Fcastドラマ視聴率まとめ

FC2ブログから視聴率·キャスト情報·感想·ネタバレなど。個別スポーツ、バラエティ視聴率も速報更新。コメント大歓迎!検索『視聴率』で!

【孤独のグルメ 視聴率】Season6 3回4%台 

孤独のグルメ スペシャル版 Blu-ray BOX
ポニーキャニオン (2017-04-12)
売り上げランキング: 663

ドラマ24 孤独のグルメ Season6
テレビ東京系毎週金曜 24:12~24:52
異色のグルメコミックを松重豊主演で実写ドラマ化する第6弾!雑貨輸入商を営む井之頭五郎は仕事で訪れた町で、ふと店に立ち寄り自由に食事をする。
【スタッフ】
原作:原作:久住昌之、作画:谷口ジロー「孤独のグルメ」(週刊SPA!)
脚本 田口佳宏 児玉頼子
音楽 The Screen Tones 久住昌之 フクムラサトシ 河野文彦 Shake 栗木健
チーフプロデューサー 浅野太
プロデューサー 川村庄子 吉見健士 菊池武博
演出 溝口憲司 井川尊史 北畑龍一
【出演】
井之頭五郎 松重豊 自由な生き方をモットーとし、個人で輸入雑貨商を営んでいる。仕事で訪れた街で雰囲気のある店を探し、そこで食事を取ることを楽しみとしている。未婚で、酒は飲めない。
【視聴率】
01 4/07【3.9】「大阪府美章園のお好み焼き定食と平野の串かつ」
【ゲスト】六角精児・波岡一喜・池乃めだか・下柳剛
脚本 田口佳宏 監督 溝口憲司
02 4/14【3.9】「新宿区淀橋市場の豚バラ生姜焼き定食」
【ゲスト】東風万智子 久保田磨希 池田道枝
脚本 田口佳宏 監督 溝口憲司
03 4/21【4.0】「東京都目黒区三田のチキンと野菜の薬膳スープカレー」
【ゲスト】山崎樹範、谷村美月
脚本 田口佳宏 監督 井川尊史

4月7日放送分(第1話)
井之頭五郎は出張で大阪に来ていた。通天閣あたりで串かつ屋の店員(浪岡一喜)の呼び込みを振り切り、今回のクライアントで美章園にある不動産販売の島崎(六角精児)のオフィスへ。島崎は東京出身で、数年前東京から大阪に仕事の拠点を移動したのだが、今回大事な仕事だからと東京の五郎にわざわざ頼んできた。嬉しい限りの五郎だが、すっかり板についた関西弁で、お好み焼きをご飯で食べるという島崎に思わず苦笑する。
感想
ちょっと、驚いたのは浪岡一喜さんが登場するにはしたけど、串かつ屋の店員で、時間にして、1分位かな。このために、大阪に来るということはないとは思うけど、六角さんの使い方も贅沢だった。はじめに入った店は、お好み屋さんだったが、まったく混ぜないで、お好み焼きを作る店もあるんだな。しかし、数日前に記事で読んだら、お腹を減らして、撮影に挑むらしいけど、今回のこの店では、お好み焼きだけじゃなく、焼きそばのデラックスも!その上、タコネギ!もう、五郎さんの食欲の凄まじさが、進化し過ぎで、底も見どころになってる気もする。その後、串カツ屋台もだからな~。さすがに、この店は、別の日に撮ったんだろうけど、店主がそのまま登場してたのにも驚き!久住さんのコーナーにも出ていた!ここに来て、意外なことを、やってくるもんだね。

4月14日放送分(第2話)
 早朝6時半。五郎(松重豊)は東京・大久保駅近くの喫茶店で、洋食器の展示販売の準備を手伝っていた。店主のさくら(東風万智子)は陳列に駄目出しをするが、それは五郎の指示によるもので、スタッフに微妙な空気が流れる。8時半、ようやく仕事を終えた五郎は辺りを歩き、「淀橋市場」の看板を発見。「今朝は市場めしだ」と決め、若女将(久保田磨希)の案内で食堂へ。‘トマト酢漬け’というメニューに目が留まる。
感想
今回は、何と言っても、とんでもない速度で、納豆をかき混ぜる五郎が見どころだったな。実のところ僕は、あまり納豆をかき混ぜて食べるのは好きでない。あの空気を含みすぎた納豆の感触は、豆に舌が触れてない感じがして、うまいと言えないのだが、僕が考える味わい方と真逆な彼の両手は見えない速度で回転していた。それにしても、アレだけ頼んで、1450円て、やすいかも。トマトの酢漬けは、僕の母親も作ってくれるがうまいんだよね。それにしても、豚バラ生姜焼き定食って、なんか食堂で食べたい料理だな。家で食べるよりも絶妙にうまいようなきがする

4月21日放送分(第3話)
 五郎(松重豊)は緊張した面持ちで東京・目黒駅に降り立った。ホテルの客室インテリアのリニューアルに向けたプレゼンテーションのためだ。しかし、五郎の商品プランを見た担当の工藤(山崎樹範)は、けげんな表情を見せる。芳しくない結果にトボトボと歩く五郎がわれに返ると、そこは知らない住宅街だった。空腹に気付き、店を探すと、「薬膳スープカレー」の看板を発見。五郎は、店員(谷村美月)の案内で席に座る。
感想
今回もたらふく食べた五郎さんだったが、見事に仕事の秘奥は仕切り直しだったので、それを癒やすためにもこの薬膳スープカレーというのはぴったりだったかも。それにしても、ザンギって、僕でも知ってるような言葉になったのは、浸透してきたのかもね。けど、普段の生活には使う言葉にはならないだろうかもね。しかし、店員を演じてた谷村さんと本物の接客係の人は、雰囲気がにてた。ドラマの後で、それくらい店の雰囲気を再現しているのか見るためにも久住昌之先生のお店訪問ビデオは必要不可欠だね。じゃんじゃん、ビールを味わってほしい。
関連記事


>
2017/04/25 06:51 :Category:【松重豊 】孤独のグルメ コメント(0)
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
最近のコメント★歓迎!
データ取得中...
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
スマホ、タブレット QR
QR
カテゴリ Category
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング