Fcastドラマ視聴率まとめ

国内ドラマ視聴率·キャスト情報·感想·ネタバレなど。個別スポーツ、バラエティ視聴率も速報更新。コメント大歓迎!検索は『視聴率』
視聴率記事更新日:放送日時 番組タイトル

【水22視聴率】地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子8話数字は安定! 

地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子
河野悦子が、ド派手ファッションに身を包み、作家に直接会いに行ったり、事実確認のために現場に乗り込んだりと、校閲の仕事を超えて大暴れしていくお仕事コメディ作品だ。
【スタッフ】
原作:宮木あや子 「校閲ガール」シリーズ(KADOKAWA刊)
脚本:中谷まゆみ
チーフプロデューサー: 西憲彦
プロデューサー:小田玲奈 森雅弘 岡田和則(光和インターナショナル)
演出: 佐藤東弥 ほか
【キャスト】
石原さとみ 河野悦子 ファッションエディターを目指して総合出版社「景凡社」に途中入社した28歳。地味な校閲部に配属される.
菅田将暉 折原 幸人 悦子に一目ぼれされる大学生だが、実は作家。
本田翼 森尾登代子 悦子の高校の後輩で、ファッション誌「Lassy」の編集者
青木崇高 貝塚八郎 校閲部を見下す売れっ子編集者
岸谷五朗 茸原渚音 景凡社の校閲部部長。
【視聴率】
01 10/05【12.9】なんで私が校閲に?オシャレ校閲ガールが大暴れ
演出 佐藤東弥 脚本 中谷まゆみ
02 10/12【11.2】毒舌&型破りな校閲ガール!張り切り過ぎて大失敗
演出 佐藤東弥 脚本 中谷まゆみ
ともさかりえ
03 10/19【12.8】毒舌&型破りな校閲ガール!理不尽ルールに物申
演出 小室直子 脚本 中谷まゆみ
賀来千香子
04 10/26【11.2】関西【12.6】校閲VSパパラッチ女優の夢を壊す記者に本気ギレ
演出 森雅弘 脚本 川崎いづみ
ゲスト 南沢奈央、山中聡
05 11/02【11.6】関西【】
演出 佐藤東弥 脚本 中谷まゆみ
川原亜矢子
06 11/09【13.2】関西【】
演出 小室直子 脚本 川崎いづみ
安藤政信
07 11/16【12.5】関西【】
演出 森雅弘 脚本 川崎いづみ
鹿賀丈史 大御所のミステリー作家。幸人の実父。
08 11/23【12.7】関西【】
演出 佐藤東弥 脚本 川崎いづみ
伊藤かずえ 恋愛小説家。

悦子(石原さとみ)は、恋愛小説家・桜川葵(伊藤かずえ)の小説の校閲を任される。茸原(岸谷五朗)は悦子に、葵は中途半端な仕事を嫌う厳しい人なので、いつも以上に全力で仕事をしてほしいと言う。そんな中、校閲部に葵が訪ねてくる。茸原の姿を見つけ、いきなり彼に抱きつく葵。茸原と葵には、意外な過去があった。仕事にも恋愛にも情熱的な葵に負けじと、悦子は全力で葵の小説を校閲する。一方、葵は悦子に指摘されたことを取り入れ、再校で大幅に内容を変える。悦子は、また最初から校閲し直さなければならなくなるものの、めげずに取り組む。お互いの立場で激論を交わしながら、作品を作り上げていく悦子と葵。次第に、二人は意気投合するが…。
【感想】
今回も脚本を担当する川崎さんの4話は、本当になにがなんだかわからない校閲の話なのかと思えるものだったが、今回などはどっぷり校閲な話だった。まあ、最後はいつも全力な悦子が、先生とともに、校閲に真剣に取り組んだ先に、より良い作品をできるという流れは、代わり映えがしないし、悦子と幸人の関係も、ほとんど進まないというのはどうかと思うけど、話の内容は、激情型の恋愛小説家にして見えない桜川も、彼女なりの茸原との別れ方を演出する特殊な人ながらも、彼女の要求に応えるべく、ひたすら葵にぶつかる悦子の姿には、さらなる成長が見えて嫌いじゃない。けど、恋愛小説の校閲は焦熱的にできても、自分の恋愛の校閲は、奥手すぎだろう!とは思ってしまうかな。そんなえっちゃんもきらいじゃないけどね。それにしても、あの恋愛小説の内容は、なんだか古臭い気もしたが、それが最後の桜川葵なのかとお思ったら、意外と元気になっちゃうのね?ちょっと肩透かしだったし、生きることに関しても情熱的だったのね。話は変わるが、このドラマを見てると、自分なりに文章は見直さないといけないとは思い。読み返すようにはなったところだけは、僕も成長したかな。

次回は
 悦子(石原さとみ)は、憧れのファッション誌「Lassy」の校閲を手伝うことになり張り切るが、いつもの書籍の校閲とは勝手が違い苦戦する。その上、大きな仕事を任され、生き生きと働く森尾(本田翼)の姿を目の当たりにすることで、校閲の仕事に劣等感を感じるようになる。さらに、幸人(菅田将暉)が何を考えているか分からず悩む悦子は、貝塚(青木崇高)から森尾が幸人のことをひそかに思っていると聞かされ、ショックを受ける。
関連記事

>
2016/11/24 19:07 :Category:【石原さとみ】校閲ガール コメント(2)
8話のゲスト伊東かずえさん
今回は、まさかの展開ばかり。
恋愛小説家と部長の関係は、深いい話でもあり、編集者だったとそう言えば貝塚八郎が、言っていたなぁと思い出したり。

でも、全身ガンには驚いた。
病を隠して命を削って書き上げる作家って、ありがちではあったけど、伊東かずえさんが、スッピン?まで披露して、さすが。死ななくて良かった~
このドラマ、暗い話は似合わない。

ただ、悦ちゃんと幸人くんより、貝塚さんの方がお似合いだと思うけどな。
貝塚さんは、モリオが、好きなんだよね。
でも、そのモリオは、まさかの幸人君が好きなわけ?

気軽に見られて、元気になるドラマなので、楽しみなのだけど、こっちの恋愛も、なかなか、進展しませんね。
季節的にも、最終回はハッピーエンドが、やっぱりいいですね。 
投稿者: [ 2016/11/24 00:27 ]
懐かしかった~
桜川先生と部長の過去にビックリ‼
伊藤かずえさんは結構クセのある役、悪役等も多かったような…
でも何か懐かしく観させてもらいました!
岸谷さんと共に濃いわ~芝居も表情も(^^)
懐かしかったのは幸人くんのお仕事探しの中で飴細工さんが出てて…色んな動物に形が変化して幼いながらも凄いなぁとずっと見ていたのを思い出しました♪
本当に懐かしい~ありがとうございました!
今回も全力の校閲、面白かったです
何事も無駄にはならないよねー
幸人くんも幸人くんなりに弾けてくれるといいな~♪
次回はオシャレしてない悦ちゃん?
イヤイヤ可愛いんですけど!楽しみです

投稿者: [ 2016/11/28 22:15 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
最近のコメント★歓迎!
データ取得中...
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
スマホ、タブレット QR
QR
カテゴリ Category
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング