Fcastドラマ視聴率まとめ

FC2ブログから視聴率·キャスト情報·感想·ネタバレなど。個別スポーツ、バラエティ視聴率も速報更新。コメント大歓迎!検索『視聴率』で!

【日21視聴率】IQ246~華麗なる事件簿~9話稲垣吾郎 全話二桁 

2016年10月クール 日曜よる9時
日曜劇場『IQ246~華麗なる事件簿~』

やんごとなき人物の末裔であり、IQ246(超遺伝頭脳)の叡智をそなえた貴族・法門寺沙羅駆(ほうもんじしゃらく)を演じる!!
【キャスト】
法門寺沙羅駆・・・織田裕二 やんごとなき貴族のご落胤の末裔の末裔の末裔…。法門寺家の長男で89代目当主。」
和藤奏子・・土屋太鳳 正義感が強く、人の役に立つ仕事がしたくて警察官を目指す。
89代目賢正・・ディーン・フジオカ 沙羅駆の育ての親の息子で法門寺家に代々執事として仕える。
森本朋美・・中谷美紀 一見とても地味な法医学専門医 監察医。
【スタッフ】
脚本:泉澤陽子 栗本志津香 原 涼子
プロデュース:植田博樹
演出:木村ひさし 坪井敏雄 韓哲
製作著作:TBS
【視聴率】
01 10/16【13.1】
脚本 泉澤陽子 演出 木村ひさし
石黒賢 
02 10/23【12.4】
脚本 泉澤陽子 演出 木村ひさし
<2話ゲスト>佐藤隆太
03 10/30【10.1】
脚本 泉澤陽子 演出 坪井敏雄 
<3話ゲスト>観月ありさ 岡田浩暉 占部房子 高木渉
04 11/06【11.7】
脚本:栗本志津香 演出 坪井敏雄
<4話ゲスト> 国仲涼子 金田明夫
05 11/13【10.1】
脚本 木村涼子 演出 韓哲
<5話ゲスト> 成宮寛貴 矢本悠馬
06 11/20【10.4】
脚本:栗本志津香 演出  木村ひさし
<6話ゲスト> 平岳大 和田聰宏 MEGUMI 今野浩喜
07 11/27【10.0】
脚本:泉澤陽子 演出 坪井敏雄 
<7話ゲスト>山口紗弥加 佐野ひなこ
08 12/04【10.3】
脚本 木村涼子 演出 韓哲
<8話ゲスト> 稲垣吾郎 河相我聞
09 12/11【】■マリア・T死す・・・
脚本:泉澤陽子 演出 坪井敏雄
井上真樹夫 上杉祥三
10 12/18【】最終回

稲垣吾郎19年ぶりに織田裕二と共演 「IQ246」第8話出演

真犯人は法門寺沙羅駆(織田裕二)ー。殺人現場から発見される証拠はすべて、沙羅駆が犯人である事を物語る。8年前の事件で顔に泥を塗られた敏腕管理官の牛田(稲垣吾郎)は、その因縁を晴らすため沙羅駆を追い詰めていく。沙羅駆不在の中、奏子(土屋太鳳)は真相を究明しようとするが、執事の賢正(ディーン・フジオカ)も何故か非協力的、沙羅駆の味方と見なされる奏子は捜査本部からも排除され、孤独な捜査を一人強いられる…
感想
今回、沙羅駆は警察に捕まり、身動きがとれないという設定で、残された者、特に和藤にアドバイスをしながら、事件の解決に迫るという展開だった。それにしても、すべてを明晰な頭脳で、解き明かす沙羅駆を犯人に仕立て上げるなんて、普通の人には不可能。最終的に犯人によって、全てがお膳立てされた計画だったことが明らかになったが、それは、どう考えても、あの人物しかいないと思うけど....。それにしても、マリアTは、捕まり最後は服毒自殺してしまったが、誰もが考える通り、次回の予告を読むと彼女は捕まってもいないし、死亡してしていないようだ。ということは、視聴者は、その実態を見ていないのか?まだ真実は分からないが、なかなか最終回に向けて気の抜かない展開になってきた。それとは別に、和藤が取り組んだ今回の事件、心に残るのは、沙羅駆の見ると観察するとでは、全く違うという言葉だった。ただ見てるだけでは見ないが、観察すると見えてくるものがあるということから、彼女は精力的に動き出す。そして、その動きに、敏腕管理官の牛田は、反発を強めるなかで、和籐は犯人につながる情報を集めていく中で、彼女の成長が明確になっていくところが見どころかな。賢正も捜査に加わり、足利、今市、山田の警察側の協力も得ていくところは、今までの事件を解決していく中でできた意識の共有があるからなのかもしれないが、いい流れだった。そして、ファンサイトまで持つ沙羅駆に協力の輪が広がっていくところから見えてきた犯人は、ブラックジャーナリストに憎悪を持つものだった。
毎度、犯人は、わかりきってたけど、その過程のドラマが楽しめたので、なかなかの出来だったかな。
牛田との本格的な戦いは、映画か?最終回なのかな。
関連記事


>
2016/12/05 18:51 :Category:【織田裕二】IQ246 コメント(2)
ついに来週が最終回
やっと「シャーロックとワトソン」になってきたかな。って、思っていたら来週はいよいよ最終回。どのような結末を迎えるのでしょうか? 日曜の夜にまたこのメンバーで続きが見てみたい。視聴率をみると10%は確実にファンがいるんだけど。 脚本が面白いのは勿論だけど、演者で最初に選ぶ事が多いので、織田さんでまたやって欲しいです。
投稿者: [ 2016/12/05 15:24 ]
もっともっと見ていたい
回を重ねるごとに良くなってきたように思えます。
織田裕二さんの風変わりな天才貴族も、なかなか悪くない。
土屋たおさん演じる和藤刑事も、ずっこけぶりが笑えて、必死だから、よけい可愛らしくていいね。
ディーンさん演じる執事は、いわずもがな、端正な顔立ちに、美しい振る舞い、見てるだけで満足。 

犯罪の謎解きとしては、難しくもなく、ラクにみていられるので、楽しめる。

今回は、稲垣吾郎さんがゲスト。
もっと、シャラクと絡みがあるかと思ったけど、意外に出番が少なくて。

今回の犯人には同情してしまうほど、気の毒な境遇だった。

役者さんが、皆さん絵になるからか、すごく役柄と合っていて、前のコメントの方と同じく、また、会いたくなる人たち。

決め台詞が最近聞けなくなったけど、犯罪に合わせてるんだね。

織田裕二さんの新境地ですね。
投稿者: [ 2016/12/06 00:34 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
最近のコメント★歓迎!
データ取得中...
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
スマホ、タブレット QR
QR
カテゴリ Category
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング