Fcastドラマ視聴率まとめ

FC2ブログから視聴率·キャスト情報·感想·ネタバレなど。個別スポーツ、バラエティ視聴率も速報更新。コメント大歓迎!検索『視聴率』で!
視聴率記事更新日:放送日時 番組タイトル

【嫌われる勇気視聴率】最終話確定! 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え
岸見 一郎 古賀 史健
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 14

木曜劇場『嫌われる勇気』
2017年2月9日(木) 22時00分~22時54分
大学構内で殺人事件発生!容疑者は大文字ゼミの教え子たち…犯罪心理学が生んだ計画殺人の真相とは!?フラワーバレンタインが事件解決の鍵を握る!?
【キャスト】
香里奈 庵堂蘭子 警視庁刑事部捜査一課8係の刑事。難事件を次々と解決に導いてきた実績を持つエース。
加藤シゲアキ 青山年雄 警視庁捜査一課に異動してきたばかりで、蘭子とコンビを組む刑事。正義感が強i
.椎名桔平 大文字哲人 犯罪心理学を専門とする、帝都大学文学部心理学科の教授。
相楽樹、戸次重幸、丸山智己、桜田通、飯豊まりえ、岡崎紗絵、寿大聡、正名僕蔵、升毅
【スタッフ】
原案 岸見一郎、古賀史健『嫌われる勇気』(ダイヤモンド社)
【音楽】得田真裕
【主題歌】大塚愛 「私」
【オープニングテーマ】NEWS 「EMMA」
企画 渡辺恒也、橋爪駿輝
【プロデュース】 目黒正之、井元隆佑
【脚本】徳永友一 大石哲也 ひかわかよ
【演出】池澤辰也 及川拓郎 星野和成
【視聴率】
01 01/12【*8.1】【アドラー心理学×刑事ドラマ!!】
【脚本】徳永友一 【演出】池澤辰也
南野陽子 石田ひかり 
02 01/19【*6.4】【ブラック企業狂想曲!呪われた部屋の謎】 
【脚本】徳永友一 【演出】池澤辰也
大後寿々花 笠原秀幸
03 01/26【*6.6】天才女子高生VS女刑事!競争が生んだ悲劇
【脚本】大石哲也【演出】及川拓郎
上野なつひ 高月彩良 霧島れいか
04 02/02【*7.2】【一族全員容疑者!承認欲求を否定せよ】 
【脚本】 ひかわかよ【演出】 及川拓郎
山田明郷 朝加真由美 小松彩夏 前田亜季 水橋研二
05 02/09【*6.1】【美しき計画殺人!血塗られたバレンタイン】 
【脚本】徳永友一 【演出】星野和成
(内山理名  中島亜梨沙 六角慎司
06 02/16【*6.2】被害者は元カレ!?遺体が語る四年前の約束
【脚本】 ひかわかよ【演出】 星野和成
知花くらら 渋江譲二 河相我聞
07 02/23【*6.5】仲間を救え!刻む死の秒読み 爆弾魔VS蘭子
【脚本】大石哲也【演出】及川拓郎
板尾創路
08 03/02【*6.2】死者からの復讐!?連続殺人犯からの招待状
【脚本】徳永友一【演出】及川拓郎
桜田通  飯豊まりえ  岡崎紗絵
09 03/09【*5.9】【黒幕は誰だ!真実が引き裂く孤独なバディ】
【脚本】徳永友一 【演出】池澤辰也
10 03/16【5.7】【真犯人の正体は●●●!8係最後の事件!】
【脚本】徳永友一 【演出】池澤辰也

3月2日放送分(第8話)
 会社員の松田(横井優一)が撲殺される。松田は15年前に起きた中学生殺害事件の加害者の一人で、当時の被害者・将也(阿久津秀寿)の指紋が松田殺害の凶器から見つかる。蘭子(香里奈)と別行動を取る青山(加藤シゲアキ)は一人で大文字(椎名桔平)を訪ね、犯人の心理にある「安直な優越性の追求」について聞く。青山は将也の自宅に行き、蘭子と遭遇。そこで2人は、将也と蘭子の弟・悠真(堀井新太)が並んだ写真を見つける。
感想
今回の話、この物語も終盤になったということで、犯人の心理にある「安直な優越性の追求」というテーマと蘭子の父の失踪という話まで絡めて、かなり欲張り過ぎな感じがテーマを薄めた感じがしたかもしれない。「安直な優越性の追求」は、物語に織り込んではあるけど事件の方は、本当に安直な展開で、興味をそそらないものだったかな。それに、蘭子の親父さんが失踪というのは、今までの話の中でも、語られることはそうなかったような気がして、いきなりだなという感じもした。けど、青山がいきなり刺されれたりしたのは、ちょっと興味あるかな。けど、いかにもという大文字の部屋の机の上にあった本の乱数表とか、いくらなんでも、無理やりだなとは感じるが、黒幕は意外と蘭子の近くにいて、ちょっと見えた感じがした。「普通である勇気」って意外と大切なテーマでもあるともうので、もっと詳しくやってほしかったような。まあ色々書いてはいるけど、ここまで見てきたので、結末まで、見ていきたい。
3月9日放送分(第9話)
 青山(加藤シゲアキ)が大文字(椎名桔平)の研究室を訪ねた帰りに何者かに刺され、その現場付近で会社員の男性・近藤の刺殺体が発見される。近藤は、蘭子(香里奈)の父の物である実家の鍵を所持していた。蘭子は、この事件と18年前に起きた自身の誘拐事件との関連を確信する。蘭子は大文字に犯人の心当たりを聞きに行く。ところが、大文字は、事件の解決には蘭子がトラウマに支配されている現状から脱却する必要があると説く。
感想
黒幕メシアは、前回くらいから、なんとなく見えてたけど、今回も幾つかヒントは出てたな~。僕的には、こいつというイメージはあるけど、メシアに見せかけてる大文字と言うのは、100%ある訳がないとは信じたい。それにしても、ここに来て、アドラーの教えは関係ないようにも思えたが、今回の事件は、18年前に起きた事件と密接につながり、トラウマは存在しないと言い切ったアドラーの言葉をどう物語に表現するのか?犯人を捕まえる目的のために、どう蘭子は動くのか?最終回を見て感想を書きたい!
【最終回】
大文字(椎名桔平)が蘭子(香里奈)を呼び出す。けがの治りきらない青山(加藤シゲアキ)が同行する中、大文字は18年前の蘭子誘拐事件当時の捜査状況や、蘭子の父・道則(勝村政信)が失踪直前に「メシア」を名乗る犯人にたどり着いたことなど自らが知る情報を2人に明かす。大文字はさらに、蘭子が犯人につながる手掛かりを過去に目撃したが、記憶を封印していると指摘。事件解決には蘭子が過去と向き合うことが必要だと告げる。
感想
黒幕メシアは、やっぱりという配役だったし、毎度わざとらしく妻のことを話したり、あの靴音からも分かりやすかった。彼以外にいるのかよ!という思い出見ていたら、やっぱりだった。それにしても、蘭子の父の警察組織内の隠蔽か!妻ラム物を見てしまった感じだった。最後まで、アドラーで行けばよかったのに、そういう要素もエッセンスをしては、記憶ということで盛り込んではいたが、存在感はない作りだった。ちょっと変わった企画のドラマだっただけに、興味深く見ていたが、そのテーマによって、物語は不自由になって、最終回はこんなもんかという感じで見てしまった。何しろ脚本に引きずられて、演出も魅力的じゃなかった。この枠は女優主演がメインだけど、それを見ている層に訴えかけるようなドラマがほしい。この企画は、枠に合わなかったし、面白くなかった。
関連記事


>
2017/03/17 17:38 :Category:【香里奈】嫌われる勇気 コメント(0)
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
最近のコメント★歓迎!
データ取得中...
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
スマホ、タブレット QR
QR
カテゴリ Category
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング