Fcastドラマ視聴率感想

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』

【地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子視聴率】最終回 

地味にスゴイ!  校閲ガール・河野悦子 DVD-BOX
バップ (2017-04-19)
売り上げランキング: 8,961

地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子
河野悦子が、ド派手ファッションに身を包み、作家に直接会いに行ったり、事実確認のために現場に乗り込んだりと、校閲の仕事を超えて大暴れしていくお仕事コメディ作品だ。
【スタッフ】
原作:宮木あや子 「校閲ガール」シリーズ(KADOKAWA刊)
脚本:中谷まゆみ
チーフプロデューサー: 西憲彦
プロデューサー:小田玲奈 森雅弘 岡田和則(光和インターナショナル)
演出: 佐藤東弥 ほか
【キャスト】
石原さとみ 河野悦子 ファッションエディターを目指して総合出版社「景凡社」に途中入社した28歳。地味な校閲部に配属される.
菅田将暉 折原 幸人 悦子に一目ぼれされる大学生だが、実は作家。
本田翼 森尾登代子 悦子の高校の後輩で、ファッション誌「Lassy」の編集者
青木崇高 貝塚八郎 校閲部を見下す売れっ子編集者
岸谷五朗 茸原渚音 景凡社の校閲部部長。
【視聴率】平均【12.4%】
01 10/05【12.9】なんで私が校閲に?オシャレ校閲ガールが大暴れ
演出 佐藤東弥 脚本 中谷まゆみ
02 10/12【11.2】毒舌&型破りな校閲ガール!張り切り過ぎて大失敗
演出 佐藤東弥 脚本 中谷まゆみ
ともさかりえ
03 10/19【12.8】毒舌&型破りな校閲ガール!理不尽ルールに物申
演出 小室直子 脚本 中谷まゆみ
賀来千香子
04 10/26【11.2】関西【12.6】校閲VSパパラッチ女優の夢を壊す記者に本気ギレ
演出 森雅弘 脚本 川崎いづみ
ゲスト 南沢奈央、山中聡
05 11/02【11.6】関西【】
演出 佐藤東弥 脚本 中谷まゆみ
川原亜矢子
06 11/09【13.2】関西【】
演出 小室直子 脚本 川崎いづみ
安藤政信
07 11/16【12.5】関西【】
演出 森雅弘 脚本 川崎いづみ
鹿賀丈史 大御所のミステリー作家。幸人の実父。
08 11/23【12.7】関西【】
演出 佐藤東弥 脚本 川崎いづみ
伊藤かずえ 恋愛小説家。
09 11/30【13.2】関西【】
演出 小室直子 脚本 中谷まゆみ
10 12/07【12.3】
演出 佐藤東弥 脚本 中谷まゆみ
ゲスト 浅田美代子、本田博太郎


9
憧れのファッション誌『Lassy』の校閲を手伝うことになり、張り切る悦子。しかし、雑誌の校閲は普段やっている書籍の校閲とは勝手が違うため、苦戦する。かたや森尾(本田翼)は『Lassy』の編集部員として大きな仕事を任されていた。そんな森尾の様子を目の当たりにして、悦子は校閲の仕事に劣等感を感じるようになる。一方、悦子と幸人(菅田将暉)の関係は相変わらず、あいまいなままだった。そんな中、悦子は貝塚(青木崇高)から、森尾が幸人のことを密かに想っていると聞かされ、ショックを受ける。恋愛もうまくいかない上に、仕事にもやりがいを持てなくなる悦子。彼女は、校閲部員たちを驚かせるほど地味な服装で出社したりと、すっかり元気を失くしてしまう…。
感想
河野悦子が、まさかの地味ファッションに変身!そこには何があったのか?彼女にとって、何が一番ショックな出来事だったのかをわかるような話だった。話の始まりで、彼女にとっては、2つの意外な出来事が起こるけど、その一つが、『Lassy』の校閲をすることになるということになるけど、編集部でついミスをしてしまうこと森尾都の仕事の違いだった。自分がやりたいことをやってる森尾と比較してどうにもならない地味な自分。それに、森尾が折原 幸人を好きかもしれないと貝塚から聞いてしまうことだったかな。それのどちらが彼女にとって大きいのはわからないまま、地味な河野悦子は、惰性で仕事を続けてしまうのは、あの副編の不用意な言葉に落ち込んだものあるのかと思ったが、そんなの折原幸人によって、魔法を解かれれば、気持ちが解き放たれるもんだね。それにしても、彼が小学生に言ってるようだったけど、そこまで落ち込んでたということなのかな。しかし、本当に、心が落ち込む魔法を説いたのは、彼と付き合うことがかなったことかもしれないけど。どっちの彼女にとっては大きなことだったのかもしれないが、オープニングで夢オチしてしまうほど望んでたことなんだろうから、やっぱり恋のほうが彼女にとっては大きかったのかも。けど、彼が超絶イケメン設定というのには、僕の目からするとちょい違和感があるかな。ルックスパワーなら、どう考えても、悦子演じる石原さとみのほうがパワフルだと思うかな。
【最終回】
『Lassy』編集長の亀井(芳本美代子)から、巻頭特集の企画書を書いてプレゼンするように言われた悦子(石原さとみ)。悦子に『Lassy』編集部に異動できる大チャンスが訪れる。悦子は貝塚(青木崇高)から、本郷(鹿賀丈史)の盗作を訴える告発文が送り付けられたと知らされる。告発文の送り主は、“直木龍之介”と名乗るWEB小説家。直木は、自分が1ヵ月前に発表した作品と、発売されたばかりの本郷の最新作が酷似していると主張していた。本郷は連絡がつかない状態で、真偽を確かめることができない。貝塚は、本郷の最新作と直木の作品を細かく検証すれば手がかりが得られるかもしれないと考え、校閲部に2つの作品の事実確認を依頼。悦子たち校閲部の面々と幸人(菅田将暉)は協力して、本郷の盗作疑惑を晴らすために奔走する。一方、悦子が『Lassy』編集部に企画をプレゼンする日も近付いていた。そんな中、校閲部に何者かが侵入し…。
感想
なんとなく、校閲部が今までにこの部にいなかった强烈キャラ河野悦子に染まって終わったかなとは思ったが、これも全て、部長の活性化策がずばり当たったという感じでより良い校閲ができる環境になったという終わり方だったかな。これから先、この続きも作れそうな終わり方だったし、視聴率的にも成功してるので、第二弾もありそうな気もする。話のほうは、本郷の盗作疑惑で、てんてこ舞いな中で、悦子に、千載一遇のチャンスがという話だったが!きっちり、悦子としては、自分お仕事を全うして、チャンスを不意にしたが、終わり方としては、きれいな物語で終わったような。それにしても、友人の嫉妬心が犯した罪だったけど、きっちり仕事人たちが校閲の仕事ぶりで無実を晴らして行く過程は、見事なこれまでの集大成を感じさせた。りおんも、事実確認のために、青森まで行ってしまう人になったんだな~と感慨が。原作がどうなってるのかわからないが、悦子が『Lassy』編集部に、校閲の仕事をしてる中で再チャレンジしてシイ続編はほしいかも。
関連記事


>
2016/12/01 09:35 :Category:【石原さとみ】校閲ガール コメント(2)
♪諦めないで~♪
地味な校閲の仕事…尊敬します!
シーンとした仕事場でページのパラパラめくる音だけが聞こえる中、自分なりの拘りで派手?なファッションに身を包んだ悦ちゃん!
可愛いファッションも素敵ですが…地味なスッピンの悦ちゃんも大好きです♪
口紅を塗るだけで…首にスカーフを巻くだけで
本当に顔がパッと明るくなって‼
やっぱり悦ちゃんはこうでなくっちゃ!
私も本当に笑顔のヒントをたくさんもらいました
♪あっきらめないで~ 手を伸ばせば光がさす
信じていいよ~重いドアこじ開けて空を染めてみよう~♪♪
今日が最終回! 楽しみだけど寂しいな~
投稿者: [ 2016/12/07 19:03 ]
悦ちゃん良かったね
憧れのラッシーに異動できるんだ!
ついに願いが叶って、大好きな幸人くんとも、付き合えて。
たくさん苦しんだあとの幸せ。
このドラマにも終わってほしくなかったけど、来週が最終回か。

たくさん元気をもらいました。
まっすぐで、何でも口に出さないと気がすまないところも、好きだったな。


教わることがたくさんあったし、仕事に一生懸命な人は見ていて気持ちがいい。
頑張っているから疑問もでるし、どうにかしたいと思ってしまうのだよね。

脇を固めていた青木宗高さんや、江口のり子さん、岸谷五郎さん他、たくさんのコウエツの周りには、見守る人がいて、このドラマ締まっていたように思えます。

石原さとみさんは、地味でも可愛いですね
投稿者: [ 2016/12/01 00:14 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング