Fcastドラマ視聴率感想

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』

【日21視聴率】IQ246~華麗なる事件簿~最終回 

2016年10月クール 日曜よる9時
日曜劇場『IQ246~華麗なる事件簿~』

沙羅駆(織田裕二)のもとにマリア・T(中谷美紀)が拘置所内で服毒自殺したと連絡が入る。しかし不思議な事にその後もマリア・Tの手口と思われる事件が連続して起こり…
【キャスト】
法門寺沙羅駆・・・織田裕二 やんごとなき貴族のご落胤の末裔の末裔の末裔…。法門寺家の長男で89代目当主。」
和藤奏子・・土屋太鳳 正義感が強く、人の役に立つ仕事がしたくて警察官を目指す。
89代目賢正・・ディーン・フジオカ 沙羅駆の育ての親の息子で法門寺家に代々執事として仕える。
森本朋美・・中谷美紀 一見とても地味な法医学専門医 監察医。
【スタッフ】
脚本:泉澤陽子 栗本志津香 原 涼子
プロデュース:植田博樹
演出:木村ひさし 坪井敏雄 韓哲
製作著作:TBS
【視聴率】
01 10/16【13.1】
脚本 泉澤陽子 演出 木村ひさし
石黒賢 
02 10/23【12.4】
脚本 泉澤陽子 演出 木村ひさし
<2話ゲスト>佐藤隆太
03 10/30【10.1】
脚本 泉澤陽子 演出 坪井敏雄 
<3話ゲスト>観月ありさ 岡田浩暉 占部房子 高木渉
04 11/06【11.7】
脚本:栗本志津香 演出 坪井敏雄
<4話ゲスト> 国仲涼子 金田明夫
05 11/13【10.1】
脚本 木村涼子 演出 韓哲
<5話ゲスト> 成宮寛貴 矢本悠馬
06 11/20【10.4】
脚本:栗本志津香 演出  木村ひさし
<6話ゲスト> 平岳大 和田聰宏 MEGUMI 今野浩喜
07 11/27【10.0】
脚本:泉澤陽子 演出 坪井敏雄 
<7話ゲスト>山口紗弥加 佐野ひなこ
08 12/04【10.3】
脚本 木村涼子 演出 韓哲
<8話ゲスト> 稲垣吾郎 河相我聞
09 12/11【*9.3】■マリア・T死す・・・
脚本:泉澤陽子 演出 坪井敏雄
井上真樹夫 上杉祥三
10 12/18【7.8】最終回■最期の知恵くらべ
脚本 泉澤陽子 演出 木村ひさし


機動隊に囲まれた法門寺沙羅駆(織田裕二)、奏子(土屋太鳳)、執事の賢正(ディーン・フジオカ)。巧妙に仕組まれたマリアTの罠により、沙羅駆に射殺命令が下るー。IQ246の沙羅駆とIQ300のマリアT。究極の頭脳を持つ二人の最終決戦がいよいよ始まる!世界に絶望し、すべてを破壊しようとするマリアT。諦めずに考え続ける沙羅駆の二人がたどり着いた、人類にとっての最後の答えとは?衝撃のラストをお見逃しなく!!
感想
IQ246VSIQ300の戦いという最終の物語だったが、これまでの戦いは、マリアTが普通の人にに殺し方を指示し、成し遂げるというものだから、どうしても、ほころびが出るのは分かるし、彼女の計画通り行かないのも、納得で捕まってしまうのも分かる。だいたい、IQがそんなに高い人が書いたドラマでもない。けど、このドラマのトリックは、女性脚本家ばかりで、物語を作ってるマリアTになぞらえたのかもしれないが、そこで展開されたトリックは、どこかで、誰かが使ったようなトリックばかりだった。IQ400マリアTってそんなもんかよと思って見続けたが、最終回は、二人のどんな戦いが展開されるのか?最終回くらいは、完璧なる頭脳戦が展開されるのかと思ったが、毒薬勝負とは、なんとも言えない運の世界の戦いだった。二人にとっては運不運の戦いではないのかもしれないが、それが見えにくい単純な戦いの演出だった。そしてなぜか、法門寺沙羅駆は、この世に絶望したIQ300のマリアTによってよみがえる。それが何でかよくわからないままにだ。何ともスッキリしないが、フタルの戦いは延々と続くらしいし、沙羅駆も退屈にはならないのだろう?
この作品の失敗は、マリアTという人物を登場させたとことかも。天才のはずなのに、あまりうまくもない筋書きを作るこの女の存在が、弾けなかったのは脚本家の問題かな。マリアTを演じる中谷さんはフルスロットルで魅力的な存在にしようとしたは分かるが森本朋美は、あの存在のまま法門寺沙羅駆をフォローしてればよかったし、あくまで、犯罪者VS IQ246でよかったのではないか?いくら天才でも、殺人事件の謎解くというのは難題だ。

IQ246 華麗なる事件簿(下)
脚本 泉澤陽子 栗本志津香 木村涼子
扶桑社 (2016-12-24)
売り上げランキング: 4,469

関連記事


>
2016/12/19 11:11 :Category:【織田裕二】IQ246 コメント(2)
ほとんどのドラマが最終回、視聴率あげて有終の美を飾った中で、このドラマ、視聴率思いきり下げちゃったね。

mikaさん同様に、マリアTなんかにしないで、監察医 朋美で、チームとして協力者にしておけば、盛り上がったのに。

頭脳戦なんて言っちゃうから肩透かしくらったわけで、織田さんはじめ、土屋さん、ディーンさん達のキャラクター悪くなかったのに、やっぱりストーリーが、引き込まれなかったので、残念だ。

違う話だけど、名探偵コナンの推理の方が、見事な謎解きで、大人も楽しめるだけに、知能指数が高いようには、思えなかったこのドラマの謎解きは、もろに、視聴率に出ていたような気がする。

出ている俳優さんが、良かっただけに、もう少し中身の濃い、事件解決を見たかった。



投稿者: [ 2016/12/22 00:30 ]
中谷さん不足
マリアTの正体が分かってから、中谷さんの出番が少なくなり個人的な楽しみが無くなってしまいました。ラストの頭脳戦も2話でやったような対決で、いまいち盛り上がれず。この程度なら、監察医の朋美のままで沙羅駆たちに捜査協力する姿が見たかったです。
投稿者: [ 2016/12/21 11:58 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング