Fcastドラマ視聴率まとめ

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』

【A LIFE~愛しき人~視聴率】最終回総合24・2% 

【早期購入特典あり】A LIFE〜愛しき人〜 Blu-ray BOX(オリジナルトートバッグ付)
TCエンタテインメント (2017-07-26)
売り上げランキング: 745


A LIFE~愛しき人~
父親の手術・・・大切な人を自分の手で救いたい。職人外科医の強い覚悟。しかし、まさかの不覚に初めての挫折・・・
【出演】
沖田一光…木村拓哉 心臓血管と小児外科が専門の職人外科医
壇上深冬…竹内結子 小児外科医で、沖田のかつての恋人。
井川颯太…松山ケンイチ 満天橋病院を継ぐ2世医師
柴田由紀 …木村文乃 オペのアシスタントをする外科医を選ぶというオペナース
榊原実梨… 菜々緒 壇上記念病院の顧問弁護士
羽村圭吾…及川光博 壇上記念病院の第一外科部長
壇上壮大 …浅野忠信 壇上記念病院副院長で深冬の夫
壇上虎之介…柄本 明 沖田一心 …田中 泯 真田孝行…小林 隆
【スタッフ】
脚本:橋部敦子
音楽:佐藤直紀
企画:植田博樹
プロデュース:瀬戸口克陽 東仲恵吾
演出:平川雄一朗
【視聴率】
01 1/15【14.2】関西【17.3】総合【21.7】 帰ってきた職人外科医!!宿命の再会
脚本:橋部敦子 演出:平川雄一朗
02 1/22【14.7】関西【16.7】俺の患者!!譲れない医師の信念
脚本…橋部敦子  演出…平川雄一朗 
03 1/29【13.9】関西【16.5】決断!!患者の未来をかけた戦い
脚本…橋部敦子  演出…加藤新
04 2/05【12.3】関西【17.0】ナースのプライド
脚本…橋部敦子 演出…加藤新
05 2/12【13.9】関西【17.6】恩師の医療ミス
脚本…橋部敦子 演出…平川雄一朗 
北海道16.5 北部九州14.6
06 2/19【15.3】関西【18.0】究極のモンスターペイシェント
脚本…橋部敦子  演出…木村ひさし
07 2/26【14.5】関西【15.3】最後の患者は14歳の乳がん!?
脚本…橋部敦子 演出…加藤新
08 3/05【15.7】関西【17.5】親父のオペ!!まさかの不覚…
脚本…橋部敦子 演出…平川雄一朗 
09 3/12【14.7】関西【15.4】
脚本…橋部敦子 演出…木村ひさし
10 3/29【16.0】関西【】
脚本…橋部敦子 演出…平川雄一朗 
総合視聴率は元SMAPの木村拓哉(44)主演のドラマ「A LIFE~愛しき人~」がリアルタイムの平均視聴率14・5%、タイムシフト視聴率8・3%、総合視聴率21・6%(最終回はリアルタイム16・0%、タイムシフト10・3%、総合24・2%)


3月5日放送分(第8話)
 会議の場での実梨(菜々緒)の発言により、医師たちに深冬(竹内結子)の脳腫瘍のことを知られてしまう。沖田(木村拓哉)と壮大(浅野忠信)は、激高する虎之介(柄本明)に経緯や詳しい病状を説明し、必ず深冬を救うと約束する。そんな中、沖田の父・一心(田中泯)が倒れる。手術は羽村(及川光博)が担当する予定だったが、一心は息子にやってほしいと言いだす。身内への手術は冷静な判断が難しく、沖田は手術を承諾するべきか迷うが…。
【感想】
今回はしびれるような壮大対沖田の男のドラマを感じさせながら、壮大の中で、激変した行く彼の愛しき人深冬へ感情の変化と沖田の愛しき人父への手術とその思いが丁寧に描かれていた。沖田の父一心が倒れたことによって、手術は、羽村がやることになっていたのに、父は息子である沖田一光に命を託した。
それは、彼が亡くなりゆく母を救いたいという強い思いを持ちながら、どうすることもできなかった思いを試すようにさへ思えた。彼が医師になると来てた思いは、本物なのか?あの時、母を救うことが彼にできたのかを問いただすようにも思えた。
そして、壮大にとっては、沖田のこの手術は、深冬を手術させることを選んで正しいのか?という自らの問いに、一つの答えをだした。そして、彼は沖田に、学生時代の試合の話を例えて、深冬を任せられないと判断を下し、自分で助ける道を選んだ瞬間に、二人の思いはぶつかった。沖田も必死に、この不可能にも近い深冬の手術をやり遂げようと日々努力していたが、壮大も自らがマウンドに立つべく、ひたすら練習していた。その思いがぶつかる瞬間がたまらい。壮大も、深冬へのとどまることができない愛を抑えられなかったのかもしれない。前回までは、沖田と深冬との結ばれることはないとしても、いまでも二人の中にある愛の姿を描いていて、それを壮大がやりきれないままに、見ているだけだったが、今回は、彼は沖田に噛みついた。その展開だけでも、ドラマチックなものだった!今までの話の中でも、一番の話だったかもしれない。次回が楽しみだ。
3月12日放送分(第9話)
 深冬(竹内結子)の腫瘍から出血が起き、手術は延期になってしまう。沖田(木村拓哉)は手術方法の確立が遅れた自身の力不足を責める。一方、壮大(浅野忠信)は虎之介(柄本明)に自分が深冬の手術を行うと宣言する。そんな折、壮大に現職大臣の手術依頼が届く。リスクの大きい手術だが、壮大は依頼を承諾。さらに、提携話を進めていた他病院との契約を一方的にほごにする。身勝手な壮大の行動に羽村(及川光博)は怒りをくすぶらせる。
【感想】
今回の話は、沖田の中でも、周りの人にも、前回の彼の”愛しき人”への手術が、大きくドラマを動かしていく。壮大が、自ら深冬を手術したいといい出したり、それの前段階として、壇上記念病院の乗っ取り計画の頓挫から、大臣の手術で注目を集め、深冬という流れは、確実に沖田の父への手術が関連してると思う。壇上壮大がひっくり返したテーブルが、更にまわりに影響していく。沖田は、壮大に深冬の手術を拒否された中で、戸惑い悩んでいく中で、オペ看に辛く接してしまうが、沖田はかつての自分のような少年に、手術患者の親族として出会うことから、職業医師としての自らを見直すことになる。オペ看も、彼女にできる準備を必死にしているのを見て、「ごめん、手術を難しくしていたのは俺だった」と素直に謝罪し、本来の自分を取り戻して行く過程が、心に響く。柴田と井川のフォローも好きだ。あの三人でいる空間は、このドラマにおける和みなのかもしれない。
壮大も完璧な手術をする中で、沖田の小さな大手術をおえた。少年に、沖田はベルギー王室を手術したことを言わず、自分が何者であるのか伝えなかったのは、職業医師として、それを伝えることに意味が無いと思えたからではないか?名も無き名工のように、作品さえも乗ればいいと思っていたのかもしれないと僕には思えた。
【最終回】
羽村(及川光博)と実梨(菜々緒)の暴露で、壮大(浅野忠信)がかつて進めていた他院との提携計画が、虎之介(柄本明)と深冬(竹内結子)に知られてしまう。虎之介は壮大を副院長の座から解任し、病院から出て行けと命じる。沖田(木村拓哉)は壮大をかばうが、沖田への嫉妬で冷静さを欠いた壮大は聞く耳を持たず、病院を飛び出す。深冬の手術日が近づくが、壮大は病院に帰ってこない。壮大不在の中、沖田たちは難しい手術に臨むことになる。
【感想】
沖田は、生命・・愛しき人たちの命を救うために、古巣に舞い戻ってきた職業医師が、周りの人々の考え方、仕事への向き合い方さえも変えていく姿を描いた作品で、それの仕事が終わったことで、彼はもう一度修業の場に戻った。なぜに、沖田のことを父一心は、あれほど半人前だというのか?と思ったが、彼を修業の場に送り出したかったからかな。柴田も彼についていく勢いだったが、この病院に残ったのは、以前の自分とは、沖田と手術を共にする上で、ワンステージ自分が上がったからかもしれない。壮大も沖田と出会って、再会しはっきりと変わった。変わったといういよりも削げ落ちたというべきなのかも。彼は沖田に吐露したように、なんで頑張ってるのに人はわかってくれないんだと嘆いたが、沖田は、「オワrの気持ちがわかるのかよ」と呟いた。それを言われたときに、壮大は自分が医療を目指す原点の地で買われたのかもしれない。故に、二人は協力して、愛しき人を救うことができた。沖田は深冬を救うために、志位さな訓練を75000回顕微鏡を覗き込みながら同じことを繰り返し、脳外科医の壮大に追いつこうと自分を鍛え直した。最善の準備をし挑んだその試練を乗り越えたところに見えた目標は、修練だったのかも。そいうう意味では、あの病院を沖田は変えただけでなく、自分自身に向き合い、彼自信が進化するために、変わっていく姿を描いたドラマだったのかもしれない。それには、多くの愛しき人々は必要不可欠だったのかも。
関連記事


>
2017/03/29 17:33 :Category:【木村拓哉】 A LIFE/HERO/ さんタク コメント(4)
キムタク 最高😃⤴⤴
投稿者: [ 2017/03/22 00:17 ]
二人で手術でしたね~。
浅野さんは、きちんと作品に出られているのを見たのがこれが初めてだったのですが、感情があふれ出るような演技をされる方なんですね。危ない感じかと思っていたら、チャーミングな笑顔を見せたり、面白い役者さんです。

木村くんは、安定の演技でしたね~。なぜか、この人だったら大丈夫!と安心して見られるところがあります。最後も彼らしい、武士のような去り際がよかったです。

マツケンさんもいい味だしてましたし、竹内さんは真田丸とはまた違った女性像でしたし、ミッチーも不思議とお医者さんにしかみえなかったし、木村文乃さんのオペナースも恰好よかった。

また、続編を見てみたいですね。
投稿者: [ 2017/03/21 20:33 ]
愛しき人の命は二人で救う!
理想的な一番良い終わり方でした。
壮大役の浅野さん、病院を辞めさせられて実家で荒れて、オールバックの髪も乱れ哀れな姿が逆にカッコいい!
男女俳優さん限らず、落ちぶれた時のシーンがあると上手い人は一番個人的に引かれるのが私的感想。
いずれにしてもハッピーエンド的な最終回が殆どのドラマでよかった!かも。

又新ドラマいろいろ楽しみですが、相棒と同じように毎回観ていた渡瀬恒彦さんのドラマ、観れなくなって残念です。
投稿者: [ 2017/03/21 15:10 ]
沖田先生のお父さんの言葉から
会話の少ない父息子のシーン良かったです。
人の命を預かるお医者さんも、職人なんですね、高度の職人技!
管理人さまが書かれてたみたいにきっと名も無き名工のように思っていたのでしょう。
竹内さんドラマが進む度に色っぽく美しく感じます。始めの頃は?でしたが自分の気持ちを伝える頃から役柄が生きて来ました。
松山くんも脇でも丁度良い立ち位置を上手く天然的な坊っちゃん先生の安定感です。
浅野さんの副院長は、子供がそのまま大人になった人、わがままでズルくて厄介な人物役、はまってる~。
沖田先生の木村くん、テレビを観ている向こう側の人を意識しての演技ではなく自然に沖田先生を演じて気持ちいい!
最終回、このドラマも楽しみです。
投稿者: [ 2017/03/13 17:44 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング