Fcastドラマ視聴率感想

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』

【土22視聴率】スニッファー嗅覚捜査官 

土曜ドラマ 『スニッファー 嗅覚捜査官』
 “俺の鼻は間違えない”をキャッチフレーズに、特殊な重要犯罪にだけ、事件解決のコンサルタントとして呼ばれる男、それが華岡だ。別名「スニッファー(匂いを嗅ぐ人)」。人並み外れた鋭敏な嗅覚を持つ彼が、ひと嗅ぎすれば犯罪はもちろんのこと、全てのナゾを暴いてしまう。
【放送予定】2016年10月 22日(土)スタート
総合 毎週土曜 よる10時<44分・連続8回>
【脚本】林宏司、山岡潤平、真野勝成
【演出】堀切園健太郎 橋爪紳一朗
【制作統括】磯智明
【原作】「The Sniffer」 Film.UA
【エグゼクティブプロデューサー】Ash Nukui、Hans Canosa, John Baca, Yan Fisher Romanavski
【出演】
華岡信一郎...阿部寛 その超人的な嗅覚で、犯罪現場に残された匂いを嗅ぎ、事件解決に協力するコンサルタント。
小向達郎...香川照之 新設された特別捜査支援室に配属。今は年老いた母・昌子と2人暮らしの心優しい人情派刑事。
末永由紀...井川遥 耳鼻咽喉科の美人女医。華岡の特殊な嗅覚に、医学的な興味を持つ。
片山恵美...板谷由夏 華岡信一郎の元妻。学高校生の娘・美里を育てている。
上辺一郎...野間口徹 警視庁・特別捜査支援室を統括する。本庁への復権をもくろむエリート警察官。
小向昌子...吉行和子 小向達郎の母親。夫を亡くし、一人息子の達郎を女手一つで育ててきた。
【視聴率】
01 10/22【5.9】「僕の鼻は間違えない!」
(第1回ゲスト) 吉行和子  ほかの皆さん
【脚本】林宏司【演出】堀切園健太郎
02 10/29【4.2】
【脚本】林宏司【演出】堀切園健太郎
第2回ゲスト出演者:トータス松本(仙崎士郎役)
03 11/05【3.8】
【脚本】林宏司 山岡潤平【演出】堀切園健太郎
第3回ゲスト出演者:川原亜矢子(長澤塔子役)イッセー尾形(志村孝彦役)
04 11/12【4.0】 
【脚本】林宏司
第4回ゲスト出演者:黒木瞳(徳大寺照子役)
05 11/19【4.2】
【脚本】林宏司【演出】橋爪紳一朗
原田泰造
06 11/26【】
【脚本】林宏司【演出】
第6回ゲスト出演者:尾美としのり(鬼島役)錦糸町署刑事


05
人気キャスター鹿島吾郎(原田泰造)の隠し子が誘拐された。犯人の要求は一億円。さらに今晩のニュース番組で、不倫を告白しろと言う。華岡(阿部寛)は誘拐現場に残された匂いから、犯人像を分析。さらに達郎(香川照之)とテレビ局に潜入、鹿島に恨みを抱く人物を極秘に探り始める。そんな中、新たな脅迫状がテレビ局あてに送られてくる。鹿島は華岡に、夜十時の生放送までに犯人を捜し出せと厳命。残された時間はわずかだった。
【感想】
今回は二組の親子の物語だったが、華岡の娘の行方不明展開は、一応決着はしたが、次回の話に続く序章だったみたいだ。本題は、鹿島五郎という俳優上がりのキャスターが、隠し子が誘拐されるという話。その上、その息子と呼べるかどうかもわからないという中で時間が限られた中、二人の男たちが奮闘する内容だった。事件の早期解決のために、今回は、面白いほど有効に華岡の鼻が、犯人の決め手を嗅ぎ分けていく。栄養ドリンクからの匂いが、映像となって、華岡に伝わっていく。出された答えの通りに犯人を追い、途中、共犯の存在が明らかになった。事件としては他愛もないものかもしれない。しかし、華岡の匂いによって、二人の親子関係があるのかはっきりしなかったところで、ドラマは大きく動いたように見えた。確かに、父親なった人の話を聞くと、どうも自分で産んだわけではないので、本当に自分の子供なのか?ずーっと、疑問に持ちながら、ともに行きてる中で、親子関係を築いていくらしい。それさえも、やってない親子の中を訝しく思っても、普通のことかもしれないが、最終的には、事件を解決した鼻を、鹿島は信じた。信じたかったのかもしれないな~。キャスターという立場がどうなったのか知らないが、見えない人気を失っても、そこに匂いという真実は残った。今回の話が一番、この物語を象徴してる話だったかもしれない。
06
華岡(阿部寛)の娘・美里(水谷果穂)が殺人容疑で逮捕された。華岡は恵美(板谷由夏)と警察に行くが、担当の鬼島刑事(尾美としのり)は事件について一切話さない。不審に思う華岡は、達郎(香川照之)と犯行現場に潜入、匂いを調べると、美里が違法薬物の取引に巻き込まれていたことがわかる。そんな中、華岡の家にも捜査が及ぶ。帰る場所を失った華岡は小向家に世話になり、達郎の母(吉行和子)から思わぬ歓迎を受ける…。
関連記事


>
2016/11/21 23:51 :Category:【阿部寛】スニッファー嗅覚捜査官 コメント(1)
5話
人気と匂い、似たような所があると思ったら、違いましたね。鹿島に「親子の匂いは揮発していなかった」と言った時の華岡の嬉しそうな表情が印象的でした。華岡もまた、それを望んでいたのかな。

次回は、1話から何かと気になる動きをしていた娘の話しですね。あと2話楽しみたいと思います。
投稿者: [ 2016/11/20 18:20 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング