Fcastドラマ視聴率感想

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』

【下剋上受験 視聴率】7話確定 

下剋上受験[文庫版] ―両親は中卒 それでも娘は最難関中学を目指した!
桜井信一
産経新聞出版
売り上げランキング: 107

金曜ドラマ「下剋上受験」第2話【奇跡の人生大逆転へ!父と娘の勉強開始!】
2017年2月10日(金) 22時00分~22時54分
主夫になった信一(阿部サダヲ)と働き出した香夏子(深田恭子)の新生活がスタート。しかし、佳織が自信喪失し、信一は模試の結果で受験を断念すると宣言してしまう・・・
【スタッフ】
原作 桜井信一「下剋上受験」(産経新聞出版)
脚本 両沢和幸
主題歌:斉藤和義「遺伝」(スピードスターレコーズ) 音楽:出羽良彰
演出:福田亮介 
プロデューサー:渡辺良介・八木亜未
【キャスト】
阿部サダヲ 桜井信一 不動産会社の営業マン。中卒で働きだし、現在も愛しい家族のために仕事に精を出す。
深田恭子 桜井香夏子 信一の妻。自身も中卒だが、娘を追い詰め、家族の時間を奪う受験が許せない。
山田美紅羽 桜井佳織 信一と香夏子の一人娘。明るく、マイペースな性格。
要潤 徳川直康 大手ゼネコンの社長。妻と離婚し、最難関中学を目指す娘を育てている。
風間俊介 楢崎哲也 信一が勤める会社の新人。大手商社から転職し、教育係の信一を慕う。
小林薫 桜井一夫 信一の父。中卒で職人かたぎの大工。妻を亡くしてから男手一つで信一を育てた。
【視聴率】
01 1/13【10.9】関西【12.4】 【中卒家族が最難関中学に挑む!】
脚本 両沢和幸 演出:福田亮介
02 1/20【10.6】関西【】【奇跡の人生大逆転へ!父と娘の勉強開始!】
脚本 両沢和幸 演出:福田亮介
03 1/27【*7.4】関西【】【家庭訪問で大バトル!親の見栄と娘の願い!】
脚本 両沢和幸 演出:吉田秋生
04 2/03【*9.0】関西【】【私も家族の役に立つ!母の決意と旅人算!】
脚本 両沢和幸 演出:福田亮介
05 2/10【*8.1】関西【】【妻は就職!夫は主夫!娘は勝負の全国模試!】
脚本 両沢和幸 演出:福田亮介
06 2/17【8.1】【俺の娘を泣かせるな!父親同士の代理戦争】
脚本 両沢和幸 演出:福田亮介 
07 2/24【7.4】【遺伝するのは魂だ!娘の反抗期対処法!】
脚本 両沢和幸 演出:吉田秋生


05
受験勉強に専念したいと会社を辞めて主夫になった信一(阿部サダヲ)と代わって信一の元会社で働き出した香夏子(深田恭子)の逆転の夫婦生活がスタート!しかし、佳織(山田美紅羽)はライバルに実力が及ばないと自信を喪失。慣れない生活に夫婦関係も崩れ始め・・・無謀な中学受験挑戦が桜井家の絆を揺るがしていく。そして、信一は模試の結果次第で受験を断念すると宣言する。そんな時、ある事件が発生!受験の行方は!?
感想
今まで、どこか親子受験というこのドラマからは外れた存在になっていた香夏子が、自らが働くという行動を起こして、家族としての一体感が出てきた感じがする。僕も、高校受験や大学受験はやったけど、特に大学受験は偏差値40くらいからだったことを思いだした。そこから、やれば、偏差値が50くらいには上がるんだよね。そこからが難しい!という流れになりそうな気もするが、家族一丸となって、頑張って、偏差値は急上昇というのは、僕的にも当然の流れだなとは思った。夫婦逆転生活での面白い話なんか見てみたい気はするが、本題とは外れるかな。しかし、佳織と麻里亜のつながりは、どんどん強くなっていくな~。そこから、信一と徳川の友情も発展していくのか?来週は二人がかなり揉めそうな感じだけど、親子共々歩調を合わせ、みんなで合格を掴んで、ほしいような。しかし、櫻井一夫が年だから仕事がないとぼやいて、孫に中学受験を勧めてたけど、うちに来ていた塗装屋さんは、彼よりも上だけど、仕事は丁寧だし信頼できてよかったけどね。腕がある古参の職人さんを、ちょっとバカにしすぎなような描き方は少し気にかかった。
06
父・信一(阿部サダヲ)は勉強してもすぐに忘れてしまう娘・佳織(山田美紅羽)に苛ついていた。桜葉学園合格は危ういと焦る信一に、母・香夏子(深田恭子)は不安を感じる。そんな時、信一は同級生の父・徳川(要潤)から勉強に集中させたいと佳織に娘・麻里亜(篠川桃音)との友達付き合いをやめさせて欲しいと頼まれる。麻里亜と遊ぶのを禁じた信一に佳織は初めて反抗し、大喧嘩になってしまう。信一が思いついた秘策とは!?
感想
僕も高校と大学のときに、受験をしたが、夜中の2時まで起きていたことはない。いつも12時過ぎには寝ていたが、小学生の時に、2時まで起きてるって、正直なに考えてるのか?何も考えてないのか?よくわからない勉強ぶりを呆れながら見ていたが、やっぱりスランプになるんだな。しかし、楢崎哲也はうちでも小槌みたいに知恵をくれる。記憶が定着する構造を解説してくれてありがとうと思わずにはいられなかった。けど、今回の本題はこれじゃない。佳織と麻里亜のライバル宣言と父がどう振る舞うかが、話の肝だったが、まさかの娘たちを巡って、熱いつかみ合いの喧嘩が始まるとは!そして、みんなでバーベキュー大会と楽しい思い出が二人には大いなるプレゼントとなった思い出の一日となる話だったが、ここからが本格的なスタートなのかな。正直、信一が、ここまでして、有名中学に合格させたい気持ちは、僕には判らないが、娘への愛は伝わってくるドラマだとは思う。愛がなっけりゃここまでできないし、父の愛の一つの伝えた方のドラマとしては、面白いかも。
07
勉強漬けの日々と成績が上がらないストレスで信一(阿部サダヲ)は心身共に異変が発生。香夏子(深田恭子)や佳織(山田美紅羽)にも当たり散らし、家族は崩壊寸前に…。信一は病院に救いを求める。そんな時、佳織が体育の授業には参加しないという約束を破り、信一は大激怒。受験はもう限界だと家を飛び出る。一夫(小林薫)は苦労する息子家族を見兼ねてある大きな決断をする。娘の幸せを思う父と母、祖父の思いが交錯する・・・
感想
個人的には、何故あそこまで、中学受験という道を選ぶのか不可解でしょうがない。今回は、信一は体調を壊しまくり、入学してからの経済的裏付けがないということで、祖父である一夫は家を売ろうとまで決意する。そこまでして無理に、娘に学歴など手に入れさせる必要などあるのか?彼女の精神的な負担になるだけのようにさえ感じる。それに、信一はすぐに切れて、娘を罵倒するし、奥さんは仕事がうまくいかないと八方塞がり。その受験の道の険しさをドラマ的な感覚で描いているのはわかるのだが、もういいじゃんという気持ちにしかならないし、ほとんど成功体験もないまま話が進むのは、見ていて楽しくない。娘や父親mp小さな成功体験、もしくは家族が幸せになる瞬間を描けばいいのに、ひたすら、怒りまくる信一と戸惑う家族を見ても、つまらないんだよな。会心書きは最後に用意されてるのかもしれないが、わずかでも、成功する道筋が見えないと、不快なドラマに終わってしまう気がする。もう、来週は8話、来週こそ、かおりの笑顔が見えなければ、このまま、数字が下がるだけだと思うけど。
08
 信一(阿部サダヲ)が倒れ、そのまま検査入院することになる。病院で佳織(山田美紅羽)の全国模試の結果を聞いた信一は、答案を細かくチェックして、考え方は間違えてないのにミスが多いことに着目。結果がバツなら全く分からなかった子と同じだと佳織に伝える。やがて、退院の日を迎えた信一だったが、家賃の未払いで家族は自宅を追い出されてしまい、ひとまず一夫(小林薫)の家へ。一夫は家の売却を考えていたが…。
関連記事


>
2017/02/27 10:42 :Category:【阿部サダヲ】下剋上受験 コメント(0)
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング