Fcastドラマ視聴率まとめ

FC2ブログから視聴率·キャスト情報·感想·ネタバレなど。個別スポーツ、バラエティ視聴率も速報更新。コメント大歓迎!検索『視聴率』で!

【水22視聴率】地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子【最終回】全話二桁 

地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子
河野悦子が、ド派手ファッションに身を包み、作家に直接会いに行ったり、事実確認のために現場に乗り込んだりと、校閲の仕事を超えて大暴れしていくお仕事コメディ作品だ。
【スタッフ】
原作:宮木あや子 「校閲ガール」シリーズ(KADOKAWA刊)
脚本:中谷まゆみ
チーフプロデューサー: 西憲彦
プロデューサー:小田玲奈 森雅弘 岡田和則(光和インターナショナル)
演出: 佐藤東弥 ほか
【キャスト】
石原さとみ 河野悦子 ファッションエディターを目指して総合出版社「景凡社」に途中入社した28歳。地味な校閲部に配属される.
菅田将暉 折原 幸人 悦子に一目ぼれされる大学生だが、実は作家。
本田翼 森尾登代子 悦子の高校の後輩で、ファッション誌「Lassy」の編集者
青木崇高 貝塚八郎 校閲部を見下す売れっ子編集者
岸谷五朗 茸原渚音 景凡社の校閲部部長。
【視聴率】
01 10/05【12.9】なんで私が校閲に?オシャレ校閲ガールが大暴れ
演出 佐藤東弥 脚本 中谷まゆみ
02 10/12【11.2】毒舌&型破りな校閲ガール!張り切り過ぎて大失敗
演出 佐藤東弥 脚本 中谷まゆみ
ともさかりえ
03 10/19【12.8】毒舌&型破りな校閲ガール!理不尽ルールに物申
演出 小室直子 脚本 中谷まゆみ
賀来千香子
04 10/26【11.2】関西【12.6】校閲VSパパラッチ女優の夢を壊す記者に本気ギレ
演出 森雅弘 脚本 川崎いづみ
ゲスト 南沢奈央、山中聡
05 11/02【11.6】関西【】型破り校閲ガール!カリスマスタイリストに物申す
演出 佐藤東弥 脚本 中谷まゆみ
川原亜矢子
06 11/09【13.2】関西【】一晩で緊急校閲!集え!作者&編集&校閲涙の本作
演出 小室直子 脚本 川崎いづみ
安藤政信
07 11/16【12.5】関西【】幸人の衝撃の過去を校閲!事実確認すれば破局?
演出 森雅弘 脚本 川崎いづみ
鹿賀丈史 大御所のミステリー作家。幸人の実父。
08 11/23【12.7】関西【】悦子vs部長の元カノ...仕事も恋愛も全力には全力返し
演出 佐藤東弥 脚本 川崎いづみ
伊藤かずえ 恋愛小説家。
09 11/30【13.2】関西【】校閲はなくてもいい仕事?緊急事態!悦子が地味に
演出 小室直子 脚本 中谷まゆみ
10 12/07【12.3】
演出 佐藤東弥 脚本 中谷まゆみ
ゲスト 浅田美代子、本田博太郎
平均12.4%

地味にスゴイ!  校閲ガール・河野悦子 Blu-ray BOX
バップ (2017-04-19)
売り上げランキング: 1,455


『Lassy』編集長の亀井(芳本美代子)から、巻頭特集の企画書を書いてプレゼンするように言われた悦子(石原さとみ)。悦子に『Lassy』編集部に異動できる大チャンスが訪れる。悦子は貝塚(青木崇高)から、本郷(鹿賀丈史)の盗作を訴える告発文が送り付けられたと知らされる。告発文の送り主は、“直木龍之介”と名乗るWEB小説家。直木は、自分が1ヵ月前に発表した作品と、発売されたばかりの本郷の最新作が酷似していると主張していた。本郷は連絡がつかない状態で、真偽を確かめることができない。貝塚は、本郷の最新作と直木の作品を細かく検証すれば手がかりが得られるかもしれないと考え、校閲部に2つの作品の事実確認を依頼。悦子たち校閲部の面々と幸人(菅田将暉)は協力して、本郷の盗作疑惑を晴らすために奔走する。一方、悦子が『Lassy』編集部に企画をプレゼンする日も近付いていた。そんな中、校閲部に何者かが侵入し…。
感想
なんとなく、校閲部が今までにこの部にいなかった强烈キャラ河野悦子に染まって終わったかなとは思ったが、これも全て、部長の活性化策がずばり当たったという感じでより良い校閲ができる環境になったという終わり方だったかな。これから先、この続きも作れそうな終わり方だったし、視聴率的にも成功してるので、第二弾もありそうな気もする。話のほうは、本郷の盗作疑惑で、てんてこ舞いな中で、悦子に、千載一遇のチャンスがという話だったが!きっちり、悦子としては、自分お仕事を全うして、チャンスを不意にしたが、終わり方としては、きれいな物語で終わったような。それにしても、友人の嫉妬心が犯した罪だったけど、きっちり仕事人たちが校閲の仕事ぶりで無実を晴らして行く過程は、見事なこれまでの集大成を感じさせた。りおんも、事実確認のために、青森まで行ってしまう人になったんだな~と感慨が。原作がどうなってるのかわからないが、悦子が『Lassy』編集部に、校閲の仕事をしてる中で再チャレンジしてシイ続編はほしいかも。
関連記事


>
2016/12/08 09:19 :Category:【石原さとみ】校閲ガール コメント(2)
10話最終回
タコ八郎さんが最後に言った言葉が全てでした。何事も中途半端にしない悦子だからこそ応援したいと思えた。その真っ直ぐな信念に何度も胸が熱くなったドラマでした。

個人的な好みとしては、もう少し校閲のお仕事が見たかったです。Lassy編集者の夢を叶える日まで校閲部で頑張るんじゃなくて、純粋に校閲に向き合っていくお話しも見たかったです。

家族のような校閲部の温かさと息の合った掛け合いが好きでした。中でも青木さんとさとみちゃんの掛け合いが見事でした。あと江口さんも流石です。それこそあんなに地味な役なのに存在感ありました。楽しかったです。
投稿者: [ 2016/12/08 18:49 ]
寂しいです!
今季 1番ワクワクしたドラマだったかな~
もう終わってしまうの?という寂しさで一杯です! 信念持って校閲に向かう悦ちゃんが好きでした♪ 何でも口に出して言いそうだけど
そっと部屋を飾り付けしていく…ちょっと奥ゆかしい?悦ちゃんも可愛い!
毎回の衣装 ヘアスタイルも あれ着たい…着れないけど…あのヘアスタイル可愛い!…できないけど… 目の肥やしになりました(*^^*)土台が違い過ぎる~
石原さんにぴったりな役でしたねー
回りのキャストさん達も大好きでした!
貝塚さん!いい奴だなぁ~ちょっと暑苦しいけど…
森尾さんも幸人君に自信をもって仕事人らしくビシッと言ったし、其々が我が進む道を見つけたかな~
楽しいドラマをありがとうございました(^o^)
本当はもっと観ていたかったなぁ…
投稿者: [ 2016/12/12 12:21 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
最近のコメント★歓迎!
データ取得中...
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
スマホ、タブレット QR
QR
カテゴリ Category
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング