Fcastドラマ視聴率まとめ

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』
視聴率記事更新日:放送日時 番組タイトル

【突然ですが、明日結婚します視聴率】  

突然ですが、明日結婚します
「専業主婦になりたい女」と「絶対に結婚したくない男」が出会い、全く結婚に関する価値観が合わないが次第に強烈にひかれ合い、複雑で滑稽でリアルな恋愛模様を繰り広げる二人の最旬ラブストーリー。
毎週(月)21時~21時54分放送(初回15分拡大)
【結婚観正反対の恋!すれ違いラブバトル】2017年1月30日(月) 21時00分~21時54分
好きになってもいい?絶対に結婚したくない男のこの一言から始まった、結婚したい女とのラブバトル!強力ライバルも登場!大波乱の展開に、まさかのプロポーズ!
2017年2月6日(月) 21時00分~21時54分
結婚したい女と結婚したくない男の始まったばかりの恋愛に、結婚したい最強ライバルが!昔の女も存在感アップ!価値観バトルは四角関係へ!俺の女に手を出すな!
【出演者】
高梨あすか 西内まりや 専業主婦になりたい女。数々の金融に関する資格を持ち、仕事熱心で能力も高い
名波竜 山村隆太 人気アナウンサー。絶対に結婚したくない男
神谷暁人 山崎育三郎結婚に利益を求める男。
桐山莉央 中村アン 恋愛も結婚もしたくない女。
桜木夕子 高岡早紀 破綻した結婚に執着する女。
氷室統哉 杉本哲太 結婚したくなかった男。編成局ゼネラルプロデューサー。
三上 響 沢村一樹 結婚した男。アナウンス室室長。氷室と同期。
【スタッフ】
原作 「突然ですが、明日結婚します」宮園いづみ/小学館(「プチコミック」連載中)
脚本 山室有紀子  倉光泰子
プロデュース 後藤博幸 大木綾子
演出  並木道子
【視聴率】
01 1/23【8.5】結婚したい女VSしたくない男!恋バトル
脚本:山室有紀子 演出:並木道子
02 1/30【6.9】 大波乱のプロポーズ
脚本:山室有紀子 倉光泰子 演出:石井祐介
03 2/06【7.6】 俺の女に手を出すな
脚本:山室有紀子 倉光泰子 演出:並木道子


1月23日放送分(第1話)
 銀行勤務のあすか(西内まりや)は、真面目で誰よりも仕事熱心。その一方で、結婚願望は人一倍強く、夢は「恋愛結婚して専業主婦になること」だ。そんなあすかが、27歳の誕生日に5年付き合った恋人に突然、振られた。そして、傷も癒えぬまま出席した結婚式のブーケトスで、信じられないような失態を演じてしまう。しかも、司会を担当していたテレビ局の人気アナウンサー・名波(山村隆太)が、あすかを笑いものにして…。
【感想】
なかなか最初はベタな月9らしいプール飛び込みとか、なんの前びれもないメインのふたりのキスとか分かりやすいな~と思いながら見ていたが、このドラマは意外とテンポが早く、ぼーっとしてみてると、どんどん話が展開しているけど、意外と話自体は進むわけではない。それにしても、見た目の若々しさから「恋愛結婚して専業主婦になること」ということに焦ること必要性は感じないが、設定は27歳というのなら、母のような専業主婦になって、暮らしていきたいというのは、なるほど判らないでもない。誰も自分にとっての理想の形というのがあるだろうけど、相手にとっての理想というのもあって、簡単にうまくいくもんでもない。そんないろんな組み合わせの男女がいて、考え方が真反対の男女が恋愛したらというテーマはなかなか面白いかもしれないとは思った。男しかいない場所で、働いたりしてる僕には、まばゆいばかりの光景が広がるドラマの世界だが、そんな二人を含めて、どんな恋愛が広がるのか?次回からの展開に期待してみていきたいかな。それにしても、恋愛模様に関係なさそうな小野の部屋の場面が多すぎ!とツッコみたくはなったが、それゆえにアソコが舞台なのか?

1月30日放送分(第2話)
 あすか(西内まりや)は‘結婚する気がない’名波(山村隆太)のことが気に掛かる。そして、一緒にカフェにいた証券会社の神谷(山崎育三郎)のことを聞かれると、あたふたしてしまう。そんな中、あすか、莉央(中村アン)、桃子(岸井ゆきの)が再び小野(森田甘路)の部屋に招かれた。あすかは名波から「結婚は理解できないが一緒にいたい」と言われ、戸惑う。一方、名波は女優の夕子(高岡早紀)とトーク番組をやることになる。
【感想】
かなり王道なラブストーリーで、意外と楽しく見れないことのないと思うけど、なんか画面の雰囲気が、日本の恋愛ドラマぽくもないとは感じてしまう。テンポが良いはイイんだが、一場面がどこを見てもあっさり感があるというか~なんだろうな~よくわからないが、ちょっと、今までの恋愛ドラマとは画面からウケる感覚が違うのが気になる。それにしても、男性陣の配役はどうにかならなかったのか?どうも、アスカに対して、相手となる俳優たちが、ちょい大人すぎる感じがする。やっぱり、恋愛ドラマは同世代同士のほうがいいな~。意外と男優の年齢が高いけど、恋愛物に馴染みのない男優が多すぎると考えるのも、今ひとつドラマの世界に入り込めない僕の個人的な原因か?けど、話自体は、ベタでそこそこ面白く展開してるので、これからも見ていきたいのだが、やっぱり、急な企画というのは、配役に視聴者である僕とのずれを感じさるもんだな。
来週は、神谷の急な求婚に、あすかがどう対応するのか?そして、あすかの家庭まで経験した名波は、彼女に対してどう向き合うのか?人それぞれ全く結婚に対する考え方が違う男女が、どんな恋愛模様を描くのか?微妙に気になるので見てはいきたい。

2月6日放送分(第3話)
 あすか(西内まりや)は名波(山村隆太)に、料理しに行くとメール。小野(森田甘路)や莉央(中村アン)、桃子(岸井ゆきの)も同席予定だったが、3人は気を利かして、2人だけにする。ところが緊張のせいか、2人の会話は弾まない。そんな中、あすかは名波が新番組で夕子(高岡早紀)と共演すると知る。一方、名波は神谷(山崎育三郎)について探りを入れる。数日後、仕事帰りのあすかと神谷は、路上でテレビクルーに取材される。
【感想】
あすかも好きな人と結婚したいという思いは譲れないというのは、何ともいい感じだ。神谷の結婚の申込みに対して、拒絶反応をするのは、女性でなくても、僕さえも快くは思えないけど、あすかに対して、彼は次はどうせ混てくるのかな?しかし、あすかは本当に、名波のことを好きになったんだな。SNSでのやり取りで、返事を返さない名波の嫉妬ぶりとかわからないでもない。それにしても、名波もあすかと一緒にいる神谷にインタビューしてしまうとは、ちょっと大人げないとは思うが人間だもんね。それにしても桜木夕子は、結婚相手が浮気ばかりするので、どこか他の男ににすがってしまうのか?それも人間だな。桜木の存在が、あすかの名波と結婚する一番の障害なのかもしれないが、彼女だけでは弱いような気もするんだよね。桜木がどうかき回すのか?きっちりやりきったほしい。しかし、友だちの部屋で、あすかも名波もイチャつくんかい!親しき仲にも...とは、僕は考えてしまうが、今の時代ありなのかね?わからない。
関連記事


>
2017/02/07 09:38 :Category:【西内まりや】突然ですが、明日結婚します コメント(1)
古いのでは?
見ていれば先がわかる展開というか、初っぱなから、ブーケ受けとりました。でも、プールにドボン。と予想すれば、その通り。

紙袋さげて雨が降れば、破けるだろうと予想すれば、これまた、その通り。

橋の先で待っているだろうと、予想すれば、案の定、大当たり!

ポケットに入れてもらったのは、ビンに入った飴だろうと思えば、やはりその通り。

意外性もなく、見ていれば予想できる展開で、ワクワクもドキドキもなく、これは、もう、最終回見ればいいやって、思ってしまった。

フジは月9を甦らそうとは思わないのかな?
伝説のドラマを何作も生み出した局が、これって?

余談だけど、紙袋さげて雨が降ってきたら、タクシー拾うけどな。 
女性が、町中をずぶ濡れになって歩くって、あまり見かけない。
悲しさとか、切なさを表現したかったのかもしれないけど、残念。伝わってこなかった。
投稿者: [ 2017/01/23 23:55 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング