Fcastドラマ視聴率まとめ

国内ドラマ視聴率·キャスト情報·感想·ネタバレなど。個別スポーツ、バラエティ視聴率も速報更新。コメント大歓迎!検索は『fcast』
視聴率記事更新日:放送日時 番組タイトル

【日21視聴率】IQ246~華麗なる事件簿~8話 二桁確保 

2016年10月クール 日曜よる9時
日曜劇場『IQ246~華麗なる事件簿~』

やんごとなき人物の末裔であり、IQ246(超遺伝頭脳)の叡智をそなえた貴族・法門寺沙羅駆(ほうもんじしゃらく)を演じる!!
【キャスト】
法門寺沙羅駆・・・織田裕二 やんごとなき貴族のご落胤の末裔の末裔の末裔…。法門寺家の長男で89代目当主。」
和藤奏子・・土屋太鳳 正義感が強く、人の役に立つ仕事がしたくて警察官を目指す。
89代目賢正・・ディーン・フジオカ 沙羅駆の育ての親の息子で法門寺家に代々執事として仕える。
森本朋美・・中谷美紀 一見とても地味な法医学専門医 監察医。
【スタッフ】
脚本:泉澤陽子 栗本志津香 原 涼子
プロデュース:植田博樹
演出:木村ひさし 坪井敏雄 韓哲
製作著作:TBS
【視聴率】
01 10/16【13.1】
脚本 泉澤陽子 演出 木村ひさし
石黒賢 
02 10/23【12.4】
脚本 泉澤陽子 演出 木村ひさし
<2話ゲスト>佐藤隆太
03 10/30【10.1】
脚本 泉澤陽子 演出 坪井敏雄 
<3話ゲスト>観月ありさ 岡田浩暉 占部房子 高木渉
04 11/06【11.7】
脚本:栗本志津香 演出 坪井敏雄
<4話ゲスト> 国仲涼子 金田明夫
05 11/13【10.1】
脚本 木村涼子 演出 韓哲
<5話ゲスト> 成宮寛貴 矢本悠馬
06 11/20【10.4】
脚本:栗本志津香 演出  木村ひさし
<6話ゲスト> 平岳大 和田聰宏 MEGUMI 今野浩喜
07 11/27【10.0】
脚本:泉澤陽子 演出 坪井敏雄 
<7話ゲスト>山口紗弥加 佐野ひなこ
08 12/04【】
<8話ゲスト>稲垣吾郎
稲垣吾郎19年ぶりに織田裕二と共演 「IQ246」第8話出演

(第7話)
 沙羅駆(織田裕二)は、一連の事件の黒幕で法医学専門医監察医に成り済ましていたマリアT(中谷美紀)と接触するが、取り逃がす。沙羅駆はマリアTのパソコンに残されていたメッセージを解読し、次の犯罪が起きると思われるテレビ局のスタジオへ。一方、警察に「女優の美園麗子(山口紗弥加)を殺した」という電話が入る。警察が現場へ向かうと、そこには麗子ではなく、女優・あやめ(佐野ひなこ)の他殺体が横たわっていた。
【感想】
ここからは、沙羅駆VSマリアTというのが明確になっるんだろうな。彼女に操られ、殺人を犯していくものたちを追いかけていくので、金持ちの暇つぶし要素は、ほとんどなくなったし、和籐も機能的に動くようになり、とぼけた要素は、ほとんどなくなった。この展開でいいのかどうかわからないが、引っかかる要素が減り、スッキリ見れるようにはなったかも。けど、もうやられると思われた沙羅駆は、森本がマリアTであることは、わかっていて、彼女のラボに通っていたのは、いつかこの日が来ることを予見していて、それに対するワクチンを作っていたなんて、都合良すぎる感はあるけど。それも沙羅駆なんだよな~と勝手に納得して、見てしまう。今回の話は、一番の謎は、美園麗子の殺人動機となるものが何か?それは、最後に、本人と沙羅駆に解説されるまでもなく、美園とあやめの会話の中で、作品に対する不快思い入れがあまりにも顕著すぎる演技を美園がしていた為、分かりやすかった。もう少しサラッとしたものでいいんじゃないの?とは思うが、沙羅駆が美園に近づいたのは、ストーカーを刺激するためだったとは、気づかなかった。それに、彼女にあなたは芝居は好きですが、あなた自身のことは好きでもなんでもありませんと言い放ち、そこから、彼女が本心を語るシーンは、なかなか、劇的だった。しかし、あやめに言うのならまだしも、和藤に対して言わんでもという気はしないでもないが、作り手の本心のように思えるセリフを痛快に言い放ってしまうところが気持ちいい。けど、沙羅駆は、お蔵入りしかない彼女の作品をまるごと買うんだな。こういう流れは嫌いじゃない。それにしても、今度は、マリアTが捕まるとは、次回はどうな展開にあるのかな?
関連記事

>
2016/11/29 00:57 :Category:【織田裕二】IQ246 コメント(0)
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
最近のコメント★歓迎!
データ取得中...
アクセスサイトランキング
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
スマホ、タブレット QR
QR
カテゴリ Category
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング