Fcastドラマ視聴率まとめ

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』
視聴率記事更新日:放送日時 番組タイトル

【日21視聴率】IQ246~華麗なる事件簿~9話 怒涛の最終章 

2016年10月クール 日曜よる9時
日曜劇場『IQ246~華麗なる事件簿~』

沙羅駆(織田裕二)のもとにマリア・T(中谷美紀)が拘置所内で服毒自殺したと連絡が入る。しかし不思議な事にその後もマリア・Tの手口と思われる事件が連続して起こり…
【キャスト】
法門寺沙羅駆・・・織田裕二 やんごとなき貴族のご落胤の末裔の末裔の末裔…。法門寺家の長男で89代目当主。」
和藤奏子・・土屋太鳳 正義感が強く、人の役に立つ仕事がしたくて警察官を目指す。
89代目賢正・・ディーン・フジオカ 沙羅駆の育ての親の息子で法門寺家に代々執事として仕える。
森本朋美・・中谷美紀 一見とても地味な法医学専門医 監察医。
【スタッフ】
脚本:泉澤陽子 栗本志津香 原 涼子
プロデュース:植田博樹
演出:木村ひさし 坪井敏雄 韓哲
製作著作:TBS
【視聴率】
01 10/16【13.1】
脚本 泉澤陽子 演出 木村ひさし
石黒賢 
02 10/23【12.4】
脚本 泉澤陽子 演出 木村ひさし
<2話ゲスト>佐藤隆太
03 10/30【10.1】
脚本 泉澤陽子 演出 坪井敏雄 
<3話ゲスト>観月ありさ 岡田浩暉 占部房子 高木渉
04 11/06【11.7】
脚本:栗本志津香 演出 坪井敏雄
<4話ゲスト> 国仲涼子 金田明夫
05 11/13【10.1】
脚本 木村涼子 演出 韓哲
<5話ゲスト> 成宮寛貴 矢本悠馬
06 11/20【10.4】
脚本:栗本志津香 演出  木村ひさし
<6話ゲスト> 平岳大 和田聰宏 MEGUMI 今野浩喜
07 11/27【10.0】
脚本:泉澤陽子 演出 坪井敏雄 
<7話ゲスト>山口紗弥加 佐野ひなこ
08 12/04【10.3】
脚本 木村涼子 演出 韓哲
<8話ゲスト> 稲垣吾郎 河相我聞
09 12/11【9.3】■マリア・T死す・・・
脚本:泉澤陽子 演出 坪井敏雄
井上真樹夫 上杉祥三
10 12/18【】最終回


09
マリア・T(中谷美紀)が拘置所内で毒を飲んで死亡した…。あまりのあっけない幕切れに、耳を疑う沙羅駆(織田裕二)、護衛係の奏子(土屋太鳳)、執事の賢正(ディーン・フジオカ)らは、真相を探るために北鎌倉を後にする。マリア・Tが死んだにも関わらず、大型病院のハッキング事件などマリア・Tの手口と酷似するような奇妙な事件がその後も連続して発生していき…。すべての真相が解明される怒涛の最終章、ついに始まるー。
【感想】
マリア・Tは、死ぬわけもないとは思っていたけど、自殺志願者が身代わりになってたんだなという予想しやすい展開だったが、マリアTは、なんと知能指数300って、もうよく理解できない数値も披露された。当然、マリアTIQ300と沙羅駆IQ246が戦うと、毎回、彼女の完全勝利かと思えるが、彼女に手足のように使われる人間は、普通の人なので、結果は沙羅駆完勝に最終的にはなってしまうところが、興味深い。今回のハッキング展開も、マリアTだけでやったら、完勝なのかもしれないが、協力者はスキを見せまくり、そして、彼は捕まった。それにしても、マリアTを追い詰めながらも、執事の賢正の心を救うことを優先したが、最終的に彼女は、沙羅駆につかめる運命を与えられるのかな?事件は、ついに最終局面にして、沙羅駆の最大のピンチという舞台が作られたが、それでも、彼はマリアTを捕まえることができるのか?というところが見どころか?けど、ここ数話は、粗はあるけど、前ほど、これ見たことあるな~的な展開じゃなくなったし、話も面白くなったので、最後に期待したい。けど、ここまで、織田さんと中谷さんでよく持たせたな~。
10
【最終回】
マリアT(中谷美紀)のわなにより警察内に沙羅駆(織田裕二)の射殺許可が出る。奏子(土屋太鳳)は沙羅駆逮捕を命じられるが、拒否してそのまま彼に同行。一方、入院中の賢丈(寺島進)は沙羅駆への疑いを晴らそうと警視総監・棚田(篠井英介)に掛け合う。折しもマリアTが日本の電気の中枢を握り国家を脅迫、その仲間と見なされた沙羅駆はマリアTもろとも抹殺されようとしていた。そして、沙羅駆をかばい奏子が撃たれてしまう。
関連記事


>
2016/12/12 14:15 :Category:【織田裕二】IQ246 コメント(0)
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング