Fcastドラマ視聴率

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』
視聴率記事更新日:放送日時 番組タイトル

【火21視聴率】メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断【7話】関西は好調 

メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断
2016年10月期
毎週火曜よる9時~9時54分 放送時間変更
患者の命を救う“最後の砦”となるべく集まった女性医師たち。 彼女たちが解き明かすのは、原因不明の病の謎。そして、そこに隠された“患者たちの悩み”。 観た人々も、人生の様々な局面において前向きに生きるヒントをもらえる、 未だかつてない爽快な医療ミステリードラマが誕生!
【脚本】田中眞一
【演出】星野和成
【プロデューサー】安藤和久 豊福陽子 遠田孝一、布施等
【キャスト】
吉田羊 橘志帆 東光大学病院解析診断部の医師
相武紗季 新田雪野 一匹狼の天才外科医
吉岡里帆 田丸綾香 北畠院長に将来性を買われて配属された研修医、
白鳥久美子 里見藍 救命救急医としての見識を深めるために自ら志願して解析診断部に
滝沢沙織 植松結衣、 合コン好き病理医
笛木優子 村上夏海 権力に弱く上司・岩倉の腰ぎんちゃくの神経内科医
伊藤蘭 岩倉葉子解析診断部の部長で志帆を敵対視することになる内科医
戸次重幸佐々木進也 岩倉と裏で手を結び、北畠を失脚させようと目論む事務長
高橋克典 北畠昌幸 志帆の恩師でもある東光大学病院院長
この解析診断部とは、医師が解明できなかった病の原因を特定、究明する専門部門
【視聴率】
01 10/11【*8.8】関西【13.3】【手術をしない天才外科医!謎の病を推理】
【脚本】田中眞一 【演出】星野和成
堀内敬子
02 10/18【*8.0】【母想い水泳選手が謎の病!】 
【脚本】田中眞一 【演出】星野和成
浅香航大
03 10/25【*8.5】「ハロウィーン集団発症事件簿」
【脚本】田中眞一 【演出】星野和成
唐田えりか 久保田紗友
04 11/01【8.5】【対決!女医と女将と大女将】 
【脚本】長谷川徹 【演出】今井和久
小西真奈美 黒田福美
05 11/08【8.0】【頻発する脳梗塞の謎を発見】
【脚本】田中眞一 【演出】星野和成
桐山漣 前田亜季
06 11/15【6.5】【医療ミス!?度重なる心不全】 
【脚本】田中眞一 【演出】星野和成
飯田基祐 高橋かおり
07 11/22【7.9】【治療するたびに悪化する病】
【脚本】長谷川徹 【演出】小野浩司
田中幸太朗
吉田羊主演「レディ・ダ・ヴィンチ」視聴率7・9% 前回から1・4ポイントの上昇 関西地区では7話中6話で2ケタと好調


高杉(小林且弥)の調べで、志帆(吉田羊)の娘がすでに亡くなっていることを知った雪野(相武紗季)。ならば、志帆に見えているのは幻覚ではないかーー雪野はますます志帆のことが気になる。 街中で突然倒れた男性が運び込まれてきた。男の名前は神田光一郎(田中幸太朗)。対応した藍(白鳥久美子)は低血糖と判断して処置をするが、しばらくすると、神田は激しいけいれんを起こす。血液検査の結果、原因は低ナトリウム血症だと分かるが、志帆は藍と2人で問診に訪れた際、神田が「女医さんが4人も来てくれた」と話していたことが気にかかり……。 一方、藍は外資系の金融マンを名乗り、独身で恋人もいないという神田にひそかに恋心を抱いていた。神田もまた、そんな藍に絶大な信頼を寄せている様子。その後、神田が後頭部の痛みを訴え、突如、錯乱状態に陥ったことから、藍は脳炎を疑い、髄液検査を行うが、緊張から救命救急医らしからぬミスをしてしまう。それにより検査は延期となるが、もし脳炎なら、一刻も早く治療をしないと命に関わる事態。すぐに薬が投与され、症状は治まると思われたが、その夜、神田は薬の副作用で腎不全を起こしてしまう。神田から「先生のことが好きです」と告白され、退院後のデートにも誘われた藍は、何とかして神田を助けようと必死になるが、そんな患者と担当医の恋のうわさは、葉子(伊藤蘭)の耳にも入り……。
【感想】
実のところ、今回の話はしっくりして、興味深く見ることができた。今回は話のメインに女医藍が置かれ、ひとりの男性の救命処置をすることから、全てが始まる。突然倒れた男性に、常識的には的確な処置をする藍だったが、症状がどんどん変わるという状況に陥り、混乱していく中で、問診していくがその話している内容がコロコロ変わるという症状に!この変化を、解説していくのだが、僕もすべて理解できないまでも、その判断していく過程は、理論的だなと思いながら見れたのは大きい。本当になにがなんだかわからない時があったんだよね~このドラマについては。
それに、恋愛体質な女医藍の人間臭さが、いいアクセントになって、ドラマになってる気がした。途中、そんな藍の状況を知り、その恋沙汰の情報が陽子に伝わり、それを認めてしまう彼女って、どうなんだろうか?僕にはよくわからないが、好きな男性に向けて、まっすぐに向き合う藍の気持ちは突っ走る中で、冷静に、状況を観察し、理論的に答えを導き出す志帆が心地よく見れた。しかし、あの今は亡き娘との会話からは導き出されていくのは変わらなかったが、ついに、娘の幻影を見ている彼女に、新田雪野は彼女の娘は死んだという真実を突きつけるところで終わったが、どうなるのだろう?志帆の反応は、意外とそっけないものだったりするのかな?こればかkリは次回を見てみないと。
関連記事


>
2016/11/24 09:32 :Category:【フジドラマ 映画】   コメント(0)
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング