と書かれたのれんをくぐると、客は常連らしき男性・松田(佐藤蛾次郎)だけ。そこは、松田いわく‘口は悪いが料理はうまい’女将(松本明子)が一人で切り盛りする店だった。
【感想】
今回は、僕も大好きアジフライがメインの店だった。けど、今回は今までにない女将と五郎さんだけというシチュエーションが注文したから、食べ終わるまで延々続く。はじめはマツダという馴染みの客が居るのだが、後は二人だけの時間が続き、五郎さんは黙々と食べ続けて、松本さん演じる女将さんは、料理をしたり、キャベツをスライサーで千切りにしてる空間が続くのだ。その空間が意外に、いい感じだったな。何しろ、アジフライが今までで一番美味しい店らしく、ふわふわだったらしい。それが、五郎さんが言ってるだけじゃなく松重さんも心から言ってるように聞こえた。久住さんも店を楽しんでたもんな~。何しろ見終わった後、アジフライが食べたくなるよ!たまらんかった!
6月23日放送分(第11話)
茗荷谷にある出版社を訪れた井之頭五郎(松重豊)は、到着するなりカフェに連れていかれ、いきなり写真撮影がスタート。得意客からの依頼で、渋々承諾したインテリア雑誌のインタビューだったが、想定外の連続で引き受けたことを後悔する。さらに編集部・川島秀樹(片桐仁)からの意外な質問に、五郎は苦笑するしかなく…。慣れないことでドッと疲れた五郎は、食事で鋭気を養おうと店探しを始める。今の腹ペコ具合には中華だと中華料理店へ。サラリーマンやOL、主婦で店内が混み合う中、店員の濱田(水沢エレナ)の案内で席に着いた五郎は、夏季限定メニューに心躍らせる。
【感想】
今週の五郎さんは、いきなり、冷やし担々麺を食べた時点で、プラマイゼロって、本気かよと思ううような展開。1000円の日やhし中華だけで、普通の人は、十分満足するし味もかなり良かったみたいだが、そこから、4品頼んでしまうのがこういうときの彼なのかな。何しろ、そこから食べまくるけど、ホイコウロウが見た感じ目玉だったような。かなりいい感じの色合いで美味しそうだ。それを最後にご飯の上に乗せて楽しむというのは、もはや定番かな。けど、原作の久住昌之さんのコーナーで、黄色い豆腐の料理はやっぱり気になる!あれはどんな味だったのだろう?五郎さんも気になってたけど、食べなかったもんな。かなり美味しいけど、後から、からさが来ていたような気はした。僕はほとんど中革食べないけど、見てると美味しそうなんだよね~。けど、よく考えると、麻婆豆腐はよく食べてるか!ホイコウロウを今度作ってみようかな。
6月30日放送分(第12話)【最終回】
五郎(松重豊)はこの日最後の仕事で東京・五反田へ。商談相手の渡辺(長谷川朝晴)と妻・恵子(伊佐美紀)は、約束より早く着いた五郎になぜか取り乱す。母・百合子(原田千枝子)の外出を確認した2人は事情を説明する。その後、腹が減った五郎が直感を信じて川沿いを歩き始めると、飲み屋街にたたずむ食堂を発見。「常連酒場だったら最悪だ」と思いつつ入ると中にはマスター(ムロツヨシ)と妻(永池南津子)がいて…。
【感想】
酒が飲めない五郎さんが飲み屋街の食堂で、飯を食べるとどうなるのか?という実験的な話かなと思ったが、意外と雰囲気を楽しんで、ご飯を食べまくっていた姿に、どんな場所だろうと揺るぎないグルメの姿勢を感じた。それにしても、マスターがムロツヨシさんとは!ムロさんはマスターに馴染んでたけど、飲食でバイトなんかしてたのかな。手つきが良かったような。それにしても、酒場の食堂なのに、出されてくる料理がかなりいい感じで、酒場飯という感じもした。気になったのは牛ご飯かな。かなりうまそうな臭がしたし、食べ終わったあと満足気に、この食堂を去っている姿を見るとまた五郎さんは僕らの前に帰ってく姿が、予期できた。
関連記事


>
2017/07/04 07:04 :Category:【松重豊 】孤独のグルメ コメント(0)
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
最近のコメント★歓迎!
データ取得中...
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング